やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ピリ辛チーズクラッカー&りんごとゴルゴンゾーラのキッシュ  〜ワインのお供や前菜に〜

日系小学校のクリスマス会での演奏を二日後に控えて、合唱団の今年最後の練習を我が家で行いました。

演奏会直前とか今年最後というと出席者が多いのは世の習い。普段の練習の1.5倍近くの団員が顔を揃えました。毎回これくらいの出席者がいると良いのですが。。。

a0127398_2562853.jpg

練習のあとは皆さんとスナックをつまみながら談笑。

a0127398_2564594.jpg

グリエールチーズとバターがたっぷり入ったクラッカーはカエンヌペッパーも入れてピリ辛に。一見するとクッキーなので、甘いと予想して食べると吃驚します。

a0127398_257113.jpg

りんごとゴルゴンゾーラのキッシュはいつ食べても美味しい!この人数では二つ作れば良かった。小さい一切れで我慢して頂きました。

a0127398_2571342.jpg

柿を生ハムでまいて楊枝に刺しました。これも私の定番ですが、意外と皆さん柿と生ハムの相性が良いのをご存知ありませんでした。

a0127398_257293.jpg

甘いものも少しは必要と思い、3週間ラム酒に漬けたドライフルーツが入ったブラウニーも焼きました。使ったチョコレートはフランス産Valrhonaのカカオ85%、ダークビター。このチョコレートとラム酒の香りが大人の味です。

a0127398_2574127.jpg

一生懸命歌ったあと、美味しいものを食べればテンションも上がります。歌って、食べて、お喋りをして、最高に楽しい夕べでした。

ピリ辛チーズクラッカー
レシピ:Dorie Greenspan著「Around my French Table」を参考
材料(直径4センチの丸型約40枚)

冷たい無塩バター  大匙8 (1本)16に切る
グリエール (エメンタールチーズでも良い)  おろして約110g 
塩 小匙1/2
白胡椒  小匙1/8
カエンヌペッパー 小匙1/2 (お好みにより分量は変えて下さい。)
小麦粉 1カップ(250ml)と大匙2

1.バター、チーズ、塩、胡椒、カエンヌペッパーをフードプロセッサーにかける。

2.全部が混ざり合って細かい粒状になったら、粉を入れて更にフードプロセッサーをかける。

3.まな板などの上に載せ、手で、丁寧に生地をまとめる。

4.2等分して、直径3-4センチの円筒状にして、ラップでくるみ、冷凍庫で2-30分、冷蔵庫で1時間冷す。(3日まで冷蔵庫に入れておける。)

5.オーブンを180度C(350度F)に温める。

6.生地を5ミリの厚さにスライスし、パーチメントペーパーを敷いた鉄板に2センチ間隔に置き、14-17分、少し狐色になるまで焼く。ラックに移し、冷ます。

7.2回目を焼くときは鉄板が冷めてから生地を置く。

タッパーなどに入れれば、室温で4日はもちます。また、生地は冷凍することが出来ます。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-12-20 03:07 | レシピ