やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

豪華版ブイヤーベース 〜クリスマスのディナー 2014年〜

クリスマスには若いときはローストチキンやローストビーフを作ったものでしたが、いつの頃か我が家ではロブスター・アメリケーンが定番になりました。

ところが今年は娘が違うものが食べたいと言うのです。3人でああでもないこうでもないと話し合い、ロブスターの入った豪華なブイヤーベースで皆の意見が一致しました。

24日に私と娘達が仕入れて来た魚介類です。メイン州からの2キロはある活きたロブスター、鯛、頭付きのブラックタイガー、キングクラブの脚、ムール貝、写真にはとりませんでしたが鮟鱇の切り身。(アサリや蛤は味が強すぎるので私は入れません。)

a0127398_3191694.jpg

これらがブイヤーベースになる前に前菜のご紹介です。余分に買ったキングクラブは茹でて身をほぐし、胡瓜、オレンジのパプリカ、ルビーレッドのグレープフルーツと共にレモン汁、オリーブオイル、塩胡椒で和えてカクテルグラスに盛りつけました。

a0127398_32034.jpg

さて、最初はブイヤーベースの元になるフィッシュストックを作ります。

玉葱(半個)のみじん切り、ポロ葱(1本、濃い緑の部分は除いて)のみじん切り、潰したガーリック(2片)をオリーブオイルで焦げないように炒めます。ポロ葱がなかったら玉葱の量を倍にして下さい。

イタリアントマト(2個)の角切りを加え更に炒め、パスティスを大匙1ほど加えてアルコール分が蒸発するように火を少し強めます。アニス系のお酒を入れるとコクがでます。サフランをふたつまみ加えて水を約2000mlほど、パセリ(数本)、ローリエ、オレンジの皮(2X10センチを2枚)と一緒に魚の頭や骨などと一緒に少なくとも30分煮込みます。(大体4人分です。)

a0127398_321328.jpg

出来上がったら別のお鍋に漉します。お玉などで野菜や魚のアラをしっかり押して出汁を取ります。このフィッシュストックにフィレにした魚、食べやすく切ったロブスター、ムール貝などを入れて食卓で煮ながら頂きます。(私は塩は一切入れません。魚介類の持つ自然の塩分で充分です。)

ロブスターは熱いお湯に10秒ほど沈めて、動かなくなったらハサミや胴体や脚を切り離してぶつ切りにします。ロブスターで捨てるのは砂袋だけです。味噌も良いお出しになります。

a0127398_3214352.jpg

ブイヤーベースに欠かせないアイオリソース(ガーリック入りのマヨネーズ)。今年は重い石臼でガーリックを潰しながら婿さんが作ってくれました。3人で手分けして作るので短時間で仕上がりました。

a0127398_323026.jpg

ワインに詳しい婿さんが買ってくれたシャンペンと白ワインをあけて、皆で美味しいを連発しながらの楽しいクリスマスの夕食でした。

デザートは明日アップします。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-12-28 03:25 | レシピ