やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:食材( 13 )

春を食す 〜知野ファームの春野菜〜

3月1日の今朝は生憎の雨降りですが、昨日の土曜日は雨の前兆の鰯雲が空を覆っていたもののまずまずの好天気、久しぶりに知野ファームを訪れました。

知野ファームは日系の方がやっているオーガニックの農場です。品質の良さとバラエティーに富んだ野菜を買い求めに、ロサンジェルスのレストランのシェフもやってきます。

a0127398_222188.jpg

道路沿いの桃が満開。後四ヶ月もすれば、美味しい桃がなることでしょう。
ずっと前、友達が写真を撮ることを拒否されて以来、知野ファームは写真が御法度だと思っていましたが、昨日はどうぞ、どうぞと言われました。なので、遠慮なく沢山撮りました。

前にはなかった野菜の名札も所々に。

a0127398_2222377.jpg

中段左からセロリアック(セロリルート)、緑と黄色の絹さや、ラピニ。絹さやの奥が紫の水菜、その右隣はフェンネル。ラピニを私は菜の花のように使います。味も風味も菜の花にとても良く似ているからです。ナストゥリアムが色鮮やかです。

a0127398_2224727.jpg

レタス、ルッコラ、ターツァイ、水菜、などなど。

a0127398_2233519.jpg

スイスチャード、白菜、キャベツ、ケールなど。

a0127398_224752.jpg

ベビーというには少し育ってしまったアーティチョーク。

a0127398_2244181.jpg

ブッロコリーニ(ブロッコリより茎が柔らかで美味しいです。)、紫、黄色、緑のカリフラワー、人参。

a0127398_2285543.jpg

カリフラワーの奥はロマネスコ、その奥がベビーケール、蕪の様に見えますが色とりどりの若いビーツ、その奥がコールラビ。

a0127398_2292752.jpg

肉厚の緑の葉っぱはアイスプラント、その奥が色とりどりの若い芽キャベツ。

a0127398_2294640.jpg

苺の苗も売っています。友達の話では、この苺がとても美味しいのだそうです。知野ファームの苺はサンディエゴで一番美味しいのです。

a0127398_230180.jpg

売り物ではありませんが、花もきれいです。

a0127398_2303545.jpg

オレンジも甘くてジューシーです。

a0127398_2304917.jpg

南瓜や色々なスクワッシュ。

a0127398_2311123.jpg

ここへ来るとどれも欲しくなるのですが、昨日はかなりおさえました。黄色い花が可愛くて買った紫の茎はツァイシン、もう一つは水菜。しめて20ドル。

a0127398_2313745.jpg

ツァイシンと水菜はエリンギと牛肉とで牡蠣油炒め。

a0127398_232951.jpg

アイスプラントはルッコラの花とサラダ。醤油ドレッシングで。アイスプラントはほんのり塩味のするソリソリした食感が面白い野菜です。

a0127398_2322372.jpg

絹さやは鰹だしに醤油みりんの汁で煮て卵とじ。

a0127398_2324664.jpg

春の新鮮な野菜を頂いて、身も心も軽やかになった夕べでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-03-02 02:41 | 食材

無花果のヴィンコットでサラダ

友達から無花果のヴィンコットを頂きました。ヴィンコットの元々の意味はワインを煮詰めたもの。私も随分前ですが自家製ヴィンコットで鶏肉を料理したことがあります。

a0127398_365889.jpg

バルサミコ酢は発酵させたもの、ヴィンコットは発酵する前の状態で自然の奥深い甘味があります。

頂いたものを少しなめてみたら、トロッとして、とても美味しい。使い初めは苺のサラダに。鉢植えの春菊と地物の苺、マイルドなブルーチーズ、ローストしたアーモンドスライスにヴィンコットをたらたらと。酸っぱい苺も美味しく変身。とても美味しいサラダになりました。

a0127398_371581.jpg

この日の他のメニューは30年以上の十八番のハムスープ。正式な名前はカタラニア・スープで、玉葱、ハム、セロリ、トマト、じゃが芋、白ワインの入る実だくさんのスープです。とろみは卵の黄身ですが、パルメザンチーズを入れても美味しいです。これにバゲットとサラダがあれば軽いランチにもなります。

a0127398_3141497.jpg

もう一品はパスタ。冷凍してあった自家製ジェノベーゼ(アメリカ的にはペスト)をパスタに絡めて、到来ものの美味しいスモークサーモンをのせました。

a0127398_374574.jpg

a0127398_38850.jpg

ヴィンコットがとても美味しかったので、アイスクリームの上にかけてデザートに。苺と前日作った緑茶サブレーを添えて。

a0127398_3115462.jpg

お腹一杯、とても満足した夕食でした。ヴィンコット、まだまだ使い出がありそうで、楽しみです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-01-19 03:16 | 食材

無花果

二日前知野ファームで求めた無花果。何と言う種類なのか聞くのを忘れたので、ネットで調べてみました。

そうしたら、世界で80種位あるのです。無花果は世界最古の果物と言われていますから、あちらこちらで品種改良されているのですね。

a0127398_1254664.jpg

肝心の私が買った無花果は、Green Italianと呼ばれるものに一番近いようですが、確かではありません。普通の無花果より大きく、それほど甘くはありませんが、ジューシーで爽やか。とても美味しかったです。

a0127398_126258.jpg

丁度冷蔵庫に生ハムがあったので、苺やゴートチーズ、胡桃と合わせました。パックでないもっと美味しい生ハムだったら良かったのですが。。。

a0127398_1261480.jpg

一晩冷蔵庫で置いたコーンを蒸しましたが、これも美味しく頂きました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-07-22 01:27 | 食材

今年の我が家のマイヤーレモン

植えてから数年以上経った裏庭のマイヤーレモン。何の手入れもしないのに黄色く色づきました。摘果はかなりいい加減だったのですが、今年は今までより大きめの実がなりました。

a0127398_343114.jpg

a0127398_35697.jpg

マイヤーレモン(Meyer Lemon)はwikiによれば、中国が原産で普通のレモンとみかん又はオレンジと交配されたようです。皮が薄く、ジューシーで香りが高いのが特徴です。

a0127398_352544.jpg

自家製ですので、安心して皮も食べられます。早速皮は擂り下ろしてお菓子に使いました。残りの実はホットレモンに。1杯分で1/3もあれば十分なジュースがとれました。

a0127398_354447.jpg

サンディエゴに越して来たばかりのとき、友達の家でもぎたてのレモンで頂いたレモンティーが美味しくて、それ以来庭でとれるレモンは憧れでした。憧れが現実になって嬉しい限りです。


「汁物やパスタに♪ハマグリ料理」コーナーにレシピを掲載中!

「シャキシャキ食感!水菜のレシピ」コーナーにレシピを掲載中!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-07 03:06 | 食材

チーズ三種  10・13・2011

私はチーズが大好きです。でも、夕食の後にデザートとして食べるのは少し重過ぎるので、もっぱら朝食にパンと頂きます。我が家から車で10分足らずの所にあるVenissimoが私のお気に入り。

ここの店員さんはとても親切で、色々試食させてくれます。沢山種類のある中から、「少し硬くてシャープな味」などという私の勝手なリクエストにも丁寧に答えて試食させてくださいます。そして、量り売りですから、少量でも気兼ねなく買うことが出来ます。

おまけに、領収書にはチーズの産地やミルクの種類、一緒に合わせる食べ物とワインまで書かれています。私はもっぱら朝食用ですので、ワインは合わせませんが、お客様の時には便利です。

実のところ、ここで何種類か試食していると、ワインも試飲させてくれたら素晴らしいのに、などと勝手な思いにとらわれてしまいます。

さて、昨日買い求めたのは、Brie de meaux。ボードの左上の三角形です。この説明には、2004年のフランスのチャンピョン。フランス産。牛乳から作られ、食後はマッシュルームの味。ハニーデュー、バルサミコ、いちごが合います。ワインはHermitage, Burgandy, Bordeaux、 St.Emilion,Chardonn Pomerol, Red Sancerre.

a0127398_1512684.jpg

右のブルーチーズの名前はRogue river blue。これは2004年の金メダル受賞。アメリカオレゴン州産。ペアブランデーに漬けた葡萄の葉で包んであり、牛乳から作られています。酒類はCalvados, Brandy, Madeira, Muscato, Riesling, Champagneが合います。このチーズはお酒の香が強く、合うお酒の酒類から見てもデザート系なのですね。

手前はRembrant。名前から分かるようにこれはオランダ産のマスターピース。牛乳から作られ、2004年の世界チャンピョン。クラッカーなどとおつまみに。ワインはChardonnay, Bordeaux, Syrah。

とても1回では食べ切れないこれらのチーズ。保存法はこのようにします。大きめのタッパーに入れ、角にペーパータオルをぬらして入れ、乾燥しないようにします。そして蓋をして冷蔵庫へ。このようにすると、日が経っても美味しく食べられます。

a0127398_152266.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-10-14 01:53 | 食材

Mさんのたまご 2・24・2011


お友だちのMさんの家では鶏を飼っているのだそうです。何羽買っているのか聞きそびれましたが、たまごを沢山産んだからと、分けてもらいました。

これがそのたまごです。色々な色があります。鶏の種類が違うのでしょうか。

a0127398_2521952.jpg


私がまだ小さい子どもだった頃、住まいは東京の23区内でしたが、鶏を飼っていました。鶏小屋を掃除する時にでも逃げ出したものか、鶏は庭を自由に歩き回り、あちこちにたまごを産みつけていました。それは、縁の下だったり、ぼうぼうに茂った萩の陰だったりしました。Mさんのたまごを見ながら、そんな昔のことを思い出していました。

a0127398_25317100.jpg


割る時も、殻が固くて容易には割れません。黄身の色は濃く、白身も散らずにこんもりとしています。

a0127398_2535035.jpg


早速目玉焼きにしました。とても美味しいたまごです。

a0127398_2542799.jpg


料理の中に入れてしまうのはもったいないので、たまごご飯にしたり、オムレツにしたり、たまごをそのまま頂いています。夕べはすき焼きにして、このたまごにつけて頂きました。本当においしかったです。

Mさん、ありがとうございました。またお願いしますね。


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-02-25 02:56 | 食材

チャイニーズ・オクラ    11・5・2010

先日友達の家族と一緒に訪れた中華のレストランで出された、チャイニーズ・オクラ。台湾人の方はチャイニーズ・スクワッシュ、瓜の仲間だとおっしゃっていました。中華のスーパー、99ランチではチャイニーズ・オクラという名前で売られています。ネットでみますと、アラビア語から来たLuffa 又はSilk Melonとも呼ばれているようです。

40センチ以上の長い野菜です。台湾人の友だちに教わったように皮をむき、中の種(ニガウリに少し似ていますがもっと柔らかです。)を除きました。

a0127398_3383017.jpg

レストランで頂いたように、ねぎとガーリック、干し海老と一緒に炒め煮にしました。見た目が大きい野菜ですが、皮をむいたり、中の種を取ったりしたら、ほんの少しになってしまいました。一人、一本は必要なようです。どおりで、スーパーでは皆様5-6本買っていました。

a0127398_338592.jpg

きっとスープにしても美味しいと思います。また新たな食材が私のレシピに加わり、嬉しいですね。

メインは牛肉と大根を圧力鍋を使って紹興酒、醤油、八角などで煮込みました。

a0127398_3393049.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-11-06 03:40 | 食材

裏庭でお座敷てんぷら                9・28・2010

昨日の27日(月)、ロサンジェルスでは1877年に記録を始めてから、最高気温の華氏113度を記録しました。(アメリカは未だに華氏を使用しています。)華氏113度は摂氏45度です。もちろんサンディエゴも暑いなんていうものではありませんでした。公式記録としては華氏105度、摂氏41.5度です。我が家では摂氏35度が最高でした。

我が家にはエアコンがありません。普通は必要ないからです。一年の中で30度Cを越える日はわずかに2-3日。どんなに暑くとも窓を開ければ涼しい風がそよそよと入ってくるのが、サンディエゴの素晴らしい所です。が、昨日は本当に暑く、家の中のほうが外より涼しいので、窓を閉めていたくらいです。

夕べは家で火を使った料理をする気がしなかったので、庭でてんぷらをしました。日が落ちれば、少しはしのぎやすくなります。知野ファームで買い求めたメキシコの野菜。いつものように名前を聞いても書き留めないので、10秒後にはすっかり忘れ去っています。

a0127398_133358.jpg

知野ファームの方に食べ方をお聞きしましたら、てんぷらが一番という返事。一昨日買った松茸や、やはり知野ファームで買ったベービーコーンなどと一緒に、てんぷらにしました。庭で揚げながら頂けば、暑くとも食欲が増すというものです。

このメキシコのお野菜、生でかじってみると少々苦く、さして美味しい野菜ではありませんがてんぷらにするとサクサクとして、苦味も消え、とても美味しい野菜に変身しました。

まだ残っている無花果もてんぷらにしてみました。この黒い無花果は皮ごと食べられますので、下を十字に切り込みを入れて丸のまま揚げてみました。デザートのようで、美味しく頂きました。

a0127398_1333678.jpg

a0127398_1335112.jpg

a0127398_134118.jpg

a0127398_1343173.jpg

a0127398_1345368.jpg

天つゆと胡椒塩、抹茶塩を用意しました。天つゆと衣は前にも載せましたので以前のサイトを参照してください。(青字をクリックすると以前のてんぷらのサイトに行きます。)
[PR]
by Mchappykun | 2010-09-29 01:38 | 食材

豚汁      12・6・2009

昨日のサンディエゴはどんよりと曇り、ときに雨がぱらつき、風も冷たく、冬を感じさせる天気でした。それでも日中の気温は15度C。それ程寒いという気温ではありません。この温度で寒いと感じるほど、サンディエゴの暖かな気温に慣れてしまったのでしょう。

気温が何度か、というよりも寒い時は温かくなる料理。というわけで、夕べは豚汁にしようとニジヤさんに出かけました。そこでおいしそうなマグロのお刺身とつぶ貝を見つけましたので、ぬた、そしてイカのウニ和えを作りました。しかもやはりお正月が近づいてきているからでしょう。お店の商品の種類がいつもより豊富で、夫の大好物クサヤの瓶詰めまで手に入りました。車で15分ほどでこんなに日本的な食材が何の苦労もなく手に入る南カリフォルニアは、日本人にとって本当に住みやすい所です。

a0127398_1354927.jpg

a0127398_13542589.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2009-12-07 13:59 | 食材

ほっとする味「和食」                10・2・2009

フレンチもイタリアンもタイも中華料理も全部おいしいのですが、何と言っても食べて心からほっとするのは和食です。子供の頃から慣れ親しんだ味というのは人の心と体の奥に沁みこんでいるのでしょう。

何十年も前に読んだのですが、神津カンナさんが書いたエッセーにこんなのがありました。彼女がニューヨークに住んでいたときのことです。友達と引越しをして、とても疲れてお腹もすいていたそうです。新しい部屋に皆で寝転んで、カンナさんはお茶漬けか何か日本のものが食べたいと思っていたとき、アメリカ人の友達は「あぁ、ピーナッツバターサンドイッチが食べたいな。」とつぶやいたというのです。

食べ物の嗜好はその人の生い立ちに深くかかわっている大事なものなのですね。

食べたい時にいつでも日本食が手に入る。外国に住んでいてこれはとてもありがたいことです。特に年をとってきてからは、私たちにとってとても大事なことになってきました。

夕べのご飯は和食。日本にいたらなんと言うこともない献立でしょうが、外国に住みながら、これだけのものが苦労せず手に入るのは本当に幸せなことです。

写真は上から順に、松茸の網焼き、まぐろの赤身のお刺身、しらす干のおろしあえ、空心菜のおひたし、さばの塩焼き。

a0127398_1531450.jpg

a0127398_153346.jpg

a0127398_1535815.jpg

a0127398_1541972.jpg

a0127398_154421.jpg

外国に住んでいることを忘れてしまう味でした。
[PR]
by Mchappykun | 2009-10-03 01:57 | 食材