やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イベント( 16 )

独立記念日のBBQパーティー

昨日の7月4日はアメリカの独立記念日でした。独立記念日と言えば、花火とBBQです。いつもの仲間のうち7人が、近くから花火が見えるというお宅に集まって、夕方5時過ぎから持ち寄りのBBQパーティーを開きました。

マリネした如何にもアメリカ的な分厚いリブアイ、鶏肉、とうもろこし、カラフルな野菜の串などを庭のグリルで焼きます。

a0127398_234351.jpg

a0127398_2433.jpg

前菜は烏賊と玉葱や香菜やハラペニョのセヴィチェ。様々な野菜と二種類のディップ。一つは豆腐とお味噌、もう一つはギリシャのザジキ。

a0127398_242338.jpg

サラダにペルシャのパン、ナン。(写真がぼけていてごめんなさい。)

a0127398_244035.jpg

何種類ものビールを持ってきて下さった方、ワインを持参の方、花火が終わる9時半までには酔いも冷めるでしょうから、私も頂きました。冷えたビールも赤ワインも美味しかった!

a0127398_245412.jpg

デザート二種類は私が用意しました。一つは去年も作って好評だったタルト。アメリカの色、白(マスカルポーネと生クリーム)、赤(ラズベリー)、青(ブルーベリー)を使いました。去年のサイトに詳しい作り方が載っていますので、興味のある方はご覧下さい。(写真は持っていく前、私の家で撮ったものです。)

a0127398_25973.jpg

もう一つは西瓜を篭の形にくりぬいて、フルーツサラダを盛り合わせました。西瓜、メロンはメロンボーラーで丸くくりぬき、後は苺、キウイ、オレンジ、レニアーチェリーをオレンジの絞り汁とオレンジリカー(コアントローを使用)に2ー3時間漬けておきます。(ピントがイマイチで申し訳ありません。)

a0127398_253485.jpg

残った西瓜はジュースに。最後にキルシュなどのリカー類を入れるのがミソです。とても美味しく、奪い合うほどの好評さでした。

a0127398_254797.jpg

そして締めくくりはこの日のハイライトの花火。数カ所からあがる花火が一望に見渡せる絶景の場所。こんなに間近にきれいな花火を見たのは何年ぶりでしょう。

a0127398_210089.jpg

写真もほとんど撮らず、一瞬の響宴を心ゆくまで楽しみました。心置きなく喋れる良い友達と美味しいご馳走と美しい花火と。本当に楽しい夕べでした。

a0127398_262693.jpg

(最後の写真は友達が撮ったものをお借りしました。)



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-07-06 02:11 | イベント

サンディエゴの震災復興支援組織 SDJENのポットラック

2011年の東日本大震災の直後に、日系緊急支援ネットワーク(San Diego Japanese Emergency Network, 略してSDJEN)が立ち上げられました。現在ではNPOになり、今までチャリティーコンサートを含め様々な震災への支援活動を行って来た組織です。

私はメンバーではありませんが、コンサートなどできることをお手伝いしてきました。

昨年からSDJENは被災地の高校生2名をサンディエゴに招き、アメリカ人の家庭にホームステーをしてもらい、観光だけでなく現地の高校生との交流やラジオ出演など高校生の立場で被災地の状況や被災者の心情を語り、多くの人々の共感を得て、更なるサポートを得てきました。

昨日はこの高校生お二人の最後の日で、ポットラックによる夕食をしながら、9日間の彼女たちの行動をスライドとトークを交えて、サンディエゴで何を感じ、何を学んだかを話してもらいました。

お二人とも清楚で謙虚なお嬢さんたちで、サンディエゴに来るにあたって書いた作文やご自分の経験を懸命に語る姿に心を動かされました。

私たちの合唱団が演奏を披露。最後はお二人の高校生とSDJENの有志も交えて、震災復興支援ソング「花は咲く」を歌いビデオにも収めました。選ばれたら、NHKで放映されるかもしれません。(カメラの後ろで指揮をした私の姿は映りません。)

さて、皆さんの持ち寄りです。金曜日の夕方ですから、ほとんどの方が仕事帰り。テークアウトも沢山ありますが、日本人の舌に合う物を皆さん選んでいらっしゃいましたから、豪華で美味しい物が並びました。

a0127398_2431158.jpg

a0127398_2432482.jpg

a0127398_2433791.jpg

これらはほんの一部です。まだまだありましたが、カメラに撮りきれませんでした。

a0127398_2435986.jpg

ちなみに私はキャロットサラダを作ったのですが、写し忘れました。

a0127398_2441124.jpg

岩手県大槌町の方々が作った手芸品も販売。

a0127398_2442450.jpg

総勢60−70人。ボランティアの方々、本当にお疲れさまでした。そして、何よりお二人の高校生の方々、毎日盛りだくさんのスケジュールをこなし、沢山の方々と会い、お疲れさまでした。若い感性で感じ、経験したこと、きっと今後に生かされることと思います。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-06 02:46 | イベント

友達のベビーシャワー  1・6・2013

昨日は、二番目のお子さんがもうすぐ生まれる友達のベビーシャワーが開かれました。集まったのはいつもの音楽仲間4人。日本では余り馴染みのないベビーシャワーですが、アメリカではとても一般的です。お子さんが生まれる前にあらかじめプレゼントを渡し、無事に生まれてくるように妊婦さんを励ます意味もあります。シャワーのように沢山のプレゼントを貰うところからこのような名前がついたようです。

a0127398_39646.jpg

初めてのお子さんの場合は何が欲しいか聞いたり、お店に欲しいものをリストアップする人もいます。今回は二人目のお子さんで、ベビー用品はあらかた揃っているので、何枚あっても良い洋服にしました。それに最初のお子さんは男の子、今度生まれるお子さんは女の子です。

a0127398_392519.jpg

a0127398_394073.jpg

ホストの方の心づくしのお料理。五目ちらし寿司、お赤飯、鶏の唐揚げと竜田揚げ、蛤のお吸い物、野菜とディップ、サンドイッチ。私は到来者のスモークサーモンとアップルタルトを持参しました。

a0127398_318270.jpg

a0127398_310683.jpg




a0127398_311990.jpg

a0127398_3112935.jpg

美味しいお料理をお腹一杯食べてお喋りして、ビデオの紅白歌合戦を見て...この仲間と一緒に紅白を見るのは一味違ってとても面白いです。皆専門は違いながらプロの音楽家なので、一人一人の意見が、そういう見方もあると参考になります。

さて、私が作ったアップルタルトは10月にも作ったものと同じですので、レシピは以前のサイトを参考にして下さい。アップルソースに使うりんごは皮ごと使うので、赤がきれいなエンパイアー、コートランド、マッキントッシュなどのりんごという指定がありますが、この三種類のりんごが手に入らなかったので、ピンクレディーを使いました。名前のとおりピンクがかった色の少し酸っぱめのりんごです。以前のものと色が違うのがお分かりと思います。

前回のアップルソース

a0127398_3124693.jpg

今回のアップルソース

a0127398_3132184.jpg

殆どりんごの甘さだけのこのアップルタルト、今回も美味しかったです。りんごは年中手に入るので便利な食材ですね。

a0127398_314516.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-07 03:20 | イベント

あれから一年  3・11・2012

東日本大震災から丁度一年が過ぎました。三月は大震災のほかに、私にとっては心に重くのしかかる辛い月になってしまいました。大震災の一週間前に行われた夫の小手術がうまくいかず、左足全体の神経が麻痺し、激痛の苦しみにさいなまれ、一歩ずつ最期に向かっていった日々を思い起こすからです。

出来ることなら蓋をして思い出したくありません。そうして、被災された方々に思いをはせます。苦しみや悲しみは私だけではない。ならば、たとえ小さなことでも、少しでも、私に出来ることをしていこう、と。

昨日は(10日)夜に行われたSDJEN主催の大震災追悼記念集会に参加しました。震災後1週間後に立ち上げられたボランティアグループ、SDJEN(San Diego Japanese Emergency Network)はこの一年、被災者のための様々なイベントを主催、後援し、多くの寄付金を集め現地に送られました。

海岸の公園でポットラック(持ち寄り)のディナーで始まりました。皆さんの心づくしの料理の美味しかったこと。このほか二つの大なべに一杯の豚汁やコーヒー、お茶、ホットチョコレート、至れり尽くせりの素敵な夕食でした。

a0127398_1424485.jpg

a0127398_143977.jpg

a0127398_1432575.jpg

a0127398_1434153.jpg

a0127398_1435818.jpg

私は沢山頂いていたにんじんを使って、キャロットケーキとにんじんサラダを作りましたが、それは日を改めて紹介いたします。

温かかった昼間とは打って変わり、湿って冷たい海風が吹く夜の海岸はかなり寒く、焚き火の温かさが嬉しく感じます。

a0127398_1441973.jpg

夕食が終わり、主催者の挨拶のあと丁度震災が起きたカリフォルニア時間午後9時46分、キャンドル(電池式)を一人ずつ持ち、隣の人と手をつなぎ、黙祷しました。

震災で亡くなられた方々、そして被災者を思いながら負けじと頑張って尽きた夫に合掌。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-03-12 01:46 | イベント

東日本大震災一周年チャリティーコンサート  2・5・2012

昨日のチャリティーコンサートは大成功のうちに無事終わりました。このコンサートを開催したSan Diego Japanese Emergency Network(SDJEN)のボランティアの皆様、本当にお疲れ様でした。そして、このような素晴らしい企画を立ててくださったことに、心より感謝します。

a0127398_38321.jpg

コンサートのほかに食べ物や生け花、小物類、フェイスペインティング等沢山のブースやラッフルティケットなどがあり、子供から大人まで沢山の方々にご来場いただきました。

a0127398_39212.jpg

コンサートも素人が中心ですが、私たちのコーラスのほかに4-6歳くらいの子供のかわいい合唱、大学生のよさこいソーラン、沖縄の踊り、和太鼓の演奏等々盛りだくさんで、とても楽しめました。400人が定員のホールはほぼ満員でした。

私たちの合唱も好評で、やれやれでした。団員も私も大いに楽しみました。

私はお昼の12時ころから夜の8時近くまで会場に詰めていましたのに、ほとんど写真を撮らずじまいでした。忙しかったというよりは気が回らなかったのです。

手作りのパンやクッキー、ケーキ。そして楽しみなのがオーガニックの大豆を使った手作り納豆。会場のロビーで売られていたおにぎりや豚汁も、とても美味しかったです。

a0127398_392753.jpg

a0127398_394870.jpg

一人ひとりの力は小さくとも、沢山の人が集まれば大きな力になるということを痛感した一日でした。私たちの思いが、今なお苦労を強いられている被災者の方々の少しでも助けになれば、こんなに嬉しいことはありません。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-02-06 03:11 | イベント

サンフランシスコ 第四日目(6月18日)  6・25・2011

この日はいよいよ親戚だけではなく、友だちも招いてのウエディング・パーティーです。大勢のお客様を招くのが最近の流行のようですが、娘たちは35人というこじんまりとしたパーティーにしました。

娘たちが選んだレストランはSlow Clubという決してファンシーではないけれど、リーズナブルな値段で美味しいカリフォルニア料理を出すお店です。

わざわざテーブルクロスを敷かず、メニューの紙の色にまでこだわったテーブルセッティングです。もちろん、昨日に引き続き、同じ方にフラワーアレンジメントを頼んだとのことです。

a0127398_253118.jpg

テーブルの席について大分頭を悩ませた娘たちですが、結局は、親戚同士、友達同士が一つのテーブルに着くようにしてありましたので、私も心置きなく料理の写真を撮ることが出来ました。

a0127398_255668.jpg

カクテル・アワーの後、テーブルについてから最初に出てきたサラダ二種類。一つはアルグラ、いちご、ブラックベリー、ピスタチオ、ゴートチーズ。

a0127398_262334.jpg

シーザーサラダ
a0127398_2737.jpg

ビーツのサラダ
a0127398_111385.jpg


カリフォルニア・ホワイト・バス(鱸の一種)
a0127398_283518.jpg

ローストチキンとグリルしたピーチ
a0127398_29190.jpg

フラットアイアン・ステーキ
a0127398_292589.jpg

フィンガリング・ポテト
a0127398_294974.jpg

そのほか出てきた料理はベイクド・パスタ、アスパラガスとブロッコリーニ

最後に出てきたのはアイスクリームケーキ。これは娘の高校時代からの親友で、現在はアイスクリームのお店のパティシェでありオーナーの一人であるMさんの特製です。Mさんのお店はバークレーにある「Ici」という名前で、毎日行列が出来るほど人気のアイスクリームやさんです。

a0127398_2133454.jpg

バニラといちごの甘さを抑えた上品なとても美味しいアイスクリームでした。お店では、日替わりのユニークなフレーバーが大人気のようです。私も是非お店を訪れたかったのですが、時間がなく残念でした。次回は是非行ってみたいと思っています。皆様もバークレーにいらっしゃる機会がありましたら、是非お立ち寄り下さい。ちなみに、出席者にお土産としたココアをまぶしたローストアーモンドも「Ici」特製です。(上から2番目の写真です。)

a0127398_2141019.jpg

Slow Clubも奇をてらったところがなく、良心的で心のこもった美味しい料理を出すレストランで、いかにも娘たちのチョイス、という気がしました。

結婚式に招待する方々へ、あらかじめ日時をお知らせして予定を空けておくように頼む「Save the Date」の絵葉書、そして招待状とそれに貼った古切手、婚約指輪、結婚指輪、すべてアンティークにこだわった娘でした。レストランやフラワーアレンジメントとの方との交渉、自分のドレスや髪型、考え付くあらゆる細部に気を使って、完璧に成し遂げた娘に、親としても舌を巻きました。しかも、それを大学院の修士論文を書きながら、パートタイムの仕事もこなしながらでしたから、その忙しさは並大抵ではなかったでしょう。

きっと、今頃は娘たちはやり遂げた満足感に浸りながら、ハネムーン先でゆっくり羽を伸ばしていることでしょう。母親は娘がおいていったフレンチブルのドッグシッターをしながら、帰りを待つことにしましょう。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-06-26 02:17 | イベント

鏡開きと仕事始め      1・9・2011

松の内が明ける一月十一日(地方によっては一月十五日)にお供えしていたお餅を木槌で叩き割る、鏡開き。昨日はデル・マーにある居酒屋レストラン「新橋」でこの行事が行われました。居酒屋らしく、実際に木槌で叩き割ったのはお供え餅ではなく酒樽で、「鏡抜き」とも言うようです。が、酒屋さんでは古くから酒樽の上蓋を鏡と言い習わしていたようで、酒樽を開けることも「鏡開き」といって良いようです。

a0127398_4325788.jpg

a0127398_4333431.jpg

a0127398_4335332.jpg

はっぴを着たお偉方が酒樽を割り、皆にます酒が振舞われました。このイベントに景気付けのために、私が最近指揮のお手伝いを始めた合唱団が、日本の歌を披露しました。

a0127398_4343518.jpg

団員の数も少なく、お話があってから本番までの時間がなく、準備万端とはいいかねましたが、間の休憩をはさんで、約20曲を歌いました。大勢のお客様から盛大な拍手を戴き、まずは、終わってやれやれでした。

a0127398_4364227.jpg

いくらサンディエゴとはいえ、夕方から夜にかけての寒空の中、ストーブがあるとは言うものの、外での歌は大変でした。いらしたお客様、お店の方、そして合唱団の方、ありがとうございました。そして、ご苦労様でした。私のカメラで写真を撮ってくださったSさん、ありがとうございました。

景気の良い鏡開きで幕を開けた私の仕事始め。今年がこの行事にあやかった良い年でありますように。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-01-10 04:39 | イベント

伊勢海老のお刺身 -夫の誕生日-    11・7・2010

ブログを書いていて良かったと思う一つは、備忘録としての機能です。最近では一週間前のことも良く覚えておらず、一年前のことはなおさら記憶の彼方にいっています。

昨日は夫の誕生日でした。一年前の誕生日には何をご馳走したのか、全く記憶にありません。それでブログをみて、あれは夫の誕生日のことだったのだと思い起こす始末です。(昨年はロサンジェルスに行ったのでした。)

さて、夕べは夫の希望で伊勢海老のお刺身にしました。カリフォルニアの海岸でとれるスパイニーロブスターが最近解禁になったのです。メイン州のロブスターと違って、はさみがなく、所謂日本の伊勢海老です。

夫自らCatalina Offshore Product に電話して、伊勢海老があるかどうか確かめ、買いに行きました。ここは生ウニなども質のよいものがあり、アイスパックを入れた梱包もしてくれ、親切に対応してくださいます。卸売りのお店ですが、一般人も買いに行くことが出来ます。昨日はすっかり忘れて、二人ともサンダルで行ってしまったので、水槽を見ることが出来ませんでしたが、つま先のある靴を履いていれば、水槽から自分で好きなものを選ぶことが出来ます。

こんな風に木屑を入れた中に入れて下さいました。
a0127398_33322.jpg

箱から出してテーブルの上に置くだけでも相当暴れ、一苦労でした。2匹で丁度3ポンド(1.4キロ)。

a0127398_3459.jpg

伊勢海老の捌き方、お刺身の作り方はネットで調べました。日本のネットには沢山の写真入りの丁寧なサイトがあります。前にも一度メイン州のロブスターを捌いてお刺身にしたことがありますが、今回もそう簡単ではありませんでした。一番厄介なのは、身を殻からはずす作業です。

身は氷水に漬けてぷりぷりにして、元の姿のように盛り付けます。とても、とても美味しかったです。一緒にミル貝のお刺身も添えました。頭は明日のお味噌汁です。

a0127398_344596.jpg

日本から取り寄せたカラスミ。今まで、台湾のからすみしか頂いたことがなかったのですが、日本の物は幾分塩気が強いように思いますが、ねっとりとして、とても美味でした。台湾のものはねぎが合いますが、和製のものは大根の薄切りも合うかもしれません。お皿の右はナマコの卵巣を干したもので、これは始めて頂きました。こんなに細く切ったのに、とても濃厚で口の中一杯に燻製の味が広がりました。

a0127398_352043.jpg

焼き松茸。酒をふりかけてから網焼きにし、縦に裂きました。

a0127398_355570.jpg

デザートは洋ナシをグレナディン(ざくろのシロップ)と白ワイン、ライムジュースなどで煮たものと、アイスクリーム。洋ナシはそのまま食べるより、煮ると本当に美味しく、素敵なデザートになりますね。(実際はもっとピンクに近い赤です。何度も機能を変えて撮りましたが、なかなか実際の色になりませんでした。もう少し研究の余地がありそうです。他の色のときは実際と同じなのですが...)

a0127398_363695.jpg

夫も私も大満足のバースデーでした。
[PR]
by Mchappykun | 2010-11-08 03:11 | イベント

父の日のてんぷら    6・21・2010

父の日に何を食べたい?と言う私の問いに、夫は去年に引き続きてんぷらを所望しました。

お昼はカンボジア料理の麺類。ここは前にも訪れ美味しかった「777 Noodle House:大三元粉麺家」。私はワンタンの入ったエッグ・ヌードル・スープ。

a0127398_202550.jpg


夫は豚の内臓の入ったスープヌードル。私は内臓系は苦手なのですが、夫は好物なので、外でしか食べません。麺もしこしこして、スープはあっさり系。ワンタンもつるっとして中味も美味しかったです。私たちはやっとサンディエゴで美味しい麺のお店を見つけたようです。

a0127398_21613.jpg


もう一品頼んだのは鶏肉のバーベキュー。鶏肉がジューシーで熱々で、ちょっとメキシカンのようなマリネの味がしました。これもとても美味しかったです。この三品にチップも加えて20ドル。気軽に入れて美味しくて、安くて、サーヴィスも良い三拍子そろったお店です。

a0127398_213618.jpg


帰りにニジヤさんと99ランチでてんぷらの材料を買ってきました。99ランチではお目当ての生きたボタンえびがあり、半分はお刺身に、残りはてんぷら、そして頭は次の日のお味噌汁です。

a0127398_233668.jpg


a0127398_232392.jpg


てんぷらと握り鮨は日本の代表的な料理ですが、両方とも素人にはとても難しい料理です。お座敷てんぷらのように揚げたてを食べれば、まだ何とかなりますが、それでもなかなかてんぷらやさんのようにはいかないもの。ところが、夕べは今までにないくらい美味しく出来ました。

a0127398_24020.jpg


一つには材料が新鮮なこと。お刺身用のエビ、魚、イカだったこともありますが、衣がとてもうまくいったのです。卵の黄身1個に冷水200cc 、小麦粉100gをふるいにかけて、泡だて器でかき混ぜます。粒々が残るくらいにかき混ぜて、170度C 位の油で揚げました。少し時間がたってもサクサク、カリッとしていて、素晴らしくうまくいきました。この中でいつもと違ったのは粉をふるいにかけたこととたまごを黄身だけにしたことです。こんな簡単なことでこれだけ違うのにびっくりしました。皆様も是非お試しください。

a0127398_244069.jpg


a0127398_245882.jpg


天つゆは出し汁、醤油、みりん4:1:1です。衣も天つゆも野崎洋光著「日本料理の基礎技術」からです。

最後は夫が打ったおそば。お腹一杯になりました。
a0127398_254267.jpg


[PR]
by Mchappykun | 2010-06-22 02:09 | イベント

母の日の朝・昼・夕ご飯     5・10・2010

天気が良かったら庭で朝ごはんを戴きたかったのですが、あいにくの曇り空。バターミルクやベリー類が余っていたので、家の中でホットプレートでパンケーキにしました。

a0127398_1413539.jpg

お昼は夫の手打ちそば。夫がCookpadで見つけたレシピ、わかめと納豆と梅干しの温かいおそば。たっぷりのわかめの香と梅のさっぱりした味がおいしいおそばでした。

a0127398_142826.jpg

夕ご飯は手巻き寿司。
a0127398_1423810.jpg

いつもと違ったのは、のりのほかにソイラッパー(Soy Wrapper)を用意したこと。カラフルな大豆のラップです。私はこの存在を全く知らなかったのですが、夫は大分前から目をつけていたとの事。オリジナル、ターメリック、ゴマ、パプリカ、ほうれん草のまるで折り紙のようなカラフルなラップです。これは海苔の苦手なアメリカ人のためにアメリカの山本山が開発した商品です。遊び心があって楽しいですね。すしパーティーなどにはもってこいでしょう。おすしだけでなく、デザートなど色々使えそうです。

a0127398_1434626.jpg


a0127398_1431951.jpg


母の日の朝、昼、晩と手間はかからないけれど美味しいご飯でした。電話をくれた娘も、アイディアを実践してくれた夫もありがとう。いい母の日でした。
[PR]
by Mchappykun | 2010-05-11 01:45 | イベント