やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

くるみ入り塩味クッキー     12・24・2009

クリスマス休暇の夫と一緒に近くのスーパーへ行きましたら、夫がなにやら袋に詰めています。珍しいことと思って見ましたら、殻のついた胡桃です。「どうするの?」とつまらない質問をしますと、「食べるの」とこれまた当たり前の答えが返ってきました。

そう言えば、結婚一年でイギリスに住んだ時、色々な殻のついた木の実を買って割りながら食べたことを思い出しました。殻のついた木の実など、もう何年も買ったことがありませんでした。

フィンランド人のお友達から戴いた木のボウルにくるみを入れてみました。もったいなくて使っていないやはりそのお友達から戴いたなべつかみと一緒に写真をとりました。今年もサンタクロースの元祖ともいえる国に住む彼らからクリスマスカードが届きました。私たちよりも若いのに、もう3人のお孫さんがいます。今年はそのお孫さんの写真のカードです。

a0127398_1375918.jpg

彼らとはイギリスで知り合い、それからもう30年が経ちます。最初にお会いしたとき、彼らの一番上の息子さんは5歳でした。今ではその息子さんには二人のお子さんがいます。私たちも年をとるわけです。クリスマスは昔のことを思い出すときでもあります。

夫が買った胡桃に触発されて甘さ控えめの塩味クッキーを焼きました。古いレシピですが、素朴で、香ばしい胡桃がおいしいクッキーです。(形がふぞろいになってしまいました。どうぞお目こぼしを。)

a0127398_1384145.jpg


くるみ入り塩味クッキー
レシピ:続家庭でできる和洋菓子(婦人乃友社)を元にしました
材料

小麦粉 120g
無塩バター 100g
粉砂糖 30g
塩 小さじ1/3
バニラエッセンス  小さじ1/2
くるみ 刻んだもの カップ1/2
ふりかけようの粉砂糖 約カップ1/2

ボウルにクリーム状にしたバター、粉砂糖、胡桃のみじん切り、塩、粉、エッセンスを入れてよく混ぜながらまとめる。
梅干くらいの大きさにまるめ、5センチくらいの棒状に伸ばし、馬蹄形にして、パーチメントペーパーをしいた鉄板の上に並べる。
160度のオーブンに入れ、17-20分焼く。オーブンから出して、さめてから粉砂糖を茶漉しに入れてふるいながらふりかける。

2年前、このクッキーをパーティーでお出ししたことがあります。そうしましたら、ボストン育ちのA君が「おばぁさんが焼いてくれたクッキーに味も形も同じだ。」といってとても懐かしがって食べてくださいました。おばぁさんはギリシャ生まれなそうです。このクッキーはもとはギリシャなのでしょうか。
[PR]
by Mchappykun | 2009-12-25 01:42 | レシピ