やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

友達と夏の食卓 〜メロンスープ カプレーゼ 鯛の紙包み焼きなど〜

引っ越しに仕事に忙しい友達。食事を作る時間もないでしょうと思い、夕食を共にしました。

1週間前に知野ファームで買い求めたメロン、カンタロープの芳香が家中に漂い、どうやら丁度この日に完熟となったようですので、まずはメロンの冷製スープ。メロン(皮がついている状態で約600g)に対して生姜の擂り下ろし(小匙1/2)とライムジュース(半個分)と一緒にフードプロセッサーで撹拌して冷蔵庫で冷やします。このときジュースのようにすっかり液体状にしないのがコツです。(これで二人分です。)

マルガリータのグラスに注いでから、この日開けた冷えた白ワイン、ナパヴァレーのシャルドネ、Robert Mondavi(2010年)を大匙1杯ほど加え、メロンボーラーでくりぬいたメロンと苺とスペアミントをのせました。

a0127398_2202456.jpg

生姜とライムの香り、そして辛口の白ワインが甘いメロンと良く合い、夏の夕べにぴったりです。

前菜はブッラータと苺、色とりどりのチェリートマトと自家製バジル。ピンクペッパーがアクセントで、他は何もいりません。ブッラータはいつ食べても美味しい。友達も私も久しぶりのブッラータに舌鼓。

a0127398_2204057.jpg

副菜はほうれん草のレモン蒸し。ベビースピナッチは洗ったら笊に取り、鍋に入れて、レモンのゼスト、塩、胡椒、オリーブオイルを加えて蓋をして蒸し煮。レモンの香りの良い爽やかな一品です。

a0127398_2205122.jpg

バゲットにはバターとパルメザンチーズとロズマリーのみじん切りを混ぜたものを塗って、オーブントースターで焼きました。これは、このところずっとブログをお休みしているfuyucamloveさんのレシピですが、すっかり我が家に定着しました。

a0127398_221598.jpg

fuyucamlove さん、どうなさっているのでしょう。

さて、メインは鯛の紙包み焼き。これもほぼ我が家の定番です。鱗と内蔵を取った鯛は良く洗ってから水分を拭き取り、塩胡椒して、お腹の中と上にハーブ類(今回使ったのはパセリ、タイム、イエロータイム、オレガノ、ロズマリー)と薄切りガーリック、白ワイン、オリーブオイルをかけて、500度F(260度C)のオーブンで15分。(レモン汁を振りかけるのを忘れました。)

a0127398_2212884.jpg

2重にしたパーチメントペーパーのまわりには卵の白身を塗るとうまくくっつきます。卵の白身は黄身だけ使ったときに冷凍しておくと、こんなとき便利です。

「鯛とは引っ越し祝いに最適ですね。」と友達も喜んで下さいました。

デザートはピーチゼリー。これは前日アップしたものと同じですので、写真には撮りませんでした。

目新しいものはありませんが、夏のひとときにふさわしい爽やかで美味しい夕食でした。何より一人ご飯でなく、誰かと一緒の食卓はそれ自体がご馳走です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-07-03 02:24 | レシピ