やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

鮪のヅケと鯛の翁和えのちらし寿司

何か変わったものや美味しそうなものがないかと、週末の日本食料品店を訪れるのは楽しみの一つです。

金曜の午後から日本食料品店の品揃えが豊富になるからです。金曜日は午後1時半ともなるとハイウェーが混み出し、4時になるとどこもかしこも渋滞になります。従って、4時前には家に帰り着きたいものです。

さて、この日の日本食料品店、ニジヤさんにはさほど珍しいものもなく、さりとてあまり手をかけたものも作りたくなく、生ちらし寿司にすることにしました。

私はお刺し身はそのままも大好きですが、最近では一仕事したものも大好きになりました。

マグロの赤身は串に刺してガスコンロで直に表面を焼いて、煮切り醤油に20分程漬けました。

a0127398_153890.jpg

鯛のお刺身はきつめの塩で7分締めた後、酢で塩を洗い流し、水分をしっかり拭いて、削ぎ切りにして、とろろ昆布と翁和え。

烏賊は酒に10分漬けておきました。

すし飯には白い炒り胡麻を混ぜ、大葉(市販品)、胡瓜の薄切り、三つ葉(鉢植え)の千切りを散らしました。tanaさんに教わってからすし飯に白胡麻を入れるようになりました。香りも食感も良く、とても美味しくなります。

a0127398_1533085.jpg

箸休めはオクラの煮びたし。オクラは丸のまま一旦さっと茹でてから、鰹だし汁、みりん、醤油で煮含めます。

a0127398_1534575.jpg

こういうものはいつ食べても美味しい!やはり日本人ですね。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-31 01:58 | レシピ

鱈と野菜の蒸し物 タプナードのソース

身が崩れやすい鱈ですが、野菜類と一緒に蒸してそのまま食卓へ出せば、形がきれいなままでいられます。

一緒に蒸した野菜は茹でたじゃが芋、ズッキーニ、ミニトマト。タプナードには買ったばかりの変わったジャム(スパイシー・アップル・ガーリック・ジャム)も加えてみました。

a0127398_26448.jpg

癖のない鱈、パンチのあるタプナードで美味しく頂けます。

a0127398_27421.jpg

野菜たっぷりのメインの副菜としてのサラダはキノア。洋梨とナッツ類(ローストしたカシューナッツ、ピーカン、アーモンド)、ドライクランベリー、ミントを加えて、ヨーグルトのドレッシングです。(プレーンヨーグルト、塩胡椒、オリーブオイル)

a0127398_271887.jpg

じゃが芋を茹でるのとキノアを調理するのを同時進行させれば、鱈と野菜を蒸すのは5分しかかかりません。全部でほぼ30分しかかからない料理ですが、見た目もきれいで美味しい夕食でした。


鱈と野菜の蒸し物 タプナードのソース
材料(一人分)


タプナード
  黒オリーブ(出来ればオリーブオイルでキュアーしたもの)4−5個
  アンチョビ 小2本
  ケイパー 小匙1−2
  オリーブオイル 小匙1
  ジャム(スパイシー・アップル・ガーリック・ジャム) 小匙1/2
  水  適宜
オリーブ、アンチョビ、ケイパーをみじん切りにし、オリーブオイル、ジャムと水を加えてスムーズにする。

鱈  一切れ 約200g (骨無し、皮なし)
じゃが芋  小1個 (煮くずれないタイプのもの、私はユーコンを使用)
ズッキーニ 小1本 
ミニトマト 7−8個 (普通のトマト、小1個でも良い)
オリーブオイル 適宜
塩胡椒  適宜
バジル  数枚

1. じゃが芋は皮がついたまま丸のまま塩ゆでする。柔らかになったら、皮をむいて5ミリ厚さにスライスする。

2. 耐熱皿のまん中に鱈を置き、スライスしたじゃが芋、同じ厚さにスライスしたズッキーニ、トマト(ミニトマトは半分に切り、普通のトマトなら他の野菜と同じ厚さにスライス)をきれいに並べ、すべてに塩胡椒し、オリーブオイルを回しかける。蒸し器で約5分蒸す。

3. 皿のまま食卓に出し、タプナードを鱈の上にのせ、バジルを散らす。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-29 02:11 | レシピ

洋風 蕪の焦がし煮&スパイシー アップル ガーリック ジャム

皮のついた蕪の実も茎も葉っぱも一緒に料理してしまう焦がし煮が大好きです。

和のお惣菜の焦がし煮を洋風にアレンジしてみました。

皮のついたまま4ー6つに切った実はオリーブオイルで表面が狐色になるまで炒めます。次に5センチ長さに切った茎と葉っぱを加え、チキンストック、レモンのゼスト、塩胡椒を加えて柔らかになるまで煮込みます。

a0127398_1421449.jpg

最後にお好みでレモン汁を加えても。レモンの香りの良い洋風蕪の焦がし煮の出来上がりです。

さて、昨日思いのほか早く終わったタイヤの交換。帰りにいつものチーズ屋さん、Venissimoに寄りました。

なので、この日のお昼はチーズとバゲット。イタリア、ピエモント産のLa Tur。山羊と羊と牛のミルクで作られたクリーミーなチーズです。もう一つはアメリカ、ミネソタ州で作られたJeff’s Select。こちらは牛乳で作ったセミハードなチーズ。

a0127398_1425824.jpg

もう一つ変わったジャムも買ってきました。りんご、ガーリック、ハラペニョ、タイムなどが入ったジャムです。お店の方が試食させて下さいました。ちょっとガーリックが強く、朝食には”?”ですが、面白い使い道があるかも、と買い求めました。

a0127398_1431780.jpg

お店ではチーズと合わせてサンドイッチにしているそうな。

バゲットに薄く塗って、Jeff’s Selectと胡桃をのせて食べてみました。なかなか美味しい!

軽くローストした胡桃とデーツ、りんご、ソレル、ルッコラの花と共に、洒落たランチになりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-28 01:44 | レシピ

メモリアルデーのフリッタータ

昨日の月曜日はメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)で、祝日でした。

土日忙しかった私には、良い骨休み。生憎ぱっとしない寒い一日でしたが(最高気温が20度以下)ゆっくり休みました。

ランチは有り合わせを使ってフリッタータ。娘に電話していて、電話の向こうでカチャカチャ音がするので、「何しているの?」と問うと、「オムレツを作っているの。」と言う答え。

a0127398_3292840.jpg

それを聞いたら、何だか無性にオムレツが食べたくなって、ほうれん草を茹でて、トマトと玉葱のみじん切りを炒め、パルメザンチーズも加えてオムレツより簡単なフリッタータにしました。

久しぶりの卵料理、美味しかったです。

ほうれん草とトマトのフリッタータ
材料:一人分


ほうれん草 約1/4束
トマト 小1個
玉葱 みじん切り 大匙2ー3
パルメザンチーズ 大匙2ー3
卵 2個
塩胡椒 適宜

1. ほうれん草は茹でてしっかり水気を絞る。最後はペーパータオルに包んで絞リ、みじん切り。

2. トマトは湯剥きし、種を取ってみじん切り。

3. 玉葱をオリーブオイルで炒め、トマトを加え、水分が蒸発するまで炒める。

4.卵をほぐし、塩胡椒を加え、1と3とパルメザンチーズを加えて、オリーブオイルを熱したフライパン(直径約18センチ)に流し入れる。弱火で端が固まってきたらひっくり返して、もう片面を焼く。

5.皿に取り、あればバジルの葉で飾る。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-27 03:55

ロサンジェルス・フィル&ランチ

ロサンジェルス・フィルハーモニックを率いる話題の若き指揮者、Gustavo Dudamelのコンサートが聞きたくて、昨24日、ロサンジェルスまで行ってきました。

2003年に完成したロサンジェルス・フィルの本拠地であるWalt Disney Concert Hallもユニークな外観で知られる素晴らしい建物です。
写真は上記のwikiからお借りしました。

a0127398_328295.jpg

3階の中庭もちょっとしたオアシスになっています。

a0127398_328298.jpg

a0127398_3284686.jpg

a0127398_329135.jpg

音響の良いホールの内観も現代的で美しく、中央のパイプオルガンも装飾的で目を惹きます。

a0127398_329167.jpg

さて、プログラムはファリャとフラメンコのマチネーです。

a0127398_3292937.jpg

スペインで生まれ、サンディエゴ在住の有名な音楽一家の一員であるAngel Romeroがギターを弾くロドリーゴ作曲「アランフェス協奏曲」を中に挟んだプログラムです。

最後のファリャの「El amor brujo」はクラシック音楽のオーケストラをバックに、フラメンコのダンサーと歌い手とギターが入るユニークな心揺さぶられるダンスと音楽でした。

a0127398_329484.jpg

マチネーは午後2時からですので、その前に近くで評判のBaco Mercatでランチ。

a0127398_3301355.jpg

お店の方が薦めて下さったように、フラットブレッドを一つ、サイドディッシュを二つ頼んで、4人でシェアー。

a0127398_3302616.jpg

ローストしたロマネスコのサラダ。若布が入って、ドレッシングは柚子と醤油入り。ユニークでとても美味しい。

a0127398_3303865.jpg

ベイクした茄子とモッツァレラ。これも美味しい。

a0127398_3305294.jpg

どれも美味しかったので、きっとデザートも期待できるのではと、私はピスタチオのチーズケーキ。

a0127398_331942.jpg

友達の一人はヘーゼルナッツ・チョコレート・クリーム。

やはり甘さが控え目で美味。皆満足して、コンサートに向かったのでした。

サンディエゴからロサンジェルスまでは車で約2時間の道のりです。丁度道半ばで、タイヤがパンクするというハプニングに見舞われました。友達と計4人乗った車を運転していたのは私です。

2週間前に車のメインテナンスをしていたので、まさかの出来事。ハイウエーの路肩に止めて、AAAに電話をして(友達が親切に私の代わりに電話してくれました。)40分後には全て終わり、無事予約していたレストランに向かうことが出来ました。

事故にもならず、本当に不幸中の幸いでした。友達と私のスマホ、2台で電話と位置の確認に大活躍でした。

思わぬ出来事がありましたが、美味しいランチも食べ、良いコンサートを聞き、楽しい一日になったことを心の底からありがたく、温かく私をサポートしてくれた友達に感謝の気持ちで一杯です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-26 03:34 | 音楽

定期演奏会の無事終了

昨日の23日、合唱の定期演奏会が無事終了しました。一月前の会場側からの突然のキャンセル。慌てて会場を探し、開演時間を1時間変えなくてはいけませんでしたが、団員の素早い対応でなんとか乗り切りました。

コンサートを開くには沢山の裏方さんが必要です。歌の練習だけでなくプログラムやフライヤーの作成、当日の会場のセットアップ等々。皆忙しい仕事の合間に非常に良くやってくれました。

a0127398_23512367.jpg

当日のお客さんの入りはまずまず。無事やり終えた後の団員皆さんの笑顔が弾けるようで、素敵でした。

音楽的な成長もさることながら、合唱団としてまとまりのある楽しいグループになりました。

a0127398_23513841.jpg

来年の定期演奏会に向けて、既に始動しています。皆で歌うことによって一人では絶対に味わうことの出来ないハーモニーの楽しさと喜び、それが毎日の生活の彩りになってくれれば、と願っています。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-25 01:00 | 音楽

勝負食(2)〜和風のフィレステーキ〜

今年の始めに、勝負食としてポークチョップのステーキをアップしましたが、今回は牛肉のフィレステーキが演奏会前夜の勝負食です。

本当は昨日の午後は買い物に行く予定だったのですが、午前中に用事を片付けたら、急に億劫になって冷凍庫の牛フィレ肉を解凍しました。

a0127398_2132436.jpg

和風ステーキのレシピは以前のサイトを参考になさって頂きますが、やはり一度冷凍したお肉は味がやや劣ります。薄切りにして炒め物にした方が良かったのですが、他のものとの兼ね合いでステーキになりました。

a0127398_2134251.jpg

もう一つ冷凍庫の中からコーンを取り出してスープに。先日知野ファームで求めた7本、これで全部使い切りました。(レシピは以前のサイトを参考になさって下さい。冷製スープですが、基本は同じです。)

a0127398_2135755.jpg

サラダはアボカドと梨(日本の豊水)、ミント。プレーンヨーグルトにレモン汁、塩胡椒を加えて和えました。鉢植えで頑張っている残り少なのルッコラとその花を添えて。

a0127398_2141269.jpg

良い演奏会になるように、しっかり指揮をして参ります。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-24 02:15 | レシピ

ローストした苺と味噌風味のアイスクリーム

娘が母の日にプレゼントしてくれたアイスクリームメーカーの初使いは、旬の苺のアイスクリームにしました。

a0127398_4533720.jpg

でも、普通の苺アイスではつまらないので、少しひねりを利かせて、苺はメープルシロップとバルサミコ酢、黒胡椒でローストし、カスタードの方には西京味噌を加えました。

a0127398_4535099.jpg

これは私の大好きなシェフの一人、David Lebovitzさんのレシピを元にしたものです。

a0127398_454454.jpg

甘さも控えめで後味のすっきりしたアイスクリームです。

アイスクリームには卵の黄身しか使わないので、残った白身でココナッツ・フリアンド。フィナンシェに似たマドレーヌタイプのお菓子です。これが、アイスクリームに良く合いました。

a0127398_4542996.jpg

昨日、定期演奏会前の最後の合唱練習でお出ししましたが、沢山歌った後の冷たいアイスクリームとフリアンド、皆さんにもとても好評でした。

いよいよ明日は演奏会。お客さんが沢山いらして、良い演奏会になりますように。


ローストした苺と味噌風味のアイスクリーム
レシピ:David Lebovitzさんのレシピを参考
材料:カップはアメリカサイズの250ml


苺 450g
メープルシロップ(ゴールデンシロップ又は味の薄い蜂蜜でも良い) 大匙3 
バルサミコ酢  小匙1/2
黒胡椒  少々

牛乳 250ml
砂糖 (きび砂糖やオーガニック)1/3 カップ (約70g)
卵の黄身 5個
西京味噌(白味噌でも良い) 大匙2
生クリーム 1と3/4カップ (430ml)
バニラエッセンス  小匙1/4

1. オーブンを375度F(180度C)に温めておく。

2. へたをとった苺は大きいものは4つに小さいものは半分に切り、ロースト用の皿に重ならないように並べ、メープルシロップとバルサミコ酢、黒胡椒をまぶして、オーブンの上段にいれ、30ー40分ローストする。途中で1ー2回かき混ぜる。

3. ボウルに苺を移し、冷めたら鋏で細かく切り、冷蔵庫でしっかり冷やす。(3日まで冷蔵庫で保管できる。)

4. 牛乳と砂糖を鍋に入れて温める。

5. 大きなボウルに氷水を入れ、それに入る大きさのボウルを浮かせ、生クリームを入れておく。

6. 卵の黄身に味噌を加えて良くかき混ぜる。温めた牛乳を少しずつ加えながら更にかき混ぜる。良く混ざったら、鍋に戻して弱火で温める。ゴムベラなどでかき混ぜながら、トロッとするまで火を通す。漉しながら、生クリームの入ったボウルに入れ、冷たくなるまでかき混ぜる。バニラエッセンスを加え、冷蔵庫でしっかり冷やす。

7. 冷えてローストした苺とカスタードを一緒にし、アイスクリームメーカーの説明書きに従って、アイスクリームを作る。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-23 04:57 | レシピ

イスラエル サラダ 再び

イスラエル サラダは冷蔵庫に残っている野菜や、冷凍庫に眠っているナッツ類を何種類か組み合わせて作ることが出来る便利で美味しいサラダです。

夕べ使った野菜は紫玉葱(1/6個)、人参(5センチ)、胡瓜(小1本)、トマト(小1個)。これらを全て角切りにします。ナッツはあり合わせのもので良いのですが、この日は、胡桃、アーモンド、カシューナッツ(全部合わせて約1/3カップ)。これらを軽くオーブントースターでローストして、野菜と同じくらいの大きさに切ります。(これでほぼ二人分)

a0127398_1463861.jpg

香菜のみじん切り(大匙2ー3、またはパセリ)と一緒に、塩、胡椒、レモン汁、レモンのゼスト、オリーブオイルで混ぜるだけ。お好みでフェタチーズやゴートチーズを入れても良いでしょう。

元はDavid Lebovitzさんのレシピですが、好きな野菜やナッツを組み合わせて自由に作ることが出来るのが嬉しいですね。ナッツ類の香ばしさがとても美味しいサラダです。

a0127398_1465552.jpg

メインは鰤。半日塩麹にマリネした鰤は、小麦粉をまぶしてハーブ類とオリーブオイルでソテーしました。同じフライパンでアスパラとシメジも炒めて、最後にバルサミコ酢を回しかけて出来上がり。

a0127398_147536.jpg

野菜の種類も量もたっぷりの夕ご飯。心身ともにすっきりしました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-22 01:49 | レシピ

紅鮭の昆布締め&しらす干しと梅干しのまぜご飯

最近かなり忙しい日が続いているので、仕事が終わってからの夕ご飯は、簡単にできるものを考えます。

ちょっとした合間に、アラスカ産のお刺し身用の紅鮭を昆布締めにしておきました。塩をきつくふって10分。流水で洗ってきっちり水分を拭き、柔らかにした昆布で巻き、漬け物器でぎゅっと締めて3時間。

a0127398_1363693.jpg

本当は一晩くらい締めれば良いのですが、3時間でも結構昆布の味がしみ込んでいます。塩気が足りなければ、粒塩を振りかけます。

しらす干しと梅干しをちぎって、白胡麻と一緒に炊きたてのご飯に混ぜます。紫蘇の葉の千切りをのせて、これだけでも充分美味しいのですが、少し豪華にイクラをのせました。

このレシピは佐川芳枝さんの「寿司屋のかみさんのちょっと箸休め」に載っていたもので、元はシラスと梅干しを一緒に炊き込んでしまうものです。今回は後で混ぜて、もっとお手軽にしました。

a0127398_1365531.jpg

梅干しとシラスの香りと塩加減が丁度良くご飯に混ざリ、また白胡麻のプチプチした食感もよく、簡単ながら美味しいご飯です。

ガイラン(チャイニーズ・ブロッコリ)をオイスターソースの入ったソースで和えましたが、写真に撮り忘れました。

まだまだ忙しい日が続きます。きっちりご飯を食べて、乗り切らなくては。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-05-21 01:40 | レシピ