やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

赤いパプリカのソースとジェノベーゼのパスタ&海老とアボカドのサラダ

夏の色、きれいなオレンジ色になる赤いパプリカのソースが目にも鮮やかなパスタ。安売りだったので買っておいた赤いパプリカが、夕べやっと日の目を見ました。

パプリカを蒸し煮にしてからフードミルで潰したソースにバジルやタラゴン、胡桃のジェノベーゼを絡めたパスタです。

a0127398_271716.jpg

胡桃とパルメザンチーズがたっぷり入っていますので、充実感があります。

サラダはアボカドと海老、フルーツトマト、そしてイタリアンパセリとイエロータイム。鉢植えのハーブ類が元気なうちに使ってしまわねば。ドレッシングはレモン汁、塩、胡椒、カエンヌペッパー、オリーブオイルです。

a0127398_273778.jpg

海老は殻の付いたまま背腸を取っておきます。鍋に水(300ー400ml)、皮のついたままのレモン(1/4個)、ローリエ(1枚)、鷹の爪(1本)、粒胡椒(5ー6粒)、塩(少々)を入れて5分ほど弱火で煮出します。海老を入れて煮えたら、笊に取り氷水に漬けます。

冷えたら笊にあげ殻を剥き、使う前にペーパータオルで水分を拭き取ります。ただ塩茹でしたよりひと味違った美味しさになります。

a0127398_282921.jpg

夏の太陽に負けない鮮やかな色の食卓になりました。


赤いパプリカのソースとジェノベーゼのパスタ
レシピ:Jacques Pepin’s Tableを参考にした私のヴァージョン
材料(1人分):カップはアメリカサイズの250ml


パプリカのソース
赤いパプリカ 大1個 種を取り2センチの角切り
水 ½カップ
ガーリック 1片 皮をむく
塩 少々
ひき立て黒胡椒  適宜
ヴァージンオリーブオイル 大匙1/2

ジェノベーゼ
スパゲッティ 70g(乾燥麺の場合)
ヴァージンオリーブオイル 小匙1
くるみ (勿論松の実でも良いです) みじん切り 1/4カップ
塩 少々
ひき立て黒胡椒 適宜
バジル みじん切り 大匙2
タラゴン みじん切り 小匙1
パルメザンチーズ おろして大匙2
ガーリック 1片 みじん切り

1.大鍋にたっぷり水を入れて沸かす。

2.パプリカを鍋に水1/2カップと一緒にいれ、煮立ったら蓋をして弱火で10ー15分煮る。煮汁と共にフードミルの細かいディスクでつぶしながら摺る。

3.ガーリックを包丁の腹でつぶし、みじん切りにしてピュレにして、塩、胡椒、オリーブオイルを加える。

4.乾燥麺の場合はスパゲッティをゆで始める。

5.胡桃、バジル、タラゴン、パルメザンチーズ、ガーリック、塩、胡椒を混ぜる。

6.パスタの茹で汁カップ1/2を5に加えてからパスタを茹でこぼす。

7.パスタを胡桃の入ったボウルに入れてかき混ぜる。パプリカを温めて、(電子レンジを使う)サーヴする皿によそう。パスタを真ん中に盛り、胡桃とバジルを飾る。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-23 02:11 | レシピ