やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

牛肉と野菜の煮物(冷蔵庫の整理を兼ねて)&二年越しのポインセチア

肉じゃがの里芋ヴァージョンというのを時々作ります。今年一月にお亡くなりになった私の大好きな小林カツ代さんのレシピです。

夕べはこれに冷蔵庫で長いこと眠っていた半分になった牛蒡と、ほぼ常備している人参を加えて、野菜たっぷりの煮物にしました。

酒、みりん、砂糖、醤油(すべて分量は適当、すき焼きより少し薄めの味付け)に一口大に切った牛肉(薄切りでも切り落としでもお好きな部位)を加えてしっかり味を付けます。

牛肉は一旦別皿に取り出し、茹でこぼしてぬめりを取った里芋、酢水で茹でこぼした牛蒡、人参を加えて落とし蓋をし、弱めの中火でコトコト煮ます。水気が足りなくなったら水か酒を足します。

里芋が煮えたらシメジを加え、牛肉を戻して暖まったら皿に盛り、青ネギを散らします。

a0127398_157385.jpg

何ということのないお惣菜ですが、白いご飯に合います。普段着の美味しさとでもいうのでしょうか。味をしっかりめに、こってり煮付けるのがコツかもしれません。

さて、写真が一枚だけなのは寂しいので、部屋の片隅のポインセチアの写真です。一昨年の12月、友達から頂いたポインセチアが赤い葉をつけました。今まで30年くらい毎年ポインセチアの鉢植えを買っていますが、緑の葉は盛んに出て来ても、赤い葉が出て来たのは始めてです。


a0127398_1572278.jpg

隣のアンスリウムも新しい赤い花とつやつやした葉っぱをつけました。

a0127398_1573454.jpg

両方とも水やりだけでほとんど面倒を見ていないのですが、なんだか嬉しいです。鉢植えさんたち、花をつけてくれてありがとう!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-30 01:58 | レシピ

筍とはんぺんの煮物&銀ダラの味噌田楽

昨日の日曜日は日系の方々の敬老会で私たち合唱団が懐かしい歌を披露、その後は日本へ帰国する団員の送別会と一日中忙しくも楽しい日でした。

従って、今日ご紹介するのは一昨日の夕食です。

フレッシュな筍、先日は洋風にハーブソテーにしましたが、やはり鰹だし汁で炊いた和風は捨て難い味です。今回ははんぺんとわかめと一緒に。鰹だし汁とみりん、醤油で15分程煮た筍に三角に切ったはんぺんを加え、更に塩抜きした生わかめを最後に加えました。

a0127398_1294472.jpg

木の芽は両手にはさんでポンと叩いて香りを出してのせます。木の芽があるとないとは大違い。いつか山椒の木が大きくなり、たっぷり使えるようになりたいものです。

メインは銀ダラの塩焼きに田楽味噌を合わせました。軽く塩をした銀ダラを魚網器で焼き、ひっくり返したとき、片面に田楽味噌を塗ります。今回は横着して八丁味噌(大匙1)、赤味噌(大匙1)、みりん(大匙1)、砂糖(小匙2)を良く混ぜて、ラップして電子レンジにかけました。

a0127398_1302685.jpg

銀ダラは良く西京味噌に漬けますが、お味噌と相性がよいですね。

姫皮は先日の残り物の梅肉ドレッシングで和えました。鉢植えの三つ葉を飾りのつもりでのせたのですが、これが案外乙な味になりました。

a0127398_1304372.jpg

写真の右上にちょこっと映っているのは、小松菜の辛子和えです。

彩りに華やかさはありませんが、和の食事はいつ頂いてもほっとする味です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-29 01:31 | レシピ

ヨーグルトケーキ

前の日に苺と合わせたマスカルポーネとマルサラワイン、生クリームのソースが余っています。急に暇になってしまった昨日の土曜日は、これに合うような簡単なヨーグルトケーキを作ってみました。

去年作ったときのレシピとほぼ同じですが、今回はレモンのゼストの他にミントもみじん切りにして入れてみました。このケーキだけ食べると、ほのかにミントとレモンの香りがします。でも、マスカルポーネのクリームと一緒だと、負けてしまいます。

a0127398_1141942.jpg

この冬、カリフォルニアは歴史的な大干魃のせいで、苺が美味しくなかったので長いこと買いませんでしたが、ようやく甘くなってきました。

a0127398_1143958.jpg

苺もマルサラワインに1時間程つけておきました。

ヨーグルトケーキはタッパーなどに入れておけば、室温で4日は持ちますし、好きな量だけ切って食べられるパウンドケーキ型は作って置くと便利です。しかも、このケーキは翌日の方がしっとりして断然美味しいです。

a0127398_1145289.jpg

去年のヨーグルトケーキのサイトを見てみたら、同じお皿とプレースマットを使っていました。能がないですね。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-28 01:16 | レシピ

筍のハーブソテー

フレッシュな筍が出回っているうちに、とまた筍を買ってきました。家に着いてすぐに糠と鷹の爪で茹でたものの、なんだか洋風な食事にしたいと思いました。

筍は個性の強い木の芽が合うのですから、きっと洋風のハーブにも合うのではと思い、オリーブオイルで全面を焼き色がつくまで炒めてから、塩胡椒し、イエロータイム、オレガノ、チャイブのみじん切りを加えました。結果的には大正解。フレッシュな筍独特のやや苦みのあるような味とオリーブオイル、ハーブの相性はバッチリでした。

a0127398_1434556.jpg

生ハムと冷凍してある自家製干し柿、レモンバーム、ローストした胡桃。この組み合わせも合います。

a0127398_1441578.jpg

蛸を削ぎ切りにして串に刺し、オリーブオイルでさっと(片面8秒)炒め、パプリカをふったピンチョス風。三品を一皿に盛りあわせました。

a0127398_144253.jpg

副菜は小松菜とシメジのガーリック炒め。レモンの皮の擂り下ろしを加えて爽やかに。

a0127398_1443638.jpg

急に生クリームかマスカルポーネが食べたくなって作った簡単デザート。

a0127398_1445197.jpg

マスカルポーネ(大匙2)にマルサラワイン(大匙1)、粉砂糖(小匙2)、生クリーム(大匙1)を良く混ぜて、マルサラワインにつけておいた苺と一緒に。ミントの葉とヴィオラを添えて春らしく華やかになりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-27 01:47 | レシピ

バルサミコ酢で煮込んだ鶏手羽

友達と頂いたサングリアで使った赤ワインがまだ少し残っているので、これに合わせた料理を考えました。シドラを使ったスペイン料理の次はイタリア料理。バルサミコ酢の料理です。

本来はコーニッシュヘンという5週間以内の若鶏を使うものですが、昨日は煮込んでもパサパサにならず、手に入りやすい手羽先を使ってみました。

白ワイン、バルサミコ酢、チキンストック、生ハム、ケイパー、アンチョビ、トマトペースト、黒オリーブと、材料もとてもイタリア的。レシピは下に書きました。

a0127398_2102027.jpg

蕪は和食の焦がし煮を洋風に変えました。四つ割りにした蕪は、茎と実の境目の茶色い所だけ皮をむきます。切ってから再度、茎の中をきれいに洗って砂などを取り除きます。

a0127398_2105783.jpg

オリーブオイルで全面を少し焦げるくらいに炒め、チキンストック、レモンの皮、タイム、塩、白胡椒を入れて弱火で蓋をして蒸し煮に。さっぱりとして美味しい一品に仕上がりました。

a0127398_211103.jpg

サラダはアボカドとオレンジ、チェリートマトです。オレンジジュースとオリーブオイルをかけただけのドレッシングで、塩はほんの少しだけ使いました。とても甘いオレンジで、塩気がなくとも充分美味しいサラダになりました。

バルサミコ酢で煮込んだ鶏手羽
レシピ:Mario Bataliのレシピを参考にアレンジ
材料(一人分)1カップはアメリカサイズの250ml


鶏手羽 (途中の関節で分けて5−6本)
オリーブオイル 小匙1
白ワイン カップ1/4
チキンストック カップ1/4 (出来れば自家製、市販品なら塩分の少ないもの)
バルサミコ酢  カップ1/4
生ハム 2枚 角切り
ケイパー 小匙1
アンチョビペースト 小匙1/2
トマトペースト 小匙1
種無し黒オリーブ 5ー6個
塩、胡椒 適宜
パセリ みじん切り 小匙2

1. 鶏手羽に塩胡椒して、オリーブオイルを熱した厚鍋(私はルクルーゼを使用)で、両面が狐色になるまで炒める。

2.白ワイン、バルサミコ酢を加え、鶏手羽にからめ、生ハム、ケイパー、アンチョビペースト、トマトペースト、オリーブ、チキンストックを入れて、20分くらい蓋をして煮込む。

3.鶏肉が煮えて、ソースがトロッとしたら、皿に盛り、パセリを散らす。

塩気のあるものが沢山入るのでソースに塩はいりません。市販のチキンストックをお使いになるときは、塩分に十分ご注意ください。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-25 02:15 | レシピ

友達との夕食はサングリアと共に

ほぼ月に一回、音楽仲間の一人である友達と夕食を共にします。食事は一人より誰かと一緒の方が作りがいがありますし、何より楽しい。

夕べはシドラ(シードル:りんごの発泡酒、アメリカではハードサイダー)を使った豚肉とりんごのスペイン料理をメインにしたので、サングリアも作りました。

a0127398_2103873.jpg

赤ワイン400mlに、オレンジの薄切り(皮付き2-3枚)、りんごの薄切り(皮付き2ー3枚)、苺(2個半分に切る)、粉砂糖(小匙1/2)、オレンジジュース(1/3個分)、オレンジリカー(コアントローかグランマルニエ大匙1)を混ぜて、4ー5時間(出来れば一晩)冷蔵庫で冷やします。

飲む直前にクラブソーダを適宜入れます。果物は手持ちのものを1種類でも大丈夫ですし、レモンを加えても良いです。

前菜として、2枚残っていたスモークサーモンにスクランブルエッグを載せ、チャイブを散らしました。スモークサーモンに塩気があるので、スクランブルエッグにはおまじない程度の塩と胡椒を加えました。

a0127398_2105551.jpg

フライパンにバターを溶かし、弱火で卵をかき混ぜ、最後にプレーンヨーグルト(卵1個につき大匙1)を加えます。口当たりも良く、冷たいヨーグルトが熱を冷ましてくれるので、美味しいスクランブルエッグになります。

アスパラガスのガーリック炒めと私の定番キャロットサラダが副菜です。

ポークと甘酸っぱいりんごは相性が良く、りんごから作ったシドラと一緒にオーブンでベイクしたポークチョップも美味しく出来ました。

a0127398_211122.jpg

デザートは苺のカスタード。本にはクラフティとありますが、これは小麦粉が全く入らずコーンスターチが大匙1だけで、後は卵と牛乳、ヴァニラエッセンス、砂糖だけですので、苺入りのカスタード、と言った方が近いと思います。

a0127398_2112210.jpg

とても簡単なのに、美味しいデザートです。

尽きないお喋りを楽しみながらの素敵な夕食になりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-24 02:12 | レシピ

鴨のマグレとピーチ&ビーツとりんごのサラダ

和風にしようと買った鴨ですが、スーパーで山と積まれた桃を見て気が変わりました。メキシコ産の黄色い桃。温かなメキシコではカリフォルニアより2ヶ月程早くに桃が収穫できるのですね。

サンディエゴはメキシコの国境まで車で30分。人間も物資も違法なものもメキシコとは頻繁な行き来があります。

桃を見たら、鴨と合わせたくなりました。また季節が巡って、春というか初夏のものが出始めたのです。

a0127398_138113.jpg

サラダは残っていたビーツにこれもまた半分ばかり余っていたりんご、ゴートチーズ、胡桃、終わりかけた鉢植えの春菊でサラダ。

a0127398_1381430.jpg

ビーツの程よい甘さ、りんごの甘酸っぱさ、ゴートチーズ、胡桃はとても良い組み合わせで、ドレッシングがいらない程ですが、シャンペンヴィネガーとオリーブオイルをまわしかけました。(チーズが入るので塩も入りません。)

a0127398_1382963.jpg

これで友達から頂いた二つの大きなビーツを食べ切りました。


鴨のマグレとピーチ
レシピ:Dorie Greenspan著「Around my french table」参考
材料 (一人分)


鴨のマグレ 1枚
桃 小2個
ガーリック 1片 潰す
タイム 適宜 (出来ればフレッシュなもの)
蜂蜜 小匙1と1/2
ポートワイン  大匙2ー3
バルサミコ酢  小匙2
白ワインヴェイネガー  小匙2
塩、胡椒 適宜

1.鴨は余分な皮を取り除き、皮目に格子状の切り込みを入れ、両面に塩胡椒する。

2.フライパンを非常に熱くし(油はしかない)皮目から焼く。火は弱めの中火。厚さにもよるが、片面約4分。皿に取り出し、アルミホイルをかぶせる。

3. フライパンに脂分小匙2程残し後は捨て、ガーリックとタイムを入れ、ピーチをソテーする。両面が狐色になったら別皿に移す。ガーリックとタイムは捨てる。

4.フライパンに蜂蜜を入れ、溶けたらポートワイン、ヴィネガー類、鴨肉から出た肉汁を加え少し煮詰める。

5.ソースを煮詰めている間に鴨を削ぎ切りにして皿に桃と一緒に盛る。

6.ソースを上からかけてサーヴする。

鴨はロゼに仕上げた方が旨味があります。ソースが熱いので切った鴨が加熱されますので、ご注意ください。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-22 01:39 | レシピ

筍づくし 田楽&姫皮の梅肉和え&筍ご飯

サンディエゴでもフレッシュな筍が手に入ります。中国産ですが。日本のもののように香りは高くありませんが、フレッシュなものはやはり美味しいです。

ニジヤさんで安売りだったフレッシュな筍。糠と鷹の爪で50分程下茹でし、一品は豆腐と一緒に田楽。鉢植えの30センチにも満たない山椒の小さな木から、もったいないので一枚だけ木の芽を摘みました。

豆腐は2センチの厚さに切り、ペーパータオルにくるんで電子レンジで1分半。下茹でした筍は、先の方を鰹だし汁とみりんと醤油で10ー15分煮て更に下味をつけ、豆腐と一緒に網で焼きます。

八丁味噌(大匙1)、赤味噌(大匙1)、みりん(大匙1)、砂糖(小匙2)を火にかけて弱火で練り、田楽味噌に。

a0127398_1475714.jpg

豆腐と筍が焼けたら、片面に田楽味噌を塗り、芥子の実を散らし、木の芽をあしらいました。

姫川は千切りにして、梅干しの果肉を叩いて砂糖(小匙1/2)、米酢(小匙1)、醤油(少々)を混ぜて和えました。

a0127398_1481838.jpg

筍の根元の方は歯触りが出るくらいの厚さと大きさの乱切り、湯通しした油揚げと一緒に酒、醤油も混ぜて、お米と一緒に炊き上げました。

a0127398_1483345.jpg

マグロのお刺身が安売りだったので、一番小さいパックを買い求めました。ハワイ産のメバチマグロは冷凍でないフレッシュなものです。赤身ですが冷凍していないお刺し身は美味しいです。

a0127398_1484783.jpg

お刺身が夕べ特に美味しかったのはもう一つ訳があります。それはお醤油です。先日日本からいらした方にお土産として頂いたもので、「御用蔵」で作られた特別なお醤油です。とてもまろやかな味で塩味が全く舌に残りません。お刺し身もお醤油でこんなにも違うと再発見しました。

a0127398_1485961.jpg

それにしても、季節の筍と木の芽が出会いのものだということを発見した方は、素晴らしい味覚のセンスをお持ちだったと敬服します。

a0127398_1491470.jpg

ほうれん草のお浸しを副菜に、外国でこのような和食が食べられるとは、サンディエゴは本当に幸せな所です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-21 01:51 | レシピ

牛のハーブカツ&蕪とズッキーニとスナップエンドウのホイル焼き、そして春

この3月で終わった朝ドラ「ごちそうさん」で出て来た牛カツ。当時の、め以子が作った牛カツはどんなものだったのでしょう。恐らく普通の家庭ではあまり食卓に載らないモダーンな料理だったのでは、と想像しますが。

さて、時々食べたくなる私流の牛カツは、そのとき手に入る鉢植えのハーブを一杯使います。今回使ったハーブはイタリアンパセリ、イエロータイム、オレガノ、ローズマリー。これらを塩とガーリックと一緒にみじん切りにします。(石臼で潰すこともあります。)

a0127398_2111852.jpg

焼き肉用の牛肉に両面十字に1ー2ミリ幅で切り込みを入れ、ハーブ類を手で押さえるようにして載せ、小麦粉、卵、生パン粉の順につけて、オリーブオイルでカリッとソテーして仕上げます。お肉の厚さにもよりますが、大体両面で3分程度です。

a0127398_21574.jpg

前歯ですっと噛み切れる、柔らかでハーブの香り高い美味しい牛カツです。

蕪、ズッキーニ、スナップエンドウは塩、胡椒、オリーブオイル、ミント、オレンジ(又はレモン)の皮の千切り(オーガニックの実だけ使ったときに皮を冷凍しておきます。)を混ぜて、ホイルに包んでオーブンで焼きます。オーブンは約200度C(400度F)で15ー18分。

a0127398_2114855.jpg

野菜類とオレンジやミントの香りが合わさって美味しい一品です。

一年中温暖な当地も四月は一番花の咲く季節です。我が家の庭もカラフルになりました。

ボトルブラッシュ

a0127398_212492.jpg

エンジェルズトランペット

a0127398_2145246.jpg

アマリリス

a0127398_2123222.jpg

ほとんど肥料もやらず水だけなのに、今年も沢山花をつけてくれました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-20 02:15 | レシピ

塩の華さんの「ふんわりしっとりレモンケーキ(Moelleux au Citron)」

いつも美しく美味しそうな料理をなさるフランスにお住まいの塩の華さん。ブログを拝見したときから作ってみたかった「ふんわりしっとりレモンケーキ(Moelleux au Citron)」。我が家の庭になったマイヤーレモンを使って、昨日やっと作りました。

今年は摘果したので幾分大きめになったマイヤーレモン。皮が薄く香りが高くジューシーです。

a0127398_2224958.jpg

思った通り、レモンの香り高いとても美味しいケーキでした。合唱のパート練習の後にお出ししましたが、皆さんにも大好評。塩の華さん、素敵なレシピをありがとうございました。

a0127398_2231376.jpg

塩の華さんのレモンケーキは中がトロッとしています。クリーム状のそこがとても価値のあるケーキだと言うことですが、私は残念ながら焼き切ってしまいました。でも、それでもとても美味しいケーキです。

a0127398_2232469.jpg

さて、ここからは私の備忘録です。

塩の華さんのレシピではベーキングパウダーが11gとありました。11gはかなりの量で、私は120gの小麦粉の量でこれ程のベーキングパウダーを使ったことがありませんので、思いきって量は5g(小匙1と1/2)にしてみました。

また、私のオーブンは大体普通のオーブンより早くに出来上がるので、焼き時間18分で様子を見たのですが、表面に全く焼き色がついていません。それで、更に2分後、20分経ったところで串を真ん中に刺したところ、もう既にすっかり中まで焼けていました。

慌てて出して、ラックで冷ましました。

塩の華さんの写真を見ますと、表面にきれいな焼き色がついています。オーブンは一台ずつ癖がありますから、温度と焼き時間を調節して、また、ベーキングパウダーの量も研究して再度挑戦し、塩の華さんのケーキのように中がトロッとしたケーキを作ってみたいと思いました。

でも、再度言いますが、中まで焼けても、ふんわりしっとりの素晴らしく美味しいケーキであることには間違いがありません。このケーキを召し上がった合唱の方が、「どうやったらこんなにふんわりなのにしっとりできるの?」とおっしゃいましたから。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-04-19 02:25 | レシピ