やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

アーモンドとピーカンのクッキー  4・28・2011

近くのスーパー、VONSで安売りしていたピーカン。一年ぶりにアーモンドプードルとピーカンをたっぷり使ったクッキーを作りました。小麦粉が入らず、アーモンドプードルだけですので、とても柔らかいクッキーですが、上品な味になります。

a0127398_2233642.jpg

塩入のバターを使うので、塩気もきき、またピーカンをローストしてから使うので香ばしく、とても美味しいクッキーです。

a0127398_225177.jpg

レシピは以前のサイトをご覧下さい。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-04-29 02:25 | レシピ

鶏つくねの甘辛煮  4・26・2011

とりひき肉がアメリカのスーパーでも買えるようになったのは、案外最近のことです。但し、どこのスーパーにも置いてあるわけではなく、Whole Foodsなどの幾分高級なスーパーです。もちろん日系スーパーにはあります。そして、日系スーパーのとりひき肉のほうが断然美味しいのです。

以前はとりひき肉は自分でフードプロセッサーで作っていました。それはそれで美味しいのですが、ひき肉を買ってきたほうが、もちろん簡単です。夕べはニジヤさんで買い求めたとりひき肉でつくねを作り、甘辛く調味しました。ご飯やお弁当にも合うおかずです。

a0127398_1321779.jpg

とりひき肉に塩、パン粉少々、ねぎのみじん切りを混ぜて、粘りがでるまでよく捏ねて、ゴルフボールくらいの大きさに丸めます。サラダオイルを熱して、フライパンで焼き、余分な油はペーパータオルでふき取り、酒、砂糖、みりん、醤油、出し汁を混ぜたものを加え、煮込みます。最後に水溶き片栗粉を加えて全体に照りをつけて出来上がり。下記の二品を加えても二人分なら30分で出来る簡単料理です。

付け合せはオクラの煮びたしと蕪とにんじんとレモンの香付け。

a0127398_1324861.jpg

a0127398_1331116.jpg



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-04-27 01:34 | レシピ

麻辛子鶏  4・25・2011

中華料理の鶏の炒め物には胸肉を使うことが多いようです。普通胸肉は炒め過ぎると硬くなったり、パサパサになったりすることが多いのですが、マリネが良いのか、炒める前の下揚げのせいか、中華の炒めた鶏の胸肉は柔らかで、しかもジューシーに仕上がります。

夕べは、鶏の胸肉を緑のピーマンと赤いフレズノチリと一緒に炒め、カラフルで美味しい一品となりました。

a0127398_33191.jpg

付け合せはきゅうりを塩でまぶして、30分ほど置いた後、水で洗い流し、豆板醤、胡麻油、少量の醤油にマリネしました。

a0127398_3314481.jpg


豆腐、茸、もやしのスープ。チキンストックにオイスターソース、少量の砂糖、紹興酒、醤油で調味しました。召し上がる直前に挽いたばかりの白胡椒をかけてください。味が引き立ちます。

a0127398_332869.jpg


麻辛子鶏
レシピ:傳倍梅著「倍梅食譜I」より
材料(4人分)

鶏胸肉  450g 2センチ角に切る
ピーマン 3-4個
赤唐辛子 3本
ガーリック薄切り  大匙3
玉子の白身 ½個分 (マリネ用)
コーンスターチ 大匙1 (マリネ用)
醤油 大匙1 (マリネ用)
揚げ油 3カップ
醤油 大匙2 (ソース)
中国酢 大匙1 (ソース)
紹興酒 大匙1/2 (ソース)
コーンスターチ (ソース)
胡麻油 小匙1 (ソース)
砂糖 小匙1 (ソース)
塩 少々 (ソース)

1.鶏肉はマリネの材料と合わせ、少なくとも30分置く。

2.ピーマンは種を取り、赤唐辛子と共に2センチ角に切る。

3.揚げ油を熱し、鶏肉を揚げる。火が通ったら、油を切る。

4.大匙2の油を残して空け、熱してから、ピーマン、赤唐辛子、ガーリックを炒める。鶏肉を加え、ソースを混ぜて加え、かき混ぜる。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-04-26 03:33 | レシピ

まぐろ茶漬け  4・24・2011

久しぶりにお刺身を食べたいと思い、ニジヤさんへ出かけていきました。食べたい時にお刺身が手に入ることの幸せ。サンディエゴを動きたくない理由のひとつです。特に、土曜日は種類も豊富なようです。

夫のリクエストのミル貝はありませんでしたが、とこぶしがありました。新鮮なので、肝も食べられましたが、これは一つしかないので、夫の口の中へ。後で、なぜ二つ買わなかったのかしら、と少しばかり後悔しました。とこぶしは1個7ドル。ものすごく高いわけではありません。もちろんアメリカ産です。

a0127398_2545539.jpg

後はまぐろの中トロとアマダイ。アマダイは昆布締めにしました。3時間ほどしか締めませんでしたが、結構締まっていました。

a0127398_2573758.jpg


野菜はオクラの大根おろし和えと蕪の即席漬け。

a0127398_2575874.jpg

a0127398_2581747.jpg

余ったまぐろはお茶漬けにしました。このお茶漬けをするたびに父を思い出します。まぐろのお茶漬けは父の大好物だったからです。父は日本酒のつまみにまぐろのお刺身を食べながら、二切れか三切れをわさび醤油に漬けてとって置きます。晩酌が終わると、熱いご飯の上に載せ、熱いお茶を注ぎます。そのときの父の嬉しそうな顔。

a0127398_259712.jpg

子どもこの頃、それを見て、なぜ生煮えのようなお刺身のお茶漬けが美味しいのか、さっぱり分かりませんでした。これが美味しいと思うようになったのは、いつ頃のことだったでしょう。いつの間にか父の好物を好きになっている自分に、おかしくなってしまいます。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-04-25 03:02 | 思い出

豚フィレ肉の香草ロースト  4・23・2011

豚のフィレ肉を1本買ってきたものの、どんな料理にするか考えあぐね、手持ちの材料で出来るローストにしました。

フィレ肉は筋を取り、水分をふき取り、数箇所の切り込みにガーリックの薄切りを入れます。塩、胡椒、ロズマリー、セイジ、ガーリックの薄切り、オリーブオイルをまぶして、ビニール袋の中に入れて30分以上マリネします。フライパンに少量のオリーブオイルを熱し、フィレ肉の全面が狐色になったら、蓋をして蒸し焼きにします。

中央に串をさして、出てくる汁が透明になったら、取り出して、5分ほど冷ましてからスライスします。

a0127398_385758.jpg

一方2-3分茹でた種無しプルーンは30分ポートワイン(半カップ)に漬けておきます。フィレ肉を取り出した後のフライパンをペーパータオルでふき取り、プルーンをワインごと入れ、少し煮立て、スライスした豚肉の上にかけます。ソースの汁が足りない場合は、ビーフストックを足すと良いかもしれません。

私はよく豚肉とプルーンの組み合わせをしますが、両者はであいのものだと思います。

サラダはいつものにんじん、りんご、パセリです。

a0127398_393231.jpg



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-04-24 03:10 | レシピ

煮込みハンバーグ  4・22・2011

先日ハヤシライスに使ったデミグラスソース。これはシェフのTroy Thompsonが開発して、カリフォルニアの日本の食品会社が売り出した日本的なソースです。市販のものとしては美味しいので、夕べは残っているこのソースを使って、煮込みハンバーグを作りました。

ハンバーグも日本風に、玉ねぎ(炒めて)、パンを牛乳に浸して細かくほぐし、たまご、塩、胡椒、オールスパイスを入れ、よく捏ねて、ハンバーグの形に作ります。フライパンにバターとサラダオイルを入れ、両面を焼きます。焼いた後の油はペーパータオルでふき取り、赤ワインを入れ少し煮つめ、デミグラスソース、チキンストック、トマトペーストで調味した中に、焼いたハンバーグを入れ、煮込みます。

a0127398_5513744.jpg

付け合せは、じゃがいものバター炒め、にんじんのグラッセ、絹さやのバター炒めです。

日本で食べる洋食屋さんのハンバーグそのものの味、というのが夫の評価でした。正に日本の洋食屋さんの味を再現したかったので、私としては、大成功でした。

サラダはクレッソンとオレンジ、黒オリーブです。ざくろのバルサミコ酢とオレンジの香のするエクストラ・ヴァージン・オリーブオイルで爽やかなドレッシングです。

a0127398_5522748.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-04-23 05:54 | レシピ

豚肉と大根の煮物  4・21・2011

ふとしたことがきっかけで、私の以前のコンサートのCDを聞きながらこれを書いています。後で聞くと、ライブの録音と言うのはどこか気に入らないところがあります。いまだかつて、コンサートの録音を聞いて、満足したことがありません。

それでも、一番ましな出来具合のものは、2007年の10月、サンディエゴのセントラル・ライブラリーで演奏したものです。このコンサートは昨年亡くなったイローナのピアノ、彼女の長年の友だちであるヴァイオリニスト、そしてクラリネット奏者の4人で演奏したものです。

最初の2曲のブラームスはヴィオラとアルトとピアノの曲をソプラノとヴァイオリン、ピアノに書き直したものです。二度とこのメンバーで演奏することはない私の宝物です。

さて、昨日の夕ご飯はじっくり煮た大根を食べたくなって、豚肉と一緒に煮てみました。大根は皮をむいて大き目の乱切りにし、出し汁(カップ3)、みりん(大匙2-3)、砂糖(大匙2-3)、醤油(大匙1)を入れて圧力鍋で5分煮ます。錘が下がったら、また煮立て、豚肉を入れ、アクを取ります。最後に味噌(大匙2)を入れて一煮立ちさせます。お皿に盛りつけてから青味にいんげんか絹さやを散らします。

a0127398_253986.jpg

もう一品はエノキダケのお浸し

a0127398_2534626.jpg



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-04-22 02:55 | レシピ

炊き込みご飯  4・20・2011

インフォメーションをもらいに行った病院で散々待たされ、午後一杯を費やし、すっかりくたびれて帰ってきたのに、ガレージのドアが開きません。鍵で玄関のドアを開けてみると、なんと、停電でした。なんと間の悪いことでしょう。

炊き込みご飯を作ろうと材料を用意していたのですが、炊飯器を使わないでご飯を炊くのも面倒なので、そのうち電気がつくことを期待して、ソファーでごろん、としていましたら、いつの間にか寝てしまいました。夕方にお昼寝なんて、はじめてです。

でも、おかげで疲れも取れ、起きる頃には停電も直り、夕ご飯の支度をする元気が出ました。

こんにゃくは下茹でして、あぶらげ、にんじん、もどした干し椎茸は薄切り、ささがきゴボウはあくを抜きをして、鶏のもも肉は小指の先ほどの大きさに切り、ご飯と一緒に炊きます。昆布だしに椎茸の漬け汁、酒少々、薄口醤油を混ぜ、炊飯器で炊きました。青味に絹さやを塩ゆでして千切りに、大ぶりの塗り椀によそってみました。

a0127398_3185338.jpg

ナメコと豆腐のお味噌汁を添えて。

a0127398_3193436.jpg

おかずはギンダラを削ぎ切りにして、フライパンで焼き、同量の酒、みりん、醤油の汁につけます。ピーマンは魚と一緒に焼いて、やはり漬け汁につけておきます。つける時間は5-30分までです。

a0127398_3201891.jpg


野菜は青梗菜のお浸し。塩ゆでしてから、水に取り、絞ってから、かつお出汁、みりん、薄口醤油を混ぜた中に漬けておきます。最後に白髪ねぎを載せて、出来上がり。

a0127398_3204197.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-04-21 03:22 | レシピ

鳥の巣作り  4・18・2011

ダイニングルームから見える生垣に、鳥が巣を作り始めました。

かなり長い枝をくわえて、近くの屋根に止まり体勢を整えます。

a0127398_744215.jpg

a0127398_7445561.jpg

a0127398_7451479.jpg

鳥はとても注意深く辺りを見回し、敵に見られないかどうか確かめてから、生垣に入っていきます。生垣に入ってから、巣にたどり着くまで多分2-3メートルは移動するようです。

鳥は青い羽が美しいブルージェイです。

a0127398_747429.jpg

今度は細い糸状のものを巣作りに使うようです。

a0127398_7474082.jpg

a0127398_7482673.jpg

a0127398_748565.jpg

しっかり口にくわえて、また生垣の中に入っていきました。

a0127398_7544290.jpg

この生垣のどこかに巣を作ったようですが、外から見ただけでは全く分かりません。

a0127398_7511895.jpg

無事にたまごを産み、雛がかえりますように。

さて、最近の忙しい日の夕食、ハヤシライスです。たっぷりの玉ねぎをいためてから市販のデミグラスソースを使って、赤ワイン、トマトペーストで仕上げました。

a0127398_7514619.jpg



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-04-19 07:55 | 季節

サンディエゴからのチャリティーコンサート  4・17・2011

4月16日(土)、午後4時半から2時間にわたり、チャリティーコンサートが開かれました。Music for Japanと題されたこのコンサートは、最終的にはサンディエゴにあるSONYの支援を受けて、大々的に行われました。このコンサートに私が指導している合唱団が出演し、その練習にこの3週間あまり、とても忙しく過ごしました。

会場はSONYの本社の600人収容の大会議場でしたが、当日は立ち見も出るほどの盛況でした。音楽の出演者だけではなく、プロ野球選手の大塚選手(サンディエゴの元パドレス所属)やモデル嬢などのサイン会もあり、本当に多くのボランティアがそれぞれ持てる力を出し、結集したコンサートでした。

a0127398_62351100.jpg


当日の出演者はこのTシャツを着ました。10ドルで、実費を除いて5.5ドルが寄付されたそうです。その他、お菓子などのブースやくじ引きなどもあり、このイベントでの寄付金の額は27000ドルに達したそうです。入場料を全く取らず、いらして下さった方々の寄付だけで、これだけ集まったのですから、大成功といってよいでしょう。

a0127398_6241537.jpg

コンサートの模様はインターネット上でライブで公開されました。後日また編集して流すそうです。

わが合唱団は素人集団です。素人ならではの色々なハプニングもありましたが、団員全員が成功に向けて一生懸命になり、私たちだけでなくこのコンサート全体も成功裏に終わり、やれやれでした。

私たちが歌った歌は「花の街」「瑠璃色の地球」そして団員の一人が日本の復興を願って書いた詩に、私たちのピアニスト兼作曲家が作曲したオリジナルソング「思いひとつぶ」です。

一人一人の力も集まれば大きなものになる、ということ、そして組織力の強さと言うのも実感した今回のコンサートでした。サンディエゴからの皆の思いが力となって、被災者の方々への支援となれば、こんなに嬉しいことはありません。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-04-18 06:26 | レシピ