やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

マリネしたオヒョウのグリル、オレンジ添え         11・11・2009

英語名はHalibut Steaks with Citrus, Watercress, and Black olives。とても長い名前でしかも材料をただ並べただけで面白みに欠けますので、標題のような日本語にしてみました。Halibut(オヒョウの一種で大きな魚です。)のステーキとありますが、フライパンでソテーするのではなく、グリルです。アメリカでは魚を筒状に切ったものをステーキ、と言って売っています。三枚におろして骨をとったものはフィレです。

ステーキは売っていなかったので、今回はフィレを使いました。魚をマリネしてからグリルするのですが、マリネの材料がちょっと変わっていて、Molasses(モラッセズ)と言う黒糖のシロップを使います。日本ではあまりおなじみではないかもしれませんが、イギリスでは、お菓子に良く使われていました。有名なイギリスの童話に出てくる「ジンジャーブレッドマン」もMolassesを使います。

独特な香とひかえめな甘さとオレンジの香がおいしい魚料理です。
a0127398_2295776.jpg


レシピ:Williams –Sonoma 「Fish 」より
材料(4人分)

マリネ
辛口白ワイン  3/4カップ
モラッセズ    大匙2
しょうがのすりおろし  大匙2

オヒョウのステーキ 4枚:1枚が約180-200g
カノラオイル   大匙2
塩・胡椒
オレンジ1個 くし型に8等分する
レモン 1個 くし型に4等分する
クレッソン  1束 茎は除く
カラマタオリーブ(大きく黒いもの) 半カップ

1.グリルを熱くしておく。マリネの材料を泡だて器でよくかき混ぜて、魚を両面よく浸し、室温で20分おく。(それ以上は漬けない。)

2.魚を取り出し、ペーパータオルで水分をふき取る。マリネは捨てないで取っておく。オイルを両面に塗り、塩胡椒する。魚をグリルする。

3.オレンジ、レモンも魚と一緒に焦げ目がつくようにグリルする。マリネの液を小なべに移し2分煮たたせる。皿に魚、かんきつ類をのせ、熱いマリネの液を上からかけ、オリーブとクレッソンで飾る。

Molassesを使うことによって、短時間のグリルで焦げ目がつくと言う利点があるそうです。また、オヒョウのほかに、スズキ、カジキマグロ、マグロ、シャーク、マヒマヒなどでも良いと書いてあります。

オレンジをグリルするのは初めてでしたが、なかなかおいしいものでした。但し、レモンは酸っぱすぎてそのまま食べることは出来ませんので、魚の上に絞ってかけても良いかもしれません。
[PR]
by Mchappykun | 2009-11-12 02:35 | レシピ