やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

蛤と菜の花ご飯

知野ファームで求めた菜の花。日本にあるものと全く同じです。この菜の花と蛤を使ってひな祭りも近いことですし、春らしいご飯にしてみました。

蛤(アサリでもよいです。)は砂だしをして冷たい水と酒少量の中で口があくまで蓋をして煮ます。(量はといだお米の量に合わせて下さい。)身を取り出して、汁はペーパータオルで漉し、冷めたら、といで笊にあげておいた米に加え、昆布を一切れ入れて炊飯器で炊き上げます。(足りなかったら水を加えます。)

a0127398_1541133.jpg

一方菜の花はさっと茹でて、笊にあげ(水にさらしません。)団扇で冷まします。軽く絞って昆布にはさんで漬け物器で数時間、出来れば一晩漬けます。私は昆布の塩味だけで充分ですが、足りないと思われる方は、漬ける前に塩を振って下さい。

炊きあがったご飯に錦糸卵をのせ、昆布締めの菜の花と蛤の身を散らしました。蛤と昆布だけの薄味で美味しいご飯です。

やはり知野ファームで求めた蕪。外側は白ですが、中はきれいなピンクのグラデーションです。皮が硬そうで、しかもあまりきれいでなかったので、薄く剥きました。スライサーで薄切りにし、塩をふりかけ、しばらくしてしんなりしたら、水で洗って絞ります。米酢と思いついて自家製レモン酒を砂糖代わりに入れました。

a0127398_1544544.jpg

レモン酒は小匙1/2程しか入れなかったのですが、しっかりレモン酒の香りがつきました。ちょっとユニークな蕪の甘酢漬けになりました。

鯛のお刺身は塩麹に数時間漬けた後、ペーパータオルで水分を取り、薄切りにしてとろろ昆布で和えた翁和え。鉢植えの三つ葉をあしらいにしましたが、今までになく三つ葉らしい香りがしました。春だからでしょうか。

a0127398_155359.jpg

写真の左上にちょこっと見えるのは蕪の葉っぱの佃煮風です。固かったので、細かく切って胡麻油で炒め、日本酒と砂糖と醤油で調味し、乾煎りしたシラスを散らしました。

a0127398_1551614.jpg

少し乾燥気味のシラスは乾煎りしておくと日持ちがするので、そのままご飯にかけたり、サラダに散らしたりと便利です。


「汁物やパスタに♪ハマグリ料理」コーナーにレシピを掲載中!

「シャキシャキ食感!水菜のレシピ」コーナーにレシピを掲載中!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-28 01:58 | レシピ

鱈の蒸し焼き トマトとオリーブのサフランソース

時に自分でも何が食べたいのか分からないときがあります。冷蔵庫の中にもめぼしいものが無ければ、とりあえず買い物には出かけなくてはなりません。

何を夕食に食べたいか決まらないときは、知野ファームを訪れます。本当はまだ少し野菜が冷蔵庫にあるので、空っぽになるまで知野ファームに行くのは控えたいのですが、知野ファームの美味しそうで美しい野菜を見るとインスピレーションが湧きます。

久しぶりに訪れた知野ファームの畑には桃の花が咲き、相変わらず美しい野菜たちが並んでいました。

知野ファームの後はチーズやさんのVenissimoでチーズとシシリー産のオリーブを買い、同じモールにあるちょっと高級なスーパー、Whole Foodsで鱈を買ってきました。鱈が一番新鮮そうでリーズナブルなお値段だったからです。

前菜はブッラータとオレンジ、苺とレタス。知野ファームのオレンジは酸っぱさがまるで無く、とても甘くジューシーです。ピンクペッパーコーンをつぶして散らし、レタスにはバルサミコをかけました。苺も甘いので、まるでデザートのようなサラダになりました。

a0127398_1240778.jpg

メインは鱈。ミニトマトとオリーブにサフランを加えて、スペイン風なのかイタリア風なのか判然としませんが、とても美味しく出来ました。

a0127398_12381685.jpg

副菜はブロッコリーニ。ガーリックと鷹の爪をオリーブオイルで炒め、香りが立ったら長いままブロッコリーニを加えます。辛口白ワインとオレンジの皮の千切りを加えてワインが蒸発するまで炒めます。

a0127398_12383016.jpg

買い物に出るまではどんな夕食になるか自分でも予想できなかったのですが、知野ファームからインスピレーションを頂き、美味しい夕食になりました。

a0127398_12384429.jpg


鱈の蒸し焼き トマトとオリーブのサフランソース
レシピ:私のオリジナル
材料(一人分)


鱈 一切れ 骨、皮なし 洗ってから水分をしっかり拭き取り、塩胡椒する。
ガーリック 1片 みじん切り
エシャロット 1片 みじん切り
オリーブオイル 小匙2
セロリ 1本 みじん切り
ミニトマト 8個 半分に切る (普通のトマトでもよい)
オリーブ 5個
オレンジの皮 千切り 半個分
サフラン 少々
塩胡椒 適宜
パセリ 適宜

1. オリーブオイルでガーリックとエシャロットを炒め、香りが出たらセロリを加えて更に炒め、軽く塩胡椒する。

2. ミニトマトとサフラン、オリーブ、オレンジの皮を加え、2−3分炒めた後、鱈を加えて弱火にし蓋をして蒸し焼きにする。

3.7−8分蒸し焼きにして鱈に火が通ったら皿に移し、パセリを飾る。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-27 05:59 | レシピ

蕪と豚肉の煮物

このところ野菜とお肉やお魚の煮物ばかり作っていますが、夕べもお惣菜の煮物料理になりました。昨日は少し気温が下がったこともあり、温かなものが欲しくなったのです。

蕪は小さかったので、皮もむかず半分に切り、水、鰹だし汁(この日は液体しろだしを使いました。)、日本酒、少量のみりんと醤油の中で落とし蓋をして柔らかに煮ます。豚肉の薄切り(今回はしゃぶしゃぶ用)を入れて、煮えたら一旦すべてを引き上げます。灰汁を取り、蕪の茎を加え、水溶き片栗粉でとろみをつけて、蕪と豚肉の上にかけ、生姜の千切りをのせました。

a0127398_2531829.jpg

和風サラダは大根、鉢植えの春菊、油揚げ。冷凍しておいた油揚げはそのままじっくり網で焼きました。出てくる油はペーパータオルで上から叩くようにしてとります。ドレッシングは蜂蜜(小匙1/2)、リンゴ酢(小匙1)、醤油(小匙1/2)、サラダオイル(小匙2)の割合です。分量は大体の目安ですので、お好みで変えて下さい。

a0127398_2533421.jpg

じゃこは普通に大根おろしと。

a0127398_2535127.jpg

今の時期の蕪と大根は本当に美味しいです。南カリフォルニアでは両方ともほぼ一年中出回っていますが、やはり旬というのはあるようです。手間のかかる料理ではありませんが、ほっとする夕食でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-26 02:56 | レシピ

銀ダラと茸とミニトマトのホイル焼き

この2週間、影響されないようでもいつの間にかオリンピックに一喜一憂していた私。オリンピックの会場やその周辺で何事も起きず、平穏に終わってヤレヤレですね。

さて、一人の夕食はいつも簡単だけれども美味しいもの、を目指しています。勿論栄養のバランスも考え、材料もなるたけ無駄にせず。夕べ冷蔵庫の中から取り出した野菜類はシメジとエノキ、ミニトマト、蕪の葉っぱ、アボカド、ブラッドオレンジ、レタス。

タンパク源は銀ダラと生ハム。

銀ダラは茸類とミニトマトと一緒にホイル焼きにすることにしました。ホイルにオリーブオイルを塗り、洗って水気をとった銀ダラの切り身を置き、塩麹を少々塗ります。レモンの薄切りと皮の擂り下ろしをのせ、茸類をのせます。軽く塩胡椒し、ソテーしたミニトマトを脇に置き、青ネギを散らして包みます。240度C(475度F)に温めたオーブンで10分程焼きました。

a0127398_2474310.jpg

ミニトマトはそのままより、オリーブオイルで皮が少し破れるくらいソテーした方が甘みが出て美味しくなります。ちょっとした手間ですが、これは是非お試しください。

サラダはアボカドとブラッドオレンジ。アボカドは長いこと忘れていたので、痛んでいた所をとったら半分くらいになってしまいました。友達から頂いたレタスも1週間たっていましたが、根っこを湿ったペーパータオルでくるんであったので、ピンピンしていました。

a0127398_248099.jpg

蕪の葉っぱはガーリックのみじん切りと生ハムと一緒に炒めます。ミニトマトを炒めたそのままのフライパンでソテーしました。これが意外に美味しく出来ました。

a0127398_248132.jpg

一人だからこそ、簡単でも美味しかったと満足できる夕食をとると、幸せな気持ちになります。これが私の活力源のようです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-25 02:50 | レシピ

いつものミーティングは美味しいイタリアン Old Veniceで

毎月行われるいつもの仲間のランチが昨日はポイント・ローマ(Point Loma)にあるイタリアンのレストラン、Old Veniceで開かれました。

店内は壁も椅子もテーブルクロスも全部白を基調にした幾分フォーマルでありながら気取らない雰囲気です。

最初に出て来たパンが美味しいと言って追加を頼んだ友達がいました。確かに、アメリカで出てくるパンの中ではかなり美味しい部類です。

a0127398_2591820.jpg

ランチは12ドルで半分の量のサラダとパスタの二種類を頼むことが出来ます。

散々迷って決めたInsalata Venicia。レタスの上にはトマト、胡瓜、フェタチーズ、キャラメライズした胡桃、黄色いレーズン、パイナップル。パイナップルとバルサミコのヴィネグレット。

a0127398_2593616.jpg

私が作るサラダと似ていますが、このコンビネーションとドレッシングがとても合い、美味しかったです。

隣に座った友達が頼んだ海老とゆで卵が入ったサラダもとても美味しかったそうです。

a0127398_2595750.jpg

パスタはケイジュン・シュリンプ。ニューオーリンズ辺りの少しスパイシーな味のクリームソースがドライトマトと一緒にイカ墨パスタの上にかかっていて、これも美味。しかも熱々で出てきました。

a0127398_301123.jpg

半量と言っても一皿は十分な量で、しかも美味しく、これで12ドルとはとてもお値打ちです。他の方々が選んだものもどれも美味しかったそうで、皆大満足でお店を出ました。

このレストランのお近くに住んでいる方が今回のホスト役ですので、場所をその方の家に移して、ミーティングとデザート。

お店で買ったケーキなそうですが、中はチョコレートケーキで、フロスティングはココナッツ入り。なかなか美味しいケーキでした。

a0127398_303361.jpg

例のごとく、ミーティングとは名ばかりの食べてお喋りばかりの会ですが、この日もランチには10人全員が集まり、楽しいひとときを過ごしました。




「シャキシャキ食感!水菜のレシピ」コーナーにレシピを掲載中!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-24 03:03 | レストラン

牛肉と大根の煮物

じっくり炊いた大根が食べたくなって作った夕食です。日本酒(約100ml)、みりん(小匙1)、砂糖(小匙1/2)、醤油(大匙1)を鍋に入れて煮立ったら、食べやすい大きさに切った牛肉の薄切りを一枚ずつ入れていきます。

色が変わったら引き上げてお皿にとります。半月か1/4に切った大根を入れ、水を足し(大根がやっと隠れるくらい)、落としぶたをして柔らかになるまで煮込みます。途中汁が足りなくなたら水を加えて下さい。引き上げておいた牛肉を加え温め、お皿に盛ってから青ネギを散らしました。

a0127398_1341650.jpg

肉じゃがならぬ肉大根。味のしみた大根がとても美味しい一品です。牛肉も切り落としの様な安価なもので充分です。

副菜は冷蔵庫に少しずつ残っていたものを使って、一つはほうれん草と春菊、椎茸の柚子胡椒和え。椎茸はグリルしましたが、後は茹でます。鰹だし、みりん、醤油、柚子胡椒でぴりっとした和え物です。

a0127398_1343577.jpg

長芋のソテーはフライパンで焼いてから、余分な油を拭き取って、醤油をジャーッとかけ、おかかをかけました。

夕べは冷蔵庫の整理をかねたお惣菜でしたが、お野菜もたっぷり、美味しい夕食でした。




「シャキシャキ食感!水菜のレシピ」コーナーにレシピを掲載中!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-23 01:34 | レシピ

烏賊料理二品 ー炒め物とサラダー

日本のスーパーから買って来た冷凍物の烏賊。最初は大根と煮付けようと思っていたのですが、急遽変更。洋風の炒め物にしました。

烏賊の皮はむかなくともよいのですが、菜の花と一緒に炒めるので白く仕上げたく皮をむきました。

つぶしたガーリックと鷹の爪(半分に切って種を出す)をオリーブオイルで炒め香りを出し、リングに切った烏賊を加えます。白ワインを50ml 程加えて、煮立ったら茹でておいた菜の花を投入。手早く全体をかき混ぜます。調味は塩と白胡椒です。

a0127398_2175364.jpg

烏賊の足(ゲソ)は水に白ワインを入れて茹でておきます。一方、ネギは柔らかに茹でて、軽く絞ってからゲソと同じ長さに切りそろえます。

a0127398_2184518.jpg

ディジョンマスタード(小匙1)、赤味噌(小匙1/2)、米酢(小匙1)ネギの茹で汁(大さじ1)、オリーブオイル(小匙2)でドレッシングを作りました。

a0127398_219469.jpg

コリコリしたゲソと柔らかな青ネギ、お味噌が入ったドレッシングのコンビネーションがとても美味しいフュージョンのサラダです。



「シャキシャキ食感!水菜のレシピ」コーナーにレシピを掲載中!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-22 02:19 | レシピ

鯖と里芋の味噌煮&菜の花


ひと月に一回お気に入りの美容師さんに髪の毛を切ってもらった後は、必ず近くの日本のスーパーに寄ります。サンディエゴには同じエリアに三軒もの日本のスーパーがあります。

魚介類は私はニジヤが好きですが、すき焼きなどの牛肉の薄切りはミツワのものが美味しく、また、日本酒は同じ銘柄が10ドルも安かったりします。そしてミツワのモールにはブックオフがあり、日本の古本が手に入ります。

もう一軒のマルカイのモールには日本の雑貨のお店とダイソーも入っています。ダイソーは100円ショップではなく、1ドル50セントですが、日本らしい細々とした色々なものが置いてあり、とても便利です。

用途に応じて店を変えるのは少し面倒ですが、それだけチョイスがあるというのは素晴らしいことです。

さて、昨日はダイソーで日本の文房具を買い、ミツワで日本酒を買い、最後にニジヤでお魚を買ってきました。

水曜日は品薄ですが、それでも外国とは思えない豊富なお刺し身類です。この日はお刺し身はやめて、味噌煮にしようと鯖の切り身を買い求めました。鯖は一度冷凍したものなので、年中出回っています。

a0127398_4285268.jpg

春の訪れを告げる菜の花は茹でて水にとらず、そのまま冷まします。絞ってから適当に切って塩と細切りの昆布、輪切りの鷹の爪と混ぜてしばらく置きます。私は菜の花は塩味だけの方が特有の香りと味を楽しめるように思います。

a0127398_42982.jpg

長芋は土佐酢に漬けて、山葵と海苔で頂きました。

地味な食卓ですが、しみじみ美味しい夕食でした。


「シャキシャキ食感!水菜のレシピ」コーナーにレシピを掲載中!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-21 04:29 | レシピ

牛肉の赤ワイン煮 ー友達との夕食ー

仕事帰りの友達が夕食に立ち寄りました。いつも忙しい彼女のために精が出るようにボリュームのある、それでいて胃に優しい食事にしました。

メイン料理を温めている間に、まずはナッツをつまみました。ナッツは胡桃、ピーナッツ、カシューナッツを使いましたが、お手持ちのものなんでも良いです。サラダオイル(小匙1/2)、砂糖(小匙1)、カエンヌペッパーと塩少量を小鍋(又はフライパン)に入れて火にかけ、ナッツ類を入れてキャラメライズさせます。熱いうちにくっつかないように一つ一つ離して冷まします。

a0127398_239770.jpg

ぴりっとした辛さと甘さが美味しいおつまみです。

メインは牛肉の赤ワイン煮。ベーコン、玉葱、人参、パースニップ等と一緒に赤ワインでオーブンの中で2時間程じっくり調理したものです。お肉も野菜も崩れるように柔らかで、コクのある美味しい一品です。

a0127398_2393144.jpg

友達はお皿によそっているときに[凄くいい匂い」、そして一口召し上がって「あぁ、レストランの味」と言って下さいました。

付け合わせのバゲットは室温のバターに擂り下ろしたパルメザンチーズとロズマリーを混ぜ合わせてトースターオーブンで焼いたものです。このレシピは元はFuyucamloveさんの「ローズマリーでガーリックトースト」を参考にしたものです。

a0127398_240288.jpg

これも手が止まらない美味しい一品に仕上がります。
長いことブログをお休みしているFuyucamloveさん、どうしていらっしゃるでしょう。

サラダはレタス、春菊、ルッコラとりんご、ドライクランベリー、チーズ(ゴーダの一種)。ドレッシングはあとでバルサミコをかけただけです。

a0127398_240766.jpg

デザートは有り合わせのものだったので、写真には撮りませんでした。

私との食事を楽しみに仕事に励んだというお友達。いつもの様に沢山召し上がり、沢山お喋りして楽しい夕餉でした。


牛肉の赤ワイン煮
レシピ:Dorie Greenspan著[around my french table]を参考した私のアレンジ
材料(二人分)


ベーコン 4枚 3センチ幅に切る
シチュー用牛肉 400g ペーパータオルでしっかり水分をとる
サラダオイル 小匙2
玉葱 中1個 薄切り
エシャロット 2個 薄切り
人参 中2本 長さ10センチに切って更に縦半分か1/4に切る
パースニップ 中1本 人参と同じ大きさに切る (なくとも良い。その場合は人参を増やす。)
ガーリック 5−6片 皮をむいて丸のまま
塩、胡椒  適宜
ブランデー 75ml
赤ワイン 約500ml (フルーティーなもの、今回使ったのはカリフォルニアのsyrah)
ブーケガルニ
パセリのみじん切り (飾り)

1.オーブンを170度C(350度F)に温めておく。

2.オーブンに入れられる鍋(私が使ったのはルクルーゼ)でベーコンを狐色になるまで炒めて皿に取り出す。(オイルはいりません)

3.同じ鍋で牛肉の全面が狐色になるまで炒めて取り出す。軽く塩胡椒する。

4.3で出た脂だけを捨て、新たにサラダオイル(小匙2)を入れて温め、玉葱とエシャロットを5−6分炒め、軽く塩胡椒する。

5.人参、パースニップを入れてかき混ぜ、ブランデーを注ぎ、少し煮詰める。

6.ベーコン、牛肉、ガーリックを加え、赤ワインを注いで、ブーケガルニを入れて煮立ったら火を弱め、アルミホイルでぴったり蓋をし、更に鍋蓋をしてオーブンの中段に入れる。

7.1時間経ったら蓋を取ってチェックする。煮汁があまりに少ないときは牛肉がかぶるくらい水を加えて、アルミホイルと鍋蓋をして再度オーブンに入れる。

8. 更に1時間オーブンの中で煮て取り出す。皿に盛りつけてからパセリを散らす。



「シャキシャキ食感!水菜のレシピ」コーナーにレシピを掲載中!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-21 02:02 | レシピ

レモンカードとベリー類のガレット 友達のバースデーケーキ

友達の誕生日をレストランでお祝いした後は、我が家でティータイムです。

バースデーケーキを作ったことは本人には内緒でしたが、驚かなかったところを見ると、感づいていたのかもしれません。

彼女のために作ったのはレモンカードとベリー類のガレット。バースデーケーキらしくスポンジケーキにアイシングをするか、苺のショートケーキも考えたのですが、前の日に大方作って置くことができ、その日の朝に短時間で仕上げられるものにしました。

a0127398_201131.jpg

レシピは詳しいものがありますので、以前のサイトをご覧下さい。今回使ったベリー類は苺、ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリー。さっぱりしているのでお腹が一杯でもすっと入ります。

a0127398_202215.jpg

ローソクを立てたバースデーケーキなんて久しぶり、と言って喜んでくださいました。

a0127398_203728.jpg

この日も友達の誕生日を肴に集まったいつもの仲間。美味しいケーキとコーヒーで尽きぬお喋りを楽しみました。



「シャキシャキ食感!水菜のレシピ」コーナーにレシピを掲載中!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-18 02:03 | レシピ