やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

鶏胸肉のグリル エストラゴンバター添え

先日Whole Foodsで安売りになっていた美味しいエアルームの鶏胸肉を塩麹に1日漬けておきました。

お料理会で使って残ったエストラゴン(英語ではタラゴン)を使い切りたくて、みじん切り(大匙1)にしてバター(小匙1)とオリーブオイル(小匙1)、塩少々と一緒にソースを作りました。

鶏胸肉は塩麹を拭き取り、ラップに挟んで肉叩きで厚さを均一にし、魚網でグリル。弱めの中火でアルミホイルをフワッとかけて蒸し焼きのようにします。

a0127398_1364981.jpg

エストラゴンの甘いような優しい香りが美味しい鶏料理です。

付け合わせはロマノインゲンを茹でてから胡桃と一緒にバターでソテーしました。胡桃でなくアーモンドなどでも良いでしょう。

a0127398_137476.jpg

サラダは西瓜、ミニトマト、胡瓜とハーブ(バジル、エストラゴン、チャイブ)。ドレッシングは塩、胡椒、ヴィンコット、オリーブオイル。クランチーなチャイニーズ・キューカンバーと甘くてジューシーな西瓜はなかなか良い組み合せでした。

a0127398_1371613.jpg

西瓜は疲労回復や利尿作用があると言われています。暑さで疲れた身体を西瓜で癒してあげましょう。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun | 2015-08-23 01:38 | レシピ

プラムケーキ

先日無花果のケーキを焼きましたが、それと同じ生地でプラムケーキを作りました。これは以前作ったことがあるので、桃かネクタリンにしようと思っていたのですが、良い品がなく、それに最近桃ばかり使っているので今回はプラムで。

プラムは時としてとても酸っぱいものがあるのですが、これは比較的甘く、とても美味しく出来ました。

a0127398_217197.jpg

レシピは以前のサイトを参考にして頂きますが、最後にアップルジェリーにラム酒を加えて温めて(電子レンジを使用)ゆるくし、刷毛で表面を塗って艶やかにしました。

a0127398_2171595.jpg

塗る前の写真はこんな感じです。グレーズを塗ると見た目も美味しそうになります。

そして、今回は甘さが心配だったので、オーブンに入れる前にブラウンシュガーを小量、プラムの上に振りかけて焼きました。

サーヴするときはプラムを半分に切るようにして、切り口を見せるときれいです。ホイップクリームも合うでしょう。

a0127398_2173236.jpg

夕べは合唱の練習の後にお出しし、今朝は朝食で頂きました。2−3日は涼しい室内で保存できますが、心配でしたら冷蔵庫に入れて下さい。でも、冷凍は出来ません。

甘酸っぱいプラムたっぷりのしっとりした美味しいケーキです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun | 2015-08-22 02:20 | レシピ

ケールとパン粉とチョリソーのパスタ

友達から頂いた自家製ケール。先日天ぷらにしましたが、まだ残っています。チップスは美味しいけれど、暑いのでオーブンは稼働させたくなく、久しぶりにパン粉と一緒にパスタを作ることに決めていました。

そんな時、娘から電話がかかってきました。最近野菜作りにはまっている娘夫婦。今年はトマトや胡瓜やビーツ等随分収穫があり、野菜は買わなくとも良いとのこと。ケールも作ったのだと言いました。

私がパン粉とケールのパスタの話をすると、娘はケールとソーセージを一緒に炒めてパスタにすると美味しいと言うのです。なるほど。ソーセージはないけれどチョリソーが余っているので、使ってみることにしました。

冷凍の食パン一切れをフードプロセッサーでパン粉にし、ガーリック(1片)のみじん切りと一緒にオリーブオイルでカリカリになるまで炒めて、ペーパータオルの上に取り置きます。

固い真ん中の軸を取ったケールは塩を入れた湯で2分茹で、水にとって絞り、みじん切り。

ケールを茹でた後のお湯に塩を足してパスタ(ファルファッレを使用しましたが、ペンネやフジッリなどでもよいでしょう。)を茹でます。

a0127398_1523595.jpg

きれいなフライパンにオリーブオイルをしき、種を抜いた鷹の爪、薄切りのチョリソーを炒め、みじん切りのケール、アンチョビを加えて炒め、パスタの茹で汁を少し加えます。最後にパン粉とガーリックの半量を混ぜ、茹で上がったパスタと絡め、お皿に盛ってから残りのパン粉を振りかけて出来上がり。

チョリソーを入ても入れなくともどちらも美味しいです。

a0127398_152474.jpg

残しておいた2本の松茸はグリルして、レタスとパルメザンチーズとサラダ。レモンゼストと粒塩、レモン汁をかけただけのシンプルさが美味しい。

a0127398_15377.jpg

松茸と一緒にグリルしたベビーコーン。丸茄子のソテー。最後にチーズをのせたら全部溶けて影も形もなくなったので、味噌パウダーを振りかけました。

a0127398_1532110.jpg

「我が家の無花果はこれでお終い。」と惜しげも無く最後の無花果を分けて下さった心優しい友達。チーズ屋さんで切ってもらったパルマ産生ハムと。無花果は切り口にバルサミコ酢をかけて5分程ロースト。胡桃も一緒にローストして香ばしさを。ウーン、美味しい!

a0127398_1533967.jpg

キッチンとダイニングには入れないチャー君。美味しい匂いだけさせてママだけ食べているのはずるい、と思ったのか、私が座っている横の窓辺に来て、不満げなチャー君。

a0127398_1535261.jpg

ごめんね。でも君にはあげられないの。と言いながら一人美味しそうにぱくつく飼い主でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun | 2015-08-21 01:56 | レシピ

水蛸など和食6品

ブログのアップが前後しましたが、今日は三日前の日曜日の話です。

週末、日本食料品店、ニジヤさんで「夏の北海道フェアー」が開催されていたので訪れました。北海道からの直送品に胸を躍らせて行ったのですが、あまり買いたいものもなく、その中で珍しい水蛸を買って来ました。

a0127398_1472329.jpg

既に蒸してあるものですが、太さが普通の蛸の倍くらいあります。

a0127398_1474542.jpg

皮を剥いで、白い所は薄切りにしてお刺し身。

a0127398_1475899.jpg

皮は吸盤の大きさに切って、ガーリック、鷹の爪、ミニトマトと一緒にオリーブオイルで炒めました。最後にお醤油をジャーッとかけて。これはなかなか美味しく出来ました。

a0127398_1481945.jpg

お刺し身用の帆立は大根おろし(鬼おろしですってシャキシャキ感を出します。)と茗荷と酢の物。(お酢はリンゴ酢を使用)三つ葉をあしらいに。

a0127398_1484446.jpg

鯛のお刺身は塩で〆て酢洗いし、翁和え。

a0127398_1485762.jpg

ソーニャさんがコメントで教えて下さった無花果の田楽。

野菜もなくてはと思いインゲンの煮びたしも加えて。

a0127398_149375.jpg

こんなに沢山作るつもりはなかったのですが、気がつけば6品。お腹一杯になりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun | 2015-08-20 01:52 | レシピ

天ぷらと雲丹の味噌汁

8月17日は夫の命日。今年で丸四年が経ちました。長いようで短く、短いようで長い4年です。

命日にはやはり夫の好物を作りました。

暑いからといういい訳、一人分だから面倒という言い訳もこの日ばかりは仕舞って、天ぷらです。

a0127398_1495649.jpg

魚介類は海老、帆立、水蛸。野菜は茄子、ピーマン、インゲン、ミニトマト、初物の松茸、残り少なになった鉢植えの茗荷、友達から頂いたケールと無花果。

衣は卵の黄身1個、冷水200ml, 小麦粉100gをふるって、だまが少し残るくらいにかき混ぜます。夕べはサフラワーオイルでサラッと揚げました。

a0127398_1501999.jpg

左が夫へのお供え。(後で下げて冷蔵庫に入れました。今日は天丼か天ぷら蕎麦にでもしましょうか。)久しぶりの天ぷらはとても美味しく出来ました。特に美味しかったのが松茸とケールと無花果。抹茶塩が良く合いました。

〆は雲丹のお味噌汁。生雲丹はお刺し身で食べられる新鮮なものですが、一度これを作りたかったのです。

a0127398_1504367.jpg

夫が学生の頃、フィールドワークで積丹半島の漁村にテントを張って1ヶ月現地調査をしたことがあるそうです。ある朝、漁師の家の方が朝ご飯を振る舞ってくれ、そのとき出て来たのが、穫れたての雲丹のお味噌汁だったそうです。お味噌汁とは言え、お味噌は全く入っておらず、雲丹だけで、それがこの上もなく美味しかったのだと、何度聞かされたことか。

a0127398_151328.jpg

その雲丹汁には遠く及ばないでしょうが、雲丹たっぷりのお味噌汁にしてみました。かつお出汁に雲丹と赤味噌をざっと擂り鉢で擂り、一煮立ち。

お葱も吸い口も無しで、素朴に。北海道の豪快さには敵わないでしょうが、とても美味しいお味噌汁でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun | 2015-08-19 01:52 | レシピ