やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

セヴィチェ二種 & ポテトクレープとイクラ  9・28・2011

一昨日作った海鮮丼。ニジヤさんでは一番小さいパックを買ったのですが、マグロもイカもイクラも半分ですんでしまいました。残った半分のこれらの材料を使って、夕べは表題の料理にしてみました。

マグロのセヴィチェは以前にも載せたことがあります。マンゴーを入れるともっと美味しいのですが、一人分では種類を多くすると、また余ってしまいます。それで、夕べはマンゴー無しです。詳しいレシピは以前のサイトをごらん下さい。でも、やはりマンゴーがあればもっと美味しかったのに、と少し残念でした。

a0127398_155485.jpg

イカのセヴィチェは少し和風にしてみました。トマト、きゅうりの角切り、レモンの皮の千切り、紫玉ねぎの薄切り(水で洗ってペーパータオルで水分を拭く)、ハラペニョの薄切り、レモン汁、塩、胡椒、イカを混ぜて冷蔵庫でしばらく味をなじませます。食べる直前に青紫蘇の千切りを混ぜます。

トマトが半分余ったので、Shoさんのブログにあった花を作ってみました。
うろ覚えで作ったのですが、花に見えますかしら? 後でShoさんの写真を見ましたら、やはりきれいですね、Shoさんの花は。ま、あちらはプロですから、と我が身を慰め、今後も精進いたしましょう。

a0127398_172387.jpg

さて、夕べの一押しはポテトクレープとイクラです。この料理は私がブログを始める前の何年か前のクリスマスの前菜として作ったことがあります。そのときは、他にも色々な料理を作ったせいか、あまり印象に残っておらず、長いこと作っていませんでした。

でも、これがとても美味しかったので、ポテトクレープのレシピを最後に載せます。特別の日のためか、或いはお財布にかなり余裕がある時は、サワークリームの上に本物のキャビアを載せてください。それは、それは豪華になります。でも、予算削減のためといって、ランプフィッシュの卵でしたら、却って載せないで、イクラだけの方がよほど気が利いています。

a0127398_181684.jpg

最後に散らした緑はチャイブです。我が家の鉢植えから取ってきたのですが、中が空洞であるはずのチャイブが、2年くらいそのままにしておくと、全部ニラのようになってしまうのは、どうしてでしょう。また植え直さなくてはいけません。


ポテトクレープ
レシピ:Jacques Pepin’s Tableを参照
材料(直径12センチのもの6枚分)

じゃがいも 約250g
小麦粉   大匙2
玉子    大2個
玉子の白身 1個分 (私は2枚しか作らなかったので、白身は入れませんでしたが、美味しく出来ました。)
ミルク   80cc
塩     小匙1/4
タバスコ  小匙1/8
カノラオイルまたは上質なサラダオイル 大匙4

1.じゃがいもを丸のまま茹で、茹で上がったら皮をむき、フードミルにかける。(私は丁寧にマッシャーでつぶしました。)

2.小麦粉、玉子、玉子の白身を加え、泡だて器で良くかき混ぜ、ミルク、塩、タバスコを入れてかき混ぜる。

3.フライパンを熱し、小匙2のオイルを入れる。クレープの生地を入れ、直径10-12センチになるようにして、片側2分ずつ焼く。

4.クッキーシートに載せて、残りのクレープを焼いている間、温かなオーブンに入れておく。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-09-29 01:14 | レシピ

海鮮丼  9・27・2011

一人になって、亡き夫に約束したことがあります。それは出来るだけ美味しいものを作り食べること。一人だからと言って作ることを疎かにしないこと。それが、食べることが大好きで、美味しいものに目がなかった夫への供養にもなると思うからです。

もちろん私自身が食いしん坊であることが大きいのですが。いくらお腹が一杯になっても、口だけでなく心も満足しないと、幸せな気分で眠りにつくことが出来ないのです。

などと書いてきて、恥ずかしながら夕べは料理とはいえない簡単丼です。ニジヤさんを訪れたので、ハワイ産のまぐろのブツ、イカ、イクラの海鮮丼にしました。マグロは酒と醤油、わさびの中にしばらく漬けておきます。熱々のご飯の上に沢庵のみじん切り、貝割れ(写真では分かりませんが、お刺身の下にはたっぷり載っています。)、青紫蘇と一緒にマグロの即席漬け、イカ、イクラを盛り付けました。沢庵を入れると、味にアクセントが出来、美味しくなるように思います。

a0127398_1571162.jpg

これだけでは野菜が足りないので、小松菜の辛し和えを添えました。

a0127398_1573062.jpg

料理といえるほどの料理ではありませんし、誰が作っても材料が良ければ美味しい丼になりますね。外国に居ながらこのような材料が常に手に入るサンディエゴは、日本人にとって本当に住みやすい所です。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-09-28 01:59 | レシピ

茄子とパプリカのごま味噌和え&鶏ひきと豆腐の蒸し物  9・26・2011

昨日も書いたように、スーパーの大きな1パックを使いきれずに、残りの半分を冷凍庫に入れることが多くなりました。ところが、冷凍庫に入れると、それで安心して冷凍庫にはどんどん食料品がたまっていきます。

それではいけないと、昨日は買い物に行きたいのをぐっと我慢して、冷凍庫と冷蔵庫にあるもので夕ご飯を作りました。何もないように見えて、一人分の材料なら何とかなるものです。

茄子は四等分にして塩水に10分漬けておきます。パプリカ(ピーマンでも良いです。)は半分に切って種を取り、さっとゆがいて千切りにします。白ごまをいって擂り、さっと炙った味噌と混ぜて、砂糖、みりん、少量の醤油で調味します。

a0127398_2102419.jpg

茄子は高音の油で揚げ、油を切って、パプリカと一緒にごま味噌で和え、最後に山椒の粉を振り掛けます。面倒なようでも胡麻を炒ると香が高くなり、美味しさが倍増します。

もう一品の蒸し物は、豆腐(半丁)の水を切り、とりひき肉(150g)、玉子(1個)、塩、醤油、酒を合わせ、手でよくかき混ぜます。器に入れ、湯気の上がった蒸し器に入れて約15分蒸します。出てきた汁を別鍋に移し、塩で調味し水溶き片栗粉でとろみをつけ、蒸し物の上にかけます。最後に青ねぎのみじん切りとわさびを載せます。(この量は二人分です。)

a0127398_210424.jpg

シンプルでヘルシーな料理ですが、満足のいく美味しさでした。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-09-27 02:12 | レシピ

エンダイブとブルーチーズ&鴨のオレンジソース  9・25・2011

一人分の食事を作るようになって、一番頭を悩ませているのは材料の量です。大体が1パックの量の多いアメリカですから、殆どは半分使って、後は冷凍庫にということになってしまいます。

野菜にしても、1個では多すぎることがしばしば。なるたけ二日続けて同じ材料を使いたくないのですけれど、時には仕方のないことも多々あります。

夕べは一昨日の残りのエンダイブを使って、前菜を作りました。室温にもどしたブルーチーズをクリーム状にし、チーズの1/3ほどのマヨネーズとパセリのみじん切りを混ぜ、エンダイブに載せたものです。それだけでは色が寂しいので、やはり半分残っていたトマトを角切りにし、塩、胡椒、ワインヴィネガー、オリーブオイル、パセリと一緒にして、載せてみました。

a0127398_2331924.jpg

ブルーチーズ(私が使ったものはフランス産Saint Agur。)とエンダイブ、なかなか良い組み合わせです。これならお客様にもお出し出来ます。

メインは鴨料理。ニジヤさんで買い求めた鴨の1パックは一人分に丁度良い大きさです。余分な脂を取り除き、皮目に格子の切込みを入れ、塩胡椒して熱した厚手の鍋(ルクルーぜのような鍋)で皮の方からソテーします。鴨から脂が出てきますから、オイルはしかなくて良いです。(オーブンを250度F 、120度C に温めておきます。)

ソテーしている間にソースを作ります。オレンジ1個はセグメントにします。オレンジの皮を千切りにし、ゆがいてザルにとっておきます。小鍋に砂糖(小匙1)、赤ワイン(1/2カップ)、蜂蜜(小匙1)を熱し、砂糖が溶けたらバルサミコ酢(大匙1)、塩、胡椒、オレンジジュース(1個分)、オレンジリカー(小匙1)、オレンジの皮を加え、少し煮詰め、片栗粉でとろみをつけます。

a0127398_2335251.jpg

鴨は皮側約6分、返して2-3分で取り出し、アルミホイルにきちんと包んで、オーブンの中で5分休ませます。アルミホイルの中にたまった肉汁はソースの中に入れます。5ミリ幅にスライスして、オレンジを飾り、ソースをかけて出来上がり。

パリッとした皮とロゼに焼けた鴨。甘いワインのソースとオレンジが良く合い、ちょっとお洒落な美味しい鴨料理でした。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-09-26 02:41 | レシピ

イカとエビのトマトソース・パスタ  9・24・2011

いつも美味しそうなお料理と優しいコメントを残してくださる「セラマダタンキッチン」のnyonyamammyさんからヒントを得て、トマトソースにイカとエビをたっぷり入れて、パスタの夕食にしてみました。

トマトソースは沢山作って冷凍しておくと、とても便利です。ランチでしたら、それだけでもいいですし、冷凍エビでもあれば、買い物に行かずにすみます。夕べは缶詰のイタリアントマトで、三日分のトマトソースを作りました。三日分とはいってもお一人様用ですから、大した量ではありません。

私のトマトソースはMario Bataliのレシピが基本です。玉ねぎ(中1個)、ガーリック(2片)をみじん切りにしてオリーブオイルで炒め、更ににんじん(小1本)のみじん切りを加え炒めます。イタリアントマトの缶詰(約1キロ)、タイム、ローレル、パセリ(2本)を加えて弱火で30分煮込んで出来上がりです。

a0127398_10525.jpg

パスタのソースにするには、改めてガーリックのみじん切りと種を取った鷹のツメの輪切りをオリーブオイルで炒め、白ワイン(辛口1/4カップ)と先のトマトソースを加え少々煮込み、最後に赤ワインヴィネガーとお好みでオリーブオイルを少量加えます。

夕べのパスタは茹で時間9分のスパゲッティ。盛り付けてから、これもお好みでパルメザンチーズとパセリのみじん切りを散らして下さい。

a0127398_102642.jpg

サラダはエンダイブ、にんじん、りんごです。

a0127398_105219.jpg
 
久しぶりのトマトソースのパスタ。夢中で頂いてしまいました。nyonyamammyさんの素敵なヒントに感謝!!



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-09-25 01:02 | レシピ

レモンカードとベリー類のガレット  9・21・2011

先日、心優しいMさんはお忙しいのに友だちを集めてランチを皆に振舞ってくださいました。イカや海老、豚肉そしてたっぷりのキャベツが入った美味しいお好み焼き。ソースにマヨネーズ、青海苔、おかかを振り掛け、熱々をほおばる美味しさ。

女同士の遠慮のない楽しい会話と、頼りになるお母さんのようなMさんの美味しいお好み焼きで、時の経つのも忘れました。でも、この日は本当はMさんのお誕生日。それで、私も上記のデザートを作って持っていきました。

a0127398_147423.jpg

ところが皆考えることは同じ。Mさんのお誕生日とあって、皆デザートを持ってきましたので、お菓子屋さんを開けるくらいになってしまいました。

a0127398_147228.jpg

さて、私のガレットの作り方は以下の通りです。お砂糖の量は本のレシピより減らしてあります。

レモンカードとベリー類のガレット
レシピ:Dorie Greenspan著「Around my French table」を参考にして少しアレンジしました。
ガレットとレモンカードは前日に作っておくと良いでしょう。

材料
(直径22.5センチのタルト型1個分)
ガレット

小麦粉  1カップ(アメリカのサイズで250cc )
べキングパウダー  小匙1¼
無塩バター 大匙10 室温にしておく
砂糖 カップ2/3 (アメリカのサイズ)
塩 小匙1/2 (出来ればFleur de sel)
玉子 大1個

レモンカード 
(カップ1)
砂糖 1/2カップ(アメリカのサイズ1カップで250cc ):砂糖の量はお好みで多少減らしても大丈夫です。
玉子 大2個
コーンシロップ 大匙1/2
フレッシュなレモン汁 (2-2½個分)
無塩バター 大匙4

ベリー類 カップ3 (私はいちご、ラズベリー、ゴールデンラズベリー、ブラックベリーを使いました。ブルーベリーも良いでしょう。)

ガレット
1.小麦粉と砂糖、ベーキングパウダーをボウルに入れて混ぜる。

2.大きなボウルにバターを入れクリームのように柔らかになるまでかき混ぜる。砂糖、塩、を入れ、なめらかになるまで更に良くかき混ぜる。

3.粉類を加え、更にかき混ぜる。ゴムベラで底から粉類を良くかき混ぜ、ラップにとり、丸めて冷蔵庫で3時間寝かせる。(3日まで入れておくことが出来る。)

4.オーブンを325度F(160度C)に温めておく。

5.タルトの型(底がはずれるものが望ましい)に薄くバターを塗る。(底にくっつきやすいので型にバターを塗り、その上にパーチメントペーパーを敷き、更にその上に再度バターを塗った方がよい。)

6.生地を2枚のラップにはさんで、麺棒で薄く型より2センチほど大きな円に伸ばす。ラップを1枚取り、型に敷く。ラップの上から型の底と脇をにきれいに押し付ける。上のラップを丁寧にとる。

7.オーブンの中段にパーチメントペーパーの上に載せて型を入れ、35-45分焼く。

8.表面が黄金色になったらオーブンから取り出し、ラックの上に置いて冷ます。

9.冷えてから、型から取り出してラックに置き、充分に冷ます。

レモンカード

1.中型の厚鍋に砂糖と玉子を入れ、良くかき混ぜる。レモン汁、コーンシロップ、小さく切ったバターを加える。

2.鍋を中火にかけ、絶えずかき混ぜる。鍋の脇や底も丁寧にかき混ぜる。

3.カードが大分トロッとして、大きな泡が出るようになったら(大体6-8分)火からおろす。

4.タッパーなどに入れ、ラップをカードに触れるように載せ、すっかり冷えたら蓋をして冷蔵庫で充分に冷す。

盛り付け

1.ガレットの上にレモンカードをナイフできれいに塗る。端から1センチくらい空けておく。

2.洗ってからペーパータオルで水分を取ったベリー類を載せる。いちごは大きい場合は半分に切っても良い。

3.レッドカラント(レッドカラントがない場合はラズベリーが良いでしょう。)のジェリー(カップ1/4)にリカー(私はチェリーブランデー、小さじ2を使いました。お酒類がお好みでない場合は水でも良いです。)を入れて伸ばし、電子レンジで少し温める。

4.レッドカラントのグレーズをベリーの上からかける。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-09-22 01:49 | レシピ

お礼  9・17・2011

夫が旅立ってから今日で丁度ひと月が経ちました。長いような短いような1ヶ月でしたが、この間、皆様からお悔やみや温かな励ましのお言葉を頂戴し、心より感謝しております。本当にありがとうございました。

中には実際にお目にかかったこともなく、ブログ上だけのお付き合いの方や、また初めて私のブログへのコメントがお悔やみになってしまわれた方もいらっしゃいます。非公開のコメントが多くありますので、失礼ながら、私のブログ上でお礼をさし上げるご無礼をお許し下さい。そのうち皆様のブログに必ず訪問させて頂きます。

皆様の優しいお心遣いが本当に嬉しく、勇気づけられています。まだまだ心の浮き沈みがあるものの、少しずつ落ち着いてきていること、また、一人ご飯ではありますが、きちんと頂いていますことを皆様にお知らせしたく、思い切ってアップしました。

今までの何日分かの夕食です。

無花果とゴートチーズのサラダ

a0127398_2312987.jpg

コーンとパプリカのバター炒め

a0127398_2315376.jpg

タコとポテトとスベリヒユのサラダ

a0127398_2321681.jpg

アサリの白ワイン蒸し、白ワインを使ったホワイトサングリアも添えました。

a0127398_2324795.jpg

今まで作ったレシピばかりですが、一人分ですと、15分位で夕食を作ることが出来、なんだか手持ち無沙汰なほどです。段々とまた新しいお一人様レシピにも挑戦したく思っています。

今日は、皆様へのお礼と私が元気に暮らしていることのご報告をさせて頂きました。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-09-18 03:06 | 無題

青空の向こうに...  9・2・2011

お久しぶりです。突然ブログをお休みしてから、1ヶ月以上が過ぎてしまいました。皆様の夏は如何でしたでしょうか。

悲しいお知らせをすることをお許し下さい。8月17日、夫が永眠いたしました。25年に渡る長い癌との闘いでした。ブログは私の心の支えの一つですから、明るく楽しいことに焦点を当てましたので、極力夫の病気のことは避けてきました。

皆様の多くは、突然のことで驚かれたことと思いますが、25年の間、夫の体を少しずつ蝕んできた癌は、夫自身の言葉を借りれば「遂に癌が僕を捕らえ」て力尽きました。

不治の病に正面から向き合い、家族のためと自分の仕事に全力で取り組み、壮絶な闘いをし、濃密に生きた夫を心から誇りに思います。

夫は気象学者でした。仕事のほとんどはコンピューターを駆使して行われましたが、美しい雲を見ると、名前を教えてくれました。が、不肖の妻は雲の名前を覚えることなく過ごしてしまいました。

a0127398_0485638.jpg

8月上旬、我が家の近くのモールできれいな雲を眺め、たまたまバッグに入っていたカメラで写しました。夫が青空の向こうで私たちを見守っていることを信じています。

今しばらくはお休みしますが、落ち着きましたら、必ずこのブログに戻ってまいります。またお会いする時まで、皆様もどうぞお元気でお過ごしなさいますようにお祈りしています。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-09-03 00:50 | 無題