やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ワカサギのイタリア風マリネ&蕪とオレンジのサラダ&蕪の葉と生ハムのソテー

日本のスーパー、ニジヤさんで新鮮なワカサギを見つけました。今度こそはイタリア風のマリネにしようと買い求めました。

日本の蕪も今までになく大振りで葉っぱも新鮮です。蕪が春のものだと知ったのは実はつい最近です。それまで冬が旬だとばかり思っていました。もっとも、年中春のような気候のサンディエゴでは旬を体感することはあまりありませんが。

白ワインヴィネガー(100ml)、砂糖(小匙1/2)、塩(少々)、ガーリックの薄切り(1片)、ミントの薄切り(3枚)を火にかけ、沸騰寸前に火を止めて冷まします。

ワカサギは小麦粉に塩こしょうを加えてまぶし、オリーブオイルでカリッとソテーします。油分を切って、冷ましたヴィネガーに漬け込み、最後に小匙2程のオリーブオイルを温めて上からかけます。残っていたフレッシュな唐辛子とミントを加えました。

a0127398_1414882.jpg

蕪は皮のまま薄切り、オレンジのセグメントとパセリのサラダに。薄皮についているオレンジの身を絞ってかけただけです。ピンクペッパーを指で潰して散らしました。これが彩りだけでなく、味にもアクセントを付けてくれました。(塩を使わなくともピンクペッパーと香りの良いオレンジの酸味だけで私には充分ですが、お好みにより塩をふりかけて下さい。)

a0127398_142432.jpg

蕪の葉は生ハムとガーリックとソテーです。潰してみじん切りにしたガーリックをオリーブオイルで焦がさないように炒め、火を強くして1センチ幅に切った生ハムと蕪の葉を炒めます。生ハムから塩気が出るので、胡椒だけで充分です。簡単ですが、とても美味しい炒め物です。

a0127398_1422046.jpg

瑞々しい蕪を使って春らしい食卓になりました。

a0127398_1423620.jpg



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-31 01:44 | レシピ

ハーブたっぷりのタイ風チキンサラダ

先日のランチのご紹介です。少し前に塩レモンでマリネした鶏のグリルを夕食にしましたが、2枚グリルしたので、1枚は次の日のランチにしました。

普通にチキンサラダにしても良いのですが、使ってしまいたいハーブやレタスと一緒にタイ風のサラダにしてみました。

a0127398_2274215.jpg

ラディッキョ・トラヴィーソ、ロメインレタス、香菜、バジル、ミント、赤いチリ、ローストしたピーナッツ、そして勿論グリルしたチキンが材料です。パンチの効いたタイ風ドレッシングをかけて、目先の変わった美味しいチキンサラダになりました。

a0127398_229422.jpg

裏庭に咲いているバード・オブ・パラダイスの蜜を求めてやって来た鳥、オリオール。ズームインして撮ったので、ぼけましたが、鳥の鮮やかなオレンジ色が花と保護色です。体長20センチくらいの鳥ですので、飛んでいてもかなり目立ちます。

a0127398_2244874.jpg


タイ風ドレッシング
材料(一人分)


ガーリック 2片 みじん切り
塩 少々
香菜 数本の茎の部分のみじん切り 
チリ (ハラペニョ、セラノ、タイチリなどお好きなもの)半分のみじん切り
ナンプラー  小匙2
砂糖 小匙1/2
ライムのゼスト 半個分
ライムジュース 半個分

ガーリック、塩、香菜、チリを一緒に石臼で潰す。残りの材料を入れてかき混ぜる。(フードプロセッサーを使っても良いですが、潰す方が香りが出ますので、すり鉢の方が良いかもしれません。でも、すり鉢にはガーリックなどの匂いが残るかもしれませんのでご注意ください。)


「スパイスでおいしくヘルシーに♪春サラダレシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-30 02:29 | レシピ

今日のイチオシに選ばれていました

お世話になっている「レシピブログ」さんの「今日のイチオシこんだて」に私の白アスパラガスのスープが汁物として「女子的!美肌朝食♪」に選ばれていました。

選んで下さった「おちむしゃさん」、ありがとうございました。主菜も副菜も素敵なお料理です。200もヒットしていました。

まだご覧になっていない方、ちょっとクリックなさってみて下さい。

女子的!美肌朝食♪





ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-29 01:11 | レシピ

シーフードシチュー

冷蔵庫の中身が乏しくなって来たので、買い物に行かねばと思い、夕食に何が食べたいのか、自問自答します。洋風?和風?魚系?お肉系?頭の中で色々な献立を思い浮かべながら、そう、今日はシーフードのシチューにしよう、と思い立ちました。

夕べ使ったシーフードはキンキ、海老、アサリ。野菜はじゃが芋、人参、青ネギ、マッシュルーム、スナップエンドウ。

シチューの材料に決まりはないので、有り合わせのものを彩りよく入れればそれで良し。

魚の頭でストックを作りたかったのですが、魚を丸のまま一尾買うと、一人分ですから、他のシーフードは必要ありません。なるたけなら、何種類か入れたいもの。

鯛の頭が半分に切ってパックされていましたが、流石鯛だけあって、それだけで4ドル近いお値段です。

このような訳で、ストックは冷凍してある自家製チキンストックを使いました。ローリエ、レモンの皮、擂り下ろした生姜、白胡椒を入れて5分程煮てから、じゃが芋と人参を加えて柔らかになるまで煮ます。

a0127398_2191427.jpg

野菜類を引き上げて、砂出ししたアサリを入れ、ふたが開いたら引き上げて身を取り出します。魚とエビ、半分に切ったマッシュルームと青ネギ、スナップエンドウを加えて、煮えたら先ほどの野菜類を戻して温め、アサリの身を戻し、お皿に盛ります。

アイオリソースを添えて、美味しいシチューになりました。このレシピはDorie Greenspanさんのものに少しアレンジを加えました。

a0127398_2161725.jpg

サラダはフェンネルとブラッドオレンジ。塩胡椒、シャンペンヴィネガー、オリーブオイルのオーソドックスなドレッシングです。最後に黒いマスタードシードを散らしました。

a0127398_216299.jpg

私はたとえサラダに果物を使っても、デザートとしてまたフルーツを食べるのですが、夕べはラズベリーに少し手を加えてみました。

ラズベリー(1−11/2カップ)、プレーンヨーグルト(1/4−1/3カップ)、砂糖(小匙1)をフードプロセッサーにかけて、ラズベリーの種を取るために裏ごしします。シャンボール(又はキルシュ)を小匙1程加えて、冷蔵庫で冷やします。

a0127398_2164156.jpg

カクテルグラスのようなものに注ぎ、ラズベリーとミントで飾ります。裏ごしが少し厄介ですが、手軽にできて爽やかなデザートです。これはJacque Pepinさんのレシピに少しアレンジを加えたものです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-28 02:20 | レシピ

アボカドとドライトマトとチーズとバジルのサンドイッチ

珍しくランチにサンドイッチを作りました。お昼は大抵は前の晩の残り物かうどんやラーメンなどの麺類ですが、この日は残り物もなく、麺類の具になるものもなく、仕方なくサンドイッチ。

アボカド(1個)はレモン汁と一緒にマッシャーでつぶします。オリーブオイルに漬けてある瓶入りドライトマト(半分に切ってあるもの3枚)はペーパータオルで油分を取り、千切りにしてアボカドに混ぜます。ハラペニョの代わりにほんの少し柚子胡椒も加えました。

a0127398_265528.jpg

お好みのチーズ(私が使ったのはゴーダ系)を切ってのせ、その上にバジルをたっぷりのせました。

a0127398_27917.jpg

アメリカ流ならパンの耳もそのままで半分に切るだけですが、耳も取り、四つの三角に切りました。写真を見ながら、いつの間にか私もアメリカ風の具沢山のサンドイッチを作るようになったな、と思いました。

a0127398_272283.jpg

もっとアメリカ風にするなら、胡瓜のピクルスを縦に半分に切ったものとポテトチップスかフレンチフライがつきます。久しぶりに作ったアメリカ流具沢山のサンドイッチ、美味しかったです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-27 02:09 | レシピ

キヌアとマンゴーのサラダ

南米が原産地で、健康食品として注目を集めているキヌア。最近キヌアのプチプチした食感が気に入って、夕べはマンゴーを入れたサラダを作ってみました。

マンゴーの他にレーズンや松の実も入れ、ドレッシングは柚子胡椒や生姜を入れてパンチのある調味にしました。マンゴーやレーズンの甘さやライムの香りと酸味、そして香ばしい松の実が相まって美味しいサラダになり、かなり沢山作ったのですが、完食しました。(レシピは下に書きました。)

a0127398_1445539.jpg

メインは塩レモンに一日マリネした鶏胸肉のグリル。紫のカリフラワーやグリルしたトレヴィーゾを添えて、カラフルに。

a0127398_1451043.jpg

紫のカリフラワーは火を通すとくすんだ色になりますが、私はやはり生より火を通した方が好きです。

a0127398_1452155.jpg


キヌアとマンゴーのサラダ
材料(一人分)カップはアメリカサイズの1カップ250mlでも日本のサイズでも構いません


キヌア 1/3カップ (私が使ったのはカラフルな三色キヌアですが、普通のもので良いです)
水   2/3カップ
マンゴー  半個 
ライムのゼスト 半個分
ライムジュース  半個分
レーズン 大匙1
松の実  小匙2 軽くローストする
香菜  みじん切りで大匙1
生姜 小指の先の大きさを摺る
柚子胡椒 小匙1/8 (お好みで増減して下さい。)
塩 適宜(柚子胡椒の塩加減によってなくとも良いです。)
オリーブオイル  小匙2
プレーンヨーグルト  大匙1−2

1.キヌアはざっと水を通し、倍量の水と火にかける。煮立ったら弱火にして蓋をし、10−15分、ほとんど水が蒸発するまで煮る。水分が残っていたら、火を強くして蒸発させる。(煮上がると粒がドーナツ状になります。)

2.マンゴーは皮をむいて角切りにし、ライムのゼストとジュースをかけて混ぜる。

3.プレーンヨーグルトを除く残りの材料とキヌアを混ぜて、皿に盛る。

4.最後にプレーンヨーグルトを上からかける。

香菜でなくとも、パセリやバジルなどの他のハーブでも良いと思いますし、ナッツもドライフルーツもお手持ちのものをお使いください。また、ライムがなかったらレモンでも良いでしょう。(でも、ライムが手に入りましたら、是非ライムをお使いください。香りが違います。)



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-26 01:49 | レシピ

帆立のみぞれ和え&シシャモの南蛮漬け&芹の柚子胡椒和え

三日前の金曜日のことです。台所に立ってまな板を前にするまで、洋風の献立を頭に描いていました。帆立はカルパッチョでキウイのソース、シシャモはオリーブオイルでソテーしてミントを入れたイタリア風マリネ。

ところが、お酢を調合していて、急にお醤油味にしたくなり、すべてを和風にしてしまいました。

従って、帆立のお刺し身(冷凍もの)は鬼おろしで摺った大根にレモンの皮の千切り、三つ葉の粗みじん切りを加えて、レモン汁をかけただけのみぞれ和え。シャキシャキした大根の食感がまさしく霙のよう。塩もかけませんでした。でも、他のものがパンチがあるので、丁度良い箸休めです。

a0127398_2171753.jpg

庭でとれたマイヤーレモンは皮も苦みがなく香りが抜群でした。

シシャモはこれも冷凍物。本物のシシャモには較べるべくもない貧相な細身ですが、魚網器で焼いて、南蛮漬け。玉葱と人参と香菜をたっぷり加えました。

a0127398_2173632.jpg

珍しくニジヤさんで売られていた一束99セントの芹。生のまま柚子胡椒と醤油、みりん、酒で和えました。生のままですと一層独特な芹の香りが春を感じさせます。

a0127398_2175425.jpg

冷酒が美味しく感じた献立でした。

a0127398_218850.jpg



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-25 02:20 | レシピ

3月のポットラック・ランチ

昨日の土曜日はいつもの月例会。私がホスト役でしたので、ポットラック(持ち寄り)のランチを開きました。10人の会員のうち3人が欠席でしたので、少し寂しい会になるかと思いきや、7人でも充分に賑やかな楽しい会でした。


皆さんの力作。

a0127398_222247.jpg

写真の右上はバゲットにバター、パルメザンチーズ、ロスマリーを混ぜてトーストした私の作。

クスクス、フェタチーズ、胡瓜とハーブのサラダ

a0127398_2193157.jpg

インゲンと人参の胡麻和え

a0127398_2194525.jpg

海老とはんぺん

a0127398_219581.jpg

ほうれん草とカテッジチーズと卵のオーブン焼き、生ハムにお豆腐やアボカドを巻いたもの

a0127398_2203769.jpg

フルーツサラダ

a0127398_2205067.jpg

私は鮭とエアルームトマト、バジル、レモンのホイル焼き。出来上がったところを写真に撮るのを忘れましたので、オーブンに入れる前のものです。

a0127398_2213420.jpg

今回はオリーブにアレルギーの方がいらっしゃったので、サフラワーオイルを使いましたが、変わらず美味しく出来ました。

a0127398_221553.jpg

デザートはやはり私が作った庭でとれたマイヤーレモンタルト。マイヤーレモンの香りが爽やかな美味しいタルトです。昨年作ってとても美味しかったので、我が家のマイヤーレモンでもう一度作りたかったのです。

a0127398_22259100.jpg

ピーカンとアーモンドのショートブレッド。これも私が作りました。小麦粉が全く入らず、アーモンドプードルだけの高級感あふれるグルテンフリーのショートブレッドです。写真を撮る前にお二人がフライング。

a0127398_2232174.jpg

香ばしい香りに我慢がならず、と解釈しましょう。(今回もアガヴェネクターではなく、蜂蜜(大匙2)とメープルシロップ(大匙2)を使いました。)

会員には案外色々なものにアレルギーの方々がいらっしゃいます。今回も使えなかったものはオリーブ、オリーブオイル、マンゴー、葡萄、パイナップル、牛肉、豚肉、雲丹、いくら、そして揚げ物、辛いもの。苦手なのではなく、アレルギーや健康上の理由ですから、作る方は注意が必要です。勿論知らないで作ってしまった方もいらっしゃいますが、それは夫々ご自身で気をつけて頂く他ありません。

ともあれ、いつものように食べて喋って楽しい会でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-24 02:31 | ともだち

色々に楽しめるココナッツ入りバナナケーキ

友達からバナナを頂きました。丁度私もバナナを買ったばかりです。案外バナナはすぐに熟すので、買いだめはしません。冷凍という手もありますが、冷凍庫に入れると安心して忘れてしまいがち。そこで、朝食にも良いバナナケーキを作ることにました。

娘が子供だった頃はおやつにバナナブレッドを良く焼いたものでしたが、最近はとんとご無沙汰です。栄養価が高いのに低カロリー、低価格、庶民の味方のバナナはケーキも素朴なレシピにしました。

a0127398_2401079.jpg

ちょっと小腹がすいたときや、勿論朝食にも甘み控えめで香り高いバナナケーキはうってつけです。

デザートにしたいときはホイップした生クリームやアイスクリームをかけても良いでしょう。

a0127398_240253.jpg

夜に合唱のパート練習にいらした皆さんにお出しましたが、幸い好評でした。

一切れ残ったケーキは朝食です。角切りにしたバナナケーキ、バナナのスライス、苺にヨーグルトとメープルシロップをかけて、カプチーノと共に、洒落て美味しい朝食になりました。

a0127398_2411684.jpg

このレシピの原題は[Lots-of−ways Banana Cake]。この名が示す通り、色々に楽しめる使い出のあるケーキです。


色々楽しめるココナッツ入りバナナケーキ
レシピ:Dorie Greenspan [Baking] 参考にして少し私がアレンジしました。
材料 (23センチのケーキ型1個)
カップはアメリカサイズの250ml


小麦粉  11/3カップ
ベーキングソーダ 小匙5/8
塩 小匙1/4
ナツメッグ  小匙1/4
無塩バター  大匙6 室温にしておく
ライト・ブラウンシュガー 1/2カップ
砂糖  1/4カップ
卵 大1個 室温にしておく
バニラエッセンス 小匙3/4
ラム酒  大匙1
熟したバナナ 2本 マッシャーでレモン汁1/3個分と一緒に潰しておく
プレーンヨーグルト 1/4カップ
有糖ココナッツ (軽くローストする)、レーズンと合わせて1/2カップ
 (召し上がった皆さんによるとレーズンの部分が美味しいということですので、レーズンを1/2カップ、ココナッツを1/2カップにしても良いようです。)

ラムシロップ
水 1/3カップ
砂糖 1/4カップ
ラム酒 1/4カップ

1. オーブンを180度C(350度F)に温める。

2. ケーキ型にバターを塗り、小麦粉を軽くはたく。

3.小麦粉、塩、ベーキングソーダ、ナツメッグをボウルに入れてかき混ぜる。

4.バターがクリーム状になるまでスタンドミキサー(パドルのアタッチメント)などでかき混ぜ、砂糖類を加え、更に良くかき混ぜる。卵を加えかき混ぜ、バニラエッセンスとラム酒を入れて更にかき混ぜる。マッシュしたバナナを加えてかき混ぜる。

5.1/3の小麦粉、1/2ヨーグルトと粉類とヨーグルトを交互に加えてかき混ぜる.(最後は粉類)

6.ココナッツやレーズンをゴムベラで丁寧にかき混ぜ、型に流し、オーブンの中段に入れる。

7. この間にラムシロップを作る。水と砂糖を火にかけ、砂糖が溶けたら煮立てて止める。ラム酒を加えて冷ます。

8.40−45分、きれいな狐色になり、中央に串を刺して何もついて来ないようになったらオーブンから出す。

9.熱いうちに刷毛でラムシロップを塗り、ラックに置く。5分経ったら型から出してラックの上で冷ます。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-22 02:45 | レシピ

パンプキンスープ&ビーツとゴートチーズのサラダ&ハマチのセヴィチェ

カタカナばかりが並んだ表題になってしまいました。そして、前菜ばかりの様な夕食です。タパスや居酒屋料理など小鉢料理が好きなので、勢いこのような献立になりがちです。

少しばかり残っている南瓜と生クリームを使い切りたく、まずはスープ。何度も色々なバージョンでアップしている南瓜のスープですが、夕べはオーソドックスに、玉葱と炒めて牛乳で煮て、ミキサーでスムーズにしましたが、香り付けに擂り下ろした生姜を入れたところが今までと違います。

a0127398_2532595.jpg

浮き身はりんごとローストした胡桃。この組み合わせは私のお気に入りです。

ビーツは小さかったので、オーブンでローストするのも面倒だったので、電子レンジを使いましたが、やはり、オーブンの方が美味しく出来ます。

a0127398_2535598.jpg

レタスを敷いて、鉢植えの柔らかな春菊、りんご、ビーツ、ゴートチーズ、ローストした胡桃。このコンビネーションも私が好きなものです。ドレッシングは蜂蜜(小匙1/2)、レモン汁(半個分)、レモンの皮の擂り下ろし(半個分)、塩(少々)、オリーブオイル(大匙1)の割合で、これにディルのみじん切りを加えました。

a0127398_2541218.jpg

ハマチ(30−50G)とアボカド(小1個)、玉葱のみじん切り(大匙2:水で洗って水分を拭き取る)、ミニトマト(5個:半分に切る)、香菜のみじん切り(大匙1)をレモンの皮の擂り下ろし(半個分)、レモン汁(半個分)、柚子胡椒(小匙1/2)、醤油(小匙1/2)、生姜の擂り下ろし(少々)、オリーブオイル(大匙1)の中にマリネして30分以上冷蔵庫に入れておきます。

a0127398_254257.jpg

始めてハマチをセヴィチェにしてみました。ハマチはマグロや白身魚より個性が強いので、もう少し柚子胡椒やお醤油の量を増やしても良いかもしれないと思い、上記の量は実際使った量より少し増やして書きました。皆様のお好みで調味の量は増減して下さい。



「手作りでお返し!ホワイトデーのお菓子 」コーナーにレシピを掲載中!

「汁物やパスタに♪ハマグリ料理」コーナーにレシピを掲載中!

「シャキシャキ食感!水菜のレシピ」コーナーにレシピを掲載中!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-21 02:56 | レシピ