やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

鮭のやまと蒸し、まぐろのぬた                 12・14・2009

今日は久しぶりにサンディエゴらしい青空とまぶしい太陽の日差しが戻ってきました。雨に洗われて木の葉がピカピカ輝いています。

さて、前の日が濃厚なホット・ポットでしたので、夕べはさっぱりとした和食にしました。鮭のやまと蒸しです。やまと蒸しというからには本当はやまと芋を使うのでしょう。やまと芋やいちょう芋は粘りが強く、おそらくこのような蒸し物に適しているのでしょうが、残念ながらサンディエゴでは長いもしか手に入りません。

長いもは水分が多いので、器全体に流れてしまいましたが、やまと芋でしたらまとまるので、見た目もきれいで味ももっとおいしくなるでしょう。でも長いもでも十分においしかったです。

a0127398_3164484.jpg

生鮭は骨と皮をとり、一切れを二つに切り、塩と酒の中にしばらくつけた後、器に入れて8-10分蒸します。一旦鮭を取り出して、すったやまと芋を載せ、卵の黄身(私は鶉の卵2個を使いました。)を落とし、さらに1分蒸します。わさびとしょうゆで戴きます。鮭の他に、たい、ひらめ、すずき、たら、おひょうなどでもよいそうです。(志の島忠「日本料理惣菜事典」より)

付け合せにまぐろのぬたを作りました。青ねぎとわかめも入れ、赤味噌に練辛子と砂糖、酢で和えました。これは皿に盛る前に全部をあわせたほうがおいしいと思います。

a0127398_3171828.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2009-12-15 03:18 | レシピ