やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

オペラ映画「オセロー」とシシケバブのお店

メトロポリタン・オペラ、夏のアンコールシリーズの第三弾はヴェルディ作曲の「Otello・日本語ではオセロー」。ご存知シェークスピアの有名な戯曲です。一昨日、友達と二人で見に行きました。

2012年に上演されたレネー・フレミングがデスデモーナを演じたオペラで、悪役イアーゴを演じたバスバリトン、Falk Struckmannが特に素晴らしかったです。

オペラの前に映画館の近くにあるシシケバブのお店で夕食をとりました。アメリカのレヴューのサイト、yelpで評判が良かったので、訪れてみたのです。

評判に違わず、とても美味しかったです。小さなモールの中のとてもカジュアルなお店です。ここは大学に近いので、きっと学生も良く訪れるのかもしれません。そういう土地柄ですから、値段も良心的。

友達はチキンのシシケバブ。胸肉ですがジューシーで、マリネしたのでしょう、色々なスパイスの効いた味付けが美味しかったです。(私も一口もらいました。)
a0127398_29328.jpg

私は牛のフィレ。ちょっと焼きすぎでしたが、上にかかったスーマックとやはりマリネした味がおいしかったです。

a0127398_295017.jpg

サラダとレンティル入りのライス、胡瓜入りのヨーグルトソース(ザジキ?)がついて、チキンは10ドル、牛フィレは12ドル。

a0127398_2101898.jpg

デザートにホームメードだというライスプディングを友達と半分こ。甘さも珍しく程よく、サフランとローズウオーターの香りと味がユニークでした。

a0127398_2103317.jpg

普段はとても小食な友達ですが、ライスを少し残しただけでほぼ完食。二人とも満足して、映画館に向かったのでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-07-12 02:11 | レストラン