やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

柿入りクランベリーソース

日本ではフレッシュなクランベリーが手に入りにくいようですが、アメリカでは10月ともなると、真っ赤でつやつやしたフレッシュなクランベリーがお目見えします。

a0127398_2501483.jpg

感謝祭に良く作るローストターキにクランベリーソースはつきものですが、その他ケーキやマフィンなどのデザートにも使います。ファイバーとビタミンCを多く含み、カロリーが低い優れた食品なのです。また、フレッシュなまま冷凍することも出来ます。

a0127398_2504747.jpg

今日は感謝祭のポットラックに持っていったクランベリーソースのご紹介です。(前にも簡単にレシピを載せましたが、今回は少し詳しく。)ターキーだけでなく、チキンや豚肉にも合いますし、パンにのせても良いので、フレッシュか冷凍物が手に入る方はお試しください。

柿入りクランベリーソース
材料


クランベリー フレッシュ又は冷凍もの  400g
赤ワイン  100ml
砂糖    125ml
八角    1個
オレンジピール  10センチ
水  大匙2
柿  富有柿など甘いもの  3個
オレンジリカー  大匙2 

1. クランベリーは良く洗い笊に取り、傷んでいるものを取り除く。

a0127398_251126.jpg

2. 鍋に柿とオレンジリカーを除く材料すべてを入れて火にかける。煮立ったら火を弱くして、灰汁を取りながら時々かき混ぜて煮る。すべてのクランベリーが弾けるまで、気長に煮る。(20ー30分)なかなか弾けなかったらお玉などで潰す。(クランベリーそのもはとても酸っぱいので、弾けないと砂糖と合わさりません。)

a0127398_2513048.jpg

3. オレンジピール、八角を取り出し、冷めたらフレッシュな柿を指先大に切って、オレンジリカーと共に加えてかき混ぜる。

a0127398_2514573.jpg


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-30 02:53 | レシピ

感謝祭のポットラックディナー 2014年

アメリカの皆様、良いThanksgivingをお過ごしだったことと思います。

今年もいつもの仲間8人でよく食べ、飲み、お喋りをして楽しい感謝祭でした。

a0127398_2534330.jpg

アペリティフをつまみながら、シャンペンで乾杯

a0127398_254425.jpg

素敵なテーブルコーディネートで

a0127398_2543114.jpg

皆さん持ち寄りの豪華な料理を取り分けて、何本も赤ワインを開けて下さいました。

a0127398_2544960.jpg

a0127398_2561935.jpg

野菜のディッシュが多いのもいいですね。

a0127398_2552248.jpg

a0127398_2554045.jpg

a0127398_2555768.jpg

日本人の集まりらしくちらし寿司や筑前煮があるのも嬉しいです。

a0127398_2563581.jpg

a0127398_256509.jpg

お漬け物まであります。

a0127398_2574382.jpg

最後はデザート。フルーツを生クリームで和えたWaldorf Saladと

a0127398_2581371.jpg

私が作ったノルマンディースタイルのアップルタルト。(レシピは以前のサイトをご覧下さい。)

a0127398_2583156.jpg

お腹一杯食べて、お腹がよじれるほど笑って。余った料理はお持ち帰り。これで今日はお昼も夜も作らずに済みます。

今年も美味しく楽しい感謝祭をありがとうございました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-29 03:01 | ともだち

Happy Thanksgiving!

11月27日、木曜日。感謝祭のサンディエゴの朝は雲一つない快晴。朝9時の気温は摂氏19.4度。大雪の東海岸の方々には申し訳ないような素晴らしい天気です。

お散歩コースの高台の西側には海。

a0127398_2251768.jpg

東側は山が望めます。

a0127398_2253561.jpg

こぼれるように咲いているブーゲンビリアと色づいた楓と。

a0127398_2255415.jpg

a0127398_226991.jpg

日本のお正月のように家族中が集まる感謝祭です。私もこれから友達のお家にローストターキーを頂きにいって参ります。一人暮らしの私も沢山の友達と一緒に感謝祭を祝えることを本当に有り難く思います。

a0127398_2262525.jpg

感謝祭と言ったらターキーです。好き嫌いに関わらず、感謝祭にターキーはつきもの。朝の9時、犬の散歩に出かけたらもうターキーの焼ける良い匂いが通りに漂っていました。

感謝祭のポットラックディナーの様子は明日アップする予定ですが、夕べの私の食卓です。

a0127398_2264713.jpg

帆立(冷凍もの)のソテー、オレンジキャラメルソース。付け合わせはほうれん草(ベビースピナッチ)のレモン蒸し。お鍋で塩とレモンのゼストと一緒に蒸し煮にしたものです。

a0127398_227796.jpg

マッシュルームと卵。四つに切ったマッシュルームをガーリックのみじん切りとバター炒めし、最後にほぐした卵を入れて半熟になったら火をとめて出来上がり。パセリを散らします。

a0127398_2272063.jpg

赤いパプリカはガスの火で皮を黒焦げにします。皮をきれいに取って、ガーリックの薄切りとオリーブオイル、少量の塩でマリネしました。

a0127398_2273696.jpg

北米の皆様、良い感謝祭をお過ごしください。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-28 02:29 | レシピ

カフェスタイルのハンバーガー&今時の苺とスピナッチのサラダ

明日、27日の木曜日は北米では感謝祭です。今年も友達の家でポットラックのパーティーが開かれます。持っていく料理の材料の買い物を日曜のうちに済ませて、これで火曜、水曜と混んだスーパーに行かなくとも良いと安心していたのですが、とんだ落とし穴が。

火曜、水曜の自分の夕食の材料を買うのをすっかり忘れていたのです。仕方なく我が家から一番近いスーパー、VONSへ。私はここはあまり好きでありません。品揃えも悪いし、野菜もあまり新鮮には見えないし、店内も暗いし。だから、いつも空いています。

ところがやはりホリデーの二日前とあって、こんなに人のいるVONSは始めてという位混んでいました。しかも皆、大きなカートに満杯。

自分の迂闊さを呪いながら、夕べは簡単にハンバーガーにしようと牛ひき肉を買い求めました。最初はパン粉や卵を入れた日本風のものを考えていたのですが、直前になって気が変わりました。

オリーブオイルに漬けてあるドライトマト、コーニション(小指くらいの小さな胡瓜のピクルス)、ケイパー、タラゴン、パセリなどが入ったハンバーガーです。本当は紫玉葱のチャツネを作るのですが、今回は玉葱をバターで炒めて中に入れました。(詳しいレシピは以前のサイトをご覧下さい。)

a0127398_2582816.jpg

焼き上がってからパルメザンチーズをシェーブしてのせます。これがとても良い味を引き出します。牛肉を食べたという満足感のあるハンバーガーです。

サラダはベビースピナッチと苺、ゴートチーズ、軽くローストしたアーモンドのスライス。南カリフォルニアでは1年中苺がとれます。(ハウス栽培ではないと思います。)この時期にしては甘く、値段も1パック450g入りが$2.99とお買い得でした。

a0127398_2584565.jpg

バルサミコ酢をかけただけのシンプルなサラダです。

a0127398_259270.jpg

最近お気に入りのリサイクルのガラスで作ったスティムレスのワイングラスに赤ワイン。大きさも丁度良く、食洗機にも入れやすく、普段使いに重宝しています。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-27 03:00 | レシピ

筋わかめ入り柿なます

冷蔵庫の中に緑の野菜がありません。私は夕食には必ず緑黄野菜をのせるようにしているのですが、うっかりしていました。

緑はありませんが、人参と柿でビタミンAをとることにしましょう。

柿と人参と大根で柿なます。これだけでは普通なので、ヤブ姉さんから頂いた「乾燥すじわかめ」を使ってみました。筋若布というのを始めて知りましたが、茎若布と同じもののようです。

a0127398_3131147.jpg

乾燥ものなので水で戻すと10倍くらいにふくれました。これを細かく切ってなますに入れてみたのです。

柿(1個)は切ってからみりん(小匙1)に漬け、大根(5センチ)と人参(2センチ)は千切りにして塩を振ってしんなりしたらもんで、水気を絞ります。細かく切った筋若布と一緒にして、柿酢を加えます。柿酢はとてもマイルドなので、全体で小匙4杯ほど。

a0127398_3132538.jpg

筋若布のコリコリした食感がとても良い感じで、ユニークな膾になりました。鳴門産のこの若布、磯の香りが強いので、お味噌汁にしたり胡瓜や魚介類に合わせたらもっと特色が生かせるでしょう。

a0127398_3141168.jpg

メインは小林カツ代さんのレシピから牛肉と里芋とシメジの煮付け。肉じゃがの里芋版で、私の好きなお惣菜です。鉢植えからとって来た三つ葉を添えて。

a0127398_3142452.jpg

写真をご覧になってもお分かりのように、緑色というのはとても大事ですね。彩りだけでなく、味にもアクセントが出ます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-26 03:17 | レシピ

干し柿 2014年の備忘録

今年で3年目を迎えた干し柿作りです。温かなサンディゴ、18度Cの設定にしている暖房が夜中に入るようになったら、干し柿を作る時期の到来です。

中華のスーパー、99ランチで渋柿のハチヤを20個買い求めました。

a0127398_2493427.jpg

日本ですと、軸を残して売られているのでしょうが、こちらはご覧の通り、軸が全くついていないので、へたに荷造り用の紐をまわします。それから皮をむきます。

a0127398_249569.jpg

9個剥いたところで、縦方向に剥かずにくるくると丸く剥いていたことに気づきました。へたの周りだけ丸く剥いて、後は縦に剥いた方が仕上がりがきれいになります。

へたも欠けているものがあり、そういう柿は竹串を刺して紐をかけます。

a0127398_2501421.jpg

ウオッカ、又は焼酎を刷毛で塗り、いつものようにダイニングルームとキッチンの間に吊るしました。我が家ではここが最適な場所です。日中は20度以上に気温が上がる当地では、外は温かすぎて湿度が高く黴が生えます。却って室内の方が一日中気温が一定し、夜中は暖房が入るので乾燥するのです。

今年の干し柿はどんな出来になるのか、楽しみです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-25 02:52 | レシピ

心温まる朝食

今日の朝食は今までの人生の中で一番美味しい朝食でした。

別に豪華でも目新しいものでもありませんが、私にとってはとても素敵な朝食でした。

トーストにのせたマーマレード。ただのマーマレードではありません。「あの方」がお作りになった柚のマーマレードです。柚のマーマレード、と言ったら「あの方」のファンならお分かりだと思います。

a0127398_39326.jpg

貴重なマーマレードを惜しげもなく私に分けて下さったのです。息子さんと一緒に作られたグラノーラと共に。

カシューナッツ、アーモンド、胡桃、南瓜の種。ごろごろと沢山のナッツ類が入ったクランチーなグラノーラ。

a0127398_310714.jpg

柚のマーマレードは蓋をとった瞬間、柚の良い香りが鼻をくすぐり、思わず深く息を吸い込みました。甘さ控えめの、だから柚の香りと風味が一杯の、そしてほんの少しのほろ苦さと。絶品マーマレードです。

a0127398_311164.jpg

送られて来たのはこれだけではありません。日本からの沢山のお土産。地元産のコーヒーやクッキーやチョコレート。

a0127398_3103636.jpg

きれいな水色の包装紙にくるまれて、次々に現れる宝物。まるで、生前の母からの贈り物のようでした。

胸がジーンと熱くなり、鼻の奥がツーンとしました。

やはり、「あの方」はただ者ではありません。心優しく、包容力があり、辛く苦しいことがあっても前を見つめて颯爽と歩いておいでです。

ヤブ姉さん、本当にありがとうございました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-24 03:15 | ともだち

和風フィレステーキのタタキ風

たまにはモリモリお肉を食べて元気になろう。と今でも元気なのに、何故かそう思って買って来た牛のフィレステーキ。でも、やっぱり作る直前になってお醤油味にしてしまいました。

a0127398_2495814.jpg

タタキ風にスライスしてから盛りつけ。ソースはサイドにして大根おろしをたっぷり。焼き加減は思い描いていた通りのミディアム。

a0127398_2501068.jpg

残ったステーキは次の日にクレソンとトマトとサラダに。ドレッシングは柚子胡椒、柿酢、醤油、オリーブオイル。元々クレソンはローストビーフやステーキの付け合わせに使うのですから、相性もバッチリ。

a0127398_25023100.jpg

この日は野菜の粕汁も。蓮根、里芋、大根、人参、油揚げ。酒粕を味噌と混ぜて鰹だし汁の煮汁を少しずつ加えながらすり鉢でトロトロにして煮汁に加えます。熱々の粕汁、温まりました。


さて、ステーキの焼き方のおさらいです。

厚さ2cmの牛フィレ肉 ミディアムの焼け具合の場合


お肉は料理する2時間以上前に冷蔵庫から出して室温にしておきます。

酒、砂糖、醤油のつけ汁(なめてみてお好きな味に)にフィレ肉を10分ほど漬けます。せいぜい30分で良いです。あまり長いこと漬けるとお肉のフレーバーが無くなります。洋風の場合は焼く直前に塩胡椒します。(粗挽き胡椒を貼付けておくレシピもあります。)

ペーパータオルで水分をきっちり拭きます。

フライパンを良く熱し、サラダオイル(サフラワーなどの癖のないもの)をひきます。お肉を入れて、火加減は強火と中火の間。一旦お肉を入れたら、ひっくり返すまで決して動かしてはいけません。

片面2分半。タイマーできっちり時間を計ります。端の脂身がチリチリ少し焦げる具合の火加減です。ひっくり返して2分。これで厚さ2センチのお肉がミディアムです。このときお肉を指で押してみて、柔らかさを身体で覚えておきましょう。

焼けていないお肉はフニャフニャ、焼けすぎると弾力がなく、自分の好みの焼き加減のときの弾力具合を覚えるのです。ですから、失敗を恐れてはいけません。

お肉を別皿にとり、アルミホイルをかぶせて休ませます。この過程が大事です。休ませている間にソースを作ります。

フライパンの脂分をペーパータオルに吸い取らせます。拭き取るのではありませんのでご注意ください。

つけ汁をすべて入れます。洋風にする場合は赤ワインやトマトピュレ、ビーフブイヨン、マッシュルームのバター炒めなどを加えます。(これはフィレ肉の場合で、部位が異なるとソースも変わります。)

汁が蒸発して足りないようでしたら、酒(又はワイン)を加えて、フライパンの底や周りのものをこそげとるようにしてかき混ぜ、少し煮詰めます。お肉から出てくる肉汁も入れます。味見をして、足りないようなら塩胡椒、醤油などを加え、最後にバターを一かけ入れて、フライパンを回して均一にして、ソースにします。

お肉の部位、厚さによって焼き時間は変わります。ご自分の好きな焼き加減の時間を見つけて下さい。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-23 02:52 | レシピ

マカダミアナッツとホワイトチョコレートとクランベリーのクッキー

キッチンの戸棚に長いこと置かれていた、友達から頂いたマカダミアナッツ。これを使ってクッキーを作ろうと思いながら、時だけが経ってしまいました。

a0127398_371253.jpg

昨日は合唱のパート練習にいらっしゃる皆さんのために、やっとマカダミアナッツの出番を作りました。マカダミアナッツのクッキーと言えば、ホワイトチョコレートとの組み合わせを考えるのは、アメリカ的なのでしょうか?

a0127398_32980.jpg

マカダミアナッツ、ホワイトチョコ、ドライクランベリーをたっぷり入れた大きめのクッキーを焼きました。香ばしいマカダミアナッツ、ホワイトチョコの優しい甘さ、ドライクランベリーの甘酸っぱさ、この三つは最強の組み合せ。とても美味しく出来ました。

a0127398_322623.jpg

合唱の皆さんにも、「クランベリーってこれからのホリデーシーズンにピッタリですね。」と喜んで頂けました。

a0127398_324279.jpg

ご家族や友人が集まる機会の多い感謝祭、クリスマス、お正月などにお作りになっては如何でしょう。生地のままでも、焼いてからでも冷凍もききます。ドライクランベリーがなかったら、レーズンやアプリコットで代用して下さい。


マカダミアナッツとホワイトチョコレートとクランベリーのクッキー
レシピ:epicurious.comを参考にして私がアレンジしました。
材料:(直径5cmのクッキー22枚)カップはアメリカサイズの250ml


小麦粉 1と1/2カップ  240g
ベーキングソーダ  小匙1/2
塩  小匙3/8
無塩バター  大匙8 113g 室温にしておく
ライト ブラウンシュガー (オーガニックが望ましい) 1/3カップ 38g 塊を潰しておく
砂糖(オーガニックが望ましい) 1/5カップ 30g
卵  大1個
ピュア バニラエッセンス  小匙1と1/2
ドライクランベリー  3/4カップ 85g
ホワイトチョコレート 3/4カップ 120g 粗みじん切り
ローストしてある塩入マカダミアナッツ 1/2カップ 65g 粗みじん切り


1. オーブンを350度F(180度C)に温めておく。

2. 小麦粉、ベーキングパウダー、塩を一緒にしてふるう。

3. バターをスタンドミキサー又はハンドミキサーでクリーム状にして、二つの砂糖を入れて更にかき混ぜる。卵を入れてかき混ぜ、バニラエッセンスを加える。

4. 3に粉類を入れかき混ぜ、ゴムベラに換えて、ドライクランベリー、マカダミアナッツ、ホワイトチョコを入れてかき混ぜる。

5. 手で、ゴルフボールくらいの大きさのお団子に丸めてから平に潰し、パーチメントペーパーを二枚敷いた鉄板に5cmの間隔を空けてのせる。

6. オーブンの中段に入れ、約15分(途中で一回向きを変える。)、全体がうっすらと狐色になったら取り出しラックの上で冷ます。

*室温で2日は美味しく召し上がれます。それ以上保存したい場合は冷凍庫へ入れて下さい。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-22 03:09 | レシピ

長芋入り肉団子と白菜のスープ煮

冬にかけて甘味がでて美味しくなる白菜。夕べは豚ひき肉のお団子と一緒にシメジ、お豆腐も加えてスープ仕立てにしてみました。

白菜は煮込むと嵩が減って沢山食べられます。昨日は約1/4も食べてしまい、この日で丸のまま1個の白菜も一人で完食。

a0127398_2571718.jpg

肉団子はつなぎとして卵の代わりに長芋をみじん切りにして加えます。フワっとしながら、シャキシャキした食感と粘りがでて美味しくなりました。鰹だし汁も薄味にしてたっぷり。これからの時期にぴったりの一品です。

a0127398_2573640.jpg

副菜は春菊とリンゴの柿酢(柿酢、みりん、白醤油)和え。さっと茹でた春菊と皮のついたまま銀杏に切ったリンゴ。皮の赤いリンゴを使うときれいです。

a0127398_2575014.jpg


肉団子と白菜の煮物
材料 (二人分)


豚ひき肉  200ー250g
長芋 約5cm みじん切り
味噌 小匙1
玉葱の擂り下ろし 大匙1
生姜 一かけ 擂り下ろす
白菜 大 1/4 ざく切り
シメジなどの茸類  適宜
豆腐  半丁 奴に切る
鰹だし汁  3カップ
酒 50ml
みりん 適宜
醤油  適宜
柚の皮  適宜

1.豚ひき肉、長芋のみじん切り、味噌、玉葱の擂り下ろし、生姜の擂り下ろしを粘りが出るまで良くかき混ぜる。

2.白菜はさっと湯がく。

3.出し汁に酒、みりん、醤油を加え、煮立ったら1を団子にして加える。灰汁を取り、豆腐、茸類を加え、最後に茹でた白菜を加えて煮込む。

4.皿に盛ってから、あれば柚の皮を添える。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2014-11-21 02:59 | レシピ