やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ナポリタン ミートボール    6・24・2009

顎が痛いから夕食は硬くないものね、という夫の要望に答えて、昨日の夕食はミートボール。

付け合せはスィートペッパーと紫たまねぎ、ハラペニョ、ガーリックをオリーブオイルで軟らかく炒めたもの。紫のペッパーは熱を通すと鮮やかさが失われますので、本当は赤や黄色のパプリカを使います。でも、知野ファームにはまだ売っていなかったのですよ。どうも今年は夏野菜が遅いようです。
a0127398_3134262.jpg


と、セロリ、グラニースミス(青りんご)、サルタナ(ゴールデン・レーズン、白ぶどうのレーズン)、ローストしたアーモンドのスライスをアップルサイダーヴィネガーとオリーブオイルのドレッシングで。
a0127398_2374274.jpg


このサラダは歯医者さんで覚えたのです。待合室の雑誌ではありませんよ。テレビです。うるさいようですが、待合室のテレビでもありません。なんと、診療室のテレビです。カリフォルニアの歯医者さんはとてもハイテクな所が多くて、最初はびっくりしました。メリーランド州の歯医者さんは昔ながらの歯医者さんでしたから。私が通っている歯医者さんはドアのない三つの診療室全部の天井にテレビがはめ込まれています。ですから、診療を受けながら、テレビを見られるのです。ちゃんとイヤホーンもくれて、チャネルも好きなものが選べます。そして、覚えたのがこのレシピです。テレビでは、レーズンはイタリア産のまだ完全にはドライになっていないものを使っていました。以前、イタリアに住んでいる夫の姉が持ってきてくれて食べたことがあるのですが、ぶどうの香りがして、大粒でとてもおいしいです。イタリアでも季節ものらしく、年中手に入るものではないらしいです。で、サルタナのほうが幾分そのイタリアのものに近い気がします。もちろん普通のレーズンでも良いのですが、いずれにしてもお湯に戻して軟らかくしてから使った方が良いです。

そしてメインはイタリア風ナポリタン・ミートボール。
a0127398_2563273.jpg







ミートボール12-15個分

2センチ角に切ったパン2-3枚を20分水に浸しておいた後、しぼる。ペコリーノ・ロマーノチーズをおろし金ですりおろす。(4分の3カップ) パイン・ナッツ(4分の1カップ)はオーブントースターでローストしておく。パセリ4分の1カップ、ガーリック3かけはみじん切り。

牛ひき肉(500グラム)、たまご2個、と上記のものすべて、塩、胡椒をして手でこねる。ゴルフボールより大き目のミートボールを作る。
オリーブオイルで全面がきつね色になるまで時々ひっくり返しながら焼いて出来上がり。

以上,マリオ・バターリのレシピでした。

もう少しパインナッツを入れても良い気がします。でも、炒めている間にパインナッツが出てきてしまうのですよ。パインナッツは結構いいお値段なので、その辺はお財布と相談しながらどうぞ。

私はペコリーノの代わりにパルメザンを使いました。いわゆるパルメジャーノ・レッジャーノというもので、いつも塊で買っています。塊を濡れたペーパータオルで包んで、更に乾いたペーパータオルで何重かに包んで冷蔵庫に入れておくと、2-3ヶ月はもちます。こうしておくと、硬くなりすぎずに、使いやすいのです。やはり、摺りたてのものはおいしいです。これはイタリア人に教わりました。
[PR]
by Mchappykun | 2009-06-25 03:21 | レシピ