やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

トマティヨのサルサヴェルデ

メキシコ料理のレストランで最初に必ず出てくるコーンチップスとサルサ。サルサには何種類かありますが、その一つにトマティヨを使ったサルサヴェルデ、緑色のサルサがあります。

トマティヨはホオズキのような形をして、グリーントマトとも呼ばれることもあり、緑色のものが多いのですが、時に紫色のものもあります。

a0127398_150758.jpg

今までトマティヨを調理したことがなかったのですが、知野ファームで売られていたちょっと珍しい紫色を見つけて買ってみました。

知野ファームの方にお聞きしたのと、私が持っているメキシコ料理の本とレシピは殆ど同じでした。トマティヨを生のまま使うレシピと調理してからのものとありますが、今回は調理しました。(レシピは下に書きました。)

a0127398_1495579.jpg

グリルしたスパイシーな鶏胸肉と合わせてみたら、思った通り、とても合いました。胸肉はラップに挟んで肉たたきで均等な厚さになるように叩き、オリーブオイルをまぶした後、塩、ガーリックのみじん切り、クミン、コリアンダー、パプリカを混ぜたものを両面につけ、グリルしました。

肉たたきでかなり叩くと、胸肉も固くなりません。

a0127398_1511325.jpg

付け合わせはコーンの粒(1本)をバター(大匙1/2)で炒め、火を止めてからマスカルポーネ(大匙1)を加えてかき混ぜます。クリーミーな美味しい一品で、コーンのシーズンには必ず食べたくなる料理です。(私は塩も入れません。)

昨日生ハムに合わせたメロン(カンタロープ)の残りは冷製スープに。これも生姜の風味がきいて、いつ頂いても美味しいと思います。

a0127398_1503258.jpg

サラダはエアルームトマトとスベリヒユ。スープに使った残りのライムジュースのドレッシングで、さっぱりと仕上がりました。

今週は珍しく喉風邪をひき、丁度生徒さんも夏休みが多く家にいる時間が多かったのですが、ようやく良くなってきました。どうやら涼しい夜風に当たりながらウトウトしたのがいけなかったようです。

夏は冷房や扇風機に当たりながらつい寝てしまって、喉風邪にやられることが多い、と日本の新聞に出ていました。皆様もどうぞお気をつけ下さい。

トマティヨのサルサヴェルデ
レシピ:Diana Kennedy著「The Essential Cuisines of Mexico」参考
材料(315ml)


セラノチリ 2本(私はハラペニョを使いました。ハラペニョの方がマイルドです。量はお好みで増減して下さい。) みじん切り
スイートオニオン 大匙1 みじん切り (普通の玉葱でも良いです)
ガーリック 1片 みじん切り
香菜 85g みじん切り
トマティヨ 225g
塩  適宜

1.トマティヨは外側の紙のような皮を除き、良く洗う。表面のベタベタしたものは苦みがあるのできれいに洗う。丸のままかぶるくらいの水で柔らかになるまで煮る。半分か1/4に切ってから煮ても良い。その場合は水はあまり入れない。

2.チリ、玉葱、ガーリック、香菜(少し残す)をフードプロセッサーにかける。柔らかになったトマティヨを少しずつ加えて、更に撹拌する。

3.塩で調味し、器に入れてから残りの香菜を散らす。

*3時間以上置くと色と香りが失われます。冷凍は不可。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-08-23 01:53 | レシピ