やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ハワイ旅行記 -オアフ島ー     8・16・2009

第六日目 -ホノルル-  8・7・2009

 この日は夫は仕事なので、また一日私の一人行動です。ホノルルはバスやタクシーが便利だとガイドブックに書いてあり、滞在も三日なので車は借りませんでした。でも、結果的には、借りた方が行動範囲も広がり、暑い中をそんなに歩くこともなく良かったのでは、と少し後悔しました。最後の土曜日だけでも借りようかとホテルの方に聞きましたら、とても高く、また車がほとんど出払っていて借りるのは難しいと言うので諦めました。

 という訳で、近くのバス停から2番のバスに乗り向かった先はホノルル美術館(Honolulu Academy of Arts)。中は撮影禁止でしたので、残念ながら写真はありません。ゴーギャン,マティス、モネ、ピカソなどのマスターピースのほかにもハワイ在住のアーティストの絵画など、結構楽しむことが出来ました。館内はほどほどに空いていたので、ゆっくりと見て回ることができたのも嬉しいことでした。

ホノルル美術館の中庭
a0127398_1175724.jpg

 
 美術館内にあるカフェがおいしいと聞いていたので、立ち寄りました。朝に沢山戴いてしまったので、本当はあまりお腹が空いていません。滞在しているホテルでガーデン・ベネディクトというイングリッシュマフィンの上にエッグベネディクトが載ったものが二つもあるのを戴いてしまったからです。でも、この時間をはずすときっとお腹が空くだろうと思い、スープとサラダで簡単にお昼を済ますことにしました。

a0127398_1185254.jpg


 ホテルに帰って一泳ぎしようかとバス停で待っていると、もう一つホテルのそばを通る13番がやってきました。ところが、このバスは私が考えていたルートとは別の道路を通っていたらしく、気が付くと、ワイキキを元来た方に走っているではありませんか。あわてて下り、ぶらぶらとホテルまで歩くことにしました。それにしてもワイキキの通りは人だらけ。まるで銀座の歩行者天国です。道路も海岸も人で一杯。

 滞在しているニューオータニホテルはワイキキのもっと南です。途中でアイスクリームで英気を養い、暑い中をゆったりと歩きました。きっと東京の暑さよりは風があるだけ過ごしやすいのかもしれませんが、サンディエゴの涼しい風に慣れてしまった身には、この暑さの中を歩くのは結構こたえました。人間の体はすぐに楽な方に慣れてしまうのですね。

 くたくたになって帰って来た夫。今日でハワイの仕事は終わりです。私が調べておいたレストランを夫は気に入らず、自分でインターネットで調べ、私が予約を入れました。

 ホテルのフロントでタクシーを頼むと、日本人の支配人らしき方が「どちらへ行かれるのですか?」と聞きます。レストランの名前を言いますと、「ちょっとお待ち下さい。」となにやらホテルの他の従業員と話をしておられます。タクシーを頼んだだけなのに何事かと思い、「何か不都合でもあるのでしょうか。」と訊ねますと、その名前のレストランは聞いたことがないのでちょっと調べております、と答えられます。こちらはたった今予約したばかりですので、何か腑に落ちずにいますと、支配人らしき方が、「どういったレストランにいらっしゃりたいのでしょうか。」とまた聞きます。こちらの希望を言いましたら、それでしたら、私の行きつけの良いお店がありますし、もう私も帰る時間ですので、途中ですからお送りします、とおっしゃいました。

 何だか狐につままれたような気分でしたが、ご好意に甘えることにしました。車の中で、その方は、実は私たちが示した住所にあるレストランは前に一度その方が行ったことがある所で、その時半分腐ったようなものを出されて往生したことがあるのだとか。それで、その方がプライベートでよく行くおいしいお店にご案内して下さるということでした。その方は親切にもお店の中まで私たちを連れて行ってくださり、お店の方に紹介してくださいました。

 そこは[はな火]という名前の居酒屋風のお店で、外に看板が出ていないので、一見さんは入ることが出来ないでしょう。

私たちがここで頼んだものは、
おばんざい5種、さつま揚げも自家製です。
a0127398_121391.jpg

かれいのからあげ
a0127398_1212921.jpg

あさりとねぎのぬた
a0127398_1214550.jpg

そして最後に冷麦。たれの中に柔らかに煮たなすが入っており、薬味の茗荷もたっぷりで、とてもおいしかったです。
a0127398_122330.jpg


 ホテルの方が勧めるだけあってとてもおいしく、しかもお店の方もとても感じが良く、本当に素晴らしい夕食を楽しむことが出来ました。ホテルの方の名前を聞きそびれてしまいましたが、本当にありがとうございました。

 「はな火」さんの名刺にはこんなことが書いてあります。
「ちょっと自慢したい、でもそっとして、できれば他人には教えたくないハワイで愉しむ大人の味覚のスポット」
まさにこの通りなので、このブログをお読みの皆様方にだけにそっと住所をお教えいたします。

2700 South King St., D-104 Honolulu, Hawaii 96826
Phone: (808)951-0510
[PR]
by Mchappykun | 2009-08-17 01:36 | 旅行