やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

雲丹の冷やし茶碗蒸し

昨日、8月17日は夫の命日でした。茶碗蒸しは夫の好物でしたが、病気のときに良く作ったので、茶碗蒸しは病気になった気がするからと言われ、普段はあまり作らなくなりました。

夏の暑い日には冷たい茶碗蒸しも良いものです。冷やし茶碗蒸しは単純なものの方が合うように思い、雲丹一色にしました。

a0127398_215514.jpg

私の普通の茶碗蒸しは卵の重さの5倍のだし汁ですが、冷たいものは少し固めの方が良いかと思い、卵2個、140gに対して鰹だし汁を600mlにしました。これでも普通のレシピよりかなりゆるめです。(冷たいものの方が味にごまかしがきかないので、だし汁は鰹節でとります。)

a0127398_224043.jpg

大きめの器(350ml)に二つ分です。器の中に雲丹を一切れ入れ、ほぐした卵と塩と醤油で薄味に調味しただし汁を混ぜ合わせ、漉しながら注ぎます。良く湯気の上がった蒸し器で15分。火加減は弱めの中火。しっかり冷やしてから食べる直前に生雲丹をのせ、山葵と三ッ葉をのせました。

a0127398_234226.jpg

夫の霊前にも供えましたが、中に入っている雲丹が少ないと文句を言っているでしょう。でも、とても滑らかに出来たので、これは褒めてもらえそうです。

メインは塩麹に漬けたマグロのペッパーステーキ。グリーン、黒、ピンクペッパーを潰してマグロの全面にまぶして焼きます。少し焼き過ぎてしまいましたが、メバチマグロは焼いても美味です。

a0127398_245161.jpg

これでマグロをすべて消費しました。冷凍も出来ますが、なるたけ新鮮なうちに食べたく毎日料理しましたが、目先を変えたので飽きることがありませんでした。本当に友達には感謝!!

万願寺唐辛子はグリルして、甘味噌をのせました。白味噌、酒、みりん、砂糖、卵の黄身を良く混ぜ合わせて火にかけて練り上げたものです。最後に芥子の実を散らしました。

a0127398_2523.jpg

夫は燗酒が好きでした。暑い夏でも冷酒より燗を付けた方を好みましたので、久しぶりに熱燗。

そして、残りのウニはご飯に。昆布と酒を入れて炊き上げたご飯に醤油、酒、みりんに漬けた雲丹を汁ごと入れ、蒸らしてから箸でかき混ぜます。たっぷりの青紫蘇の千切りをのせて頂きます。

a0127398_244150.jpg

ご飯の上で蒸された雲丹は却って濃厚になり、贅沢で美味しいご飯です。

早いもので夫が亡くなってから丸3年が経ちました。夫が亡くなってからもお料理のレパートリーは増え続けています。食いしん坊だった夫は、新しい私の料理を指を咥えて天上から見ているのでしょうか。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-08-19 02:07 | レシピ