やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

筍とはんぺんの煮物&銀ダラの味噌田楽

昨日の日曜日は日系の方々の敬老会で私たち合唱団が懐かしい歌を披露、その後は日本へ帰国する団員の送別会と一日中忙しくも楽しい日でした。

従って、今日ご紹介するのは一昨日の夕食です。

フレッシュな筍、先日は洋風にハーブソテーにしましたが、やはり鰹だし汁で炊いた和風は捨て難い味です。今回ははんぺんとわかめと一緒に。鰹だし汁とみりん、醤油で15分程煮た筍に三角に切ったはんぺんを加え、更に塩抜きした生わかめを最後に加えました。

a0127398_1294472.jpg

木の芽は両手にはさんでポンと叩いて香りを出してのせます。木の芽があるとないとは大違い。いつか山椒の木が大きくなり、たっぷり使えるようになりたいものです。

メインは銀ダラの塩焼きに田楽味噌を合わせました。軽く塩をした銀ダラを魚網器で焼き、ひっくり返したとき、片面に田楽味噌を塗ります。今回は横着して八丁味噌(大匙1)、赤味噌(大匙1)、みりん(大匙1)、砂糖(小匙2)を良く混ぜて、ラップして電子レンジにかけました。

a0127398_1302685.jpg

銀ダラは良く西京味噌に漬けますが、お味噌と相性がよいですね。

姫皮は先日の残り物の梅肉ドレッシングで和えました。鉢植えの三つ葉を飾りのつもりでのせたのですが、これが案外乙な味になりました。

a0127398_1304372.jpg

写真の右上にちょこっと映っているのは、小松菜の辛子和えです。

彩りに華やかさはありませんが、和の食事はいつ頂いてもほっとする味です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-29 01:31 | レシピ