やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

抹茶パンナコッタ

賞味期限が迫りつつある生クリームを早く使ってしまいたくて、抹茶のパンナコッタを作りました。

しょっちゅう作っているパンナコッタですので代わり映えしませんが、何よりも簡単という所が一番の魅力です。

多少は今までと違って、抹茶味に。

a0127398_284843.jpg

出来上がってから、上に抹茶を少々とアーモンドスライスを軽くローストしてのせました。飾りはレモンバーム。香ばしいアーモンドがことのほか合いました。

a0127398_29874.jpg

抹茶だけのものとチェリーの赤ワイン煮との組み合せと両方作りましたが、抹茶だけの方が抹茶の香りを楽しむことが出来ます。チェリーの赤ワイン煮ですと、抹茶の香りが負けてしまいました。

見た目も涼し気なパンナコッタになりました。

a0127398_292643.jpg

もう一人、涼し気になったお方が。今回は毛玉が殆どなく、本来のイングリッシュ・コッカースパニエルに近いカットです。一番の違いは足先が丸いことです。

抹茶パンナコッタ
材料(約200mlの器 3個分)


ゼラチン 小匙3/4 (大匙1の水に振り入れて、かき混ぜ、10分くらい置いておく。)
生クリーム 125ml
メープルシロップ 大匙1と1/2
抹茶 小匙1 (小匙1の湯で練る。)
プレーンヨーグルト(出来ればホールミルクのヨーグルト) 250ml  
バニラエッセンス 小匙1/2
飾り
抹茶 少々
アーモンドスライス  5−6分オーブントースターなどでローストする
レモンバーム又はミント

1.生クリームを温め、メープルシロップを加えてかき混ぜる。沸騰寸前に火を止め、練った抹茶と水でふやかしたゼラチンを入れ、完全に溶けるようにかき混ぜる。バニラエッセンスを加えてかき混ぜる。

2.1の荒熱が取れたら、プレーンヨーグルト(冷たいままで良い)の中に茶こしで漉しながら入れてかき混ぜる。

3.器に2を注ぎいれる。蓋のあるタッパーのようなものに入れて(或はぴったりラップして)、冷蔵庫で少なくとも4時間、又は一晩冷やして完全に固まらせる。

4. 固まったら、茶こしで抹茶を振りかけ、ロースとして冷めたアーモンドスライス、レモンバーム(又はミント)を飾る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-04 02:15 | レシピ