やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ペルー料理のレストラン  7・30・2012

このところ気持ちの良い青空が続いているサンディエゴです。暑くなってきたものの最高気温はせいぜい25-6度。日が落ちれば半袖では寒いくらいの冷たい風が流れます。

そんな日曜日の夕方、友達と二人、ペルー料理のお店を訪れました。友達がヨガ教室の帰りに偶然見つけて入ったところが、とても美味しくそれから常連になったと言うレストランです。デルマーのこじんまりした街のメインロード、101に面していて、テーブルは外だけ。

a0127398_234041.jpg

お店の名前はCafe Secret。101の道路は今まで数え切れないくらい通っていますが、こんな洒落たレストランがあるとは、全く知りませんでした。ランチはサンドイッチくらいしかないそうなので、夕食に訪れたと言うわけです。

まずは、セヴィチェを二人でシェア。私たちが頼んだのはMixto Clasico。白身魚、海老、帆立、いか、タコをペルーの何種類かのチリペッパーと紫玉葱、香菜、パームハート、ライムでマリネしたものです。付け合せはヤム(サツマイモに似たお芋)、大粒のとうもろこしの粒、Canchitaというポップしていないポップコーン。

a0127398_234227.jpg

魚介類が新鮮で、とても美味しかったです。

メインは私が頼んだのは、スティームしたミックスシーフード。これにもペルーのチリペッパーのソースがかかっており、添えられたのはキノアのピラフ。色がまるでサフランのようですが、Ajiというチリの色です。これも美味。

a0127398_234464.jpg

友達が頼んだのはSearした魚介類で、Rocotoと言う辛くないチリのソース。おにぎりのように三角の白いご飯が添えられています。一口お相伴に預かりましたが、ソースが結構濃厚で美味しかったです。

a0127398_235874.jpg

私たちがお店に入ったのは、6時を少し回った頃でしたが、徐々に混み始めました。友達の話では、7時を過ぎると待つ人で道路が一杯になるそうです。

美味しいご馳走に舌鼓を打ちながら、話題は主に食べ物の話。お店のデザートは断って、我が家でデザートとコーヒーを戴きました。その話は次回に。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-31 02:37 | レストラン

マグロのスパイシーステーキとマンゴーサルサ  7・29・2012

何日か前に作って写真だけ撮り、そのままアップせずにいた料理二品です。一つは、しょうがとスパイスでマリネしたお刺身用マグロを表面だけ炙り、マンゴーとトマトのサルサを添えました。

摩り下ろしたしょうが、カルダモン、コリアンダー・シード、白胡椒の粒、塩を一緒に石臼で潰します。水気を拭いたマグロにオリーブオイルを塗り、スパイス類を塗って、少し置いてから、表面をソテーします。

a0127398_223616.jpg

サルサはマンゴー、トマト、青葱、香菜、塩、レモンまたはライム汁です。スパイスの効いたマグロに爽やかなサルサ。これも暑いときに食欲が出る料理です。切り口がギザギザになったのが見苦しいですが、悪しからず。

a0127398_225467.jpg

もう一品はスモークサーモンとアスパラ、ディルのペンネ。鉢植えのディルが元気だったので作ったものです。最初にガーリックの薄切り炒め、アスパラを入れ、白ワインを加えて少し煮詰めたソースだったように思います。最後にパルメザンチーズを振りかけました。

a0127398_231237.jpg

写真履歴から推定すると、この料理を作ったのは6月25日。このときはとても元気だったディルですが、連日の強い日差しに参ったのか、沢山の花を咲かせたからか、残念ながら枯れ始めてしまいました。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-30 02:05 | レシピ

アボカドと海老のヴェリンヌ & ヤナギガレイのソテー  7・27・2012

先日安売りで買っておいたアボカドの熟し具合が丁度よくなりました。何度も作っていますが、今回もまた、海老とトマトを組み合わせました。

水の中にレモンの輪切り、ローリエ、鷹の爪、胡椒の粒、塩を入れて5分ほど煮ます。殻のついたまま背綿を取った海老を入れて茹でて、氷水に入れて急速に冷やします。殻をむいて水気を拭き、親指の先位の大きさに切ります。

アボカドも、海老と同じ大きさに切り、レモン汁、胡椒、塩少々をまぶします。トマトは湯剥きして、粗みじん切り、塩少々をかけます。アボカド、海老、トマトの順にワイングラスに入れ、冷蔵庫で冷やし、食べる直前にレモン汁、オリーブオイルを上からかけます。かき混ぜて召し上がって下さい。

a0127398_15943100.jpg

海老とアボカドも出会いのもの。冷たいヴェリンヌは夏にぴったりです。

メインはヤナギガレイのソテー。片栗粉をまぶしたヤナギガレイをバターとサラダオイルでソテーします。火が通ったら皿に移し、余分な油を捨て、白ワイン、オリーブ、ケイパー、松の実、レモン汁を加え一煮たちさせて、少量のバターを加え、カレイの上にかけます。

a0127398_20420.jpg

いつものソテーの目先を少し変えてみました。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-28 02:01 | レシピ

若い方々との夕食  7・26・2012

昨日は用事で見えた若い男性お二人と夕食を共にしました。お二人とも一人暮らし。それぞれ一人で食べるより、食事は誰かと一緒の方が楽しいです。最近は男性でもお料理上手の方が増えましたが、それでも仕事をこなしながら毎日の夕食つくりは大変でしょう、と思い、お惣菜を用意しました。

好き嫌いを伺っておかなかったので、無難な味にしましたが、こういうものが食べたかった、と仰って下さいました。また、用事が済んだらすぐ食べられるように作り置きのできるものにしました。

タコのセヴィチェ風。ハラペニョや香菜は好き嫌いがあるので、ハラペニョは入れず、イタリアンパセリを香菜の代わりに使いました。

a0127398_1595327.jpg

大根サラダと梅干ドレッシング。

a0127398_244946.jpg

焼き茄子。この上におかかとしょうがを添えて蕎麦つゆをかけました。

a0127398_253813.jpg

お皿に盛る前の豚肉の南蛮漬けと鰤の照り焼き風。鰤は一切れを四つに削ぎ切りにし、薄く片栗粉をまぶします。ソテーしてから、同量の酒、醤油、みりんに漬けます。鰤をソテーしたあとのフライパンで、生椎茸とアスパラガスを炒め、漬け汁に漬けました。これは小林カツ代さんのレシピを参考にしました。

a0127398_25562.jpg

残った料理はタッパーに詰めて持っていってくださいました。仕事の話やアメリカのこと、日本のこと、話題は尽きず、とても楽しいときを過ごしました。お二人ともご訪問いただき、ありがとうございました。またどうぞお気軽にいらしてください。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-27 02:08 | レシピ

牛肉の重ねあえ  7・25・2012

友達と美味しいランチを食べてきた日の夕食作りは、テンションが下がります。余り手をかけたものを作る気にもならず、サッと作れて美味しいもの。そんなときのお助けレシピが小林カツ代さんの「アッという間のおかず」です。

この本の中から、牛肉とトマトとアスパラの10分もかからずに出来る料理を作りました。アスパラを茹でた湯で牛肉を茹で、酒、みりん、醤油(各々同量)に牛肉をつけておきます、その上にトマトの薄切りを載せ、ざるに取っておいたアスパラを載せ、食べる直前に全部を混ぜます。

a0127398_147652.jpg

小林カツ代さんはしょうがとニンニクのみじん切りを漬け汁に加えていましたが、私は最後に青紫蘇を散らしました。短時間で出来て、さっぱりと美味しい夏向きの料理です。

a0127398_147254.jpg

夕食を戴きながら窓を眺めると、青い空にはぽっかりと気球が浮いていました。空に浮かんだ気球を眺めながらの夕食は、なんだか平和で幸せな気分になりました。

a0127398_1473923.jpg

a0127398_1475767.jpg





ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-26 01:49 | レシピ

パプリカの冷製スープ  7・24・2012

色鮮やかで甘味のある赤いパプリカをスープにしたら、と言う素敵なレシピをDorie Greenspanさんの本から戴きました。みじん切りにしたパプリカを塩、胡椒と共にチキンストックで煮ます。ミキサーにかけて、裏ごしします。

冷蔵庫で冷やしてから、ドリップヨーグルトを添えました。Dorie Greenspanさんは泡立てた生クリームを添えていましたが、大匙1杯のためにだけ生クリームを泡立てるのはもったいなく、ドリップヨーグルトにしました。ヨーグルトの上には粉のパプリカを振りかけました。

a0127398_1595048.jpg

ドリップヨーグルトのアイディアを下さったのは、いつも素敵なお料理とお菓子満載のアクデニズ。さんのブログからです。夏の日にふさわしいすっきりと美味しいスープです。スープにすると一人大きなパプリカ1個、難なくお腹に収まりました。

メインはカサゴのソテー。カサゴ(Rock cod)は塩麹に漬けて5時間、その後玉葱のスライス、レモンの皮の摩り下ろし、レモンジュース、鷹のつめ、ケイパーに1時間マリネしました。このレシピもDorie Greenspanさんの本を参考にしました。マリネした玉葱なども火を通して、ソテーした魚の上にかけます。

a0127398_201279.jpg

付け合せはハーブサラダ。イタリアンパセリはスーパーで買いましたが、後のハーブ、タイム、オレガノ、タラゴンは我が家の鉢植えからです。レモン汁とオリーブオイルをかけただけの簡単サラダですが、ハーブの爽やかさが魚の料理にとても合いました。

副菜はズッキニとトマトの扇。ズッキニは茎の近くまで切込みを何本か入れます。イタリアントマトとガーリックの薄切りをはさみ、塩、と何種類かの乾燥ハーブを散らし、オリーブオイルを塗り、200度Cのオーブンで30分焼きました。

a0127398_203243.jpg

夏はオーブンを使うと暑いので、トースターオーブンで焼きましたが、少し時間がかかってしまいました。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-25 02:04 | レシピ

納豆海鮮丼 & スベリヒユの白和え  7・23・2012

友達とランチや夕食に月に一度は訪れている居酒屋さくら。ランチの定食もお勧めですが、鉄火丼などの丼も人気商品です。大分前のことですが、大勢で夕食に訪れた際に頼んだ納豆海鮮丼が美味しかったので、真似をしてみました。

丁度、ニジヤさんではお刺身のミックスパックが売られていました。鮭、ハマチ、タコ,イカのお刺身のミックスです。マグロが入っていないのが残念ですが、値段を抑えるためには仕方がないのでしょう。

さて、居酒屋「さくら」さんからアイディアを頂戴し、後は私流です。ご飯の上によく糸を立てた納豆を載せます。沢庵のみじん切り、貝割れ、紫蘇の葉、わさび醤油と酒に漬けたお刺身ミックス、更に貝割れと紫蘇の葉、最後に葱を散らして出来上がり。お好みでのりを散らしても良いですね。

a0127398_201765.jpg

自分で作るとご飯の量も丁度良く、冷酒と共に完食。とても美味しかったです。以前にアップしたことがありますが、沢庵を入れると、こりこりとした歯ざわりと共に味にアクセントがでます。是非、沢庵を入れてみてください。

箸休めはスベリヒユの白和え。ごまを煎って擂り、豆腐(茹でて水を切ります)、味噌、砂糖、塩、薄口醤油で味を調えます。うっかり豆腐を裏ごしせずに胡麻の入っているすり鉢に入れてしまいました。良く擂ったのですが、写真には滑らかさが足りないのが出てしまいました。写真は正直です。でも、美味しかったので、良しとしましょう。

a0127398_203362.jpg





ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-24 02:03 | レシピ

梅干と紫蘇の鶏肉ロール  7・22・2012

知野ファームのトマトが食べたい!冷蔵庫の中の野菜が残り少なになるのを待って、やっと知野ファームを訪れました。残念ながらもうひとつのお目当てのメロンはありませんでしたが、新鮮な野菜を買って、早速サラダに。

トマトはもちろんのこと、きゅうりもジューシーなのに水っぽくない。つまり、味が濃いのです。ベビー人参にスベリヒユも加えて、一昨日作ったマヨネーズにお味噌を入れて味噌マヨ。

a0127398_823365.jpg

美味しい野菜を食べると、身体がすっきりします。そして、もちろん心も。

メインは鶏の胸肉を薄く削ぎ切りにしたものが売られていたので、叩いてもっと薄くし、梅干を刻んでみりんと混ぜ、鶏肉に塗ります。青紫蘇を載せてくるっと巻き、楊枝でとめて、ごま油でソテーします。全面に焼き色がついたら蓋をして、蒸し煮。

a0127398_8234924.jpg

最後に、みりんと醤油を入れてころがします。一口大に切ってお皿に盛って出来上がり。梅干と青紫蘇のさっぱりとした味が夏向きですが、胸肉はやはりちょっとパサつきました。

もう一品はご飯の進む椎茸と山椒の甘辛煮。山椒はないので花椒を使いました。出し汁にみりんと醤油、花椒,生椎茸を入れて紙蓋をし、煮汁がほとんどなくなるまで煮つめます。ピリッと辛い山椒(花椒)が決め手です。

a0127398_824243.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-23 08:25 | レシピ

自家製ソーセージもどき  7・21・2012

ラーメンを作ろうと思って買ってあった豚挽き肉。使わずにそのまま冷蔵庫の肉類のケースに入ったまま賞味期限を迎えてしまいました。冷凍庫に直行と言う手もありますが、そんなことをしていると冷凍庫は満杯になります。

他の数少なくなった冷蔵庫の野菜を見ながら、十数年前に一度だけ作ったことがある自家製ソーセージを作ってみることにしました。ソーセージですから、本当はCureするのに少なくとも三日は冷蔵庫に寝かさなくてはいけません。が、塩を少なめにして、数時間でも良いと言う方法で作ってみました。

そして、塩の代わりに塩麹を入れて、たっぷりスパイスをきかせました。やはり寝かせる時間が足りなかったので、ソーセージと言うよりはミートローフのようになりました。それはそれで美味しかったのですが、そのうちきちんと寝かせて再度挑戦しますので、詳しいレシピは書きません。

a0127398_1361410.jpg

材料だけ羅列しますと、豚挽き肉、塩、砂糖、黒胡椒、ピーカン、赤ワイン、ガーリック。スパイス類はローリエ(細かくする)、クローブ、メイス、ナツメッグ、パプリカ、タイム、オールスパイス、シナモン,セイヴォリー、白胡椒です。

付け合せのポテトサラダが美味しくできました。皮のついた丸のまま茹でてスライス、温かいうちに白ワインを振りかけます。サッといためた青葱とガーリックのみじん切り、塩、胡椒、ディジョンマスタード、オリーブオイル、パセリ、チャイブのドレッシングです。

サラダはきゅうり、紫玉葱、ディルとミント。

a0127398_1363372.jpg

先日、袋にアプリコットと書いてあったので買い求めた果物。食べてみるとプラムです。

a0127398_137136.jpg

a0127398_137356.jpg

甘さも足りないので、コンポートにしてみました。先日作った桃のコンポートの煮汁の中で、皮をむいた果物、皮も一緒に5分ほど煮ました。使ったリキュールは桃と同じくシャンボール。

a0127398_1375640.jpg

ヨーグルトと一緒に煮汁と共に食べられる花、球根ベゴニアも添えました。この花はアイスクリームやヨーグルトと合います。また、ミントが爽やかさを加味してくれました。どれも酸味があるので、もう少し甘く煮てもよかったかもしれません。

a0127398_1382664.jpg





ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-22 01:40 | レシピ

友達との夕ご飯  7・19・2012

昨日はいつもの仲間4人でランチをするはずでした。が、二人が用事があってこれなくなり、Sさんと私のお二人様ランチ。その後お茶もして、さて、そろそろ夕ご飯の買い物をしてお開きにしようと思い、Sさんの今夜のスケジュールを聞くと、何もない、と言うご返事。

普段は多忙なSさん、珍しく一日お休みの日だったとか。それではと、夕ご飯を我が家でご一緒することにしました。ニジヤさんで、二人でどんな献立にしようかと考えながら楽しくお買い物。

我が家に着くとチャー君の熱烈大歓迎が待ち受けていました。チャー君はSさんのことが大好き。嬉しさの余り部屋中を飛び回り、なでてもらうとお腹を出して気持ちよさそうに目をつぶります。Sさんがトイレに立つと、ドアの前で待っています。

さて、夕ご飯は私の定番ばかりです。

鴨のロース煮。急いでいたので青味を載せなかったのが、残念。

a0127398_158968.jpg

これは以前にも載せましたので、レシピはそちらをご覧下さい。でも、今回のソースの方がトロッとして美味しくできました。

以前との違いは、鴨の皮目に塩を振って焼いてから、氷水でなく熱湯に入れてサッと引き上げて、脂分をとったこと。ケチャップとたまり醤油を入れてから良い加減のところで鴨を引き上げ、アルミホイルに包み、煮汁を煮詰めたこと。鴨から出る汁は煮汁に返します。これで、煮汁の色も味も格段に良くなりました。しかも、鴨も丁度良いロゼに仕上がりました。

鯛の切り身と豆腐、生椎茸のチリ蒸し。昆布を敷いたお皿に材料を載せ、お酒を振って蒸します。最後に青味のサッと湯がいた蕪の葉を載せました。レモン醤油をつけていただきます。本当は青味は春菊の方がおいしいのですが、今の時期はないので、蕪の葉を使いました。

a0127398_1582964.jpg

蕪と人参、蕪の葉を塩麹で揉んだ即席漬け。後でレモンの薄切りも混ぜます。マイルドな和風サラダと言った感じで、いくらでも食べられます。

a0127398_1584375.jpg

そしておなじみ焼き茄子。

a0127398_1585554.jpg

最後はご飯と一緒にいわしのツミレ汁。これは今まで何度も作りアップしました。レシピは載せるほどのこともないと思いますが、興味のある方は以前の方を参考になさって下さい。

a0127398_1591155.jpg

お陰で、チャー君も私もとても楽しいときを過ごしました。Sさん、またいらしてください。そして、今回ご一緒できなかったお二方、是非我が家でお食事を共にいたしましょう。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-07-20 02:03 | レシピ