やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

鮭のやまと蒸し

最近、優れた栄養食品として鮭のレシピの紹介をあちらこちらで見かけます。鮭はサンディエゴでも手に入りやすく好きな魚ですので、今までもしょっちゅう食卓にのせていますが、免疫力を高める優良食品とあれば、大手を振って料理できます。

近くのスーパーで買い求めたアラスカ産の紅鮭を擂り下ろした長芋と一緒に蒸しました。本来は粘りの強い大和芋を使うので、やまと蒸しなのですが、大和芋は手に入りませんし、たまたま冷蔵庫に長芋があったので使いました。

塩と酒をふって暫く置いた鮭は水分を拭き取り、いくつかに削ぎ切りにして7分ほど蒸し、擂り下ろした長芋と卵の黄身をのせて更に1分。山葵と醤油をかけて頂きます。

a0127398_1485391.jpg

ご飯のおかずというより、お酒のつまみに適した一品ですので、一人1ー2切れを小さな器に上品に盛りつけた方が気が利いています。その場合は鶉の卵が合いそうですね。

鮭の皮は塩を振ってこんがり焼き、お酒のつまみにもなりますし、お茶漬けにもなります。

a0127398_1492345.jpg

揚げ出し豆腐と春菊の胡麻和えを添えて、気取らない普段着の夕餉でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-31 01:51 | レシピ

チョリソーとポテト

最後に数センチ残ったチョリソーで作りたかった一品は、じゃが芋との炒め煮です。とてもシンプルですが、レシピを見たときに美味しさを確信しました。

思った通り、チョリソーの旨味がじゃが芋に入り込んで、とても美味しく出来ました。

a0127398_136932.jpg

もし、チョリソーもじゃが芋もお好きでしたら、是非お試し下さい。あまりお好みでない、という方もこれを召し上がったらきっと両方大好きになるのでは、と思います。(レシピは下に書きました。)

a0127398_13628100.jpg

メインは金目鯛のフィレを白ワインとマッシュルーム、青葱、赤いパプリカ、オリーブオイルと一緒に煮た、これもシンプルな料理です。(以前のサイトにレシピが載っています。)

a0127398_1364331.jpg

サラダは私の定番、オレンジとミニトマト、グリーンのミックス。最後にレモン汁とオリーブを散らしました。

a0127398_1365679.jpg

夕べの食卓は魚料理もサラダも霞んでしまうほど、「チョリソーとポテト」は圧巻でした。



チョリソーとポテト
レシピ:Penelope Casas著「The Foods and Wines of Spain」を参考にしてアレンジ
材料(一人分)


じゃが芋 中1個 (私はユーコンポテトを使いました。煮崩れしにくいものが良いと思います。)
チョリソー 薄切り 5ー10枚
オリーブオイル 適宜
ガーリック 1片 潰してからみじん切り
パセリ  みじん切り 大匙1ー2
挽きたて黒胡椒

1. じゃが芋は皮を剥いて大きめの角切りにする。

2. フライパンにオリーブオイルを熱し、弱めの中火でチョリソーを炒める。チョリソーから脂が出て来たら、じゃが芋の水分を拭き取って加えて炒める。

3.弱火にして蓋をし、時々かき混ぜながらじゃが芋が柔らかになるまで煮る。

4.じゃが芋が煮えたら、中火にし、ガーリックとパセリ、胡椒を加えて、じゃが芋の表面が狐色になるように水分を飛ばしながら炒める。

本にはベーコンも一緒に炒めていますが、私はチョリソーだけの方がシンプルで良いと思います。また、チョリソーに塩分があるので塩は入れません。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-30 01:38 | レシピ

鶏手羽のキャラメルソース煮

毎朝顔を洗ったすぐ後に、20分ほどエクササイズをするのが日課です。そのとき肩を回しながら関節がゴリゴリいうのが気になり、コラーゲンを取ろうと鶏手羽の料理にしました。

生姜がたっぷり入るこのベトナム料理は大好きで時たま食べたくなります。お砂糖も結構入るので、それも気にはなりますが、たまだからという言い訳をしながら、極力砂糖を抑えました。でも、これは薄味では美味しくないのです。そこが難しいところ。

オーガニックの砂糖(白砂糖より甘さがマイルドです。)カップ(日本のカップで1/5)を厚鍋で溶かし、良い色がついたところで魚醤(カップ1/5)と水(カップ1/2ー3/4)を加えてかき混ぜキャラメルソースを作ります。冷めたらたっぷりの生姜の千切りと黒胡椒と一緒に鶏手羽(関節のところで二つに切る。)を入れて、沸騰したら弱火で蓋をして煮込みます。

a0127398_1575466.jpg

途中ひっくり返しながら、最後は中火にして蓋をとり、照りよく仕上げます。たっぷりの香菜と一緒に頂きました。お行儀は悪いですが、手をベタベタにしながら、むしゃぶりつく方が美味しいです。

この料理につきものなのがもやし。水(カップ2)に米酢(カップ1/4)、塩(小匙1/4)を煮とかし、冷めてからもやしと葱を加えてマリネします。

a0127398_1584447.jpg

エリンギは春菊と一緒にガーリック炒め。胡麻油で塩と胡椒の調味です。

a0127398_159773.jpg

気のせいか、肩が軽やかな今朝のエクササイズでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-29 02:01 | レシピ

烏賊の風干し & 春菊と柿の和風サラダ & エリンギの炊き込みご飯

何気なく買っておいた烏賊。さて、何にしましょう。自問自答しながらたどり着いた料理は風干し。腸をとって皮をむいた烏賊は海水程度の塩水に30分ほど漬けておきます。一緒に昆布の切れ端も。

水気を拭いて強めの扇風機に当てること3時間半。途中で一度ひっくり返します。丁度良い加減に乾きました。両面に格子状の切り込みを入れて魚網器で焼いて、生姜醤油をつけて頂きます。

a0127398_1394240.jpg

手間はかかりませんが、仕込みに時間がかかるので、急ぎのときは間に合いませんが、ただ焼くより美味しさが詰まっています。

a0127398_1395946.jpg

最近柿ばかり使っていますが、きょうもサラダに。春菊と蕪と一緒に、トッピングは炙った油揚げと針生姜。ドレッシングは蜂蜜、米酢、醤油、サフラワーオイルです。カリッとした油揚げとピリッとした生姜がミソです。

a0127398_1401423.jpg

ご飯はエリンギをたっぷり入れた炊き込みご飯。薄切りのエリンギと細く切った油揚げを鰹だし汁、薄口醬油と酒を入れて一緒に炊き上げます。エリンギのシャキシャキ感がとても美味しいです。生姜が大好きな私。気がついたら、すべて生姜を添えていました。

a0127398_1403025.jpg

まだサマータイムのアメリカ。夕食どきに窓がピンク色に染まりました。秋を感じさせる美しい夕焼け雲でした。

a0127398_1404788.jpg



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-28 01:45 | レシピ

鯛のカルパッチョ 緑酢ドレッシング

量とお値段がお手頃だったので買い求めたパックに入った鯛のお刺身。和風にするか洋風にするか暫し考え、冷蔵庫に白ワインがあるのを思い出し、カルパッチョに。

胡瓜(半本)は皮がついたまま擂り下ろして軽く絞り、蜂蜜(小匙1/2)、塩(少々)、レモン汁と米酢(適宜)のドレッシングで頂きました。

a0127398_1433985.jpg

ミニトマト、胡瓜の薄切り、目玉商品だったのでつい篭に入れてしまったイクラも飾りに。

a0127398_1435462.jpg

アボカドと柿と葡萄はサラダに。ヨーグルト(大匙4)、塩(少々)、ライムの皮の擂り下ろし(半個分)、ライムジュース(1/3個分)のドレッシングで。

a0127398_144967.jpg

お昼を外で頂くと、沢山食べた訳ではないのにちっともお腹がすきません。大振りのご飯茶碗の玄米がきいたのかもしれません。そんな訳で、まるで前菜だけのような夕食で満足してしまいました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-27 01:45 | レシピ

海鮮五目焼きそば ー冷蔵庫の整理を兼ねてー

2ー3日前の読売新聞のネット版の「きょうの健康レシピ」という欄に「免疫力アップに いかとえびの中国風いため」がのっていました。

これを焼きそばにしたら美味しそうと思い、早速真似をしてみました。

海鮮類は冷凍庫から帆立と海老、野菜類は冷蔵庫の整理も兼ねて白菜の芯に近い部分、もやし、人参、葱。乾物類は干し椎茸、キクラゲ、干し海老。

麺はアメリカのスーパーでも売っている焼きそば用生麺。フライパンにサラダオイルをしいて、強めの中火で少し焦げ色がつくくらい、片面2ー3分ずつ焼きます。水を加えずそのまま焼くだけの方が私は好きです。

a0127398_1565940.jpg

調味はオイスターソース、醤油、隠し味程度の砂糖ですが、干し椎茸と干し海老を戻した汁と自家製チキンストックのお陰もあって、とても美味しく出来上がりました。

a0127398_1572249.jpg

若布スープとミニトマトのおろし和え(二杯酢をかけます)を添えて、お腹一杯になりました。

a0127398_1573697.jpg




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-26 02:00 | レシピ

杏茸(シャンテレル)のお味噌汁

カリフォルニアで松茸の次に高級な茸、アンズタケがお目見えしました。友達に教わって以来、この茸を使った最初の料理はお味噌汁、と決めています。

鰹節でとったお出汁の良い香りに少しぬめりがあり、シャキシャキした杏茸の食感はつくづく美味しいと思います。

a0127398_1501742.jpg

メインは豚肉の生姜焼き丼。たっぷりの錦糸卵と刻み海苔、最後に胡麻をふりかけるのが私のやり方です。

a0127398_1503063.jpg

ルッコラの胡麻和えを箸休めに。

a0127398_1504211.jpg

合唱の指導に行く前の慌ただしい夕食も、このお味噌汁のお陰で幸せな気分になりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-25 01:52 | レシピ

鶏肉とチョリソーの赤ワイン煮込み & ルッコラと洋梨のサラダ

1本200gほどのチョリソー、一人ですと食べがいがあります。最初は白インゲン豆とのシチュー、次はムール貝とのマリニエール、3回目は鶏肉と一緒に煮込みました。

玉葱や人参、赤いパプリカ、そして赤ワインの他にブランデー、チキンストックも入ります。色々な物が入り過ぎて味に統一がとれないのでは、と危惧しましたが、すべての味がうまく調和して、とても美味しくし上がりました。

a0127398_1432726.jpg

でも、何と言ってもチョリソーから良いお出汁が出たようです。まだ少し残っているチョリソー、次は何を作ろうかと、楽しみです。

a0127398_1434342.jpg

サラダはルッコラと洋梨、ブルーチーズ(Saint Agur)、ローストした胡桃、ドライクランベリーです。バルサミコ酢をかけて頂きます。洋梨はレモン汁をかけてローストしましたが、甘味が増して美味しくなりました。

a0127398_144526.jpg



鶏肉とチョリソーの赤ワイン煮込み
レシピ:Penelope Casas著「The Foods & Wines of Spain」を参考
材料(二人分)


鶏もも肉 300ー400g (私は骨無しを使いましたが、骨付きでも良いと思います。)
塩、胡椒  適宜
小麦粉  適宜
オリーブオイル  大匙1
玉葱 中半個 みじん切り
ガーリック 1片 みじん切り
人参  小1本  みじん切り
赤パプリカ 半個  粗みじん切り (本ではピメントです)
チョリソー  約50g 粗みじん切り
ブランデー又はコニャック  大匙1
パセリ  大匙1のみじん切り
ローリエ  1枚
タイム  適宜
チキンストック  100ml
辛口赤ワイン  150ml

1. 鶏肉に塩胡椒し、小麦粉を軽くまぶしオリーブオイルで両面狐色にソテーし、皿にとる。

2. 同じフライパンで、玉葱、ガーリック、人参、チョリソー、パプリカを炒める。(ピメントの場合は後で加える。)

3. 野菜類が柔らかになったら、鶏肉を戻し、ブランデーを加え、火をつけてアルコール分を飛ばす。

4. パセリ、ローリエ、タイム、塩、胡椒、チキンストック、赤ワイン、(ピメントの場合はこのとき)を加え、弱火で蓋をして煮込む。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-24 01:46 | レシピ

エボダイとチキンスープの蒸し煮

エボダイは日本食料品店で手に入る数少ない冷凍物でない魚です。そして、とても安価。小骨が多いのが難ですが、淡白で美味しい魚です。

夕べは久しぶりに鶏ガラでストックを作ったので、スープをたっぷり使って蒸し物にしてみました。

私のチキンストックの作り方です。まず、鶏ガラを洗い、水から煮て一旦茹でこぼします。鶏ガラを再度洗い、残っている内臓を取り除き、血もきれいに洗い流します。再び水を鶏ガラがかぶるくらい入れ、葱(青いところなど捨てるようなところで良いです。普段は入れない根っこまで入れてしまいました。)、皮付き生姜を少し潰して一緒に入れ、煮立ったら、極弱火(表面の湯が動かない程度)で2時間煮ます。このような弱い火加減ですと、スープが濁りません。

a0127398_255478.jpg

灰汁は取り除きますが、一回茹でこぼしているのでそれほど灰汁は上がってきません。洋風の料理でも、私は生姜の風味が好きなので邪魔になりません。

エボダイは鰓と内蔵を取って、きれいに洗い、片面のお腹に十字に切り込みを入れ、水分を拭き取り、蒸し器に入るお皿に載せ、塩と日本酒を振り入れ、チキンストックをたっぷり注ぎます。

a0127398_1594239.jpg

葱と生姜のスライスを加え、湯気の上がっている蒸し器に入れて、やや強めの中火で10分。一緒に入れた葱は捨て、新たに葱の千切りと針生姜をのせて出来上がり。お魚からも出汁が出て、極上のスープになりました。

a0127398_21211.jpg

副菜はありきたりですが、蕪を使った二品。葉っぱは油揚げと素干しのアミと一緒に炒め煮。日本酒と醤油の調味です。最後に粉山椒をふりかけました。

a0127398_214967.jpg

蕪の実は茹でた葉っぱと人参と一緒に塩揉みし、レモンを加えた私の定番です。

a0127398_222450.jpg

残るかと思った野菜料理もきれいに完食。さっぱり、ヘルシーで美味しい夕食でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-23 02:06 | レシピ

サンディエゴも秋 & 柿アイスクリーム

一年中寒暖の差があまりない地中海気候のサンディエゴにも秋はやってきます。

でも、咲いている花だけを見ていたらどの季節なのか分かりません。

a0127398_205988.jpg

ハイビスカスも朝顔も一年中咲いていますが、バード・オブ・パラダイスは秋から冬の花。

a0127398_211661.jpg

柑橘類もこれから色づいて美味しくなります。

a0127398_213012.jpg

楓もちゃんと紅葉して実がなっています。

a0127398_214347.jpg

ご近所を歩いていて、一番秋を感じるのは家の前のハロウィン・ディスプレー。

a0127398_22779.jpg

a0127398_22433.jpg

今年はいささか飾り付けがおとなしいようです。

a0127398_23179.jpg

a0127398_233484.jpg

さて、先日友達から頂いた御所柿の一つが大分柔らかだったので、アイスクリームにしました。と言っても出来合いのバニラアイスクリームと一緒にフードプロセッサーにかけるだけ。ラム酒を入れてもう一度冷凍庫で固まらせるだけのお手軽アイスです。(アイスクリームが溶けないように10秒以下の撹拌で大丈夫です。)

a0127398_235433.jpg

固めの柿は角切りにして石榴と一緒にラム酒に漬けて飾りに。柿の味たっぷりの秋ならではのアイスクリーム。簡単ですが美味しいのでお試しください。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-10-22 02:06 | 季節