やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

鴨と干したチェリーとグラッパ      12・25・2009

クリスマスおめでとうございます。

クリスマスがお休みでない日本の方々は、年末でお忙しいことと思います。今年も無事家族三人がそろってクリスマスを迎えることができました。クリスマスは我が家にとっては朝からご馳走の日です。私はクッキングで大忙しの日ですが、それも楽しみです。

まずは、夕べのクリスマスイヴのディナーをご紹介します。

ファーストコースはスモークした紅鮭、ヴァイダリア・オニオンとケイパー。このきれいな色のスモーク・サーモンはWさんからの贈り物です。Sockeye Salmonと呼ばれるアラスカ産の鮭は見た目がきれいなだけでなく、とてもおいしい鮭です。Wさん、本当にありがとうございました。

a0127398_232934.jpg

サラダはトマトと菜の花です。トマトも菜の花も知野ファームの地物です。この季節に温室でないトマトを食べられるとは本当に幸せです。きちんとトマトの味がしました。

a0127398_235686.jpg

メインコースは鴨と干したチェリーとグラッパ。これは前から作ってみたかった料理の一つです。甘ずっぱい干しチェリーが鴨に良くあいました。グラッパはワインを作ったあとに残ったぶどうの皮や茎、種を使って作ったイタリアの強いお酒です。グラッパと赤ワイン、チキンストックで鴨を煮るのですが、とてもおいしくできました。

a0127398_242748.jpg



鴨と干したチェリーとグラッパ:Duck Scaloppine with Dried Cherries And Grappa
               (Scaloppine d ‘Anatra alle Ciliegie e Grappa)
レシピ:Mario Batali[Molto Italiano]より
材料(4人分)

鴨の胸肉全体 約600g  半分に切る
小麦粉 ½カップ
塩、胡椒
エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイル ¼カップ
干したチェリー  ¼カップ
グラッパ     ½カップ
辛口赤ワイン   ½カップ
チキンストック  ½カップ
無塩バター   大匙2
青ねぎ  1束 薄い斜め切り

1.鴨の脂はついたままにし、繊維と直角に6等分する。(12枚できる) 肉たたきで5ミリの厚さ10センチの大きさになるように叩く。小麦粉に塩、胡椒を混ぜ、鴨にまぶす。

2.24-5センチのフライパンにオリーブオイルを煙が立つほどに熱し、鴨を入れる。ひっくり返さずに、狐色になるまで焼く。チェリー、グラッパ、赤ワイン、チキンストック、バターを入れ汁が半分になるまで、約6-7分煮る。ひっくり返し、30秒焼く。

3.温めた皿に鴨と汁、チェリーを盛り、青ねぎを散らす。すぐにサーヴする。

鴨の脂はさめるとおいしくないので、出来上がったらすぐにお召し上がりください。私はニジヤさんで売られている鴨を使いました。大きいままでなく1パックが一人分くらいの大きさですので、3人分3パックを求め,一枚を3等分しました。

夕べあけた赤ワインはとてもおいしかったです。このワインは2-3年前に買っておいたものですが、まろやかで芳醇な味でした。

a0127398_252486.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2009-12-26 02:09 | レシピ