やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

のっぺい力うどん         1・4・2010

今日、1月4日は御用始め。アメリカは普通は2日から学校も仕事も始まりますが、元旦が金曜日だったのでお正月休みが三日間もあり、ゆったりすることが出来ました。娘も帰り、夫も仕事に行き、いつもの静かな平日の朝になりました。

おせち料理の残りで、のっぺいうどんを作りました。ご馳走攻めだったクリスマスからお正月にかけて、疲れた胃にもやさしいおうどんです。別々に煮たお煮しめの色々な野菜のうまみも加わって、おいしいおうどんが出来上がりました。さらっとしたうどんにしたかったので、くずはひきませんでしたが、くずをひいて、
ゆずの代わりにしょうがのすりおろしだと、体も温まります。

a0127398_2205165.jpg

サンディエゴは連日夏を思わせる気温ですが、暑いといってもやはり夏の暑さとは違いますので、温かいおうどんも良いものです。

おうどんを入れずに普通にのっぺい汁でもよいですね。吉兆さん(湯木貞一著「吉兆味ばなし一」では、残った煮しめを椀だねにするときには、個々の味がしつこく邪魔になるので、ざるにとって、ザッと水で洗ってから使うとあります。乱暴なようですが、すっきりしていて良いそうです。それから蒸して温めるのだそうです。

私は薄味なので水で洗わず、そのままレンジで温めて使いました。うどんの汁は少し薄めにしておきました。あとからお煮しめの味が染み出て、ちょうど良い味加減になりました。
[PR]
by Mchappykun | 2010-01-05 02:22 | レシピ