やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ガーリックと胡椒味の魚のから揚げ 9・13・2009

昨日お約束したもう一つのタイ料理です。

ガーリックと胡椒味の魚のから揚げ
Garlic-Peppered Pompano: Kasam Loha-Unchit「Dancing Shrimp」より

英語名のポンパーノはひし形の平たい魚で辞書にはアジの一種とありますが、見た目は全然似ていません。一匹のままから揚げにするので、ひらめのように平べったい魚なら何でも良いようで、私は小ぶりのキンメダイを使いました。

この料理は魚自体は辛くなく、辛いソースに付けていただきます。材料も特殊なものは使っていないので、作りやすい一品です。見栄えもしますし、おいしいのでお試し下さい。

a0127398_2181223.jpg


材料
ひらめ、バターフィッシュなどの小さく平らな魚  1匹(450g)
ガーリックのみじん切り 4かけ
シーソルト   小匙1/2
白胡椒  小匙1
ピーナッツオイル(から揚げ用)  1カップ
タピオカスターチ、またはコーンスターチ  大匙1-2
ガーリックのみじん切り  大1たま
ナンプラー   小匙2
香菜      数本

チリとライムのフィッシュソース
タイチリ  3-5本:薄い輪切り
ナンプラー  大匙2
ライムジュース  大匙1
グラニュー糖   小匙1/2

チリとライムのフィッシュソースの材料を全部混ぜてソースを作る。

魚のうろこと内臓を取り、きれいにする。頭と尻尾はつけたままにする。魚の両面を45度の角度で二本斜めかX形に切りこみを入れる。

ガーリック4かけをモーターかペッスルでペースト状にする。塩と胡椒を魚の表面にすりこむ。そのまま15-20分置く。

中華鍋にオイルを煙が立つほど熱する。オイルを熱している間にペースト状のガーリックとタピオカスターチを魚にまぶす。表面だけでなくお腹やえらの中もまぶす。オイルが熱くなったら、中華鍋に満遍なくオイルをいきわたらせる。静かに魚を中華鍋に滑り込ませ、すぐに火を中火に落とす。片面8―10分ずつ、全体がきつね色になり、頭や尻尾がカリカリになるまで揚げる。途中、中華鍋を傾けて頭や尻尾に充分に油がかかるようにする。

ラックの上に魚をのせ、冷ます。オイルを高温にして、みじん切りのガーリック一球をきつね色にカリカリになるまで揚げる。網の中にガーリックごと油をあける。(油はまた次回使える。)ガーリックを中華鍋に戻し、強火にしてナンプラーを加える。全部蒸発するまでかき混ぜる。

魚を皿にうつし、ガーリックを振りかけ、香菜をあしらう。ソースを脇に置き、つけながら戴く。

昨日、99ランチでローストしたチリペーストが見つからなかったと書きましたが、これは自分で作れることがわかりました。しかも、ちゃんとレシピも本の中に書いてありました。ただ、時間がかかるので、いつかそのうち作ってみようと思います。作りましたらアップします。
[PR]
by Mchappykun | 2009-09-14 02:24 | レシピ