やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

桃とマンゴーの冷製パスタ 隠し味は塩レモン

先日我が家の桃の収穫について書きましたら、ソーニャさんから「桃の冷製パスタを作ってみて下さい。」という親切なコメントを頂きました。

それに対して私は「遣い道が尽きたら作ってみます。」という気のない返事を差し上げたのでした。

桃はデザートやサラダなら良いけれど、パスタというのがイマイチ想像できないでいました。昨日のお昼近くになり、お腹も空いたし何か作らねばと思いながら、作りたいものがちっとも思い浮かびません。

そこで目に留まったのが朝、今年3度目の収穫をした桃。では、桃のパスタでも作ってみようかしらと思い立ちました。ネットでレシピを調べましたがどうもピンとくるものがなく、というのも皆さん立派な甘い白桃をお使いなのです。

a0127398_1362725.jpg

我が家のは黄色い桃。甘いけれど適度な酸味もあります。桃だけでは寂しいけれど良く皆さんが合わせているトマトは黄色い桃には、と考えていて、キッチンにそろそろ出番を待っているマンゴーがあるのに気づきました。

マンゴーと一緒にサルサのように作ったら、とアイディアが湧き、早速頭と手が動き始めました。

a0127398_1365536.jpg

最後に何かリキュールを入れようとパスティスを探したのですが見つからず、(最近使ったばかりなのにどこに消えたのでしょう。)自家製リモンチェッロを加えてみました。塩味は塩レモン。

a0127398_1371114.jpg

桃とマンゴーとレモンの香り。とても美味しいパスタになりました。ソーニャさん、その節はつれない返事で申し訳ありませんでした。お陰さまで素敵なランチでした。

a0127398_1372772.jpg



桃とマンゴーの冷製パスタ 隠し味は塩レモン
材料(一人分)


桃 小3個(中1個)皮付きのままくし形に切る
マンゴー 皮をむいて1/3個 角切りにする
レモンの皮の擂り下ろし 半個分
塩レモンのエキス  小匙1
生姜の擂り下ろし 一かけ
胡椒 少々
タバスコ  5ー10滴(お好みの辛さで)
青ネギ みじん切り 小匙2
バジル 大きい葉っぱ2枚 千切り
リモンチェッロ 小匙1 (パスティス、ラム酒などでも良いと思います。)
オリーブオイル 小匙1
生ハム 1ー2枚
飾り用バジル 適宜

パスタ お好きなもの(私はスパゲッティを使用)パッケージに従って塩茹でする。
オリーブオイル 小匙1/2

パスタを茹でている間に桃とマンゴーのサルサを作る。生ハムを除くすべてをボウルの中で混ぜる。
パスタは茹で上がったら冷水で洗って水気を切り、オリーブオイルをかける。
パスタを器に盛ってからサルサをかけ、生ハムとバジルを最後にのせる。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-30 01:40 | レシピ

塩レモンとディルでマリネした紅鮭のホイル焼きーディルを使って三品ー

鉢植えのディルが花をつけ、元気がなくなり始めました。去年、とても元気だったディルが夏の暑さにあっという間にやられて枯れてしまったのを思い出し、今のうちにせっせと使うことにしました。

ディルに合うものとしてまず思い浮かべたのが鮭。それから胡瓜。そして三つ目は何にしようと考えて思いついたのが、akdenizさん人参とディルのムジュベル

グラブラックスにできるようなお刺し身用の鮭があるかと覗いたニジヤさんでは、チリ産の冷凍物しかなく、これは以前買ったらあまり美味しくなかったのでパス。その代わり、アラスカ産の紅鮭の切り身がありました。

紅鮭に塩レモンのエキス(小匙1)とディル(葉っぱも花も一緒)のみじん切り(大匙1)で15分ほどマリネし、アルミホイルにオリーブオイルを塗り、白ワインを小匙1ほど振りかけて、450度F(230度C)のオーブントースターで12ー3分焼きました。鮭の切り身一つにオーブンを稼働させたくなかったのでオーブントースターを使いましたが、時間がかかりました。

a0127398_2242749.jpg

付け合わせは人参のムジュベル(トルコのパンケーキ?)。これはトルコで和風レストランを開いている(正確には去年開き、現在は改装中)akdenizさんのレシピです。

akdenizさんは水を使っていましたが、私は牛乳にしました。(私のレシピは下に書きました。)とても美味しくでき、ペロッと全部食べてしまいました。(飾ったのはディルの花です。)

胡瓜は先日ご紹介したアップル・キューカンバー。何人かの方にズッキーニに似ていますね。とコメントを頂きましたが、これは紛れも無く胡瓜で、普通の日本の胡瓜よりマイルドな味で、幾分柔らかめです。輪切りにするときれいなのでサラダに適しています。

a0127398_2244234.jpg

薄くスライスしたアップル・キューカンバーは塩(少々)、砂糖(小匙1/2)、ディルのみじん切り(小匙2)、米酢(小匙2)にマリネしておきます。10分くらい経つと水が出てきますので、それは捨てます。

アップル・キューカンバーをお皿のまわりに置き、蛸の削ぎ切りを真ん中に置き、新たに砂糖(小匙1/4)、米酢(小匙1)、(塩は胡瓜の味を見て入れて下さい。)を上からかけます。

a0127398_225350.jpg

ディルを沢山使って夏らしい爽やかな食卓になりました。


人参のパンケーキ(ムジュベル)
レシピ:akdenizさんのレシピを元にした私のヴァージョン


卵 大1個
牛乳  50ml
塩、胡椒  適宜
小麦粉  大匙2
片栗粉(コーンスターチ) 大匙1
ディル みじん切り大匙1ー2
人参 大1本 グレーターの大きな穴でグレートする。
サラダオイル  適宜

人参は最後に加えてサラダオイルでじっくり焼くだけです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-29 02:28 | レシピ

鶏つくねの甘辛煮など和のお惣菜三品

家にいても買い物に行く時間がないときもあります。夕べは冷凍庫の鶏ひき肉でつくね。簡単ですが、ご飯にもビールにもお弁当にも合います。冷蔵庫の中から長芋とインゲンで副菜。

鉢植えの三つ葉と青紫蘇は和食の彩りにとても重宝します。茶色が多い和食の中で、緑のあしらいがあるだけで、グンと引き立ちます。

a0127398_11267.jpg

後の二品は長芋のソテー。サラダオイルで焼いた後、最後にお醤油を回しかけるだけ。最後におかかを振りかけました。

a0127398_1122099.jpg

インゲンは茹でてから胡麻油で炒め、赤味噌、砂糖、醤油を水で溶き、最後に絡め、青紫蘇の千切りを加えます。

a0127398_1123339.jpg

夜の合唱の練習に行く前、30分以内で手軽に出来る和のお惣菜でした。



鶏つくねの甘辛煮。
材料(一人分)


鶏ひき肉 150g
パン粉  大匙1
青ネギのみじん切り  大匙2
炒りごま 大匙1
生姜の擂り下ろし 小匙1/2
塩 少々
胡椒 少々
サラダオイル 小匙2
醤油 小匙1
みりん 小匙1
鰹だし汁 大匙2
水溶き片栗粉 小匙2
三つ葉(飾り)少々

1.鶏ひき肉、パン粉、青ネギ(大匙1)、炒りごま(大匙1/2)、生姜の擂り下ろし、塩、胡椒を手で良くこねるように混ぜて、ゴルフボールより少し小さめの団子を作る。

2.フライパンを熱しサラダオイルを入れ、鶏団子の全面を中火で狐色になるまで焼く。

3.余分な油をペーパータオルで吸い取り、鰹だし汁、醤油、みりんを加えてフライパンを揺すって混ぜ、蓋をして弱火で中に火が通るまで蒸し煮にする。

4.水溶き片栗粉を加え、器に盛り、残りの青ネギと胡麻をふりかける。あれば、三つ葉で飾る。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-28 01:16 | レシピ

プッチーニ作曲オペラ「つばめ」&茄子のはさみ揚げ

夕べはまたメトロポリタン・オペラのサマーアンコール映画、プッチーニ作曲「La Rondine:つばめ(2009年上演)」を見たので、その前に頂いたレストランの紹介をしようと思っていたのです。でも、残念ながら紹介するほど美味しい所ではなかったので割愛。

革張りでリクライニングシート、ゆったりとした座席の映画館です。

a0127398_362230.jpg

「つばめ」はヴェルディ作曲の「椿姫」と似た筋書きですが、最後の主役の女性、マグダが身を引くところが違います。あらすじはここからお借りしました。

第1幕でマグダが歌うアリエッタ「ドレッタの美しい夢」はコンサートやコンクールでも良く歌われる名曲なのでご存知の方も多いと思います。 (ここではキリ・テ・カナワが歌っているYouTubeをご紹介)

流石メトロポリタンだけあって主役級だけでなく脇役も皆達者な方ばかりです。マグダのパトロンの銀行家を演じたバス・バリトン、Samuel Ramey(サミュエル・ラメイ)は今年72歳。彼のピーク時はメフィストフェレスやファウスト役で世界中を魅了したものでした。

70歳を過ぎても第一線で脇役ながら活躍している姿を見るのは、実に嬉しいことです。勉強熱心な彼だからこそ歌い続けられるのでしょう。

さて、三日前にアップした「タタキ長芋の雲丹和え」を作ったときのメインの夕食のご紹介です。

a0127398_36464.jpg

茄子(4個)に縦に3ー4カ所切り込みを入れ、塩水に30分ほど漬けておきます。水分を良く拭き取り、切れ目に鶏ひき肉(100g)、生姜(一かけ)の擂り下ろし、青ネギ(5センチ)のみじん切り、卵(少々)、片栗粉、塩胡椒で調味したものを詰めて、天ぷらの衣を軽くつけて油で揚げたものです。

a0127398_36586.jpg

揚げた後食べやすいように3ー4つに切り、甘酢あんをかけました。相性の良い茄子と油。いくらでも食べられてしまいます。副菜はインゲンの煮浸しです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-27 03:08 | 音楽

コーンのサラダ&鯵の酢油漬け、なめろう風など

ワールドカップの日本とコロンビア戦を見ながらランチをしましょう、というお誘いを受けました。

日本にサッカーのプロチームが出来たのは私の渡米後のことですし、アメリカはサッカーの後発国ですから、ワールドカップの盛り上がりもヨーロッパや中南米の諸国に較べたら、イマイチです。

でも、最近の日本の盛り上がりをニュースで見聞きし、皆でワイワイのランチは大好きですので、喜んでサッカーのテレビ観戦ランチをお受けしました。

結果は皆さんご存知の通り、力の差を見せつけられてしまいましたが、観戦したお友達の家には毎週日本人のお魚屋さんがトラックでやって来ます。この日も丁度お魚屋さんがやってきましたので、冷凍物ですがタタキにできるという鯵を買ってきました。三枚におろしてあり、骨も皮も取ってあります。

この半分はなめろう風に味噌、柚子胡椒、生姜の擂り下ろし、青ネギのみじん切り、木の芽と一緒に叩き、最後にオリーブオイルを加えました。まわりにアップル・キューカンバーのスライスを置いて。このスライスの上になめろうを載せて頂きました。

a0127398_1361912.jpg

アップル・キューカンバー。瑞々しくマイルドな味です。皮が薄く、種も気になりませんし、切り口がきれいですね。

a0127398_1363258.jpg

もう半分は削ぎ切りにして、塩、胡椒、米酢、醤油、オリーブオイル、紫蘇の葉の千切りとのマリネ。さらし玉葱と一緒に。こちらの方が私の好みでした。

a0127398_1364839.jpg

知野ファームで買ってきた朝採りコーンは1本は蒸しましたが、1本は生のままサラダです。やはり知野ファームのネクタリンと苺とレタス、我が家の桃とバジル、レモンバームでカラフルに。ドレッシングはライムのゼストと汁、塩、胡椒、オリーブオイルです。ライムの香りがコーンや果物に良く合います。

a0127398_1371194.jpg

お魚屋さんで求めたホッキ貝のサラダも。これは出来合いなのですが、美味しい一品でした。

a0127398_1373814.jpg

冷たい白ワインが冷蔵庫にあったので、それに合うように少しばかり洋風にアレンジしましたが、お腹一杯になりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-26 01:42 | レシピ

今年の我が家の桃 2014年

今年も小さい木なのに沢山の桃の実がなりました。摘果をしたのですが、それでも杏くらいの大きさにしかなりません。

a0127398_1551854.jpg

後でネットで調べたら、木に残すより沢山の実を摘果しなさい、とありました。思い切りの悪さがこんな所にも表れるようです。

a0127398_1553494.jpg

小さいけれど、甘く、ジューシーです。友達にも差し上げましたが、今年はそのまま食べてばかりいます。小さいのも便利で、そのときの気分で、1個、2個と好きなだけ食べられるのも嬉しいものです。

a0127398_1554958.jpg

生ハムやチーズ、ハーブ、胡桃などと一緒にしたり

a0127398_156573.jpg

アイスクリームと一緒に食べてみたり

a0127398_1561865.jpg

生クリームが余っていたので作ったパンナコッタラズベリーのソースの上に飾ってみたり

a0127398_1563436.jpg

そして、これが今朝もいだ2回目の収穫です。1回目より更に沢山採れました。何を作ろうか、楽しみです。

a0127398_1565768.jpg



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-25 01:58 | 季節

タタキ長芋の雲丹和え ー5分で出来る!野菜のおかずー

レシピブログさんが募集している「5分で出来る!野菜のおかず」を見て,真っ先に思い浮かんだのがこの料理です。

a0127398_1463911.jpg

実はこの料理、1979年以来作ったことがありません。何故長年忘れていた料理を不意に思い出したのか不思議です。

材料は二人分で長いも(10センチ)、練り雲丹(小匙1)、酒(小匙1)、練り山葵(適宜)、大葉(2枚)です。

まず、ボウルに練り雲丹と酒を良く混ぜておきます。

a0127398_1465325.jpg

皮をむいた長芋は4つに横に切ってビニール袋に入れ、スリコギで叩きます。

a0127398_147244.jpg

a0127398_1473761.jpg

練り雲丹と和えて

a0127398_1474811.jpg

大葉を敷いた器に盛りつけ、練り山葵を載せます。

a0127398_148142.jpg

簡単なのに美味しくお酒の肴にぴったりです。長芋をあまり触ることもないので、手もかゆくなりません。

1979年は私が結婚した次の年です。お正月に実家に夫と帰ったときに、今は亡き父のお酒の肴に作りました。毎晩練り雲丹で晩酌をするのが楽しみだった父。朝ご飯は決まってとろろご飯だった父。

実家では練り雲丹と長芋は常備品でした。これは、父の二つの好物を合わせた料理です。そのときは、大葉と山葵を合わせたのかは覚えていませんが、山葵がとても良く合います。最後は大葉でくるっと巻いてお召し上がり下さい。(また、ビニール袋に入れて叩くという方法は今回考えました。)

a0127398_1493285.jpg

1979年の秋から外国暮らしになったので今まで長いこと忘れていたのでしょうが、急に思い出して作ってみました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-24 01:51 | レシピ

赤いパプリカのソースとジェノベーゼのパスタ&海老とアボカドのサラダ

夏の色、きれいなオレンジ色になる赤いパプリカのソースが目にも鮮やかなパスタ。安売りだったので買っておいた赤いパプリカが、夕べやっと日の目を見ました。

パプリカを蒸し煮にしてからフードミルで潰したソースにバジルやタラゴン、胡桃のジェノベーゼを絡めたパスタです。

a0127398_271716.jpg

胡桃とパルメザンチーズがたっぷり入っていますので、充実感があります。

サラダはアボカドと海老、フルーツトマト、そしてイタリアンパセリとイエロータイム。鉢植えのハーブ類が元気なうちに使ってしまわねば。ドレッシングはレモン汁、塩、胡椒、カエンヌペッパー、オリーブオイルです。

a0127398_273778.jpg

海老は殻の付いたまま背腸を取っておきます。鍋に水(300ー400ml)、皮のついたままのレモン(1/4個)、ローリエ(1枚)、鷹の爪(1本)、粒胡椒(5ー6粒)、塩(少々)を入れて5分ほど弱火で煮出します。海老を入れて煮えたら、笊に取り氷水に漬けます。

冷えたら笊にあげ殻を剥き、使う前にペーパータオルで水分を拭き取ります。ただ塩茹でしたよりひと味違った美味しさになります。

a0127398_282921.jpg

夏の太陽に負けない鮮やかな色の食卓になりました。


赤いパプリカのソースとジェノベーゼのパスタ
レシピ:Jacques Pepin’s Tableを参考にした私のヴァージョン
材料(1人分):カップはアメリカサイズの250ml


パプリカのソース
赤いパプリカ 大1個 種を取り2センチの角切り
水 ½カップ
ガーリック 1片 皮をむく
塩 少々
ひき立て黒胡椒  適宜
ヴァージンオリーブオイル 大匙1/2

ジェノベーゼ
スパゲッティ 70g(乾燥麺の場合)
ヴァージンオリーブオイル 小匙1
くるみ (勿論松の実でも良いです) みじん切り 1/4カップ
塩 少々
ひき立て黒胡椒 適宜
バジル みじん切り 大匙2
タラゴン みじん切り 小匙1
パルメザンチーズ おろして大匙2
ガーリック 1片 みじん切り

1.大鍋にたっぷり水を入れて沸かす。

2.パプリカを鍋に水1/2カップと一緒にいれ、煮立ったら蓋をして弱火で10ー15分煮る。煮汁と共にフードミルの細かいディスクでつぶしながら摺る。

3.ガーリックを包丁の腹でつぶし、みじん切りにしてピュレにして、塩、胡椒、オリーブオイルを加える。

4.乾燥麺の場合はスパゲッティをゆで始める。

5.胡桃、バジル、タラゴン、パルメザンチーズ、ガーリック、塩、胡椒を混ぜる。

6.パスタの茹で汁カップ1/2を5に加えてからパスタを茹でこぼす。

7.パスタを胡桃の入ったボウルに入れてかき混ぜる。パプリカを温めて、(電子レンジを使う)サーヴする皿によそう。パスタを真ん中に盛り、胡桃とバジルを飾る。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-23 02:11 | レシピ

チェリーパイ

出盛りのチェリーを使ったデザートが作りたくて、パイにしてみました。

去年は焼き上げた小さなタルトにチェリージャムを詰め、その上にアイスクリームと赤ワイン煮をかけた、チェリー・チェリー・タルトを作りました。

でも、今年はチェリーが丸のまま外から見えて、8人くらいで食べられる大きいパイを思い描きました。「赤毛のアン」に出てくるチェリーパイ。そのうち「花子とアン」にも登場するのでしょうか。(中学生の頃夢中で読んだ「赤毛のアン」シリーズ。今はほとんど覚えていませんが。)

赤黒いビングチェリーを沢山(約1キロ)買ってきて、また赤ワイン煮にしました。ジャムと味比べをしたら、赤ワイン煮の方がずっと甘さが控えめなのにコクがあって美味しかったからです。

今回の分量は、チェリー(約900g)、砂糖(200g)、赤ワイン(メルロー、350ml)、バルサミコ酢(大匙2)、コーンスターチ(小匙4を赤ワイン大匙2に混ぜたもの)です。(汁を少なめにしたかったので赤ワインの分量を少なくしましたが、作り方は以前と同じです。)

パイ生地をバターを塗ったパイ皿に端から垂れるように敷き、チェリーの赤ワイン煮を敷き詰めます。上記の分量で作ったものの約2/3を使いました。あまり汁は入れないように。と言っても、汁を漉す必要はありません。多少は入った方が良いです。

a0127398_126272.jpg

端から垂れているパイ生地を織り込んでチェリーにかぶさるように、2センチくらい縁を作ります。

200度C(400度F)に温めていたオーブンの中段に置き20分、オーブンの温度を180度C(350度F)に下げて、更に25分ほど。途中アルミホイルをかぶせて焦げないようにします。

ふちが狐色になって、串を刺しても何も付いて来ないようになったら、オーブンから取り出してラックで冷まします。

a0127398_1334574.jpg

少し温かなうちか、室温になってから切り分けます。お好みでアイスクリームと一緒にお召し上がりください。

a0127398_125531.jpg

クラストもサクサクして、お友達にも大好評でした。


パイ生地(9インチ、22ー23センチの型)
材料:カップはアメリカサイズの250ml


小麦粉 1と1/2カップ
粉砂糖 1/2カップ(私はこれより幾分少なめにしました。)
塩  小匙1/4
冷たい無塩バター 大匙9  1センチ角に切る
冷たい卵の黄身  大1個

上から4つの材料をフードプロセッサーにかけて、オートミールくらいの大きさになったら、卵の黄身を3ー4回に分けていれる。一回毎に10秒撹拌する。最後の黄身を入れたら全体の材料が一まとまりになるまで撹拌する。

まな板の上にラップを敷き、生地をラップでくるんで一纏めにする。あまり柔らかだったら冷蔵庫か冷凍庫で冷やす。

生地を2枚のラップに挟んで麺棒で伸ばす。型の端から少し垂れるくらいの大きさに伸ばしたら、上のラップを取り、もう1枚のラップを上にして型に敷く。ラップの上から空気が入らない様に、底と脇に貼付ける。

このままチェリーの赤ワイン煮を入れてそのままオーブンに入れて焼きます。(冷蔵庫で冷やす必要はありませんが、すぐに焼かない場合は冷蔵庫で保管。でもあまり長時間は置かない方が良いと思います。)



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-22 01:40 | レシピ

梅ドレッシングの冷やし豚しゃぶ & 冷やしうどん

もう1週間も前の話で恐縮ですが、暑くなってきたことですし、というのは言い訳で、簡単に冷やし豚しゃぶを夕食にしました。

サンディエゴの日本のスーパーではしゃぶしゃぶ用の牛肉も豚肉も冷凍でないものが手に入る有り難い所です。

お湯を沸かして、液体白だしを入れた鍋で豚肉を茹で、笊に取ります。野菜はあり合わせのものですが、レタス、胡瓜の千切り、春菊、スイートオニオン(何とジョージア産のヴァイダリアが売られていたのです。1個ずつラップされて。水にさらさなくともバリバリ食べられる甘さです。)、紫蘇の葉にトマト。

a0127398_1434817.jpg

ドレッシングは2種類。胡麻と梅干し味。

胡麻は炒って(炒り胡麻でももう一度炒ります。)すり鉢で良くすります。(お好みで半ずりでも)豚肉を茹でた汁(残りの汁はスープに使えます。)をお玉に半分ほど、みりん、醤油、酒でお好みの味に調味。

a0127398_144951.jpg

梅干しは果肉を叩いて、隠し味程度の砂糖、米酢、醤油で調味。両方ともノンオイルです。

残った豚肉と梅ドレッシングは次の日のランチで冷やしうどん。もやしも加えて、柚子胡椒をつけながら頂きました。

a0127398_1442642.jpg

食欲のないときでもすっとお腹に入る簡単でさっぱりした献立です。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-06-21 01:46 | レシピ