やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ヨーロッパ大西洋岸旅行記(4) -La Rochelle-    6・29・2009

第4日目 2008年8月28日(木) -(3)からの続き-

午後はLa Rochelle のダウンタウンでウィンドーショッピングを楽しんだ。ウィンドーを見るだけのつもりだったが、結局可愛さにつられて鶏の絵が描いてある小さなミルクポットと私の長袖のTシャツを買ってしまった。普段見なれない街並みや店のディスプレーは何やらエキゾチックでしゃれて新鮮に見えるのだ。

La Rochelle の街のお菓子屋さん。夕食前なのでここはぐっと我慢。
a0127398_6183581.jpg



お土産のミルクポット
a0127398_635594.jpg



 ホテルで一休みした後、いよいよこの旅のハイライトの一つであるミシュランの二つ星レストランへ赴いた。
私たちはこのレストランRichard et Christopher Coutanceauで、食事のおいしさもさることながら、最高のサーヴィスにであった。一ヶ月以上前から電話で予約はしてあったが、私たちは初めての客。どこの馬の骨とも分からない熟年日本人のカップルをそつなく、しかも温かく丁寧にもてなしてくれた。

 Richard et Christopher Coutanceauで私たちが頼んだものはFixed MenuのMenu dégustationというもので、アペタイザー、メイン、デザートは二種類の料理からチョイスできるものだ。この中のメインで頼んだSea Bassのグリルはこの旅の圧巻と言えるほど素晴らしいものだった。これは日本風の塩焼きではあるが、魚の新鮮さ、皮目はパリッと仕上がっていて、中はそれ以上でも以下でもないという完璧な焼き具合だった。しかも熱々である。(どうぞ上のレストランの名前の所をクリックしてレストランのHPをご覧ください。メニューやお料理の写真があります。)
 私たちは白ワインのハーフボトルを頼んだが、そのワインもおいしかった。普通ハーフボトルは種類が限られることが多いのだが、このレストランではハーフボトルの種類もかなり充実していた。私はアルコールは元々強くないし、最近では夫はお酒が弱くなり、ハーフボトルで丁度良くなってしまった。私たちのテーブルの横でこの白ワインは冷やされ続けたが、ワインも水も丁度良いころあいにウェーターがグラスに注いでくれ、私たちがワインを自分たちで注ぐことは決してなかった。帰る時も、さっとドアを開けてくれ、行きも帰りも私たちがドアに手をかける事はなかった。おいしい料理と最高のサーヴィスで、私たちはまるで王侯貴族になったような気分でこのレストランを後にした。

これはホテルからの眺めですが、レストランの窓からの景色もこんな風でした。
a0127398_6374744.jpg


                                       (次回に続く)
[PR]
by Mchappykun | 2009-06-30 06:46 | 旅行

お豆腐の思い出      6・29・2009

 日本食料品店ニジヤで、ハワイ産の刺身用かつおが売られていました。今年初めてのお目見えです。かつおの叩きサラダ風にするべく買い求めましたが、かつおが小さいのでもう一品欲しいところ。そして見つけたのがざる豆腐。昨日は夏のような一日でしたので、冷奴にしようと買ってみました。

かつおの叩きサラダ風
a0127398_1421100.jpg


かつおの叩きサラダ風はどこのご家庭でも我が家の味がおありと思いますので、今日はこのレシピは割愛。

そして迷いに迷って買ったのがこのざる豆腐。
a0127398_144076.jpg


 なぜ迷ったかといいますと、単純にいいお値段だったからです。$7.99です。お豆腐は手軽でおいしい庶民の味方、というイメージからは離れたお値段ではないですか?お豆腐の棚の前をしばらく行ったり来たりしながら、お店の方に「おいしいのかしら?」などと聞いてみたり。で、お店の方は「高いから買ったことがないので、お味の方は分かりません」と言われて、また迷ったり。一緒に行った夫が見かねて、一度買ってみたらいいじゃない、と言ってくれたので思い切って買いました。まぁ、それ程大げさに言うほどの値段ではないのですけれど。

 それで、このお豆腐はとてもおいしかったのですよ。そして量も優に3人分でした。このお豆腐はMEIJI TOFUと言って、ロサンジェルスの南、ガーデナで作っているお豆腐です。

 新鮮なかつおやおいしいお豆腐が食べられる南カリフォルニアに暮らしているということは本当に幸せなことです。それで、30年前イギリスに住んでいた時のことを思い出したのです。

 30年前、私たちはロンドンとオックスフォードの中間、Reading (レディング)と言う街に住んでいました。当時レディングのスーパーにはお醤油さえなく、お米もイタリアの短米をお鍋で炊いていました。日本食料品店はおろか、日本人さえもほとんど住んでいない街でした。そんな街の端のほうに小さなデリカテッセンがあり、そこはスモークド・サーモンがおいしくて、時折訪ねていました。ある時、お豆腐に似たものがおいてあるので聞いてみると、それはまさしくお豆腐でした。もう嬉しくて、もちろんすぐに買いました。そのデリカテッセンにはキッコーマンのお醤油も置いてあって、もちろんそれも買いました。でもそのお醤油、よくレストランの卓上にも置いてある一番小さいビンなのですが、当時のレートで、800円したのです。貴重なお醤油を少しずつタラッとかけながら食べたお豆腐。お腹の底からほっとして、肩の力がスーッとぬけました。

 サンディエゴには日本食料品店が3軒もあります。新鮮な日本の食糧がほとんどなんでも手に入るのです。ここに住んでいると、外国だということを忘れてしまいそうになります。おいしかったざる豆腐から、何だか昔のことを思い出してしまいました。
[PR]
by Mchappykun | 2009-06-30 02:24 | 思い出

鮭の昆布〆め      6・28・2009

昨日のサーモンの続きで、昆布〆めです。

a0127398_127485.jpg


 昆布〆めは色々なやり方がありjますが、これはサンディエゴで人気のおすし屋さんのご主人、太田さんに教わったものです。元は白身魚のレシピですが、鮭用に少しアレンジしました。

 鮭に塩をします。この時の塩加減が大事です。強塩ほど塩をまぶしませんが、立て塩よりは塩をします。この加減は何度もやって自身で体得するほかないと、太田さんはおっしゃっていました。太田さんは、これくらいなら15分、これだったら7分でいいですと、私に実際の白身魚を見せて教えてくださいました。

 それで、今回の鮭は大分小さいので、塩にまぶして冷蔵庫に5分おきました。それを酢で洗い落とし、ペーパータオルなどできっちり拭き、熱湯にさっとくぐらして柔らかくした昆布で包みます。白身魚でしたら、それをラップにきっちり包んで冷蔵庫に入れます。ここまでが太田さんが教えてくださったレシピです。私は、洋風のグラヴラックス(インスタントでない本物の)の要領で、漬物器に入れてねじを締め、冷蔵庫の中で一日寝かせました。漬物器で締めることで、身もよくしまり、ねっとりした感じになります。

 太田さんは、更にこんなこともおっしゃていました。とにかく何度も作ること、そして失敗すること。失敗することで学んでいくのだと。「うちの若い者にいつも言っているんですよ。」このお店の人気の理由の一つが分ったような気がしました。

 もう一つ楽しく料理したのが、これ。

a0127398_248484.jpg


 ベービーコーン。そうです。また知野ファームに行ってきたのです。私はここ以外でフレッシュなベービーコーンを見たことがありません。採りがけですから、ここはシンプルにバターで焼いて塩胡椒しただけ。こりこりして、コーンの香がおいしかったです。

a0127398_252784.jpg


 カレイのから揚げに添えたのですけれど、本当はもっと食べたかった。でもちょっとお値段が...土曜日の知野ファームは今まで見たこともないくらい混んでいました。クリスマスや感謝祭の前よりもっと。夏だからでしょうが、しばらく土日は避けようと思いました。

 あとは大根サラダ(梅干ドレッシング)と大根の葉と桜海老の炒め物。知野ファームの大根は甘くてサラダにピッタリ。葉っぱもみずみずしくシャキっとして、おいしかったですよ。

a0127398_258402.jpga0127398_259138.jpg
[PR]
by Mchappykun | 2009-06-29 03:04 | レシピ

ヨーロッパ大西洋岸旅行記(3)-La Rochelle-    6・27・2009

第4日目 2008年8月28日(木)

 ホテルLes Brisesでの朝食は篭に盛られた4―5種類のパンとカフェオレ。フランスのパンはどこで食べても本当においしい。クロワッサンやブリオッシュやペーストリーなどとても二人では食べ切れなかった。

 銀行へ行く途中、青空市場に遭遇した。私たちは市場が大好きだ。たとえ買わなくとも何が売られているかを見るのはとても楽しい。もちろん、銀行の帰りに立ち寄った。獲れたての魚介類、チーズにハム類、野菜や果物、色鮮やかな切花、その他洋服やアクセサリーや小物類。私たちはここでルバーブのジャムと塩を買った。この辺りは製塩所としても有名なのだ。帰ってから食べたこのジャムはとてもおいしかった。いつも後からもっと買ってくればよかったと悔やむのだが、お土産とは大体そんなものだ。

それではしばらく市場の写真をお楽しみ下さい。

a0127398_5374437.jpg


a0127398_521398.jpg


a0127398_5212285.jpg


a0127398_5343285.jpg


a0127398_5355741.jpg



市場めぐりの後私たちは橋を渡ってIl de Reという島に行ったのだった。
                    
                                      (次回に続く)
[PR]
by Mchappykun | 2009-06-28 05:39 | 旅行

タパス風夕食    6・27・2009

日本食料品店ニジヤでお刺身用のサーモンが安売りしていたので買ってみました。大きなさくなので、半分はインスタント・グラヴラックス、後の半分は明日のために昆布〆め。

a0127398_103893.jpg



レシピは続きに書いておきました。

スペイン酢だこ

a0127398_15484.jpg



これは檀一雄の「檀流クッキング」に書いてあったレシピですから、かれこれ我が家の食卓に30年も時折顔を出している勘定です。作り方はいたって簡単。茹蛸の足を角切りにし、種を抜いたトマト、パセリ、たまねぎ、にんにく、レモンを細かく切って、塩、胡椒、レモン汁又は酢、オリーブオイルを入れてかき混ぜて、冷蔵庫で少し冷やすだけ。
檀一雄がスペインのサン・セバスチャンにいた時に覚えたそうです。スペインには3度ほど行き、その都度この料理をメニューに探しましたが、めぐり合えませんでした。

あとは、アスパラとガーリックの炒め物とアサリの酒蒸し

a0127398_114111.jpga0127398_1142628.jpg


インスタント・グラヴラックスのレシピ
[PR]
by Mchappykun | 2009-06-28 04:00 | レシピ

ヨーロッパ大西洋岸旅行記(2) -Nantes~La Rochelle-   6・26・2009

第3日目 2008年8月27日(水)

 朝食にオムレツを食べたいと言う夫とレストランを探す。Nantesの朝8時は仕事に行く人々が早足で行き過ぎ、ゴミ収集車の車が行きかう。
a0127398_3475269.jpg


入り口の窓に張られたメニューにオムレツを見つけ、中に入る。でも残念ながら、朝早すぎてまだオムレツを作れるシェフは来ていないという。仕方なく、カフェオレとクロワッサンにする。やはり、フランスの朝食にオムレツを頼む人はいないのだろう。カフェオレをお代わりして、後はNantesの中心街を散策する。店はまだ開いていないが、歴史のありそうなしゃれた内装のショッピングモールなどを写真に収め、ホテルに戻る。

a0127398_349972.jpg



Nantesはロワール河の古城めぐりの端だ。その古城を散策した後は美術館に立ち寄った。美術館は18-19世紀のマスターピースがあり、なかなか見ごたえがあった。
 
 今日はLa Rochelle に宿泊する。私たちはNantesを後にして大西洋岸に向かった。
ランチはLuçonにあるLa Mirabelle

a0127398_3522778.jpg



何の変哲もない普通の田舎町に外装も内装もかわいらしいレストランはあった。庭の真ん中に古いポンプ式の井戸があり、夏の草花がさりげなく咲き、普通の家の裏庭に招かれたようなAt home な趣だ。

a0127398_3534735.jpg


ここでローカル料理に舌ずつみをうち、中世の僧院の跡地に向かった。

Maillezaisにある僧院の跡地
a0127398_355640.jpg


気温は恐らく30度を越えるほどで、広い僧院の敷地を歩くだけでフーフーいった。

午後の4時ころ、宿泊先のホテルLes Brises に着いた。

a0127398_44875.jpg


ホテルは海岸に面して建っており、部屋の窓を開けると目の前に青い海が広がり、ホテルの名の通り、心地よい海風が頬をなでた。部屋で一休みの後、夕食のためにLa Rochelle の街に出かけた。

やっと駐車場にスペースを見つけ、お目当てのシーフードレストランへ向かった。レストランのオーナーの姉が魚屋さんだというA Cote de chez Fred は大衆食堂のような趣で、沢山の観光客で賑わっていた。それでもすぐに席があり、私たちはムール貝や魚のスープにいわしのグリルを楽しんだ。ムール貝は小粒だが味が濃く、大盛りのボウルに一杯のムール貝もあっという間に食べつくした。La Rochelle は海岸のリゾート地。街には沢山のレストランが軒を並べ、外にも車道ぎりぎりまでテーブルが置いてある。そして、8月末の平日だと言うのに、どこのレストランも観光客で溢れかえっていた。
a0127398_4493081.jpg


[PR]
by Mchappykun | 2009-06-27 07:21 | 旅行

ヨーロッパ大西洋岸旅行記(1)-Nantes, France-    6・26・2009

 去年の8月末から9月にかけての2週間、夫と私はヨーロッパ大西洋岸を車でめぐる旅をしました。主な目的は「食べ歩き」です。夫はかねてからバスク地方を中心とするヨーロッパ大西洋岸の「食」に大きな関心を寄せていました。フランスからスペインを通りポルトガルに至る食文化はどのように変わっていくのか、と言うのが食べることが大好きな夫の興味でした。2008年,結婚30周年を迎えた私たちは思い切ってこの大旅行に挑戦したのでした。

 この旅行記はアメリカの東海岸に住んでおられる私が敬愛するWさんのニュースレターに掲載したものです。元の題は「ヨーロッパ大西洋岸食べ歩き」です。でもレストランで出てきたお料理をパチリとカメラに撮る勇気をどうしても持ち合わせていなかったので、お料理の写真がひとつもありません。それでブログでは上記のように改題しました。また、ニュースレターには写真がありませんが、ブログには写真とホテルやレストランのHPも出来る限り載せました。また、文章もかなり短くしました。
 
第1日目 2008年8月25日(月)

 サンディエゴから直行便でロンドンまで行けるZoom Airlineはとても便利。夫が苦労してインターネットで調べたあまり知られていないイギリスの航空会社だ。経営があまり思わしくないと言う噂があったので、まずは当日予定通り搭乗できたことに一安心。
 エコノミーよりワンランクアップグレードした座席はゆったりとして、快適だった。食後は迷うことなく、紅茶を貰う。さすがイギリスの航空会社。機内でこれだけ熱くておいしい紅茶は始めてだ。これはグルメ旅行としてなかなかに幸先が良いのでは、と気分が高まった。

第2日目 2008年8月26日(火)

 今日の宿はGraslinという街中のホテルだ。手でドアを開ける古めかしい木製のエレベターに載って、小さいながらも清潔な部屋に落ち着いた。

レストランLa Cigale
a0127398_249574.jpg

 少し休むと、早夕食の時間。今日は長旅の後だから、ホテルから歩いて3分のLa Cigale へ。ここは一応ミシュランの「お値打ち」のコイン の印がついているところ。案内してくれたアウトサイドの席はちょっと車の音がうるさいけれど、天気は良いし、まだ暗くもなっておらず、外は気持ちがいい。まずは前菜にフォアグラと白ワイン。夫の頼んだフォアグラのソテーは外がカリッと仕上がっており、私の頼んだテリーヌよりおいしかった。ちょっと悔しいな。となりのテーブルのイタリア人の4人連れは観光客らしい。大皿に盛られた蟹や貝などを召し上がっていた。その後のメインは白身魚の切り身をガレットの上に載せて焼いた一品。料理の名前は忘れてしまったが、なかなかおいしかった。食後のコーヒーを飲み、旅行第一日目としては大満足で、眠りについたのだった。

Nantesのお城
a0127398_2542357.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2009-06-27 03:02 | 旅行

おなかが空いていない時    6・25・2009

昨日は本当は夕飯をあまり作りたくなかったのです。なぜって、おなかが空いていなかったから。久しぶりに音楽仲間とランチをして、おいしいお寿司をおなか一杯食べて、おまけにケーキとコーヒーまで戴いて、おなかがよじれるほど笑って、家に帰ってきたのが夕方の4時半。
でも楽しかった!若いパワーをもらえて、5歳くらい私も若返った感じ。みんな、ありがとう。

a0127398_3281281.jpg
これはMさんが頼んだもの。
a0127398_3284047.jpg
私はこれ。でも全部食べられずに他の人に手伝ってもらいました。

さて夕食の準備の時間になりました。私だけだったら簡単にお茶漬けといきたいところですが、一日中仕事をして帰ってくる夫にはそんなわけにはいかず、考えました。

魚香豆腐(yu xiang dou fu)
a0127398_3302957.jpg


ピーナッツオイルを熱してにんにくとしょうがのみじん切り(各小さじ3)、ねぎ一本(白い部分)の斜めうす切り、Pickeled chili paste(大匙2 豆板醤でも良い)を焦がさないようにいためて香を出す。5センチ四方、1センチの厚さに切った厚揚げとチキンストック カップ4分の3を入れて弱火にして10分くらい煮込む。水分がほとんど蒸発したら出来上がり。熱いままでも、冷めてもおいしい。
昨日は厚揚げがなかったので、豆腐をペーパータオルにはさんで水切りをし、油で揚げました。普段はこんなめんどくさいことはしないのですが、日曜に使ったてんぷら油があったので、あまり億劫でなかったのです。
でも、魚を使っていないのに魚香とは?と疑問に思いませんでしたか?Pickeled chile、にんにく、生姜、ねぎが入っているものを「魚香」というのだそうです。そして、本当はPickeled Chili ペーストがなかったら、豆板醤ではなくインドネシアのSambal Olek というものの方が良いそうですが、かえってその方がどこで売っているのか分かりませんよね。今度、中華のマーケットで探してみましょう。これは前にも書いた「Land of Plenty」からのレシピです。

それから野菜と豚肉の炒め物
a0127398_4234038.jpg


このお野菜、何度も買っているのですけれど、名前を知らないのです。いえ、聞いたかもしれないのですが、全く覚えていません。今度知野ファームに行ったらメモしてきます。で、これ、その辺の道端にも生えていますし、我が家の裏庭にも生えていたことがあります。知野の方に伺ったら、その辺の雑草と同じだそうです。ちょっとびっくりしました。我が家の庭はワンコたちが踏み荒らすので、食べる気はしませんし、やはり道端も犬を散歩させている私としては、あまり食する気にはならないですね。日本でも東北地方にはあると、知野の方がおっしゃっていました。日本でも見たことがありますか?少し酸味があり、かじると紫つる草みたいにねばねばします。ちょっと変わった食感で私は好きです。

さて、お料理です。
a0127398_4301884.jpg


それにトマトとたまごのスープを付け加えました。
a0127398_725366.jpg


これらのレシピはこちら
[PR]
by Mchappykun | 2009-06-26 08:01 | レシピ

ナポリタン ミートボール    6・24・2009

顎が痛いから夕食は硬くないものね、という夫の要望に答えて、昨日の夕食はミートボール。

付け合せはスィートペッパーと紫たまねぎ、ハラペニョ、ガーリックをオリーブオイルで軟らかく炒めたもの。紫のペッパーは熱を通すと鮮やかさが失われますので、本当は赤や黄色のパプリカを使います。でも、知野ファームにはまだ売っていなかったのですよ。どうも今年は夏野菜が遅いようです。
a0127398_3134262.jpg


と、セロリ、グラニースミス(青りんご)、サルタナ(ゴールデン・レーズン、白ぶどうのレーズン)、ローストしたアーモンドのスライスをアップルサイダーヴィネガーとオリーブオイルのドレッシングで。
a0127398_2374274.jpg


このサラダは歯医者さんで覚えたのです。待合室の雑誌ではありませんよ。テレビです。うるさいようですが、待合室のテレビでもありません。なんと、診療室のテレビです。カリフォルニアの歯医者さんはとてもハイテクな所が多くて、最初はびっくりしました。メリーランド州の歯医者さんは昔ながらの歯医者さんでしたから。私が通っている歯医者さんはドアのない三つの診療室全部の天井にテレビがはめ込まれています。ですから、診療を受けながら、テレビを見られるのです。ちゃんとイヤホーンもくれて、チャネルも好きなものが選べます。そして、覚えたのがこのレシピです。テレビでは、レーズンはイタリア産のまだ完全にはドライになっていないものを使っていました。以前、イタリアに住んでいる夫の姉が持ってきてくれて食べたことがあるのですが、ぶどうの香りがして、大粒でとてもおいしいです。イタリアでも季節ものらしく、年中手に入るものではないらしいです。で、サルタナのほうが幾分そのイタリアのものに近い気がします。もちろん普通のレーズンでも良いのですが、いずれにしてもお湯に戻して軟らかくしてから使った方が良いです。

そしてメインはイタリア風ナポリタン・ミートボール。
a0127398_2563273.jpg



ナポリタン・ミートボールのレシピはこちら
[PR]
by Mchappykun | 2009-06-25 03:21 | レシピ

青豆ご飯    6・23・2009

冷蔵庫の中にはメインとなりそうなものは鶏のもも肉だけ。お野菜は知野ファームのものがまだ沢山あるけれど、2日前のカリフラワーも残っているし、さて、何にしよう。と考えて作ったのがこれ。

まずは、カリフラワーと油揚げとにんじんの煮物。
a0127398_215453.jpg


油抜きしたおあげを三角に切って、にんじん、カリフラワーはさっとゆで、だし汁に砂糖、みりん、醤油を入れた中で落し蓋をして煮るだけ。出来上がりにレモンの皮を散らしました。お弁当のおかずにも最適なカリフラワーの和風仕立て。これは志の島忠さんの「日本料理惣菜事典」のレシピで、私のバイブルに近い本です。

もうひとつの副菜はきゅうりとレモンの即席漬け。
a0127398_2213065.jpg


すりこ木か包丁の柄でたたいてから乱切りにしたきゅうりと皮付きのまま扇形に切ったレモンにお塩をまぶせただけの簡単料理。

そしてメインは焼き鳥。
a0127398_22669.jpg


金串を使ったので焼き鳥というよりシシケバブみたいになってしまったけれど、家の中で魚の焼き網で焼くので、竹串より焦げないし、いっぺんに沢山焼けて便利です。お醤油とみりんを半々にしたたれを鶏が少し焼けてから2回以上刷毛で塗ります。家の中で焼き鳥を作ったのは何年振りでしょう。

最後に、本当はこれを作りたくて、上の三つを考えたのです。
a0127398_2313990.jpg



ご飯を炊く時に昆布と少量の酒と少々の塩を入れて、炊き上がったらグリーンピースを入れます。

知野ファームのグリーンピースは鞘も食べられるくらい軟らかくて、グリーンピースの香りが素晴らしかったです。香りをお届けできないのが残念!
[PR]
by Mchappykun | 2009-06-24 02:43 | レシピ