やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

丸茄子とゴートチーズの蒸し焼き

知野ファームから買って来た丸茄子。どのように調理するか暫し考えました。和風にも洋風にもいけそうな丸茄子。他のメニューとの兼ね合いで洋風にしてみました。

へたの所で切り、横半分に切って塩水に10分程漬けておきます。余分な油を吸わないようにするためです。ペーパータオルで水分を拭き、切り口の方に1センチ幅の格子に切り込みを入れて、オリーブオイルで両面をソテー。

a0127398_1591796.jpg

切り口を上にして蓋をして弱火で蒸し焼きにすること約10分。バルサミコ酢を切り口に少量かけて、ゴートチーズ(ケソ・レオノーラを使いましたが、お好きなチーズをお使い下さい。)をのせて、再び蓋をして、チーズが溶け出したら皿に盛り、パセリの葉をのせて出来上がり。

形は崩れずにいるのに、皮も実も柔らかでとても美味しい。塩は使いませんでしたがチーズの塩加減が丁度良く、実に美味。丸茄子を作って下さった知野ファームさんに感謝!

a0127398_1593170.jpg

メインは塩レモン(代わりにレモン汁でも良いです。)とオリーブオイルに30分、室温でマリネした鶏胸肉のグリル。鶏胸肉はラップに挟んで肉叩きで厚さを均等にしておきます。こうすると胸肉でも固くなりません。

さて、この鶏の胸肉、Whole Foodsという少しアップグレードのスーパーのものです。品質も良いのですが、お値段も高めなので、それほど頻繁には買いに来ません。

ここでは3種類のオーガニックの鶏胸肉が置いてありました。少し迷ったのですが、一番お値段の高い物を試しに買ってみました。それはエアルーム(heirloom)の鶏肉です。エアルーム・トマトはこの数年店頭に出てきましたが、鶏肉のエアルームは始めてです。

ご存知だとは思いますが、エアルームとは一つの家族やグループが何世代にも渡って同じ種類の物を同じ製法で作り続けている物で、古代種のようなものです。

で、結果は、買わなければ良かった。美味しすぎる!この味を知ってしまったからには、もう元の鶏肉には戻れない。

マリネしたのも、肉叩きで叩いたのも、焼加減も全て良かったのかもしれませんが、ジューシーで柔らかで、風味があって。

a0127398_20336.jpg

という訳で、夕べのご飯は本当に美味しかった!素材の善し悪しが一番大事と改めて思いました。(オレンジ色のパプリカをローストしたサラダを添えて。)

今日、7月4日はアメリカの独立記念日です。土曜日と重なった祝日なので、昨日もお休みでした。アメリカの皆さん、良い祝日をお過ごし下さい。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-05 02:02 | レシピ