やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

中華料理三品      7・14・2009

 冷蔵庫にある主な蛋白源は豚肉の薄切りだけ。野菜は沢山あるけれど、ゆでたコーンも早く食べなければいけないし、なすは傷みやすいからやはり今日のうちに料理したいし...何よりも黄にらはもう今日が限界。という訳で、昨日の夕食はまたも中華。こんな三品ができました。

まずはコーンスープ。
a0127398_1283165.jpg


知野ファームのコーンは日にちが経っても甘みがあって、本当においしい。毎回、コーンをゆでて戴いた後の残りで作るスープが楽しみです。

レシピは続きでどうぞ。

そして蒸しなすの四川風、「紅油茄子」
a0127398_1210089.jpg


 茄子がおいしい季節になりました。ピリッとした辛さが食欲をそそります。
私はこれも横着して、蒸し器を使わずに電子レンジで蒸します。お皿にへたをとった茄子を丸のまま置いてラップをかけます。最初は2―3分、後は様子を見ながら30秒,又は1分と電子レンジで加熱します。手で触れるほどに冷めたら、へたの方に少し切り込みを入れて手で縦に裂きます。茄子の大きさによりますが、大体一つを4つに裂きます。

今回は四川風ですが、ごまだれもおいしいですよ。
四川風のチリソースのレシピは続きに書きました。

最後は豚肉と黄にらの炒め物、「韮黄肉糸」
a0127398_12111083.jpg


黄にらは普通のにらより柔らかく、これもとてもおいしく出来ました。
レシピは続きでどうぞ。







鶏とコーンのスープ、「鶏茸粟米羹」 

 本当は鶏の胸肉を千切りにするのですが、冷凍庫にあったひき肉を使いました。鶏肉(80グラム)に卵の白身3個(私はけちをして1個しか使いませんでしたが、大丈夫でした。)を良く混ぜておく。スープストック(缶詰でもブイヨンでも)6カップを熱し、コーンの粒(缶詰でもよい)を入れる。コーンスターチ(小匙4に水小匙4を加えておく)でとろみをつけ、鶏肉と卵の白身を静かに入れてかき混ぜる。ハム(2-3枚)―これも中華のハムだともっと良いようです-をみじん切りにしたものを加え、最後にミルク3分の1カップを入れて出来上がり。
 鶏肉の代わりにえびでも良いようです。
 傳培梅さんの「培梅食譜」からのレシピです。

チリソース
 
 塩(適宜)、薄口醤油(大匙3)、中華黒酢(小匙1½)、砂糖(小匙2)、チリオイル(大匙2)、ごま油(小匙1)を混ぜます。ここでも先日作ったチリオイル(紅油)が役立ちました。

黄にらと豚肉の炒め物

 豚肉(250グラム)を千切りにし、塩(小匙4/1)紹興酒(小匙1)、ポテトフラワー又はコーンスターチ(小匙1½)、水(小匙2)を入れて混ぜる。黄にらは5センチの長さに切る。
ソースを作る。薄口醤油(小匙1/2)、中華黒酢(小匙3/4)、塩、コーンスターチ(小匙3/4)、チキンストック(大匙2)を混ぜておく。
ウォックに油をなじませ、ピーナッツオイル(大匙4)を強火で熱し、豚肉を入れる。ばらばらになるように炒め、黄にらを入れて、さらに炒める。ソースを入れて手早くかき混ぜ皿に盛る。熱いうちに召し上がってください。

上記二つのレシピはFuchsia Dunlopさんの 「land of plenty」からのものです。
[PR]
by Mchappykun | 2009-07-15 12:19 | レシピ