やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アメリカ料理 ( 10 ) タグの人気記事

メロンの冷製スープ&ホット・シュリンプ

8月31日(月)の夕食から

28日に知野ファームで買ったメロンの甘い香りが家中に広がっています。半分に割ると正に完熟。これは冷製スープに。

a0127398_14577.jpg

お刺し身用の大きな赤海老は蒸し器に水でなくビールを入れ、粒胡椒、鷹の爪、ローリエを加え、赤い唐辛子の入ったスパイスをたっぷり海老に振りかけて蒸します。

a0127398_161814.jpg

このスパイスには、セロリソルト、マスタード、レッドペッパー、ブラックペッパー、ローリエ、クローブ、オールスパイス、生姜、メイス、カルダモン、シナモン、パプリカが入っています。

a0127398_162870.jpg

20年近く前、私が東海岸に住んでいた時、彼女が二人のお嬢さんを連れてやって来たことがあります。その時メリーランド州の名物の活きているブルークラブをビールとこのスパイスを使って蒸してご馳走したことがあります。この料理名はホット・クラブ。

彼女はそれがとても印象的だったらしく、忘れられない思い出となっていたので、今回は海老で料理しました。とても美味しかったです。

a0127398_164886.jpg

後は蒸しておいた玉蜀黍のバター炒め。わざと粒粒にせずに炒めました。そして、彼女が毎日食べているというトマトのサラダ。

冷たい白ワインを合わせましたが、殆ど飲めない彼女なので、それが少し寂しいと言えば寂しいのですが、二人でお喋りしながらの夕食は何にも増して楽しいものでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-09-12 01:07 | レシピ

Seasons 52 ーちょっと洒落たアメリカ料理のレストランー

2日続けてレストランでのランチになりました。

モールの中にあるレストランは大体はイマイチの所が多いのですが、ラ・ホヤのUTCにあるSeasons 52はなかなか美味しい料理を提供してくれます。

午前11時から夜の9時まで通しで開いており、ワインバーで簡単なつまみも頂ける便利さから、いつも混んでいるので、食事の際は予約が必要です。

a0127398_294381.jpg

さて、友達3人で訪れたこの日、私は最初にアスパラガスのスープ。レモンの酸味と風味がユニークです。

a0127398_295977.jpg

メインは私にしては珍しくローストチキン。外側の皮がパリパリで中はジューシー。とても美味しく焼き上がっていました。

a0127398_2101548.jpg

友達は二人ともキャラメライズした帆立のソテーがリゾットの上に。

a0127398_2103061.jpg

かなりお腹一杯になりましたが、友達とデザートを半分こ。様々なパルフェから、友達はピーカンを選びました。アメリカにしては甘さ控え目で、美味しかったです。

この日も話の種が尽きないガールズトーク。3時間くらい居座ってしまいました。美味しいランチを食べて、お喋り三昧。この日も楽しい一日でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun | 2015-04-27 02:12 | レストラン

アボカドとドライトマトとチーズとバジルのサンドイッチ

珍しくランチにサンドイッチを作りました。お昼は大抵は前の晩の残り物かうどんやラーメンなどの麺類ですが、この日は残り物もなく、麺類の具になるものもなく、仕方なくサンドイッチ。

アボカド(1個)はレモン汁と一緒にマッシャーでつぶします。オリーブオイルに漬けてある瓶入りドライトマト(半分に切ってあるもの3枚)はペーパータオルで油分を取り、千切りにしてアボカドに混ぜます。ハラペニョの代わりにほんの少し柚子胡椒も加えました。

a0127398_265528.jpg

お好みのチーズ(私が使ったのはゴーダ系)を切ってのせ、その上にバジルをたっぷりのせました。

a0127398_27917.jpg

アメリカ流ならパンの耳もそのままで半分に切るだけですが、耳も取り、四つの三角に切りました。写真を見ながら、いつの間にか私もアメリカ風の具沢山のサンドイッチを作るようになったな、と思いました。

a0127398_272283.jpg

もっとアメリカ風にするなら、胡瓜のピクルスを縦に半分に切ったものとポテトチップスかフレンチフライがつきます。久しぶりに作ったアメリカ流具沢山のサンドイッチ、美味しかったです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-27 02:09 | レシピ

マンハッタン クラムチャウダー&三色キノアのサラダ

日本のスーパー、ニジヤさんで見つけた「超目玉」のレッテルが貼ってあった蛤でクラムチャウダーを作ってみました。

クラムチャウダーは数少ない美味しいアメリカ料理の一つです。ニューイングランド風が牛乳や生クリームを使った白色。マンハッタンがトマト味の赤い色。

夕べはベーコンの代わりに残っていた生ハムとサフランを使ったら、かなり洒落た味になりました。

a0127398_2325349.jpg

サラダは三色のキノアと白と黒のレーズン、ドライクランベリー、胡桃、ピーカン、パンプキンシードのナッツ類。ルッコラとパセリ、鉢植えのレモンバームやオレガノを加えて爽やかに。ハーブ類の鉢植えの横で元気に咲いているヴィオラも添えてみました。

a0127398_233964.jpg

ドレッシングはレモンの皮の擂り下ろし、レモン汁、生姜の擂り下ろし、塩、胡椒、オリーブオイルです。最後にプレーンヨーグルトをかけて一層爽やかに。このレシピはDorie Greenspanさんのものを元にしました。

a0127398_2332665.jpg

この日もヘルシーながら満足する夕食でした。


マンハッタン クラムチャウダー
材料(二人分)

蛤(勿論アサリでも良いです) 12個 砂だしをしておく
オリーブオイル 大さじ1
生ハム 2枚 角切り
玉葱 中半個 粗みじん切り
セロリ 1本 角切り
ミニトマト 12個(半分に切る) または普通のトマト 中1個(ざく切り)
じゃが芋 中1個 角切り
胡椒   少々
サフラン 少々
トマトペースト 大さじ1
辛口白ワイン  約100ml
パセリ みじん切りにして大さじ1
フレッシュなタイム 2本
オレンジの皮 大体2x5センチのもの (オーガニックのものを冷凍しておくと便利です。)
セロリの葉 (飾り用)パセリでも良い

1. 砂だしした蛤は水(約2カップ)に入れて火にかけ、殻のふたが開いたらすぐに取り出す。煮汁はペーパータオルで漉して、砂をきれいに取り除く。

2. オリーブオイルを鍋に熱し、生ハムを炒め、玉葱、セロリ、トマト、ジャガイモの順に加えて炒める。サフランとトマトペーストを入れ、白ワインを加える。沸騰したら、蛤の煮汁を加え、パセリ、タイム、オレンジの皮を加えて、ジャガイモやセロリが柔らかになるまで煮る。

3. 蛤は飾りの部分を残して、身を3−4に切って最後に加える。

4. スープ皿に盛り、殻付きの蛤とセロリの葉を飾る。

*貝から出る自然の塩分だけで充分ですので、塩は全く入れません。



「染みわたる♪あったかおでん」コーナーにレシピを掲載中!

「クリスマスは!手作りスイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

「無形文化遺産決定!ずっと残したい我が家の和食レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-02-06 02:36 | レシピ

合唱団のポットラックディナー  5・3・2013

団員のお一人が日本へ帰られることになり、ポットラック(持ち寄り)の送別会を我が家で開きました。木曜の夜ですから、殆どの方は仕事帰りです。従って、多くはテークアウトですが、そこは食いしん坊が集まっている合唱団、ずらりと美味しいお料理が並びました。

a0127398_220257.jpg

私が作ったのはけんちん汁とローストポーク・クレオールスタイルです。ご存知クレオール料理はニューオーリーンズを中心とした地域の色々な食文化が混ざった独特な料理です。

a0127398_2202052.jpg

a0127398_2203389.jpg

これだけの料理がそろうと壮観です。

a0127398_2205215.jpg


a0127398_221938.jpg


a0127398_222246.jpg


a0127398_2221970.jpg



デザートも後からいらした方々のを写真に撮り損ねましたので、もっとありました。

a0127398_223659.jpg

a0127398_2232050.jpg

自家製の果実酒を持って来て下さった方がいます。梅、二種類のチェリー、杏、コーヒー、ざくろ。私はアメリカンチェリーとざくろ、コーヒーを試しましたが、どれもとても美味しかったです。色もきれいですし、今年は絶対チェリー酒を漬けようと決めました。

a0127398_2233751.jpg

a0127398_2234998.jpg

最後に帰る方のリクエスト曲を2曲歌ってお開き。食べて、飲んで、お喋りして、笑って、歌って、とても楽しい夕べでした。

ローストポーク・クレオールスタイル
材料


豚肉 約1kg (ポークロイン)
ガーリック 3-4片 薄切りにする
ロズマリー 大匙2
セイジ  大匙1
塩 黒胡椒 適宜
オレンジの汁  カップ1
オレンジマーマレード  ¼カップ
マスタード (クレオールスタイル又はディジョンスタイル) ¼カップ
グランマルニエ  ¼カップ
オレンジ 半個 (飾り用)
フレッシュなロズマリー (飾り用)

プルーン 10-12個
レモンの薄切り3-4枚
ブランデー 大匙1


1.豚肉は水分をしっかり拭き、脂のついているほうにスリットを入れてスライスしたガーリックを埋め込む。タコ糸でハムのように縛り、ロズマリー、セイジ、塩、胡椒を混ぜたものを全体にまぶす。

2.耐熱皿に入れ、350度F(175度C)に温めておいたオーブンに入れて、約1時間。オレンジマーマレード、オレンジジュース(カップ1/4)、マスタードを混ぜたものを全体に塗る。更に15-20分焼く。

3.焼いている間にプルーンをブランデー、水、レモンの薄切りのなかで柔らかになるまで煮ておく。

4.お肉に竹串を刺して透き通った汁が出てきたらオーブンから取り出し、別皿にとり、アルミホイルをかぶせておく。

5.肉が入っていた耐熱皿にグランマルニエと残りのオレンジジュースを入れ5分ほど弱火で煮詰め、ソースを作る。

6.肉を5ミリ幅に切り、ソースをかけ、オレンジやロズマリー、プルーンで飾る。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-05-04 02:29 | レシピ

アメリカ南部のフライドチキン  6・7・2012

フライドチキンの話に行く前に、二日前、遂に訪れた知野ファームのお野菜の写真です。

a0127398_148496.jpg

久しぶりに行って、すっかりテンションが上がってしまったことがよく分かります。こんなに沢山買って、どうやって一人で食べるつもりでしょう。コーンがもう出ていたので、迷わず買い求めたのですが、1ダースか半ダースの袋しかチョイスがありません。そして、必ず、袋には1本余分に入っています。

皆さんはコーンをどのようにして召し上がるのがお好きでしょうか。新鮮なコーンは調理してから、丸のままかじりつくのが私は一番好きです。今回は二つの方法で調理しました。ひとつは皮をむかずそのまま200度C(400度F )のオーブンで40分焼く方法(途中で1回ひっくり返します)と蒸す方法です。

a0127398_1493251.jpg

こちらがオーブンで焼いたほうです。まずはこちらから戴きました。ウーン、とても美味しい!夢中で1本食べてしまいました。

a0127398_1494782.jpg

こちらは蒸し器で10分。おや?甘味はこちらの方が強く感じます。しかもジューシー。オーブンで焼いたほうは香ばしくなります。どちらかといえば、蒸すほうが私の好みです。しかも時間もかかりませんし。

a0127398_150516.jpg

さて、いよいよチキンのお話です。このところどうやってバターミルクを消費するか、という問題にばかり頭を悩ませていますが、夕べは何十年かぶりに、バターミルクを使ってアメリカ南部のフライドチキンを料理しました。

バターミルクはアメリカのスーパーならどこにも置いてありますが、日本やヨーロッパでは手に入りにくいもののひとつだと思います。アメリカ以外ではインドや中東で使われるようです。バターミルクは元々アメリカでは南部の料理に多く使われています。

チキン(もも肉、胸肉、骨付き、骨無し、お好きな部分をお使いください。)に、玉葱のスライス、潰したガーリック、ローリエ、パセリ、タイム、タラゴン、タバスコ、そしてたっぷりバターミルクを入れた中にマリネします。できれば一晩、少なくとも5時間は冷蔵庫においておきます。

余計なバターミルクを落とし、小麦粉、卵(私は残っていた白身だけ使いました。)、コーンミール(塩を混ぜる)の順につけて、サラダオイルでカリッと揚げます。コーンミールをつけるところが一層南部的ですし、衣がしっかりと揚がります。

a0127398_1503458.jpg

バターミルクにマリネしたために鶏肉がとても柔らかになり、コーンミールで守られて、中がジューシーです。アメリカの数少ない美味しい料理の一つでしょう。一切れを大振りのまま揚げるのがアメリカ的です。

a0127398_150578.jpg

付け合せはインゲンとコーンのバター炒め。クミンを加えて、少しエスニックな香りにしてみました。

スープはビーツの葉っぱです。ジャガイモを切らしていたので、代わりに洗わないお米を入れました。最後にマスカルポーネを入れて、このチーズの消費に努めました。

a0127398_1511353.jpg

結局、今回もバターミルクとマスカルポーネのお話でした。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-06-08 01:53 | レシピ

クラブケーキ  5・12・2011

東海岸のメリーランド州のチェサピーク湾では、ブルークラブという蟹が獲れます。日本でいうワタリ蟹です。シーズンは一応6月頃から10月くらいまでとされています。

ブルークラブの美味しい食べ方は二通りあり、一つは生きたままをニューオーリーンズ風の赤い唐辛子の沢山入ったスパイスをたっぷりかけて、ビールで蒸すものです。これはメリーランド州の夏の風物詩のようなもので、外で、新聞紙を広げた上で、木槌などを使って殻を割りながら、豪快に食べます。所謂ホットクラブと呼ばれるものです。

もう一つが、クラブケーキです。これは茹でた蟹の肉で作ったハンバーグです。西海岸で取れるダンジェネスクラブで作る場合もありますが、甘味のあるブルークラブで作るクラブケーキは絶品です。これもメリーランド州の名物で、レストランや冷凍で売られているものにも、ブルークラブで作られている場合は、わざわざ「メリーランド」という名前が付いています。

このクラブケーキが食べたくなって、蟹肉が売られているところを探してみました。16年住んでいたメリーランド州では大抵のスーパーには1ポンド(450g)入りのものがプラスチックなどの容器に入って売られていたものでした。

サンディエゴでは、Trader Joe’sとCostcoにあるというのを夫が見つけ、久しぶりにTrader Joe’sに行って見ました。なかなか見つけられなかったので、お店の人に聞いて、やっと見つけたものは、一つが8oz (225g)入りのもので、9ドルでした。家でどこから来たものか小さい文字を見ますと、フィリピン製とありました。道理で安かったわけです。Lumpという大きい塊の蟹肉は、10年前メリーランドで買っても450g 入りで、25ドルはしたものです。

a0127398_159239.jpg

さて、クラブケーキの作り方はいたって簡単です。まず、マヨネーズを作ります。これは絶対に自家製でなくては美味しくありません。骨などを丁寧に取り除いたかに肉(450g )とマヨネーズ1カップ、玉子の白身(1個分)、生パン粉(大匙3-4)を蟹肉をつぶさないように丁寧に混ぜて、ハンバーグのように形作ります。
この量で、8個出来ます。生パン粉をまぶして、バターで両面がこんがりとなるように焼き上げます。

レストランなどでは中味を増やすため、セロリやら玉ねぎなどを入れているところがありますが、クラブケーキは蟹を楽しむ料理ですから、他のものは入れないほうが私は好きです。

フィリピン製の蟹はメリーランドのブルークラブに比べると、二段階くらい味が落ちますが、久しぶりのせいか、美味しく頂きました。ブルークラブの甘味が、本当は美味しいのでしょうね。長年住んでいたメリーランド州が懐かしく感じた夕べでした。

サラダはベービースピナッチとローストしたピーカン

a0127398_1594448.jpg



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-05-13 02:01 | レシピ

ハンバーガーとフレンチフライ  3・23・2011

マクドナルドの第一号店が銀座4丁目の三越に出来た時のことを、今でも覚えています。小さな店舗でしたが、お洒落でカッコいいなぁ、と思ったものでした。40年も前のことです。

25年前にアメリカに家族で住むようになり、マクドナルドは娘を連れてよく訪れました。娘はどちらかというとハンバーガーよりはチキンナゲットがお気に入りでしたが、そのうち、年を取るにつれて、マクドナルドにはすっかりご無沙汰しています。

夕べは夫が珍しくハンバーグをリクエストしましたので、マクドナルドを思い出しながら、何十年来の私流のレシピで作ってみました。パン無しのハンバーガーです。

a0127398_361699.jpg

ハンバーグには炒めた玉ねぎと塩、胡椒、オールスパイス。これしか入れません。玉子もパン粉も無しです。

マクドナルドのハンバーガーで欠かせないのが、フレンチフライです。ラセットポテトを拍子木に切り、水を替えながら、スターチを取り除きます。ざるにあげて、しっかりペーパータオルで水分を取り、新しいピーナッツオイルで幾分低めの温度で揚げます。柔らかになったらラックに取り、油の温度を上げて、狐色になるまで2度揚げします。ペーパータオルの上で余分な油分を取り、粒の大きな塩を振りかけて、すぐに頂きます。

a0127398_375824.jpg


ハンバーガー
レシピ

材料(2人分)
牛ひき肉 300g (新鮮で脂身10%以下の質の良いもの;私はオーガニックのサーロインのひき肉を使いました。お肉屋さんが近くにありましたら、新しいひき肉を挽いてもらって下さい。)
玉ねぎ 中半個 ごく小さいみじん切り
バター 大匙1/2 +大匙1 
サラダオイル 大匙1/2
塩、胡椒、オールスパイス 適宜

1.玉ねぎのみじん切りをバター大匙1/2で4-5分炒める。冷めたら牛ひき肉、塩、胡椒、オールスパイスと混ぜる。手で、よく捏ねて、厚さ2センチのパテに形作る。他のものを作る間、ラップをして冷蔵庫に入れる。
(少し冷すと、型崩れせず、扱いやすくなります。)

2.バター大匙1とサラダオイルをフライパンで熱し、ハンバーグを焼く。

我が家はミディアムレアーの焼加減が好みです。その場合、片面3分、ひっくり返して約2-3分です。時間を調節して、お好みの焼加減にして下さい。フライパンでなく、グリルしても良いですね。

レタス、トマト、紫玉ねぎなどお好きな野菜を添えて、フレンチフライと一緒にお召し上がり下さい。久しぶりのハンバーガーとフレンチフライ、とても美味しかったです。ソースは簡単にとんかつソースとケチャップを混ぜました。


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-03-24 03:11 | レシピ

鱈とトマトとズッキニのオーブン焼き  2・9・2011


東京でも雪がちらついているとか、アメリカの東海岸はまた寒波に襲われているという、ニュースが入ってきますが、サンディエゴの今朝の10時の気温は17.7度C。春を通り越して初夏のような暖かさです。庭にはこんな鮮やかな色の花も咲き始めました。

a0127398_43288.jpg


年を取ってきて、このような温かい土地に住んでいる有り難さを感じます。年を取ると、病院へ行くほどではないものの、体の故障があちこちに出てきます。自分では年を取ったとは思っていないのに、思い知らされるのです。

夫の顎の痛みもまだ治らないので、夕べも柔らかな魚料理です。鱈のフィレと、じゃがいも、ズッキニ、トマトのスライスを一緒にオーブンで焼きました。このコンビネーションがとても美味しく仕上がりました。色もきれいで、野菜もたっぷり、しかも簡単ですので、お勧めの一品です。

a0127398_433795.jpg


付け合せはローストしたパプリカと紫玉ねぎのサラダです。ドレッシングは塩、胡椒、赤のワインヴィネガー、オリーブオイル(バジルの香)です。

a0127398_4476.jpg

a0127398_442791.jpg


カクテルはサイドカー。ブランデー(安いもので充分)、コアントロー、レモン汁が4:1:1で、シェイカーでブレンドします。甘くなく、美味しいカクテルですが、かなり強いです。

a0127398_445643.jpg


鱈とトマトとズッキニのオーブン焼き
レシピ:Williams-sonoma 「Fish」参照
材料(4人分)

じゃがいも 500g (アメリカでしたら、ユーコンポテトがお勧めです。)
オリーブオイル 大匙2
鱈のフィレ 2本 500gずつ(量は加減してください)
塩、胡椒
トマト 大1個 6ミリのスライス
ズッキニ 1-2本 (私は黄と緑を使いました) 6ミリのスライス
玉ねぎ 小1個 薄切り
バジル、又はパセリか香菜

1.じゃがいもは茹でて、皮をむき,6ミリにスライスする。(私は1個ずつラップして電子レンジに5-7分かけます。)

2.オーブンを200度C に温めておく。

3.オーブンプルーフの皿にオリーブオイル大匙1を塗り、骨をとった鱈(皮はついていても取ってもどちらでも良い。)の皮を下にして重ならないように置く。塩、胡椒をして、じゃがいも、ズッキニ、トマトのスライスをきれいに並べる。

4.野菜の上に塩、胡椒をして、玉ねぎのスライスを置き、残りのオリーブオイルをかけ、オーブンに入れる。

5.約35分、魚に火が通るまで焼き、バジルなどを散らし、すぐにサーヴする。


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-02-10 04:09 | レシピ

鶏肉とセロリアック、ガーリックの煮込み料理   10・22・2010

先日知野ファームから買ってきたセロリアック(セロリの根)。買ったときはじゃがいもと一緒にピュレにしようと思っていたのですが、気が変わり、鶏肉、ガーリックと共に煮込んでみることにしました。

鶏肉(骨付きのもも肉)に塩胡椒し、オリーブオイルで表面が狐色になるまで焼きます。別皿に取り出し、余分な油はペーパータオルでふき取り、新たにバターを入れて、皮をむいて2センチ角に切ったセロリアックと皮をつけたままのガーリックを8-10個炒めます。焼き色がついたら白ワインとチキンストック、ローレル、タイムを入れ、煮たったら鶏肉を(皿に出てきた汁も一緒に)戻し、15-20分、蓋をして弱火で鶏肉に火を通します。

a0127398_8542691.jpg

セロリアックより、ガーリックがほっこりとしておいしい料理になりました。もっと入れてもよかったかもしれません。これはアメリカのネットのレシピを参考にし、私流に少しアレンジしました。

副菜はコーンと赤いパプリカのバター炒め。パプリカはピーラーで皮をむいた方が美味しくなります。お好みで、塩、胡椒を振りますが、コーンが甘いので、何の調味料も要らないくらいです。

a0127398_8552690.jpg

15日に知野ファームから半ダース買ったコーン。最初は野菜のパスタ、2回目がスープ、そして21日のパプリカとのバター炒めと、6日間で3種類のコーン料理を堪能しました。蒸して、冷蔵庫に6日置いていても、相変わらず甘さ充分でした。

サラダはグリーントマトとサラダグリーン。ドレッシングはヨーグルト味です。

a0127398_8555527.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-10-23 08:57 | レシピ