やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ポテト・グーラーシュ      12・18・2009

ハンガリーがオリジナルなグーラーシュですが、東欧圏ではとてもポピュラーな料理なようです。昨年訪れたイタリアのトリエステでもこの料理をメニューで見た覚えがあります。トリエステはオーストリーの影響が色濃く残り、クロアチアやスロヴェニアにも国境を接している地域だからでしょう。

夕べのグーラーシュは牛肉にパプリカとポテトをたっぷり使いました。いわゆるオリジナルのグーラーシュとは少し趣きが違います。この料理はパプリカを沢山使うので、質の良し悪しがとても大事です。もし手に入れば、ハンガリアン・パプリカをお使いください。

もう何十年も前ですが、私の姉が旧ユーゴスラビアに住んでいたことがあり、お土産にもらったパプリカは香りがよく、とてもおいしかった記憶があります。グーラーシュも姉から最初に教わったのだと思います。

a0127398_2454329.jpg


ポテト・グーラーシュ
レシピ:Casseroles & Stews、Home Cooking Libraryを私流にアレンジしました
材料(6人分)

ベーコンまたはハム 100-200g
シチュウ用牛肉 1キロ
サラダオイル 適宜
塩、胡椒
マージョラム 小さじ1
バジル    小さじ1
トマトの缶詰 1個(450g )
たまねぎ  4個 角切り
じゃがいも 8-10個
小麦粉   大匙1
ストック  カップ2-3
バター   大匙1
パプリカ(ハンガリアン・パプリカが望ましい) 小さじ2-3
生クリーム  ¼カップ
パセリ  みじん切り

1.ベーコンを使う場合は10分ゆでてから水で洗い、ぺーパータオルで水気を拭いてから使う。

2.ベーコンまたはハムを千切りにし、牛肉は大きな角切りにして、ペーパータオルで水分をきっちりふきとる。厚なべにサラダオイルを熱し、中火から強火でベーコンまたはハムと牛肉を炒める。牛肉は一度に沢山入れると水分が出やすいので、少しずつ焼く。

3.牛肉の全面に焼き色がついたら、塩、胡椒、ハーブ類を入れ、火を弱め、たまねぎとトマトの缶詰を入れる。ストックを牛肉がかぶる程度に入れ、沸騰したらふたをして肉が柔らからになるまで、あくを取りながら弱火で煮込む。(約1時間)

4.じゃがいもを大きめの角切りにし加え、ストックを足す。じゃがいもが煮えるまで、ふたをして弱火で煮込む。

5.バター、小麦粉、パプリカを混ぜて練る。なべの中の汁を少しずつ加えてのばし、なべの汁にとろみをつける。生クリームを最後に加え、塩、胡椒で味を調える。お皿に盛ってから、パセリのみじん切りを散らす。

じゃがいもがたっぷり入っているので、おなか一杯になりました。
[PR]
by Mchappykun | 2009-12-19 03:05 | レシピ