やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

簡単タンドーリチキン                      10・6・2009

私たちが30年前に住んでいたイギリスのレディング(Reading)には当事はおいしいレストランは、全くと言ってよいほどありませんでした。唯一私たちが時々訪れたレストランはインド料理のレストランです。私はレディングで始めて本格的なインド料理を口にしたのです。

2回目にレディングに滞在した時もレストランの事情は同じでしたから、当事3歳の娘もよくインドのレストランに連れて行きました。小さい頃からスパイシーなインド料理を食べさせられていた娘は、子どもながら辛いものも大好きになりました。

私がイギリスのインドレストランで好きだったのは、カレーのほかにタンドーリチキンです。赤く着色されたチキンを最初に見たときはぎょっとしましたが、やはり本当のタンドーリチキンは赤く色づけされていないと、それらしくないようです。

夕べは簡単なタンドーリチキンを作りました。本格的なものは10種類のスパイスとヨーグルト、しょうが、ガーリック、レモン汁、たまねぎのみじん切りの中に鶏肉を一晩漬けるのですが、夕べは出来合いのタンドーリのペーストを使いました。瓶詰めのラベルに書いてあるように、ヨーグルトとライム汁とペーストを良く混ぜた中に、鶏肉を漬けます。ラベルには3-4時間と書いてありますが、一晩漬けた方がおいしくなります。

本物は炭のグリルで焼くのですが、今回はオーブンを200度Cに温めて焼きました。鶏肉(ももでも胸でもお好きな方)を一度ひっくり返しますが、その時に輪切りのたまねぎとピーマンも一緒に焼きます。レモンのくし切りを添えてお召し上がり下さい。

a0127398_491042.jpg

a0127398_492340.jpg


前の晩にマリネするだけで、次の日の夕食は手間がかかりませんので、忙しい時には重宝です。一緒にパパダムを添えると、一層インドらしくなりますね。

パパダムもタンドーリペーストも近くのスーパー、ラルフズ(Ralphs)で手に入れることが出来ます。
[PR]
by Mchappykun | 2009-10-07 04:11 | レシピ