やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

レモンチキンのグリル  1・30・2013

皆さんは週何回食材の買い物にいらっしゃるのでしょう。私は大体3-4回行きます。アメリカは一つのスーパーでは済まず、もちろん日本やアジアの食材は専用のスーパーですが、そのほか好きなブランドやチーズを買うにはスーパーをはしごしなくてはいけません。

ほとんどのスーパーへは車でないといけないので、ガソリン代が高くなった昨今、纏め買いをしたいと思いながら、欲しいものの種類が多様なので、他のアメリカ人のように週1回ではとても間に合いません。

さて、冷蔵庫のお肉のケースには何の計画もないまま買い求めた鶏の胸肉が2枚だけ入っています。このところ和食が続いたので、洋風にしようと、またまたDorie Greenspanさんのレシピを参考にしました。

胸肉は皮を取り、ラップに挟んで厚さが7-8ミリになるように肉叩きで伸ばします。皮はストックを作ります。薄くした鶏肉はオリーブオイル、レモン汁、塩胡椒でマリネします。室温で大体30分。そして後はグリルするだけ。肉たたきで叩いた胸肉は固くならずしっとりしていました。

付け合せはサフランライスと人参。サフランは温めた少量の牛乳の中に入れ、後は炊飯器に水を足し、無塩バターを一かけ、ローリエを入れて普通に炊きます。

a0127398_353217.jpg

人参は皮を剥いてお好きなように切り、しょうがとガーリックの薄切り、カルダモンポッド(中の種だけ)、塩、胡椒、無塩バター、先ほど鶏の皮で作ったチキンストックを入れて、水分がなくなるまで煮ます。

これらをお皿に盛って最後に香菜を飾りました。パセリでも良いでしょう。

a0127398_361723.jpg

サラダは私の定番、春菊と洋梨(アンジュー)、ドライクランベリー、ローストした胡桃で、ドレッシングはざくろ酢、塩、オリーブオイルです。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-31 03:08 | レシピ

イカのぽっぽ焼き  1・29・2013

今でもあるのかどうか知りませんが、私が子どもだったころ、縁日の屋台には必ずイカを姿のまま焼いたものが売られていました。お醤油の焼ける香ばしい匂いに鼻をくすぐらせながら、買い食いがご法度な我が家でしたから、そのまま屋台は素通りでした。綿飴でさえ最初に食べたのは高校の修学旅行で、クラスメートの皆に驚かれたものでした。

食い物の恨みと言うわけではありませんが、烏賊は時々無性に食べたくなるものの一つです。醤油、みりん、酒、しょうがのすりおろしの中に皮を剥かずに切れ目を1センチ幅に入れたイカを10分ほど漬けておき、サラダオイルを熱したフライパンで長ねぎと一緒にふっくらと焼き上げます。途中、時々漬け汁や酒を振り入れます。

a0127398_3264329.jpg

付け合せは春菊の酢味噌和えと冷蔵庫の中で忘れかけていた瓶詰めのじゅんさいです。じゅんさいはザルにあげて熱湯をまわしかけます。わさびと醤油と酢を同量入れたものをかけていただきます。

a0127398_3275370.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-30 03:29 | レシピ

野菜中心の和食四品  1・28・2013

和食レストランの屋外でのイベントに頼まれていた合唱団ですが、天気が悪いという予報で前日にドタキャン。朝のうちは如何にも泣き出しそうな空だったのですが、その前二日間で雨は降りつくしたのか、段々青空が広がり始め、予定だった午後1時には太陽が頭上に輝いていました。あーあ。

急に暇になり、しかもイベントの後は皆で夕ご飯を食べる予定でしたので、何も買い置きがなく、ニジヤさんへ出かけてみました。

さっぱりと、野菜中心のメニューになりました。ハマチのお刺身は塩麹で4時間ほどマリネし、湯がいたほうれん草と共に酢の物に。出し汁、酢、酒、醤油の二杯酢に近いものです。今回は煮きらないで日本酒を入れました。写真は酢をまだかけていない状態です。

a0127398_363993.jpg

大根の葉っぱは湯がいてみじん切り、塩だけの調味です。ご飯にかけても美味しいです。これは昔母が良く作ったものでした。

長芋は1.5センチの厚さに切ってからサラダオイルで両面ソテーし、醤油を振りかけただけの簡単料理ですが、ほくほくしてこれが以外に美味しいのです。

そしてけんちん汁。大根、人参、里芋、こんにゃくの代わりに残り物の白滝、油揚げ、牛蒡。葛粉でとろみをつけ、最後にしょうがの擂りおろしを止めに。

a0127398_3743.jpg

一昨日作ったカクテル、ヨコハマ。ジン1/3、ウオッカ1/6、オレンジジュース1/3、グレナディンシロップ1/6、アニゼット(1ダッシュ)をシェークして作ります。手元がくるってグレナディンシロップが少し多めに入ってしまったので、かなり甘くなってしまいました。カクテルは配合を少し間違えただけで全く違うものになるので、難しいです。

a0127398_372682.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-29 03:11 | レシピ

スパイシー・バジルチキン&豆腐と茸のオイスターソース炒め  1・27・2013

冷蔵庫の中で半分は駄目になってしまったタイバジル。それでもまだ使える半分を調理しなくてはもったいない。丁度鶏のもも肉もあることなので、簡単なタイ料理のスパイシー・バジルチキンを作ることにしました。

これは香りの高いタイバジルが一番美味しいですが、手に入らなかったら普通のバジルにミントを加えてもよいそうです。前に2回作ったことがありますが、これはオークランドで料理教室を開いているタイ人のKasma Loha-Unchitさんのレシピです。彼女のホームページはレシピの他にも旅行記やタイ料理についての情報が載っている楽しいサイトです。 

a0127398_2493961.jpg

もう一品は豆腐と茸のオイスターソース炒め。豆腐(半丁)はペーパータオルに包んで電子レンジで30秒、水を切ります。ガーリック(2片)は塩と一緒に石臼でペースト状にしておきます。ピーナッツオイルを熱し、ガーリックのペーストを炒め、豆腐を加えて崩れないように炒め、茸類を入れます。砂糖少々、醤油を加えて混ぜ、最後にオイスターソースを加えてかき混ぜ、胡椒を振ってお皿に盛ってから香菜を飾ります。

a0127398_250558.jpg

もう一品の箸休めは大根と人参の甘酢漬け。最後に赤いハラペニョを散らして少しばかりタイ風にしました。

a0127398_2502456.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-28 02:53 | レシピ

ココナッツ・ティーケーキ  1・26・2013

今日も昨日も朝から雨模様。サンディエゴには珍しく二日も降り続いています。しかも昨日は時折激しく。この冬はことのほか雨が多いように感じます。買い物に行く必要もなく、何の予定もない金曜の午後。家にあるものだけでケーキでも作ってみましょう、と思いお菓子の本をパラパラ。

見つけたレシピは私の大好きなDorie Greenspanさんのココナッツ・ティーケーキ。ココナッツとココナッツミルクとたまごとバターと小麦粉など。丁度消費したいココナッツミルクを使えるのでラッキー。

ココナッツミルク(250ml)にバター(大匙4)を入れて火にかけ、オレンジジュース(1/4個分)も少し入れ温めます。たまご(4個)と砂糖(250ml)とオレンジの皮(半個分)の摩り下ろしをかき混ぜ(スタンドミキサー、中くらいの速度で3分)、ヴァニラエッセンス(小匙1)、ダークラム酒(小匙2)、ココナッツ(無糖250ml)を加え、小麦粉類(500ml)、ベーキングパウダー(小匙1)塩少々を一緒にふるいにかけて入れ、バターを塗ったリング型(22センチ)に入れてオーブン(350度F ,180度C)で50分。

a0127398_2451823.jpg

室温になってから切ってみると、なんだか想像したものと違います。ひょっとして失敗作? ラム酒とオレンジ、ココナッツの香りはよいのですが。

もう一度じっくり,今度はレシピだけではなくこのケーキに関するGreenspan さんのコメントも読みました。このケーキのアイディアはオーストリアとハンガリーで育った友達からのもの。その友達の好みのケーキとは上に何もかけないパウンドケーキのようなぼそぼそした食感、素朴でいつもちょっと口に入れたくなるような、そして紅茶やコーヒーに合うもの。

それで分かりました。失敗したわけではなかったのです。決してファンシーではないけれど飽きの来ない、安心していつでも食べられるケーキ。これこそホームメード、と言うケーキだったのです。

a0127398_2461912.jpg

そう思って食べてみると、最初の一口にインパクトはないものの、あとを引いて、いつの間にか沢山食べてしまう、そんな美味しさでした。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-27 02:48 | レシピ

アーモンド粉を使ったキンメ鯛のムニエル  1・24・2013

今日は買い物に行かねば、と思いつつも遠くへ行く気力はなく。遠くと言っても高速に乗れば15分なので、遠いと言うほどではありませんが、5分くらいで行ける近場で済ませることにしました。

この近場のスーパー、Jimbo’sで買い求めたキンメ鯛のフィレをアーモンドの粉をつけてムニエルにしました。レシピは以前のサイトを参考になさって下さい。

a0127398_237107.jpg

前回は片面だけにアーモンドの粉をつけましたが、今回は両面につけ、もっと香ばしくしました。小麦粉だけでなくアーモンドの粉をつけることで、一層美味しくお洒落になります。

以前のサイトを見たわけではないのに、付け合わせが同じほうれん草とドライフルーツの炒め物になったのには、我ながらおかしくなりました。但し、前回はレーズンと紫玉葱、今回はドライクランベリーです。

a0127398_238274.jpg

サラダはアボカド、オレンジ、グレープトマト、パセリの私の定番です。ドレッシングはノンオイル。オレンジとレモン汁、塩だけです。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-25 02:39 | レシピ

帆立とブロッコリの炒め物&干し柿の酢の物  1・23・2013

冷蔵庫のお肉のケースは空っぽでしたが、わざと買い物に行かず、冷凍庫と冷蔵庫の中のもので夕食を作ることにしました。

ブロッコリを見つけ、どうしたものかと少しばかり考え、冷凍の帆立と炒めてみました。帆立は解凍して厚さを半分に切り、水分をふき取ります。ブロッコリは固めに茹でてザルにあげます。サラダオイルを熱し、強火のまま帆立を炒め、ブロッコリを加えて塩を振り、酒を鍋肌に沿って回しいれます。

a0127398_326865.jpg

箸休めは干し柿の酢の物。冷凍しても固くならない干し柿は細かく切って大根おろしに土佐酢をかけます。米酢、みりん、出し汁を少量入れて、鍋で一煮たちさせるか、電子レンジで30秒ほど温めて、酸味を少し飛ばします。三つ葉をさっと湯がいてみじん切りにして青味にしました。

a0127398_3265719.jpg

少しずつ余っているこんにゃく、里芋、人参、大根、牛蒡、冷凍庫の豚挽き肉で豚汁。残っているお豆腐も入れました。母の豚汁にはいつもジャガイモとお豆腐が入っていたものでした。それが母特製だと言うことを知ったのは大人になってからです。

a0127398_3271959.jpg

豚汁にひき肉を入れるのは夫の提案でした。札幌育ちの夫はスキー場で食べたひき肉入りの豚汁が美味しかったと、私に教えてくれました。確かに、ひき肉からは良いお出汁が出ます。

大きめのお椀にたっぷり入れた豚汁で身体も温まりました。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-24 03:28 | レシピ

マリネした鰤と海老の串焼き&フェンネルのソテー  1・22・2013

先日二切れ入った鰤のパックを買い、一切れを塩麹に漬けたまま三日がたってしまいました。夕べはレモンの皮、レモン汁、ロズマリー、オレガノ、リモンチェッロ(レモンのリキュール、なくともよいです。)、オリーブオイルに海老も一緒につけて、串に刺し、グリルしてみました。

塩麹はイタリアンの料理にもしっかり良い仕事をしてくれました。一切れに小匙1杯の塩麹に漬けたのですが、三日たっても塩辛くならず、旨味を引き出してくれました。

a0127398_2563173.jpg

付け合せはフェンネル(フェネル)。四つに割ったフェンネルは塩を入れた湯で柔らかになるまで茹でます。大体5-8分です。ザルにあげてから、オリーブオイルを熱し、ガーリックのみじん切り、アンチョビペーストと一緒に炒めます。最後にオレンジの皮を摩り下ろして加えます。私は残っていた赤いフレッシュな唐辛子も入れました。

もう一つの付け合せは小松菜とガーリックの炒め物です。一人分でガーリックのみじん切り(2-3片)と少し多めに使います。調味は塩胡椒ですが、これにも 赤唐辛子を彩りに使いました。

順序が逆になりましたが、前菜は少しばかり残っていた茹でたロマネスコに自家製マヨネーズをたっぷりのせ、200度のトースターオーブンで上に焦げ目がつくまで焼きました。

a0127398_2574322.jpg

とても簡単ですが非常に美味しい洒落た前菜になりました。

a0127398_2581448.jpg

フェンネルで使ったオレンジの皮。中身はジュースにしてテキーラと一緒にカクテルにしました。名前はテキーラ・サンライズ。テキーラ45mlに氷を入れ、オレンジジュースでグラスを満たし、かき混ぜます。最後に静かにカンパリ小匙2杯をグラスのふちに沿って入れます。アルコール分の少ない、きれいで美味しいカクテルです。

a0127398_2582890.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-23 03:01 | レシピ

手羽先と干ししいたけの中華風煮物  1・21・2013

私の一番好きな鶏の手羽先料理はベトナムのキャラメルソース煮です。昨日もこの料理にしようかと思ったのですが、いくらなんでも同じものばかりでは、と思い干ししいたけと一緒に中華風にしました。

お醤油に10分ほど漬けた手羽先(6本:関節のところで二つに切る)を油で揚げます。(揚げる前にペーパータオルで水分を拭きます。)戻した干し椎茸(4枚)と一緒に紹興酒(大匙1)、砂糖(小匙2)、醤油(大匙3:マリネしたものを使えます)、干ししいたけの戻し汁、熱湯(カップ2)、しょうがの薄切り(3枚)、葱(10センチ)と一緒に煮汁が1/3くらいになるまで、蓋をしてことこと煮込みます。(これはほぼ二人分です。)

a0127398_3222822.jpg

最後に水溶き片栗粉でとろみをつけ、熱いオイルをまわしかけて出来上がり。あれば、筍を一緒に煮込んでも美味しくなります。

手羽先の先っぽの部分はスープにします。葱としょうがと一緒にスープをとり、アクをとって、塩茹でして水切りした豆腐、トマト、青味に頂き物の小松菜を入れました。調味は塩と胡椒だけです。

a0127398_3224716.jpg

先日ものせた白菜の甘酢漬けと一緒に中華の美味しい三品の食卓になりました。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-22 03:25 | レシピ

タイ料理のポットラック&タイ風白身魚のセヴィチェ  1・20・2013

いつもの仲間の今年最初のミーティングが昨日開かれました。ホストの方がメインを決めるのですが、今回はタイカレー。皆さんメインにあわせた素晴らしいご馳走が並びました。

今回の食卓はピーチ色に統一。前回は赤い薔薇とナプキンでした。素敵なお部屋にあった趣味の良いコーディネートです。

a0127398_3335354.jpg

ホストの方は海老とチキンのカレーの他に鶏ひき肉のミートボールも作ってくださいました。

a0127398_3343318.jpg

a0127398_339936.jpg

そのほかグリンパパイアのサラダ、春雨サラダ、海老のピリ辛ソテー、ズッキニのごま油炒め、スィートポテトとりんごの炒め煮、デザートにカスタードプリン(これは市販だったようです。)、果物の盛り合わせ。

a0127398_3355070.jpg


a0127398_3364143.jpg


a0127398_337331.jpg


a0127398_3372361.jpg


a0127398_3374626.jpg


a0127398_33879.jpg


どれも美味しく、お腹一杯。ミーティングもスムーズに進み、と言ってもそれほど討論することもないのですが、大いに喋り、楽しい新年会はお開きになりました。

a0127398_3384624.jpg

私が作った白身魚のタイ風セヴィチェはお陰さまで好評。きれいになくなりました。

a0127398_3404692.jpg


白身魚のタイ風セヴィチェ
レシピ:Kasma Loha-Unchit著「Dancing Shrimp」参考
材料(4-6人分):カップはアメリカサイズの250ml

お刺身用白身魚 450g (今回使ったのはヒラメ、タイ、スズキの三種類)
ライムジュース 2-3個分
塩(シーソルト)小匙1/2
レモングラス 3本
無糖の乾燥ココナッツ 1カップ
タイのフライド・チリペースト 小匙1/2 (皆の好みが分からなかったので少ししか入れませんでしたが、普通は小匙2は入れます。)
ナンプラー 大匙1
砂糖 小匙2
フレッシュなチリ (タイチリは辛いので赤いハラペニョにしました。)1本:種を取って薄切り
シャロット 2個 縦に半分に切ってから横に薄切り
無塩ピーナッツ カップ1/2 ローストしてから粗みじん切り
タイバジルの葉っぱ ½カップ
香菜 適宜

a0127398_3425241.jpg

1.お刺身は5ミリの厚さに切り、塩とライムジュース1/4カップとマリネする。(約20-30分)時々ひっくり返してお刺身が漬かるようにする。

2.レモングラスの固い外側を2-3枚取り除き、根っこの方から薄い輪切りにする。(根っこから3-4センチと緑のほうは固く、全体の約半分しか使えません。)

3.無糖乾燥ココナッツはフライパンでから炒りし、狐色にしておく。

4.ボウルにチリペースト、ライムジュース(1/2~1個分)、ナンプラー、砂糖を入れて混ぜ、シャロットとフレッシュチリを加える。

5.魚がライムジュースの中で白っぽくなったら、レモングラス、ピーナッツ、チリペーストのソースを加え、更にココナッツ、バジルを加えて混ぜる。(食卓に出す直前に和える。)

6.皿に盛ってから香菜を飾る。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-21 03:45 | レシピ