やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

塩レモンと鶏肉とガーリックと野菜の蒸し煮

塩レモンの存在を知ったのは約1年前。今までは塩レモンとその汁でマリネした料理ばかりでしたが、夕べは塩レモンのゼスト(皮)を隠し味のように使った鶏肉料理を作りました。

塩レモンも色々な作り方がありますが、今回使った塩レモンは縦に十字に深い切り込みを入れ、レモンの重さの10%の塩を入れて混ぜ、プレッシャーをかけるものです。漬け物器を使っても良いでしょうが、私は小さめの器にギュウギュウに押し込めて、器の上から飛び出しているレモンを蓋で押さえ込んでプレッシャーをかけました。

大分使った後の写真で恐縮ですが。

a0127398_214894.jpg

冷暗所で一月くらい置いておくとトロッとしたレモンの汁が上がってきます。後は冷蔵庫でプレッシャーをかけずにタッパーなどに入れて保存します。

さて、この塩レモンの皮を薄くナイフではぎ取り、1センチくらいの角切りにし、一旦砂糖水でさっと茹でます。マイルドになった塩レモンを隠し味のように使うのです。(ほとんどの塩レモンは皮と出て来た汁とを使い、実は捨てます。)

人参、エシャロット、皮付きのままのガーリック、じゃがいもと一緒に骨付き鶏のもも肉をチキンストックと白ワインで蒸し煮にしたものです。ほのかなレモンの香り、時々口の中に入る塩レモンの味がアクセントになる美味しい料理です。

a0127398_221225.jpg

オリジナルは鶏一羽を使ってオーブンで煮込みますが、夏はなるたけオーブンを使いたくないのと、少人数でも気軽にできるように厚鍋で煮込んでみました。

a0127398_22312.jpg

野菜もたっぷりなので後は簡単なサラダがあれば充分です。

a0127398_224850.jpg

デザートは安売りだったラズベリー。ラズベリーに赤ワイン、シャンボール(ラズベリーのリキュール)、メープルシロップ、千切りのミントを加えてかき混ぜ、冷蔵庫で冷やしたものです。

a0127398_23292.jpg


塩レモンと鶏肉とガーリックと野菜の蒸し煮
レシピ:Dorie Greenspan著「Around my french table」を参考にしてアレンジ
材料 (2人分)


鶏肉 骨付きもも肉 2本
塩レモン 半個分
オリーブオイル 適宜
人参 大1本 皮をむいて大きめに切る
エシャロット(又は小玉葱)6個
ガーリック 丸のまま1個 薄皮をむいてバラバラにする 実についている皮はそのまま
じゃが芋 大1個 又は小4個 皮をむいて大きかったら適当に切る
パセリ 2ー3本
タイム 2本
ロズマリー 2本
チキンストック  1/2カップ
辛口白ワイン  1/2カップ
塩、胡椒

1.水1カップに砂糖1/4カップを入れて煮立ったら、塩レモンを入れて1分、笊に取る。(砂糖水は捨てる。)

2.フライパンにオリーブオイルを熱し、野菜類とガーリックを入れて全面が狐色になるように炒め、塩胡椒し、厚鍋に移す。

3.同じフライパンにオリーブオイルを足し、鶏肉の両面を狐色になるまで焼き、塩胡椒し、野菜類と同じ厚鍋に移す。

4.ハーブ類、チキンストック、白ワインを加えて煮立ったら弱火にして蓋をし、煮込む。大体20分くらい。

5.お皿に鶏肉、野菜類、スープと共に盛りつけ、ハーブ(分量外)を飾る。


*私はなかったので入れませんでしたが、オリジナルではセロリも入っています。

*今日のお昼、残り物を頂きましたが、前日よりレモンの香りと味が濃くなっていました。スープもしっかり塩レモンの酸味のある味付けで美味しくなっていました。

ご訪問ありがとうございました。

Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun | 2014-06-18 02:06 | レシピ