やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

辣子鶏など中華料理三品

久しぶりに四川料理を作ってみました。鷹の爪が沢山入っていますが、唐辛子の香りと程よい辛さが心地良いです。本来のレシピは胸肉2枚に対して、鷹の爪が中国のご飯茶碗に1杯ですが、私は7本ほど入れました。勿論中の種は取りますし、食べません。詳しいレシピは以前のサイトをご覧下さい。

a0127398_1502366.jpg

ところで、韓国人と四川省の方とどちらが辛さに強いと思いますか?

数年前、韓国人一家と四川省出身の方と一緒に韓国焼き肉を食べにいったことがあります。そこで出てきた料理の一つに、丸のままの唐辛子が入っていました。

お茶目な韓国人のSさんは、四川省の方にこの唐辛子を勧めました。四川省の方はその唐辛子をパクッと口に入れると、顔色一つ変えずに普通に召し上がりました。お水も飲みません。

吃驚したのはSさん。という訳で、四川省の方の辛さに対する強さは並大抵のものではない、ということが分かったのです。

後の二品は万願寺唐辛子の炒め物と蒸し茄子の胡麻ソース

万願寺唐辛子は縦半分に切って種を取り、長いものは更に斜めに半分に切ります。サラダオイルで表面に焼き色がつくように炒め、塩で調味し、最後に中国の黒酢を回しかけます。

a0127398_1504497.jpg

レシピの中国名は「虎皮青椒」。表面に所々焼き色と皺がつくのが、虎の皮に似ているからなそうです。このレシピはFuchsia Dunlop著「 land of plenty」からです。

私は万願寺唐辛子を使いましたが、本来はピーマンで、しし唐でもよいでしょう。シンプルですが、辛くない美味しい四川料理です。

茄子はへたのところで切り、ラップをフワッとかけ、電子レンジ(私のは700W)で2ー3分。柔らかになって、冷めたら手で縦4つに裂きます。

a0127398_1511414.jpg

胡麻は煎ってから擂り、少量の砂糖、醤油、米酢、チリオイル(ラー油でも)で調味し、水でお好きな濃度にします。

胡麻のペーストやタヒニでも代用できますが、自分で擂った胡麻は香りが違います。

a0127398_1512777.jpg

中華のお惣菜三品。ビールが合う夕食でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-09-05 01:54 | レシピ