やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

サンディエゴのトレンディなレストラン

2日前の土曜日、美味しいレストランの情報に詳しい友達に誘われて、ダウンタウンに近いリトル・イタリーという地域にあるレストラン、Juniper and Ivyを訪れました。

a0127398_101173.jpg

さて、このレストラン、外観もメニューも今はやりです。オークランド、ロサンジェルスで訪れたレストラン、全てむき出しの天井です。きっとコストもかからないのでしょう。

a0127398_10254.jpg

アミューズの小さなパイ。ハーブの香りのする温かなホワイトソースのフィリングが美味しい。

スモールプレートを4つ頼んで友達とシェアー。一人二皿で充分とウエートレスさんはおっしゃいましたが、小食の私たちでもかなり軽め。

a0127398_104250.jpg

蟹(ストーンクラブ)とコーン(生)、ミニトマト、ネクタリンをマヨネーズで和えたもの。

a0127398_105795.jpg

ボタン海老のグリル。頭の部分の味噌も美味しく食べられます。

a0127398_111125.jpg

茸(シャンテレル)のソテーにロブスターのソース。ソースがとても美味。

a0127398_112689.jpg

銀ダラのソテー。銀ダラを野菜と一緒に洋風にソテーするのも美味しいものですね。これは真似が出来るかな?

a0127398_114857.jpg

最後は桃のムース。かなり想像とは違う物が出てきたのですが。。。甘さもアメリカとしてはくどくなく、そこそこ美味しいけれど、キャラメライズされたグラノーラが多すぎて少し邪魔。朝ご飯みたいになってしまいます。

ここはワインやカクテルの種類が豊富です。お酒を飲みながら色々な小皿をつまむのには最適でしょう。でも、お酒を飲まない友達と運転手の私なので、それが少し寂しい。

土曜の夜なので、お店は若い人たちで混み合っていました。サンディエゴにもようやくトレンディなレストランが出てきたようです。それはとても喜ばしいこと。今度は別の物を食べに来てみましょう。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-30 01:03 | レストラン

6月の保存食 ♪マンゴーチャツネ、チェリーの赤ワイン煮など♪

この3週間で作った保存食のご紹介です。梅酒や梅干しのように長期間保存できる物ではありませんが、この季節ならではのものです。

a0127398_1585471.jpg

a0127398_1591019.jpg

既にご紹介しましたが、赤紫蘇ジュース。使った紫蘇も細かく刻んで甘辛く煮て佃煮に。

a0127398_1592771.jpg

フレッシュなままでは食べ切れそうになかった到来物のマンゴーはチャツネ。これは冷蔵庫で6ヶ月もちます。レシピは下に書きました。

a0127398_1594748.jpg

カレーライスなどに添えるのに最適です。日本ではマンゴーは高価な果物のようですが、サンディエゴではメキシコ産が先日は近くのスーパーの安売りで、1個69セントでした。

甘いだろうと思って買った知野ファームの苺。案外酸っぱかったので、甘煮にしようと砂糖をまぶして火にかけるも、水分が出て来なくて焦げそうに。慌てて目の前にあったポートワインを注ぎました。

a0127398_20759.jpg

自家製のヴァニラアイスクリームに添えました。バニラビーンズとバニラエッセンスの両方が入ったカスタードスタイルのアイスクリーム。卵の黄身の色が濃いので、市販のとは違って黄色です。そして、もちろん味の方も絶品。八丁味噌パウダーを振りかけて。

a0127398_202987.jpg

最後はチェリーの赤ワイン煮。これも作り始めて今年で3年目です。冷蔵庫では1週間程度しかもちませんが、冷凍が出来るので便利です。(以前のサイトではチェリー450gに対して赤ワインを310ml使いましたが、ワインは200ml位でも大丈夫です。)

a0127398_204419.jpg

プレーンヨーグルトやアイスクリームにかけたり、チェリーパイのフィリングに、また豚肉のフィレのソテーのソースとしてもとても美味しく頂けます。


マンゴー・チャツネ
レシピ:Martha Stewartのレシピを参考
材料


生姜の擂り下ろし  小匙1
マンゴー 大1個又は小2個 皮をむき果肉を粗みじん切り
玉葱  みじん切り大匙2
赤パプリカ 1/4個 マンゴーと同じ大きさの粗みじん切り
ガーリック 1片 みじん切り
塩胡椒  適宜
砂糖 大匙1
レーズン又はカラント 大匙2
ワインヴィネガー 大匙2
水  大匙3−4

上記の材料を全て鍋に入れ、沸騰したら弱火にして15分。冷めてから瓶などに詰める。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-28 02:07 | レシピ

鮪とアボカドと長芋の山葵和え トリュフソース風味

先日安売りで買った2個のアボカド。1個はお昼に頂ましたが、残りの1個も早く食べてしまわねば。

そのことが頭にあって、ヘアーカットをしてもらった後に寄った日本食料品店で、メバチマグロのお刺し身を購入。

鮪とアボカドの組み合せにするつもりだったのですが、作る段になって一緒に買ってきた長芋も入れてみることにしました。全て角切り(長芋だけは少し小さめ)にし、青葱もうす切りにし、香菜と初収穫のライムのゼストと汁、山葵醤油で和えて、最後に醤油風味のトリュフソースをかけました。

a0127398_0255354.jpg

皮が黄色になってしまったライムも中は薄緑色で、ちゃんとライムの香りがしました。トリュフソースの香りが贅沢なセヴィチェスタイルの和え物です。

後の二品は茹でてある粒貝とオクラの酢味噌和えと蒸し茄子と胡麻ソース。

粒貝はちょっと匂いがきつかったので(悪くなった匂いではありません)、さっと湯がきましたが、そのせいで固くなってしまいました。

a0127398_0261731.jpg

茄子はへたを切って、縦の十字に切り込みを入れ、ふわっとラップをかけ、電子レンジで1−1分半。柔らかになったら手で縦に裂きます。胡麻は煎って擂り、みりん、醤油、水でのばし、最後に胡麻油で香り付け。

簡単ですが好きな一品です。

最近、魚料理のアップが続いていますが、お肉も頂いています。ただ、何となくお肉料理はアップしそびれています。写真はたまっていますので、そのうちアップしましょう。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-26 01:45 | レシピ

我が家の桃_2015

今年も我が家の桃が収穫時期を迎えました。

今年は天候不順で、2、3、4月と真夏のように暑い日があったのですが、5月は一転して寒い日が続き、6月の中旬まで曇り日ばかりでした。おまけに大干ばつで、スプリンクラーを充分に稼働することが出来ず、水不足。

a0127398_221628.jpg

そんな中で健気に実をならせてくれました。あまり摘果はしなかったのですが、元々果実の数が少なく、そのせいか例年より幾分大きめです。と言っても、青梅より二周り大きいだけですが。

2014年の桃の記事
2013年の桃の記事
2012年の桃の記事

もう少し熟してから収穫しようと思っているうちに、鳥や動物(多分チャー君)に数個食べられてしまったので、見切り発車をして、まだ青いものも採りました。

友達が以前、もう一日待って収穫しようと思っていたら、夜のうちに100個程あった桃の実を一つ残らず動物たちに食べられてしまった、という話を聞いたからです。

a0127398_223569.jpg

さて、笊の中で良い香りを放っている桃はとても甘くジューシーです。ちなみに笊の中の小さい黄色の果実はライムです。今までは花が咲いても実がならなかったライム。植えて数年になりますが、今年始めて収穫しました。

a0127398_225581.jpg

バナナ、ヨーグルトと一緒に、メープルシロップと八丁味噌パウダーを振りかけて、素敵な朝食になりました。食べられる花、少し酸味のある球根ベゴニアを添えて。

今年は水不足から一年草を植えることはやめたのですが、数年ごしの球根ベゴニアが今年も花をつけました。この花は水やりが少なくて済み、食べることが出来るので、料理の飾りにも使える便利な花です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-25 02:05 | 季節

鯛の煮こごり

数日前のことです。ニジヤさんで鯛の頭が沢山売られていました。梨割になっていたので、1パック買い求めました。

食べやすい大きさに切った鯛は笊の上に皮を下にして置き、沸騰して一呼吸置いたお湯を注ぎ、すぐに氷水にとります。鱗と血合を丁寧にとり、酒と同量の水をアラがかぶるくらい入れて煮ます。

沸騰したら灰汁を引き、砂糖を入れて弱火で落とし蓋をして約15分。火が通ったら醤油を加えます。醤油は2−3回に分けていれるので、最初に沢山入れません。

少し煮詰まってきたら、みりんと最後にたまり醤油を入れて香り付け。

この日は別の献立だったので、冷めてからタッパーに入れて冷蔵庫へ。

a0127398_210199.jpg

翌日は素敵な煮こごりが出来上がっていました。生姜の千切り(水に晒して灰汁を抜く)と木の芽を添えて。

a0127398_210429.jpg

白い熱々のご飯と共に美味しいランチになりました。こんなに簡単に煮こごりが出来るのなら、今度は身だけをせせって、もっとお洒落な煮こごりを作ろうと思いました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-23 02:11 | レシピ

トレヴィーゾとチェリーとブリーチーズのサラダ

トレヴィーゾ(ラディッキョ・ロッソ)は比較的長持ちする野菜ですが、それでも早く食べた方が美味しいに決まっています。トレヴィーゾはリゾットも美味しいのですが、買ってある鱈も食べなくてはならず、サラダにすることにしました。

でも、組み合わせる良い野菜がありません。冷蔵庫の中を探していて、6個ばかり残っているビングチェリーを見つけました。チェリーと合わせるのも悪くないかも、と思いつきました。

トレヴィーゾはオリーブオイルを塗って網の上でさっとグリル。

一方チェリーはオリーブオイルをしいたフライパンでソテー。皮が破れそうになったら火を止めてキルシュを少々振りかけます。

a0127398_1562683.jpg

両方をお皿に盛ってからブリーチーズ(brie fermier)をちぎってのせました。グリルしたての熱いトレヴィーゾの上でチーズが溶けて、ドレッシングも塩もいりません。

少し苦みのあるトレヴィーゾと甘いチェリーとブリーのコンビネーション。洒落た美味しいサラダになりました。前菜にも良いでしょう。

a0127398_1564349.jpg

メインは鱈とズッキーニとトマトのブリュノワーズ。野菜たっぷりの夏らしい一品です。

a0127398_1572770.jpg

副菜は白アスパラガスのグリル。醤油風味のトリュフソースをかけて、高級感のあるアスパラガスの一品になりました。

a0127398_1575235.jpg



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-22 01:59 | レシピ

蒸し雲丹&鰹のタタキのサラダ

雲丹は南カリフォルニアの特産品です。サンタバーバラやサンディエゴで穫れるので、日本食料品店ではほぼ年中生雲丹が売られています。

昨日訪れた日本食料品店、ニジヤさんでは一船$7.99のものがありました。普段は$12.99です。本日の目玉商品なのかと思ったのですが、安売りの印はなく、$12.99のものも売られています。

二つの違いをよく見ると、どうやら賞味期限の違いだけのようですので、安い方(これでも期限までは2日の猶予があります。)を買い求め、蒸し雲丹にしました。

a0127398_246175.jpg

雲丹は船に入ったまま蒸し器に入れて強火で3分。練り山葵を添えて。さっと蒸した雲丹も乙なものです。

メインは鰹のタタキをサラダ風に。この鰹のタタキは日本からの冷凍物です。スライスした鰹はレモン汁と醤油に漬けておきます。

a0127398_2464252.jpg

ハワイ産のワラワラと言うあまり辛くないオニオンを氷水に晒してしっかり絞り、貝割れ、大葉、生姜の擂り下ろし、大蒜の薄切り、ミニトマト、アイスプラントと一緒に。あまり酸っぱくない自家製ポン酢をかけて。

一年ぶりの鰹のタタキを大皿に一杯、玉葱が美味しくて完食してしまいました。アイスプラントの食感との相性が良かったことも付け加えておきます。

この夏始めての焼き茄子。茄子が美味しくなると夏を感じます。

a0127398_247169.jpg

夕べはノンアルコールもどき。今年も作った自家製赤紫蘇シロップにミネラルウォーターを加え、数滴テキーラを入れました。これで甘さが消えて食事にも合うようになりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-21 02:48 | レシピ

ブルーベリーたっぷりのプレーンなケーキ ♪隠し味は八丁味噌パウダー♪

合唱の練習の後にお出しするデザートを何にするかは、ちょっと頭を悩ませます。

夜なので軽いもの、散々歌った後の疲れた喉に優しいもの、今まで作ったことがなくて初夏らしいもの、そして何より簡単にできるもの。

a0127398_1523819.jpg

これらの難問をクリアーしたデザートが表題のケーキです。旬のブルーベリーをたっぷり使った素朴なお菓子。しかもとても簡単。焼く時間を入れても1時間もかかりません。

a0127398_152503.jpg

甘さもを控えめにしたので、朝食にもスナックにも、ピクニックにも色々使えます。いつの間にか手が伸びる、そんなケーキです。

a0127398_1531444.jpg

お出しする直前に粉砂糖を振りかければ、もっとお洒落な感じになりますが、このままで素朴さを出すのも良いと思います。


ブルーベリーたっぷりのプレーンなケーキ ♪隠し味は八丁味噌パウダー♪
レシピ:Dorie Greenspan著「BAKING」のBlueberry-Brown Sugar Plain Cakeを参考
材料:9x9インチ(22.5x22.5センチ)のケーキ型 1個分
   カップはアメリカサイズの250ml

小麦粉 1と1/3カップ
ベーキングパウダー  小匙2
八丁味噌パウダー 小匙1/2 (シナモンでも又は何も入れなくとも良い)
塩 小匙1/8
卵 大2個 黄身と白身に分ける
無塩バター  大匙8 (アメリカの1スティック) 室温にしておく
ライト・ブラウンシュガー  1/2カップ (ブルーベリーが酸っぱい場合はもう少し増やしても良い)
牛乳  1/2カップ
ブルーベリー 500ml (フレッシュなものが手に入らない場合は冷凍でも良い、その場合はとかさずに使う)

1. オーブンを190度C(375度F)に温めておく。

2. ケーキ型にバターを塗りパーチメントペーパーを敷き、さらにその上からバターを塗る。(このバターは分量外)

3. 小麦粉、ベーキングパウダー、塩、八丁味噌パウダーを混ぜておく。

4. 卵の白身を塩少々(分量外)と一緒に固く泡立てる。(スタンドミキサーの場合は別のボウルに移す。)

5.室温にしたバターと砂糖を一緒にクリーム状になるまで撹拌する。(スタンドミキサーの場合は上記のボウルを洗わずにそのまま使って良い。)卵の黄身を加え、さらに2分撹拌する。

6.5に3の粉類の半量を加えかき混ぜ、牛乳を加えてさらに撹拌する。良く混ざったら残りの粉類を入れかき混ぜ、ゴムベラに変えて固く泡立てた白身の1/4を入れてかき混ぜる。

7. 残りの白身を泡を潰さないように軽く丁寧にかき混ぜる。最後にブルーベリーを加えてかき混ぜ、ケーキ型に流し入れる。

8. 温めおいたオーブンの中段に入れ、約35分。中央に串を刺して何も付いて来なくなリ、表面が狐色になったらオーブンから取り出して冷ます。

*サーヴするのは少し温かなうちでも室温でも良い。タッパーなどに入れれば室温で三日もつ。冷凍も出来る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-20 01:54 | レシピ

じゃが芋とほうれん草とアンチョビのグラタン

久しぶりにアンチョビ味のじゃが芋のグラタンを食べたくなりました。この元のレシピはジュリア・チャイルドのものですが、少し簡単にしました。

a0127398_201980.jpg

2代目のジュリア・チャイルドの名著「Mastering The Art Of French Cooking」もぼろぼろになってしまいました。今では滅多に繙くことのない本ですが、フランス料理の基本と私自身の思い出が一杯つまっています。

a0127398_203360.jpg

メインは鮭のパピヨット。ソテーしたチェリートマトとレモン、バジル、青葱、オリーブオイルをまぶした鮭をホイル焼き。付け合わせは一緒にオーブンで焼いた白アスパラガス。

a0127398_205367.jpg

最近逆流性食道炎が悪化したので、アルコールをやめています。ワインに合う夕食ですが、こんなときはワインを飲みたいとも思わないものですね。早く良くなって、今夜は白?赤?と考えるようになりたいものです。

じゃが芋とほうれん草とアンチョビのグラタン
材料(一人分)


じゃが芋 1個
バター 小匙1/2
アンチョビ 1-2本 又はアンチョビペースト 適宜
ベビースピナッチ 3−4つかみ 普通のほうれん草なら半束
パルメザンチーズ  大匙1−2
生パン粉  大匙3−4

1. じゃがいもは皮をむいて5ミリ幅に輪切りにし、塩ゆでする。茹で上がったら水分をとばし、バター(分量外)を塗った耐熱皿におく。アンチョビを数カ所にちぎっておく。

2. ほうれん草又はベビースピナッチを蒸し煮(水を入れないで蓋をした鍋で蒸し煮)して水分を絞って、じゃが芋の上に置く。(普通のほうれん草の場合は適当な長さに切る。)

3. パルメザンチーズと生パン粉を混ぜて上にのせ、バターをちぎって数カ所にのせ、190度C(375度F)に温めておいたオーブンの中段に入れ、20−25分、表面に薄く焼き色がついたら出来上がり。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-19 02:02 | レシピ

鯖の煮おろし&じゃが芋の煮物

この日の夕食のように鰹だし汁を沢山使うときは、最初に鰹節で出汁を取ります。花鰹を入れて5分。少し濃いめのだし汁を作りました。

切り身の鯖をどう調理しようかと、志の島忠著「日本料理総菜事典」をパラパラと。目に留まったのが、煮おろし。

鯖は骨をきれいに取り、5センチの削ぎ切りにして、みりんと酒の中に5分ほど漬けておきます。水気をとり、片栗粉を少量つけて、サラダオイルを入れたフライパンで両面こんがりと焼きました。(本では唐揚げです。)

a0127398_2202142.jpg

一方、出し汁にみりんと醤油、鷹の爪を入れて煮立ったら、さっと洗って水けを切った大根おろしを入れて、煮立ったら火を止め、焼き上がった鯖の上にかけます。三つ葉を添えて。とても美味しい鯖料理になりました。

ユーコンポテトは煮崩れしにくいので、面取りもせず、適当に切ったら水でさっと洗って余分なスターチを取り除き、ひたひたの出し汁で煮ます。途中、砂糖と醤油を入れて柔らかになったら、火を止めて味を沁み込ませます。

a0127398_2204417.jpg

食卓に出す寸前にもう一度温め、バターを一かけ入れ、器に盛ってからすり生姜でとめ。和風の美味しいじゃが芋の煮物です。

案外早く駄目になってしまうスベリヒユは湯がいてお浸し。最後に削り節を振りかけるのを忘れました。

a0127398_2211740.jpg

空豆は鞘から出して塩ゆで。

和のお惣菜四品。この日も美味しく頂きました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-06-17 02:25 | レシピ