やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ハンタースタイルのチキン-Chicken Chasseur-    11・10・2009

Chasseurはフランス語でハンター(狩人)と言う意味です。つまり、ハンターが野生のものを使って手軽に出来る料理といった意味合いかと思われます。鶏肉のほかにはマッシュルームとトマトの缶詰、たまねぎ、ポロねぎなどで、シチュウのような料理です。

a0127398_2345038.jpg

確かにシンプルな味わいの料理でした。特に指定されていなかったので、骨なしを使いましたが、骨付きの方がもう少し味が出るかもしれません。

レシピ:Jacques Pepin’s Table より
材料(4人分)


ヴァージンオリーブオイル  大匙1
皮なしチキンのもも     8枚 黄色い脂肪分を取り除く
ポロねぎ 1本 よく洗って粗いみじん切り
たまねぎ 中1個 粗みじん切り
小麦粉  大匙11/2
辛口白ワイン 1カップ
トマトの缶詰 1缶(約400g )
ガーリック 5-6片 潰してからみじん切り
マッシュルーム  中20個
フレッシュなタイム 小匙1 みじん切り
フレッシュなロズマリー  小匙1みじん切り
塩  小匙1
黒胡椒 小匙1/2
しょうゆ  大匙1
フレッシュなタラゴン  大匙1みじん切り

1.フライパンにオイルを熱し、チキンを重ならないように入れる。両面をきつね色になるまでソテーする。大きなしっかりした鍋にチキンを移す。

2.鶏肉を焼いたフライパンにポロねぎとたまねぎを入れて30秒炒める。
小麦粉を入れ、更に30秒炒め、ワインとトマトの缶詰を汁ごと入れる。強火で煮立たせてから、チキンの入っている鍋に空ける。ガーリック、マッシュルーム、タイム、ロズマリー、塩、胡椒、しょうゆをいれる。

3.強火で煮立つまでかき混ぜる。弱火にし、蓋をして煮る。

4.タラゴンを入れ、一人2枚の鶏肉と野菜類、汁をかけてサーヴする。

わが家の鉢植えのハーブはすべて枯れてしまいましたので、乾燥のハーブを使いました。サンディエゴでは秋だと言うのに店頭にハーブの鉢植えが売られています。お店の方に伺ったら、気温が氷点下にならない地域なら冬でも外植えのほうが良いということでしたので、早速バジルとチャイブを買い求めました。秋に植えるのは初めてです。うまく育つと良いのですが。

a0127398_2485675.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2009-11-11 02:50 | レシピ