やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

空豆のすり流し

空豆は鞘から出して更にまた皮を剥くと、がっかりする程少量になります。鞘のままグリルしたり、鞘から出して塩茹でしたりするシンプルなものも美味しいのですが、夕べは一手間かけてすり流しにしました。

塩ゆでして薄皮をむいた空豆はすり鉢で丁寧に潰して少量の鰹だし汁で伸ばしながら擂ります。フードプロセッサーにかけた後、裏ごししたらもっと口当たりの良いものが出来るでしょう。

a0127398_215301.jpg

吸い口加減の鰹だし汁(一人分お玉2杯)を温めて水とき片栗粉で少しとろみをつけ、擂った空豆を流し入れます。泡立器で丁寧にかき混ぜ、器に盛ります。鉢植えから木の芽を取って散らしました。

以前空豆のすり流しを作ったときは、塩味の鰹だし汁で煮た筍の穂先をのせました。そのとき、木の芽があったら言うことなしと思ったのですが、木の芽があるときはフレッシュな筍はなく、思うように行かないものです。

メインはキンキの煮付けです。良くアップしていますので、レシピは以前のものを参考にして頂きますが、お魚の煮付けと牛蒡は出会いのもの。牛蒡がとても美味しいです。針生姜をたっぷり、そしてこれにも木の芽を添えました。

a0127398_2155215.jpg

もう一品は残っていた蛸とフルーツトマトと段々元気になっている鉢植えの青紫蘇の千切りを柚子胡椒と醤油、米酢で和えました。

a0127398_216978.jpg

冷酒が進む献立でした。

a0127398_2162610.jpg




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-05-27 02:18 | レシピ