やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

紅鮭の昆布締めなど和食四品

アラスカ産のお刺し身用紅鮭が安売りときいて、ニジヤさんを訪れました。インスタント・グラブラックスにするか迷ったのですが、万願寺唐辛子と生若布が食べたくて、昆布締めにすることにしました。

紅鮭はきつめに塩をを振って冷蔵庫で6ー7分。氷水で塩を洗い流し、水気をしっかり拭き、水で戻した昆布できっちり包んで3時間。締める時間が短かったのですが、それなりに美味しく出来ました。一晩締めれば、もっと美味しくなったのでしょう。

a0127398_1295692.jpg

食べたかった万願寺唐辛子は魚網で焼いて、たれに漬けて焼き浸し。たれは昆布を戻した水にみりんと醤油で調味したものです。ボタンスクワッシュ(ズッキーニの一種)を横半分に切って一緒にグリル。戻した生若布もたれに漬けて。

a0127398_1301096.jpg

ビーツの葉は胡麻油で炒めて蓋をして蒸し煮して酒と醤油で調味。写真では分かりませんが、頂き物の山椒の実の佃煮を加えました。山椒の粉でもよいでしょう。ビーツは葉にも少し甘みがあるので、砂糖やみりんはいれない方が美味しいと思います。

a0127398_1302599.jpg

久しぶりにニジヤ特製のさつま揚げを買ってみました。日本のものと違って澱粉質が多いので、めったに買わないのですが、たまには焼いて、生姜醤油も良いものでした。

a0127398_1303856.jpg

今日から9月。長く感じた8月が終わり、学校もすでに始まりました。年中変わり映えのしない気候のサンディエゴですが、暦が変わると、気分も変わるから不思議です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-09-02 01:37 | レシピ