やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

Viva ロブスター!      7・5・2009

 昨日はJuly 4Th, 独立記念日でした。独立記念日と言えば、バーベキュー。 この日も夕方ともなると、あちこちからBBQのよい香が流れてきました。メリーランド州に住んでいた時は、チェサピーク湾で獲れるブルークラブが旬を迎えるこの時期は、辛いスパイスを利かせたホット・クラブをよく食べたものでした。

 2-3日前、夫が耳寄りな話を仕入れてきました。今年はメイン州のロブスターが20年ぶりの当たり年だというのです。「今年の独立記念日にはロブスターを食べましょう。」と、ラジオが宣伝していたということです。早速そのニュースが本当かどうか確かめに中華食料品店の99ランチに行ってみました。大きな水槽には活きたロブスターもダンジェネス・クラブも沢山いました。ロブスターは1ポンド(約450グラム)あたり$8.99。いつもは12-15ドルはしますから、確かに少し安いようです。でもすごく安いわけではありません。ここでまた、1ポンドあたり$4.99のカニにしようか迷いが生じます。でも、「今日は記念日」、エイヤーっとばかりに、ロブスターにしてしまいました。

これが活きたロブスター
a0127398_421966.jpg



お料理したものがこちら
a0127398_4583168.jpg



 昨日は「培梅食譜」からの広東料理、「茄汁龍蝦片」、英語ではSauteed Lobster Tail in Tomato Sauceです。日本語ではさしずめ、「伊勢海老のトマトソース炒め」とでもいうのでしょうか。
興味のある方は続きのレシピをご覧下さい。
 
 私が活きたロブスターを料理をし始めたのはイギリスにいた時からですから、少なく見積もっても今まで20回以上調理しています。その度に思うことは、ロブスターの料理がレストランで高いのは当然だ、と言うことです。食材の値段の高さだけでなく、調理の煩雑さも半端ではありません。でも、この煩雑さを上回るほどのおいしさでした。

 このはさみの大きさをご覧下さい。私の手のひらからはみ出しています。これでも私の手のひらは女性としてはやや大きめなのです。

a0127398_4585040.jpg



 ロブスターをお腹一杯戴いてすっかり満足したあとは、例年のように近所の高台から花火を見物しました。でも、今年は霧が邪魔をして今ひとつ華やかさに欠けました。それに、花火の写真は難しいのですね。

a0127398_5451100.jpg



今年もよい独立記念日を過ごせたことに感謝!






ロブスター1匹(1キロ)は頭と尻尾に切り分ける。尻尾から身を取り出し、横にスライスし、塩少々、卵の白身(半コ分)、コーンスターチ(大匙1)、紹興酒(大匙2分の1)の中に少なくとも30分マリネする。

頭と身を取り出したあとの尻尾、(私ははさみも加えました)を20分蒸す。大皿に頭と尻尾等をきれいに並べておく。

ケチャップ(大匙3)、水(大匙2)、砂糖(大匙1)、酢(大匙2分の1)、コーンスターチ(小さじ2)、塩少々をボウルの中で混ぜておく。

油(3カップ)を150度Cに熱する。マリネしたロブスターの身を10秒入れて取り出す。(私ははさみの付け根や足も切込みを入れマリネして、油で揚げました。)

フライパンに大匙3の油を入れ、2分の1カップのたまねぎのみじん切りを炒め、ケチャップ入りのソースを入れ、茹でておいたグリンピース(大匙3)、と油で揚げたロブスターの身を入れて全体がとろっとなるまで炒めます。先の大皿の頭と尻尾の間に盛り付けます。
[PR]
by Mchappykun | 2009-07-06 05:31 | レシピ