やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

苦瓜(ゴーヤー)で二品

夏が旬の野菜や果物には暑さで弱った身体に良いものが多いようです。

読んで字のごとく苦さが特徴の苦瓜(ゴーヤー)もビタミンCが豊富で、苦い成分は胃腸の粘膜を保護したり、食欲を増進する効果があるそうです。(このサイトを参考)

私は夏になると、身体が欲するのかこの苦さが恋しくなります。

友達から自家製苦瓜を頂いたので、今日はこのゴーヤーを使った簡単な料理のご紹介です。

まずはランチにぶっかけうどん。

鶏のささみは塩と酒をふりかけてラップをフワッとかけて電子レンジで2分程。(量によって時間が違います。くれぐれもかけ過ぎないように1分半位から様子を見て下さい。)冷めたら細く縦に裂きます。

ゴーヤーは縦に切ってスプーンで種と白い綿を取り、なるたけ薄くスライスし、塩を少々ふって混ぜます。5分程置いて、出て来た水分は捨てて軽く絞ります。

私は冷凍ウドンを使ったので、電子レンジでチン。その後水で洗って笊にあげます。

a0127398_141583.jpg

ウドンの上に鶏肉、ゴーヤー、青葱の小口切りをのせ、種を取った梅干しを叩いて出汁(水でも良いです)で薄めた麺つゆをかけ、おかかと刻み海苔をたっぷりと。

もう一品は皆様ご存知のゴーヤーチャンプルー。

豆腐はペーパータオルに包んで電子レンジで1分−1分半かけて水切り。その後、手でちぎっておきます。

卵は半熟の炒り卵にして別皿にとります。

ゴーヤーは3ミリ程の厚さにスライスし、塩を振って5分程置いたら、水でざっと洗い流して笊に取り、更にペーパータオルで水気をとります。

a0127398_1412890.jpg

中華鍋にサラダオイルを熱し、一口大に切った豚肉を炒め、色が白くなったら、豆腐、ゴーヤーの順に炒め、最後にみりんと醤油で調味。半熟の卵を加えて一混ぜしてお皿に盛ります。たっぷりの鰹節をふりかけて。

10分で出来る簡単ですが、彩りもきれいで美味しいゴーヤーチャンプルーです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-24 01:43 | レシピ