やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

asuさんのチョリソとじゃが芋のスープ (パタタス ア ラ リオハナ)

スペインのクエンカにお住まいのasuさんからまたまた美味しいスープのレシピをお借りしました。

玉葱、ピーマン,チョリソ、じゃが芋、ピミエント、ガーリック、そしてたっぷりのパプリカ粉(本当はチョリセロという乾燥パプリカを使うようです)が入った実だくさんのスープです。

a0127398_321351.jpg

チョリソから味が出てとても美味しいスープです。オリーブオイルで野菜やチョリソを炒めた後,水を加えて煮込みます。(私はホワイトアスパラガスを茹でた汁を使いました。)

皮をむいたガーリックを丸のまま入れて,柔らかになったら潰して混ぜる方法もスペインらしく、ガーリックの香りが前面に出ず,それでいてコクのある仕上がりになります。asuさん,美味しいレシピをありがとうございました。

このスープに合わせたのが蛸とホワイトアスパラガス。

蛸はバスク地方で頂いたピンチョスを真似した物で,前日に残った蛸を波切りにして串に刺し,オリーブオイルで片面5秒ずつ炒めて,スパニッシュ・パプリカ粉を振りかけました。

a0127398_331285.jpg

ホワイトアスパラガスは根元1センチを切り,先っぽ2センチを残して皮をむきます。(先から根元に向かってピーラーで厚めに剥きます。)切り落とした根元と皮、塩、レモン汁を煮立ったお湯に入れて2ー3分煮出します。そこへアスパラを束にして持ち,根元を10秒位茹でてから全てを放して茹でます。

茹で加減はお好みですが,シャキシャキ感が残る方が好きですので,およそ2ー3分。火を止めてそのまま鍋の中で冷まします。汁はスープに使えます。(煮出した後の根元と皮は捨てます。)

この茹で方は札幌のチーズショップ、チーズマーケットのホームページからお借りしました。

このようにして茹でたホワイトアスパラガス,このままでも美味しいのですが,この日はオリーブオイルをかけました。

a0127398_333049.jpg

ちなみにアスパラの横のグリーンは友達から頂いたセロリの葉っぱです。若い葉っぱは柔らかで,ツーンとセロリの香りがしました。

一人ご飯ですが,ワインと一緒に少しばかりスペインを感じた夕食でした。(残念ながらワインはカリフォルニア産でしたが。)



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-01-28 03:05 | レシピ