やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

イカのグリルとクレッソン                 11・21・2009

夕べは和食にしようとニジヤさんに行ったのですが、食材を見ても和食のアイディアが湧かず、結局洋風になりました。しかも作りながら一品増やしたり、と買い物に行く前に思い描いていたメニューとはずい分違ったものになってしまいました。

小さいイカを最初にさっとゆでてから味をつけてグリルするので、網にもつかず、(私は魚を焼く網を使いました。)しかも扱いが簡単です。これに使うクレッソンの茎は捨てないで、スープにします。残念ながら私のアイディアではありません。Pepinさんの本に書いてあるのに従ったのです。良い料理人は無駄を作らない、とはよく言ったものです。99ランチで求めたクレッソンは一束1ドルもしません。これでこんなにおいしい料理が二品出来るのですから、嬉しいですね。

a0127398_2531147.jpg

クレッソンの茎は葉っぱより香が高くスープにむいています。控えめなガーリックとセロリの香とあいまって、なかなかおいしいスープになりました。たまねぎを切らしていたので、グリーンオニオンの白い部分とシャロットを使いましたが、たまねぎだったら、少し甘みが出たのかもしれません。

a0127398_2534329.jpg


もう一つはスズキのセヴィチ。香菜やハラペニョ、ミントが少しずつ余っていたので、これもうまく使うことが出来ました。

a0127398_2541128.jpg

レシピ
イカのグリルとクレッソン、Grilled Squid On Watercress: Jacques Pepin’s Table より
材料(4人分):ファーストコースとして

水 6カップ
小さめのイカ 皮をむききれいにする 600g
塩 小匙1/4
黒胡椒 小匙1/4
ヴァージンオリーブオイル 大匙2
イタリアンシーズニング 小匙1
クレッソン 大1束(茎は除く:捨てないでスープにする)よく洗って水を充分に切る。
ピーナッツオイル 大匙1
シェリーヴィネガー 小匙1 (シェリーヴィネガーはマイルドな酢です。使い道によって色々な種類の酢があると便利です。)
塩 少々

1.お湯を沸かし、煮立ったら、イカの胴と足を入れ、1分煮る。(再び沸騰しなくとも良い。)ざるにあける。

2.イカの胴に入っている水分を切る。皿に取り、塩・胡椒、オリーブオイル、イタリアンシーズニングを振り掛ける。

3.グリルを熱っする。クレッソンに塩、胡椒、ピーナッツオイル、シェリーヴィネガーをかけ、皿に盛る。

4.イカの足はくしに刺し、胴と一緒にグリルする。片面11/2分ずつ焼く。足をくしからはずし、胴と一緒にクレッソンの上に載せて、すぐにサーヴする。

クレッソンのスープ:Watercress Soup: Jacques Peppin’s Table より
材料(4人分)

カノラオイル  大匙1
クレッソンの茎 100g
セロリ 1本 粗みじん切り(約1カップ)
たまねぎ 1個 (150g)粗みじん切り
ガーリック 2片 皮をむく
チキン、またはビーフストック(両方を混ぜても良い)21/2カップ
塩 少々(ストックの塩加減による)
じゃがいも 350g 皮をむき、5センチ角に切る。
クルトン:なくともよい

1.鍋にオイルを熱し、クレッソンの茎、セロリ、たまねぎ、ガーリックを2分炒める。ストックを加える。更に塩、じゃがいもを加え、沸騰したら、弱火にし、蓋をして30分煮る。

2.ミキサー、フードプロセッサー、フードミルなどを使って、ピュレーにする。

3.スープを熱くして、サーヴする、好みでクルトンを散らす。
[PR]
by Mchappykun | 2009-11-22 02:57 | レシピ