やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レシピ( 1561 )

抹茶パンナコッタ

賞味期限が迫りつつある生クリームを早く使ってしまいたくて、抹茶のパンナコッタを作りました。

しょっちゅう作っているパンナコッタですので代わり映えしませんが、何よりも簡単という所が一番の魅力です。

多少は今までと違って、抹茶味に。

a0127398_284843.jpg

出来上がってから、上に抹茶を少々とアーモンドスライスを軽くローストしてのせました。飾りはレモンバーム。香ばしいアーモンドがことのほか合いました。

a0127398_29874.jpg

抹茶だけのものとチェリーの赤ワイン煮との組み合せと両方作りましたが、抹茶だけの方が抹茶の香りを楽しむことが出来ます。チェリーの赤ワイン煮ですと、抹茶の香りが負けてしまいました。

見た目も涼し気なパンナコッタになりました。

a0127398_292643.jpg

もう一人、涼し気になったお方が。今回は毛玉が殆どなく、本来のイングリッシュ・コッカースパニエルに近いカットです。一番の違いは足先が丸いことです。

抹茶パンナコッタ
材料(約200mlの器 3個分)


ゼラチン 小匙3/4 (大匙1の水に振り入れて、かき混ぜ、10分くらい置いておく。)
生クリーム 125ml
メープルシロップ 大匙1と1/2
抹茶 小匙1 (小匙1の湯で練る。)
プレーンヨーグルト(出来ればホールミルクのヨーグルト) 250ml  
バニラエッセンス 小匙1/2
飾り
抹茶 少々
アーモンドスライス  5−6分オーブントースターなどでローストする
レモンバーム又はミント

1.生クリームを温め、メープルシロップを加えてかき混ぜる。沸騰寸前に火を止め、練った抹茶と水でふやかしたゼラチンを入れ、完全に溶けるようにかき混ぜる。バニラエッセンスを加えてかき混ぜる。

2.1の荒熱が取れたら、プレーンヨーグルト(冷たいままで良い)の中に茶こしで漉しながら入れてかき混ぜる。

3.器に2を注ぎいれる。蓋のあるタッパーのようなものに入れて(或はぴったりラップして)、冷蔵庫で少なくとも4時間、又は一晩冷やして完全に固まらせる。

4. 固まったら、茶こしで抹茶を振りかけ、ロースとして冷めたアーモンドスライス、レモンバーム(又はミント)を飾る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-04 02:15 | レシピ

サラダうどんのような ぶっかけ

日本からのニュースは連日猛暑の報道ですが、日本の皆様、お元気でお過ごしでしょうか?

日差しはきついものの、最高気温、25−6度Cという理想的な夏のサンディエゴですが、猛暑を乗り切るための日本の皆さんのお知恵を拝借しました。

最近色々なブロガーさんが作っているサラダうどん、またはぶっかけ饂飩です。

私のヴァージョンは冷蔵庫の残り物の整理をかねて。

a0127398_1233833.jpg

まず、冷凍饂飩はパッケージの説明に従って、耐熱皿にのせて電子レンジで3分30秒。水で洗って笊に取ります。

a0127398_12464.jpg

上に載せたものは夕べの残り物の厚揚げ、竹輪、長芋、ミニトマト、少量の塩と砂糖で味をつけた炒り卵。鉢植えから採ってきた大葉と茗荷。気がついて刻み海苔も散らしました。

市販の麺つゆは夕べ多めに作って置いた鰹だし汁で薄めて。

火を使ったのは炒り卵だけ。簡単ですが、彩りの良いボリュームたっぷり、美味しいランチでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-03 01:25 | レシピ

茄子と茗荷 & 無花果の白和え

今年の茗荷の収穫は11本。最初の年が2本、2年目の去年は6本、毎年確実に増えていくので、来年が楽しみです。日本食料品店で売られている茗荷は、何と1本$2.99ですから、我が家で育つ茗荷は宝物です。

茄子はへたを取り、切り口に縦に四つ切り込みを入れ、ラップをフワッとかけて、電子レンジで1分20秒ほど。柔らかになって冷めたら縦に手で裂き、斜めに千切りにし、塩か白醤油で下味をつけます。

色を付けたくないので、普通の醤油は使いません。

豆腐は塩を入れた湯で茹でて水を切ります。さらにペーパータオルで包んで余分な水分を絞っておきます。

a0127398_2134092.jpg

一方胡麻は炒ってすり、(市販の練り胡麻を使おうと思っていたのですが、気がついたら胡麻を擂っていました。)先ほどの豆腐を裏ごしして加え、味噌(生憎白味噌を切らしていたので赤味噌です。)、砂糖、みりん、白醤油で調味。

薄切りの茗荷と大葉の千切りは水に晒して灰汁を抜き、茄子と一緒に白和え。茗荷の花を添えて、夏らしい爽やかな一品です。

白和えの衣が余ったので、次の日は無花果に合わせてみました。無花果は縦半分に切ってオーブントースターで数分ローストして冷まし、白和えの衣をこんもりのせ、八丁味噌パウダーを振りかけました。この味噌パウダーが良い仕事をしました。

a0127398_2141751.jpg

(無花果はローストしなくとも良いのかもしれませんが、生っぽさをなくすために軽くローストしました。)

無花果は胡麻にも味噌にも合うのですね。ちょっと洒落た一品になりました。友達から頂いた大きくて甘い無花果の最後の一品も美味しく頂きました。友達に感謝!

実はこの日、一番美味しいと思ったのは厚揚げと茄子とインゲンの煮物です。

a0127398_2143493.jpg

厚揚げは熱湯をかけて油を抜き一口大に切り、茄子は縦横四つに切って塩水に10分晒します。水気を拭いてサラダオイルでソテー、熱湯をかけて余分な油を落とし、鰹だし汁、砂糖、みりん、醤油の煮汁で落とし蓋をしてコトコト煮、途中でインゲンを加えます。

鰹節でとった出し汁のよい香りが、しみじみ ほっとするする美味しさでした。

a0127398_2175648.jpg

この日の後の二品はシマスズキの酢締めの翁和え、板ずり胡瓜と。白い器に入れたのは烏賊の雲丹和え。練り雲丹を酒でのばし、たっぷりの刻み海苔をかけました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-08-02 02:21 | レシピ

ローストした無花果と胡麻酢ソース

無花果の和風料理と言えば、真っ先に天ぷらが思いつきます。暑い夏の日の天ぷらも美味しいものですが、それは誰かが作ってくれればの話。

忙しい日や暑い日に揚げ物を作る気にはなりません。何か良い和風の無花果料理は、とネットで見た胡麻ソース。お題だけお借りして、後は自己流で作ってみました。

無花果は縦半分に切り、ブラウンシュガーを表面に少量振り、オーブントースターで5−7分程砂糖が溶けるまでローストします。

a0127398_144463.jpg

一方、胡麻ペースト(市販品)にみりん、ブラウンシュガー、醤油、米酢、水でソースを作り、ローストした無花果の上にかけました。

無花果と胡麻がこんなに相性が良いとは知りませんでした。無花果を使った料理の中で秀逸な一品に仕上がりました。

a0127398_1445961.jpg

メインはネギトロとイクラ丼。熱いご飯の上にいたずりして薄い輪切りにした胡瓜、みじん切りの葱と叩いてあるマグロ、山葵と醤油味のトリュフソースをたっぷり。最後にイクラもたっぷり。

ソーニャさんから頂いたトリュフソースのお陰で高級丼になりました。

a0127398_145139.jpg

箸休めはクレソンのお浸し。短時間で出来る献立ですが、贅沢感のある美味しい夏の夕餉でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-30 01:47 | レシピ

無花果とナッツとレーズンのリングイーネ

友達から庭で生ったという大きな無花果を沢山頂きました。(既に三つ頂いた後の写真です。)

a0127398_1471372.jpg

初物の無花果の最初は私の定番通り生ハムと合わせました。(写真無し)

a0127398_1473247.jpg

夕べはナッツ(アーモンド、ピスタチオ、胡桃)とサルタナ(白葡萄のレーズン)をバターで炒め、パルメザンチーズと四つに縱に切った無花果とバジルの千切りを入れたリングイーネ。(詳しいレシピは以前のサイトをご覧下さい。)

a0127398_1474616.jpg

残っていた生ハムは桃と苺とゴートチーズ、鉢植えからソレルとチャイブとルッコラの花。

a0127398_148012.jpg

野菜料理はアスパラガスのミモザサラダ。皮をむいてしまうと緑になりますが、本当は紫色です。ディジョンマスタードに白ワインヴィネガーとオリーブオイル、軽く塩胡椒したドレッシングにゆで卵を潰してかけます。

a0127398_1481768.jpg

狙った訳ではありませんが、華やかな食卓になりました。

デザートは前日作った無花果の入ったワインゼリー。プレーンヨーグルトを添えて。(詳しい分量は以前のサイトにあります。)

a0127398_1483235.jpg

赤ワインにバニラビーンズ、シナモンスティック、砂糖を入れて無花果をコンポート。残った汁はゼラチンを入れてゼリーに。

皮をつけたままコンポートしたので、スプーンでは切りずらく、研究の余地がありそう。スパイスの香りがしっかりとした大人の味です。

大きな無花果はとても甘く食べ応えがあります。今年も沢山下さった友達に感謝!まだ、三つ程ありますが、何にしましょう。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-29 01:50 | レシピ

豚肉と茄子とピーマンの味噌炒め

日曜日は食料品の買い出しに行こうと予定していたのですが、冷蔵庫を覗けば2日間はあるもので凌げそうです。

a0127398_136764.jpg

茄子は縦横四つに切り、少し多めのサラダオイルで炒めます。大分火が通ったら脇によけて、一口大に切った豚肉を炒め、最後に千切りにしたピーマンを投入。味噌、砂糖、醤油、酒、水、七味唐辛子を混ぜた調味料を入れてかき混ぜて出来上がり。(七味唐辛子は後でふりかけても良いです。)

お皿に盛る時は種類別にするときれいです。

a0127398_1362232.jpg

冷や奴は今年4本目の茗荷、穂紫蘇、青葱を薬味に。全て鉢植えからです。庭の最後のマイヤーレモンの皮を柚子の代わりに。醤油と日本酒に鰹節を入れて一煮立ちしたら火を止めて冷まし、上からかけます。ほんの一手間ですが、奴が美味しくなります。(鰹節の一部も薬味として頂きます。)

a0127398_1363713.jpg

若布とスイートオニオンの酢の物。オニオンは薄く切って氷水にしばらく晒し、絞ります。米酢、醤油、みりんの三杯酢で。身体が欲していたのか、オニオンがことのほか美味しい。

a0127398_1365616.jpg

暑い夏の夕べ、久しぶりにベルギー産のビールと共に、珍しくもない普段着の和のお惣菜ですが、お箸が進む夕食でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-28 01:39 | レシピ

マンゴーと生姜とライムの冷製スープ

夏になると作る冷製メロンスープにヒントを得て、完熟のメキシコ産のマンゴーで冷たいスープを作ってみました。

マンゴーと生姜は相性が良いので、それにライムのゼストとジュースも加えて、フードプロセッサーでピュレにします。浮き実の角切りも混ぜて一人丸々1個使いました。

a0127398_1273017.jpg

かなり濃いので、白ワインを加えましたが、お酒に弱い方はミネラルウォーターでも良いと思います。隠し味程度の塩を入れるはずが忘れてしまいました。

マンゴーはビタミンA、C、βカロチン、葉酸が豊富に含まれた栄養価の高い果物です。サンディエゴではメキシコ産が手頃な値段で、ほぼ一年中手に入ります。リーズナブルなお値段でマンゴーが手に入ったときには、是非お試し下さい。でも、漆科の植物ですからアレルギーの方がいらっしゃいますので、お気をつけ下さい。

a0127398_1275386.jpg

メインは鶏のもも肉のソテーと香菜のソース。骨と皮を取ったもも肉は塩胡椒してサラダオイルで表面に焼き色を付けます。一旦皿に取り出し、玉葱の薄切りとガーリックのみじん切り、香菜の茎のみじん切りを炒め、辛口白ワインと塩胡椒を加えて少し煮込みます。先ほどの鶏を戻してソースの中で煮込み、最後に香菜の葉っぱのみじん切りを加えて出来上がり。

香菜好きには嬉しいレシピですが、苦手な方はパセリか他のハーブをお使い下さい。付け合わせは人参のグラッセにチャイブを振りかけました。

a0127398_12874.jpg

サラダはクレソンと苺、ミニトマト、ゴートチーズ、胡桃。ヴィンコットをかけて。

a0127398_1282085.jpg

暑い日に相応しい爽やかながらボリュームもある夕食でした。


マンゴーと生姜とライムの冷製スープ
材料:一人分

マンゴー 1個
生姜 小指の先大 擂り下ろす (少量でもしっかり生姜の味がしますので入れ過ぎないように)
ライムのゼスト  半個分
ライムジュース  半個分
塩  少々
白ワイン  大匙1−2 (マンゴーが甘いので辛口を使いました。)
ミネラルウォーター  大匙1ー2
レモンバーム又はミントの葉 (飾り)
ライムの輪切り 1枚 (飾り)

マンゴーは皮を剥き、浮き実の角切り(大体大匙1)を残して、生姜、ライムのゼストとジュース、塩を一緒にしてフードプロセッサーでピュレにする。(滑らかなピュレにするか、多少粒粒が残るかはお好みで。)

ピュレと浮き実を別々の入れ物に入れて冷蔵庫で冷やす。
サーヴする直前に白ワインや水でお好みの濃度にする。

マルガリータやカクテルグラスなどの器にいれ、浮き実のマンゴーを加え、レモンバーム又はミントの葉と、ライムの輪切りで飾る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-26 01:31 | レシピ

ミニトマトと香菜のおろし和え

カラフルなミニトマトをたっぷりの香菜と一緒に大根おろしで和えた酢の物です。ガラスの器に盛りつけて、見た目も涼し気に。

ミニトマトは2−4つに切り、香菜は茎も葉っぱも一緒にみじん切り。水気を切った大根おろしと甘酢で和えます。香菜でなく、パセリでも良いですし、普通のトマトを適当な大きさに切っても良いでしょう。

a0127398_141619.jpg

今回の甘酢は米酢、砂糖、みりん、塩、日本酒。分量はいい加減ですので、ここに書くことは出来ません。味見をしながらお好みの甘酢をお試し下さい。

a0127398_1412636.jpg

メインはカサゴ(Rock Cod)、生椎茸、ピーマン、茄子の焼き浸し。カサゴは削ぎ切りにして片栗粉をつけ、サラダオイルをしいたフライパンで焼きます。野菜も一緒に焼き、醤油、みりん、日本酒(全て同量)の中に焼けたらすぐに漬け込みます。(野菜には片栗粉はつけません。)

a0127398_1414048.jpg

5分漬けただけでも、1時間くらい漬けてもどちらも美味しいです。焼き浸しはどこのご家庭でもお作りになると思いますが、一つのフライパンで出来、魚も鮭でも鰤でも良いですし、野菜もたっぷり食べられる重宝なお惣菜料理ですね。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-25 01:44 | レシピ

冷やし中華

蒸し暑くなって来たサンディエゴです。とは言うものの最高気温は25度ですから、日本の猛暑とはほど遠いのでしょうが、蒸し暑さになれていないサンディエゴの住民はこれでも暑い、暑いと文句を言います。

私もその一人ですが、慣れとは恐ろしいものですね。

暑い時のお昼は冷やし中華。冷蔵庫の中の残り物をかき集めました。半分残っていた胡瓜、作り過ぎた豚肉の生姜焼き、ミニトマト。錦糸卵を作るのが面倒で半熟卵。どうせなら生姜焼き丼を作ったときに錦糸卵も沢山作って冷凍しておけば良かった。

a0127398_142273.jpg

中華そばも冷やし用ではなく熱い醤油ラーメン用ですが、茹でて水で冷やせば変わりません。

たれはチキンストック、米酢、醤油、極少量の砂糖、ごま油と炒り胡麻。食べてしまってから、練り辛子と紅ショウガを忘れたのに気づきました。too late!

絶対失敗しない半熟卵の作り方だけ記しておきます。

小鍋に入れた水が沸騰したら、パスタを茹でる時と同じくらいの量の塩を入れます。冷蔵庫から出したばかりの卵をお玉に入れてそっと、お鍋の中に入れて5分。(塩が沢山入っているので卵は割れません。)きっちりタイマーで計ります。水にとって冷ましたら、殻を剥いて半分に切れば、黄身がトロッとした半熟の出来上がりです。このレシピはDorie Greenspanさんのものです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-24 01:07 | レシピ

豚フィレ肉のロースト チェリーソース添え

フレッシュなハーブ、塩胡椒、オリーブオイル、皮をつけたまま潰したガーリックに2−3時間マリネした豚フィレ肉をフライパンでローストしました。(お肉は室温にしておいた方が良いです。)

使ったハーブはセージ、ロズマリー、タイム、オレガノですが、お好みのもの、またドライのハーブでも構いません。フィレ肉の塊の全面を焼き色がつくまでソテーし、後は弱火にして蓋をして蒸し煮。(お肉の大きさによりますが、5−8分、中央に串を刺して透明な汁がでて来たら出来上がりです。くれぐれも焼き過ぎないように。)オーブンを使わない簡単なローストです。

ガーリックも一緒に蒸し煮にすると、皮は焦げても中は焦げずにほくほくとして、とても美味しくなります。お肉もスライスしてソテーするより中がしっとりします。

a0127398_221755.jpg

冷凍してあったチェリーの赤ワイン煮を添えて。

付け合わせはじゃが芋と皮付きのりんごを一緒に煮てマッシュしたもの。塩とバターだけの調味ですが、りんごの甘酸っぱさが美味しいマッシュポテトです。

a0127398_2211931.jpg

サラダはルッコラ、胡瓜、ミニトマト。ヨーグルトに塩胡椒、オリーブオイルのさっぱりとしたドレッシングです。

チェリーソースさえあれば、30分位で出来る簡単で美味しい夕食です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-07-23 02:22 | レシピ