やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

冷やしみそ汁と夏野菜        9・6・2009

 今日はレイバーデー(Labor Day)で三連休の真ん中です。昨日あたりから やっとサンディエゴらしい爽やかな風が吹くようになってきました。それでも、日中はかなり暑くなりました。
それで、夕べは冷たいみそ汁を作ってみました。さっぱりした夏野菜の副菜とあわせてどうぞ。

a0127398_1171957.jpg


冷やしごまみそ汁 「母さんの料理」婦人生活者出版(1980年)より

材料(5人分)
きゅうり 2本
しその葉 3枚
みそ   80g 
白ごま  大匙2
水    5カップ

きゅうりを薄く切って水にさらす。
しその葉を細かく切る。
ごまをいってする。その中にみそとしその葉も入れてする。
水を入れてみそをのばす。
冷蔵庫で冷やして食べる直前に水切りしたきゅうりを加える。

 暑い日にピッタリのおみそ汁。私は水だけでなく前の日に昆布締めを作った時の昆布をさっと煮た汁を使いました。火を通さないので、かつおや煮干しのだしはかえって生臭さを感じるので、水だけのほうが良いようですが、昆布だけのだし汁は使っても良いように思います。
ごまも自分で煎ると市販のすりごまとは違い、香り高く仕上がりました。

夏野菜の炒め物 「キッコーマンのホームクッキング」からの応用

a0127398_121527.jpg
 
 キッコーマンのレシピではなす、プチトマト、しし唐、ズッキニ、を使っていますが、夏に旬な野菜なら何でも彩りよく組み合わせればよいと思います。
私は手元にあったなす、黄色いトマト、赤いパプリカを使いました。同じくらいの大きさに切り、サラダオイルで炒めて、最後にポン酢を振りかけただけのさっぱりした野菜炒めです。野菜はしゃきしゃき感を残すように、トマトを入れたら火を止めてかき混ぜるだけでよいようです。

 とても簡単なのに、色もきれいでポン酢のさっぱり感で箸が進みます。
[PR]
by Mchappykun | 2009-09-07 01:22 | レシピ