やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

マンゴーと生姜とライムの冷製スープ

夏になると作る冷製メロンスープにヒントを得て、完熟のメキシコ産のマンゴーで冷たいスープを作ってみました。

マンゴーと生姜は相性が良いので、それにライムのゼストとジュースも加えて、フードプロセッサーでピュレにします。浮き実の角切りも混ぜて一人丸々1個使いました。

a0127398_1273017.jpg

かなり濃いので、白ワインを加えましたが、お酒に弱い方はミネラルウォーターでも良いと思います。隠し味程度の塩を入れるはずが忘れてしまいました。

マンゴーはビタミンA、C、βカロチン、葉酸が豊富に含まれた栄養価の高い果物です。サンディエゴではメキシコ産が手頃な値段で、ほぼ一年中手に入ります。リーズナブルなお値段でマンゴーが手に入ったときには、是非お試し下さい。でも、漆科の植物ですからアレルギーの方がいらっしゃいますので、お気をつけ下さい。

a0127398_1275386.jpg

メインは鶏のもも肉のソテーと香菜のソース。骨と皮を取ったもも肉は塩胡椒してサラダオイルで表面に焼き色を付けます。一旦皿に取り出し、玉葱の薄切りとガーリックのみじん切り、香菜の茎のみじん切りを炒め、辛口白ワインと塩胡椒を加えて少し煮込みます。先ほどの鶏を戻してソースの中で煮込み、最後に香菜の葉っぱのみじん切りを加えて出来上がり。

香菜好きには嬉しいレシピですが、苦手な方はパセリか他のハーブをお使い下さい。付け合わせは人参のグラッセにチャイブを振りかけました。

a0127398_12874.jpg

サラダはクレソンと苺、ミニトマト、ゴートチーズ、胡桃。ヴィンコットをかけて。

a0127398_1282085.jpg

暑い日に相応しい爽やかながらボリュームもある夕食でした。


マンゴーと生姜とライムの冷製スープ
材料:一人分

マンゴー 1個
生姜 小指の先大 擂り下ろす (少量でもしっかり生姜の味がしますので入れ過ぎないように)
ライムのゼスト  半個分
ライムジュース  半個分
塩  少々
白ワイン  大匙1−2 (マンゴーが甘いので辛口を使いました。)
ミネラルウォーター  大匙1ー2
レモンバーム又はミントの葉 (飾り)
ライムの輪切り 1枚 (飾り)

マンゴーは皮を剥き、浮き実の角切り(大体大匙1)を残して、生姜、ライムのゼストとジュース、塩を一緒にしてフードプロセッサーでピュレにする。(滑らかなピュレにするか、多少粒粒が残るかはお好みで。)

ピュレと浮き実を別々の入れ物に入れて冷蔵庫で冷やす。
サーヴする直前に白ワインや水でお好みの濃度にする。

マルガリータやカクテルグラスなどの器にいれ、浮き実のマンゴーを加え、レモンバーム又はミントの葉と、ライムの輪切りで飾る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-26 01:31 | レシピ